春の大潮 海はアーサとる人

3月5日、海辺の写真が入用で海岸まで行きました
丁度干潮にかかったころで海は大きく引いていました
大潮だったみたいです
ものすごくいい天気でサンゴの砕けた白砂のまぶしいこと
c0064389_195991.jpg

岩場でアーサ(一重草。緑色の岩のりのようなもの)を取っている人がいました
アーサ採りは沖縄の春の風物詩です
c0064389_18104231.jpg

砂をきれいに洗って、生を澄まし汁にしていただくと格別の味です
小さいさいの目切りの豆腐や白身の魚の焼いたのをほぐして入れると絶品
春先のまだ寒いころが若い芽で美味しいのですが、このところ寒かったし
季節風の強い沖縄では、晴れた日でないと風邪を引きます
c0064389_18115968.jpg

スイムスーツの人がモリや投げ網を持ってリーフのほうへ行きます
大干潮の海ではリーフそばまで歩いていけます
遠くに見える白波は外洋の波がリーフに当たって砕けているのです
のどかだなあと思いながら、一緒にアーサを摘むことはできません
時間はないし、あっても膝裏が痛くてしゃがめないし…
ごつごつした岩の上をうっかり踏み外すと足をねじってしまいそうです
c0064389_18163355.jpg

昨年末に傷めた膝の筋肉がまた痛み出しました
病院でレントゲンも撮ってもらったけど、骨も軟骨も問題ありません
骨密度だって確か102?
急なウオーキングとダンスがたたって、筋肉が疲労して痛んでいるみたいです
痛み止めを処方していただきました
不自由になって知る健康のありがたさ
あんなに元気に階段も駆け上がったのに、歩くたびギクッ…
お休みをもらってちょっと遠出をしようと思っているのだけれど大丈夫かしら。
[PR]

# by isozineko | 2011-03-09 18:33 | 季節便り | Trackback | Comments(9)

製糖工場と早苗田

島ではサトウキビ収穫の最盛期です
集金途中に見た石垣島製糖では製糖作業中の白い煙がたなびいていました
c0064389_19114374.jpg

手前の田んぼには、もう稲が植えられています
今日は14.~5度かな、冬に逆戻りしたような寒さです
空も今にも降り出しそうなどんよりした曇り空でした
カンムリワシらしい鳥が田んぼの上を低空飛行してバンナのほうへ飛んでいきました
先日は1度保護されて、元気になってから放鳥されたカンムリワシを見ました
公園のモニュメントに留まってミミズなどをあさっているようです
子どもが石を投げたり、早朝の犬のサンポの人が鎖を放したりするので心配だと情報がありました
カンムリワシはまだ幼鳥でした
餌を取れる場所が少ない上、成鳥の縄張りもあるので、住処を探すのは大変です
元気に育って欲しいです
写真もストレスになるというので遠慮しました
[PR]

# by isozineko | 2011-03-04 19:11 | 季節便り | Trackback | Comments(3)

アオサギのお昼寝とミサゴウオッチ

朝からいい天気でした
厚いので綿の半そでシャツに綿の長袖上着で出勤
朝から用事で出たのですが、車の中は暑くて汗をかきました
与那国で27度だったそうです
石垣だって同じくらいあったのではないかしら

c0064389_20212885.jpg

新川川が海に流れ込むあたりの堤防の下が、水鳥の餌場になっています
干潮になると干潟が出てきて、生活廃水のヘドロで臭いのですが
景色は抜群で、干潮時にはたくさんの鳥が来ます
c0064389_20245315.jpg

水際の石に大鷺がいて、小魚が川の中ほどの細くなった水脈をさかのぼる所をパクリ
磯の藻の間ではチドリのような小さい鳥がせわしなく行ったり来たり
干潟の真ん中に突き出た流木の上に大きなアオサギが留まっていました
朝陽に胸毛を日光浴させているらしく、深呼吸の形に羽を広げてのんびりしています
写真を拡大したら、気持ちよさそうに目を閉じているのが何枚もありました
c0064389_20294559.jpg

そこへ大きな鷺のような鳥がバサッバサッとやってきて上空を旋回
ザバンと水音がしたのでカメラから目を離したら
なんと、旋回していた鳥が水中にダイブして魚をつかみ上げました
足元で銀色のうろこが光っているのが見えます
鳥は魚をわしづかみにしたまま悠々と西のほうへ飛んで行ってしまいました
いやぁ、遠めだけどすごいのを見ちゃいました
急いでシャッターを切ったけど、やっぱり遠かったね
c0064389_2023569.jpg


追記
鳥に詳しい友人に聞いたら、この鳥はミサゴだそうです。
翼を広げると1mもあるそうで、飛び方は鷺に似ているそうです。
警戒心の強い鳥だそうで、どれくらいの距離で見たの?いいものを見たねと言われました。
この大きな翼を広げて、空中で獲物を探してホバーリングもするそうです。
上空を旋回していたのにアオサギに気を取られてそれを見逃したのが残念でした。
[PR]

# by isozineko | 2011-02-28 20:26 | 季節便り | Trackback | Comments(5)

鬼のかく乱?

風邪がひどくなって声が出なくなった
年明けから行事が立て込んで気が張っていたせいか
風邪気味だ、微熱っぽいと思いながらもだましだまし体をj酷使してきた
喉が痛いときは寝酒代わりにキャップ1杯の黒糖焼酎を流し込んで消毒
日中は気が張っているから風邪もあまり表には出てこなかった
20日に大きな行事がとりあえず終わって、やれやれと思った気の緩みか
はたまた先日の理不尽にも思える苦情の展開にすっかり気落ちしたせいか
まあ、両方だろうけれど…とにかくひどい目にあった

22日、社用とは別件の研修会で那覇へ行った
次の3月でこちらも定年、と思ったら諸般の事情でもう半年間やってくれと。
しばらくは2足のわらじも継続だが、しかたがない
代休を含めて3日の休みをもらったのでゆっくり孫の顔を見に行くつもりだったが
体調も悪いし、孫やお腹の大きい娘に風邪をうつしては大変、ホテルへ泊まることにした
研修後いつもの仲間との食事場所に、長男夫婦が子連れで来た

風邪をうつすと悪いから来なくていいといったが渡すものもあるというので一緒に夕食
8ヶ月のチビ孫ちゃんが伝い歩きを始めていたし、手放しでも立つ
長男も確か10ヶ月で歩いて、とても早いとて周囲を驚かせた
魚好きの長男に似たのか、水槽の魚やイセエビにも興味津々
見慣れない大人の中でキョロキョロしていたが、対面すると泣きだす
人見知りは社会性の現れ 順調に育っているらしい
チビ孫の100日の写真とこれまでのスナップ写真をもらった。

3人と別れて、そのままホテルへ行くはずが
ホテル近くに友人の親戚のママの店が移転オープンしているという
「私は帰って寝るね」と言ったところへ当人が迎えに来て店まで引っ張っていかれた
顔見知りだが体調が悪い、ちょっとお茶だけ飲んで帰るはずが
お得意さんという先客を紹介されて、立てなくなった
話しをするうち、義兄弟のように育った人が石垣にいるという
それがなんと知っている人、世の中狭い
お~、そうかと親しみが湧いたようで、2人にいいものを見せたいと連れて行かれたのが
すぐ近くのビルの6階にあるラウンジ、那覇の夜景が1面に広がっていた
薄明かりの中、ガラス越しの窓から見える月を肴にワインをあけた

倒れるようにベッドにもぐりこんだのは午前1時
翌朝、喉が絞まるようで、ほとんど声が出なかった
あわててホテル近くの耳鼻咽喉科を受診し、状況を筆談
横柄な感じのおじいちゃん先生で、看護婦さんは先生を怒らせないように気遣っている
ぶっきらぼうに鼻からファイバースコープを入れられ、叱られながら喉まで確認、
副鼻腔炎になっているが、喉や声帯にひどい炎症はないという
でも、しゃべろうとするとすぐに声帯が厚くなるようで喉が絞まる
処方の薬を飲んで、飛行機の時間までデパート屋上の映画館で暇をつぶした

夕方、1時間前に空港へ行ったら予定の飛行機が遅延か欠航かと状況ではっきりしない
チェックイン待ちのほかの客といっしょにカウンターをあちこち回された後で欠航が決定、
最終便で振り替えもできず、結局翌朝の便に振り替えられて又那覇市内に逆戻り
ホテルを手配してくれてタクシーで送迎だったが、それより早く帰って休みたい
翌朝空港では知人がいっぱい、みんな昨日の最終便をキャンセルされた人だった

喉は多少改善したものの まだ話すと喉が絞まって辛いし、体もだるい
咳が出ると胸が痛くなるまで出続けて空気の隙間が狭くなるようだ
昨日、かかりつけの病院へ行ったら、大昔に手術したへんとう炎が再発、化膿していた
軽い風邪を放置してかかった副鼻腔炎から、淡が喉や器官に作用して喘息みたいな咳になるらしい
やっぱり、早くに病院へいかなかったのが災いしたのだ

改めて強めの抗生剤と、寝る前に胸に張るぜんそくのシップ薬をもらった
朝昼晩、夜中、朝だけ、と、やけに薬の数が多い
こんなにひどい風邪にこじれたのはずいぶん久しぶりだ
疲れだけならこれほどにならなかったはずと思うのだが、やっぱり気力が大きいのか
還暦は病気も出やすいという
健康保険の使えるうちに、直すべきところは直さなくては
みんなが強いというからそうかと思っていたが、案外ひ弱だったのかしら
[PR]

# by isozineko | 2011-02-26 19:00 | 日記 | Trackback | Comments(5)

男と女は難しい

眠くならないのでグズグズしているうちに3時30分になってしまった。
いい加減寝ないと明日に、いや今日に響く
日曜日の事業が終わったばかりだが今日も仕事、しかも風邪気味で喉がいがらっぽいし鼻水もにじみ出した

昨日、もうおとといか!某氏の案内で写真を撮りに行ったとき、目的地には主がいなくて、小雨模様
人気のない田舎の泥道を出口を探して車で走りながら、
某氏が不意に、あんたのような友達は初めてだと言い出す
ほら、来たぞと気持ちを引き締めながら、あんたのようなってどんなような?と茶化してみる
ずっと前、ダム湖の周囲を走っていたときも聞いた台詞だ
あんたと結婚してたらどうだったかななどと続いて、そりゃとうに破綻してたでしょうねと笑い飛ばした
男というのは、幾つになっても女友達と2人で淋しいところにさしかかると妙な気分になるものらしい
某氏は男女問わず友人が多い
その某氏にしてからこうだもの
まあ、要は自然や鳥や本など氏の興味を引くようなことを話せて、自分より若い女が周りにいないということらしい
自分より若いというのが多分ミソなんだろう
付き合いのある女の同窓生たちは夫や子供ら孫たちの話題しかないという
女はとかく噂好きだし、狭い地域で大方知り合いとなれば情報も多く入るだろう
よそ者の私など、聞いたところで名前も関係もわからないから興味もわかない
私の周りには、いろんな話しのできる人はけっこういますよ
ほら、あの人もこの人もと言っているうちに広い通りに出た
某氏も気分が変わったようで、やれやれだった
山歩きが好きで、以前よく誘ってくれた人も、ある時、一緒に飲んだ帰りに急に男になってびっくりしたことがある
男女を超えた友達だったはずが、何かの拍子にスイッチが入ってしまうのはどうしてなんだろう
上手にサラリと交わせればまた元の友達に戻れるけど、うっかり反応してしまうと後が気まずい
とかく男と女は難しい
さて、4時半も回ったし本当に寝なくちゃね
[PR]

# by isozineko | 2011-02-21 04:39 | Trackback | Comments(5)

アホな話しですよ

今期の行事が終わった。
これでしばらくは気が休まると思ったら、私の知らない所でとんでもない騒動が起きてるらしい。
しかも原因は私の一言みたい。
定年で嘱託社員契約書にサインしたとき、私の所属は総務になっていた。
聞いたら、嘱託の所属はみんな総務付けと言うので納得したけど、違ったのかも。
仕事内容が変わるとは言われなかったし、継続の事業も継続の仕事もそのまま引き続きしてもらうということだった。
なんでもしてもらうとは聞いてたけど、集金業務の強化のために嘱託雇用するなんて聞いてないよ。
集金補助は社員時代からだし、目の前の担当があんまり難儀をしていて辞めたいなんて口走るから、自発的に手伝っていただけ。
誰にも指示なんかされてない。あくまでもサービス精神からしてたんだよ。
抱えてる仕事が忙しいとき、営業が当然のように私に集金に行けと言うから、今は忙しいから行けないと断ったのがなぜ悪いの?
みんな忙しいよ!なんて言うから、私は集金担当じゃないよと言ってなぜ問題にされるの?
私は集金担当の指示をされてない。あくまでも私の自発的な好意のつもりだったのに、いつの間にか営業では私の仕事と認識されているらしい。
給料も安くなったのに、仕事は増やして当たり前と思うんだね。
しかも、休みも繰り延ばしで事業の仕事してるの見てるクセに、なぜ当然みたいに私に集金を振るの?
お客が集金に来てと電話してきたなら、誰が行っても払ってくれる。
受けた営業でなぜ処理しないの?
今までは、行けるときは黙って集金してきた。
しかも自分の車でだよ。保険だって自家用だし、ガソリン代はもらっても、洗車も傷付けたら修理も自費なんだよ。
なのに、なぜ、あんなに憤慨されなきゃいけないの?
バカにしてるよ。
私はいつも暇そうだと思われてるのだろうね。
忙しくて休みが取れないとグチを言わなければ不満がないことになるの?
グチなんか言っても気が滅入るだけだし、聞いた人も面白くないだろうから言わないだけだよ。
文句言った者勝ちなんておかしいでしょ。
顔で笑ってるからって、お腹まで笑ってるわけじゃないよ。
腹が立ってたまらない。
ウチの会社、好きだったから頑張ってきたけど、今の会社は愛せない。
なんだか気持ちが萎えた。
もっと前から定年後の仕事を考えておくべきだったね。
分かってたけど、日々忙しくて先延ばししちゃったんだよね。
いい機会かもしれない。今度こそ真剣に5年後の自分のためになることを始めなくちゃ。
[PR]

# by isozineko | 2011-02-21 02:30 | Trackback | Comments(6)

旧正月の十五夜と十六日祭

17日の夕方、ようやく晴れた空にまん丸お月さんが上がっていました
旧暦の正月十五夜です
何かと忙しくて、気付いたときにはもうだいぶ上に来ていました
いい月だなあ…
連れがいたので漁港へ月を見に行きました
c0064389_1949514.jpg

小学校の東の防波堤のところで写真を撮っていると、中学校のPTAの車が回ってきました
護岸のあたりで、中高生がたむろして飲酒をしたりタバコを吸ったりしていないかと見回っているんです
いい大人が北風の吹く護岸で、暗い海に向かってカメラを構えているのは奇妙な光景だったでしょうね
ISO感度800で撮ってみました。
実際はこんなに明るくはありませんが、護岸に打ち寄せる漣に月の光が反射してとてもきれいなんです。
c0064389_19462848.jpg
寒いので、(といっても13度くらいはあったでしょうか)早々に切り上げました

翌18日は、あの世の正月といわれる十六日祭
別名お墓の正月
企業は休みになるところが多いし、学校も半ドンで、みんなご馳走を持ってお墓へ行きます
昔風の亀甲墓は少なくなりましたが、墓の庭は健在です
ゴザを敷き、家族や親戚が集まって墓の庭で大宴会をする日です
見えないご先祖様も出ていらっしゃって、子孫打ち揃ってご馳走をいただくのです

うちも子どもらが小さいころは家族連れ立って本家のお墓に行ったり
舅や姑が亡くなってからはウチのお墓で遅くまで来客のお相手をしたものです
あのころは暑くて日に焼けた記憶があるのに、今年の寒いこと
お墓にご縁がなくなり、子どもらも島を離れ、もう十六日祭をすることもありません
縁者のない私にはいつもは淋しい日ですが、今年は2軒から ご馳走のおすそ分けでお呼ばれしました
お腹いっぱいになって帰ってきたら、又別な方から電話
  ご馳走にありつきましたか?
親戚縁者はなくても、そんなふうに気遣ってくださる方たちがいて、うれしいです
[PR]

# by isozineko | 2011-02-19 19:50 | 季節便り | Trackback | Comments(0)

10日間の行動記録

あんまり忙しくてまともに日記ブログも書けず
忘れないうちにこの10日ばかりの出来事を書いておこう
1月30日昼前FM絵本・夕方ロッテパレード見物
2月2日公演PRでFM昼番組に生宣伝
2月4日ロッテ・サブローを囲む内輪の催しに誘われて半分義理で参加
     サブローと南のサインをもらった。写真もばっちり。
     最初は誰がサブローかわからなかったという野球オンチ
     誘われなかったら絶対行かなかったけど、けっこう楽しかった
c0064389_1717748.jpg

     前回の催しで大甕に寝かせたという古酒がおいしい
     次回のためにと、減った分の泡盛を追加注入
c0064389_1716423.jpg

     古酒に混ぜた新種は古酒になるという
     次回のお誘いがあるかどうかは微妙だな
     お開きで歩き出したら、帰り方向が同じだった元サークル仲間から気楽なお誘い
     S氏行きつけの店でお酒とカラオケをつきあうことに…二人で行っていいのかな?
     サザンにユーミン、尾崎とマニアックな選曲が若い
     思いがけなく楽しくて2人で大いに盛り上がり、12時を回ったのでお開き
2月6日午前中FM絵本ピンチヒッター・午後から出社で公演準備
     夕方から子ども劇団とセミナー同行でチケット販売~21:30
2月7日昼休みに行ったマッサージでメガネを割られてしまった
     つい、就寝時のクセで枕元に置いたのが失敗の元
     マッサージ師の膝の下でバキッ!と音が…あ~!!
     弁償するといってくれたけど、安くないのよね。それに、そこへ置いた私が悪い
     2年使ったから替え時だよ、私が悪いし…と強がったけど、
     遠近両用で薄型軽量、安く見積もっても5万あまりの出費は痛い
     痛い目を見ないと懲りない自分にお灸 あ~ぁ
     次に那覇の店へ行くまで、とりあえず替えのメガネで我慢 
     慣れたメガネじゃないから目が疲れる 自業自得とはいえツライなぁ…
2月8日あいさつ回り同行とご招待状配布   
2月9日・10日公演・打ち上げ
2月11日事後処理の諸々と次の事業準備
      夜、川崎の娘からメール雪が降って寒い そばを送ってと。
      だいぶ寒いらしい ここ数日24度あった石垣も冷えている
      仕事はどうかと返信をしたがその返事はなかった
2月12日本日、次の準備でパソコンとにらめっこ ああ、目が…
      疲れたし、今日はもう帰りたいなぁ
      明日は10日ぶりの休みだけど朝から予定がいっぱいなのだ~
[PR]

# by isozineko | 2011-02-12 18:47 | 日記 | Trackback | Comments(9)

大忙し

半年前から準備してきた大きな事業がひとつ終わりました
大方を請け負って動いていたので、ほんとに疲れ果てましたがやれやれです。
それにしても八重山の人は暢気というか、鷹揚というか…
1ヶ月前には席の半分しか埋まっていませんでした
これでは経費も赤字です
知恵を借り、ない頭を絞ってあの手この手の作戦が功を奏したのか
10日前ぐらいからチケットが動き出し駆け込みもあって結果は満席でした
仕込みのアルバイトも全員が決まったのは1週間前
公演が大盛況で終わりようやく一安心
朝からまともに食事もできず、ヒールの靴で1日立ちっ放し
みんな送り出した9時半にはもう足が痛くて痛くて…
打ち上げでいただいたてんぷら刺身定食の味噌汁の美味しかったこと

チケットの清算、アルバイトの支払いは済んだけど諸々の事後処理があります
重い体を叱咤しながら今日も出勤でした
2月に入って11日、休んだのは3日の木曜日だけです
なのに、ホッとする間もなく今月末にもう一仕事あるのです
準備は平行して進んでいたけど、山はこれから…
さすがに今日は疲れていました
夕方には目もしょぼしょぼ、早めに帰りたいなあと思ったけど
4時に大事な約束がありました。それが40分伸びた!あ~ショック
元気に訪問したいけど、疲れた顔をしているはずね
でも、出かけてお話をしているうちに元気になりました
私って、疲れ果てても人の中に居るのがすきなんだと思います
明日も出勤。今夜はゆっくりお風呂に浸かって体をほぐすことにします。
[PR]

# by isozineko | 2011-02-11 19:16 | 日記 | Trackback | Comments(4)

嘱託社員が始まりました

1月末日に正規社員の定年を迎え、その日に嘱託契約書を書いて、2月1日から引き続き勤務です。
今までの仕事のほかにも、なんでもさせるといわれています。
もちろん、できることは何でもするつもりです。
主催の事業が重なっていて、すごく忙しいです。
その上月末月初と請求書配達や集金もどっさり。
売り掛けはお金が入って始めて収入ですからね、集金業務は大事です。
なのに、社員までが集金を一段低く見る感じがするのはどうしてなんでしょう。
ここ数ヶ月、集金業務の手伝いをしているけど、お金をいただくのは難しいです。
払うほうも集金人だと思うと目線が下がる人が居る。
お客さんに向かうとき、あいさつや、こちらが与える雰囲気も大事だと思います。
会社を代表している気持ちで対応する。
笑顔で丁寧に、言葉はへりくだっても、あなたと私は対等だという意識はある。
払うなら気持ちよく払っていただきたいし、今日が無理で待たされるなら、
次には気持ちよく払おうと思ってもらって退去したい。
他の仕事が忙しくて、集金はまだお手伝いの範囲を出ないのだけれど、
お客さんに気持ちのいい集金人だったと思ってもらえるよう心がけようと思います。
それにしても忙しい。
今日も日曜なのに、どうしても今日出ないといけない仕事ができて午後から出てしまった。
今月末で事業が一段落したら、社員時代に溜まった年休を消化させていただくつもりです。
[PR]

# by isozineko | 2011-02-06 22:16 | 日記 | Trackback | Comments(6)

ロッテ石垣キャンプイン優勝パレード

30日夕方、千葉ロッテマリンズの一行が石垣入りした。
市役所前の大通りを優勝凱旋パレードするというので、
スタート地点の730交差点角はものすごい人
歓迎セレモニーの行われた時間帯は、やがて暗くなるという6時前
にもかかわらず沿道は2万人の市民で埋め尽くされた
主力選手や石垣出身の大嶺兄弟がオープンカーで手を振る
さんさんラジオが2階から中継して、窓からは紙ふぶきが舞う
名刺4枚分くらいの大きさの紙がひらひらひらひら
歩行者天国となった通りに雪のように降り積もった
すごい熱気だった
c0064389_19344719.jpg

c0064389_19371615.jpg

2月1日からキャンプが始まる。
[PR]

# by isozineko | 2011-02-02 19:37 | びっくり! | Trackback | Comments(5)

豪華客船のあかり

25日の夜遅く、高台から帰ってくるとき
遠くに見える石垣港に大きな電飾の家の形が浮き出ていました
新しいビルが建った様子はないし、あんまり大きいので見に行きました
港にあったのは大きな豪華客船
c0064389_10163268.jpg

船中に明かりを灯して、甲板やマストの上までキラキラしてまるでクリスマスのようです
でも、人影はまるでなくて静かなんです
クルーズ船が寄港することはあっても、こんなに明かりがにぎやかなのは珍しいです
いつも閉まっているゲートが開いていたから、近くで写真を撮らせてもらおうと思ったけど
雨は降るし、守衛さんが居たので止めました
しばらくの間、マッチ売りの少女のような気分で眺めました
それから、サザンゲートの橋を渡って 
ぐるっと回った対岸の工事中の資材置き場から写したのがこれ
c0064389_10124985.jpg

周囲のホテルの明かりが波に反射してきれいです
街灯も人気もない資材置き場で一人、しばらく見てから帰りました
翌朝のニュースで理由がわかりました
あの時間サッカーAFCアジアカップの、日韓戦が行われていたんですね
どおりで人気がないわけです。お客はTVの前だったんでしょう。
今夜オーストラリアと決勝戦だそうです
BS入れてないから見られませんが…

=追記=
豪華客船は外国船と思ったら日本丸だそうです
外国戦で夜中までアジアカップ観戦?と思っていたけど納得です
お客は日本人が多いらしいし、さぞフィーバーしたことでしょう
[PR]

# by isozineko | 2011-01-29 10:13 | びっくり! | Trackback | Comments(9)

還暦と定年祝い

金曜日に所用で沖縄本島に行った
娘のところに集合して子どもたちみんなで新年会をしようということになっていた
那覇のデパートのふるさと物産展で美味しい国産ワインとぶどうジュースを買った
モノレールで首里まで
お腹の大きい娘が二人の子供づれで駅まで迎えに来ていた

帰る途中のスーパーでいつも食材の買い物に寄るのだけど
いつもならみんなでぞろぞろ降りてレジで財布を出すのは私の役
ところが今回は私と孫2人を車に残して娘が1人でさっさと店に入った
拍子抜けして聞いたら、3家族で割り勘にしたのだという
不足分は長男が買出ししているらしい

家に着くと長男一家が先に着いていて、間もなく二男一家も到着
娘と嫁2人に料理の得意な長男も混ざって、あっという間にテーブルが整った
寄せ鍋に手巻き寿司、婿殿は仕事が忙しくて遅れるという
主のいない家で、嫁の身内家族ばかりわいわい食事が始まった
婿殿に申し訳ないと思ったが、そういうことを気にする婿殿ではないようだ
やがて帰ってきて長男を抱っこして仲間に入った
見れば子どもたちはみんなパパの膝に乗っている。時勢だねぇ

食事が済んだら大きなチョコレートケーキが出てきて、太めのろうそくが6本
お母さんお疲れ様とメッセージが付いていて、びっくり
まったく思いがけなくて感激した
月初めの誕生日と、定年のねぎらいまで一緒に考えてくれたらしい
  (長女が自分のサプライズだと、後から得意になって話していたけど)
誕生日に大きな丸いケーキのろうそくを吹き消したことはなかったなあ…
その上もう1本、大きなロールケーキが出てきた
これは二男が担当だったらしくて、やがて2歳になる娘が、一緒にフ-ッと吹いてくれた
c0064389_15481910.jpg

そういえば27年前、二男が生まれて、実家の母が沖縄まで産手伝いに来てくれたとき
丁度母の誕生日があって、大きなケーキにろうそくを立てて祝ったことがあった
母が、ぎこちなくろうそくを吹きながら、初めてだと言って感激していたことを思い出した
あの時母は55歳、母の感じた幸せな気持ちを今は私が実感したんだなあ

娘が、「仕事は継続できても、一応の区切りでしょ。お母さんにはいろんなことでお世話を掛けたからね」
元亭主に悪いような気もするが、やはりここは難儀した母親の役得というところか
仕送りを満足に送れなかったり、子どもたちにも難儀をさせたのだけれど、
こんなうれしい日が来たことを幸せだと思う
5歳、2歳、1歳、7ヶ月と孫たちは年が近いこともあって、なんとなく一緒に遊んでいる
こうやって従兄弟の付き合いが自然に始まってくれればいいと思う
一人だけ川崎にいる末の娘には悪いけれどね、又機会があるでしょう
[PR]

# by isozineko | 2011-01-23 15:54 | 日記 | Trackback | Comments(6)

今朝の虹と日矢

1月の会社主催の一大行事が終わって、ホット一息
まだまだ片づけが残っているが先ずはひとつ終了というところ
2月初めと末に2件の大きな事業が控えていてもうその準備にかかっている
そして、4月、5月、6月、7月、10月と恒例の事業をこなすうちにまた暮れになる
1年がやたら早いのはこうして月々の事業を準備したり片付けたりしているからだろう
定年になったらピースボートの3ヶ月世界一周船、100万円というのに乗ろうと決めていた
なんでも元気なうちができると思っているのだけど、どうも暇がなさそうだ
仕事をやめると暇だらけになるけど、今度は費用が惜しくなるだろう
どこかで折り合いをつけなくちゃと思うのだが…

今朝、友人から電話で竹富島の上に大きな虹が出ているという
彼女はベランダから海の見えるアパートの4階
我が家は周囲に家だらけで、朝陽も月も見えにくい
急いで出勤のしたくをして、港へ走った
虹は消えるのが早い、5分10分で見えなくなる
サザンゲートのアーチ橋の上から、竹富島の上に生えた虹の足を見た
真ん中が見えなくて北のバンナのあたりにもう片方の虹の足が出ていた
小雨が降ったりやんだりしたので虹は出たり消えたり
c0064389_12572762.jpg

しばらくすると東の海の上に黒い雲がかかって、
その隙間から太陽が海にはしごを掛けた 
何本もの日矢が海面を照らす
c0064389_12575930.jpg
c0064389_1258943.jpg

しばらくすると1番機が飛んできて日矢を垂直に横切った
バッチリ撮った
これで文化協会の作品展に出す写真ができたかな
ついつい写真に夢中になって時を忘れ、遅刻ぎりぎりで出勤
[PR]

# by isozineko | 2011-01-17 12:59 | 日記 | Trackback | Comments(5)

娘からの手紙~明治神宮の不苦労

11日夜、遅くなって帰ったらポストに可愛い手紙が入っていた。
昨秋川崎に行った娘からの年賀手紙で、
年始に明治神宮へ初詣に行ったそうで、お母さんの好きな梟のお守りがあったから送ると
同封されていたのは、銀色のククロウ。
袋にはフクロウは縁起物で不苦労に通じると説明書きがある
ピンクの大きなカットガラスが目玉にはめ込まれ、胸羽にも小さいのがちりばめられていた。
なんてまあ可愛いんでしょう。
フクロウも銀色の台もピンクのガラスも大好きなこと、よく知っていたなあって思った。
ケータイのストラップをはずしてすぐに付け替えた。

手紙には、
 お母さんは忙しいからって買い弁当ですますと栄養が偏るから、
 ちゃんと手作りのご飯を食べなさいっ…て、まるでどっちが母親やら
 一人で淋しくないかなって一応心配しているよ
 自分は何とかやりくりしているし、仕事探しも頑張っているし友達と楽しく暮らしているよ
 まだまだ心配掛けてしまう娘だけどヨロシクネ。
 今年は定年の年だけど体に気をつけて元気ですごしてね。

母のことなど1番気にかけていなそうな末っ子がこんな可愛いことをする
夜遊びして遅くに帰ってきた自分が申し訳ないような…
夜中に、メールを送った。
 フクロウが好きってよく知ってたね、とてもうれしいよ。
 あんたって、いい子だねえ。
 文も字もしっかりして大人になったなあと思ったよ。

あの子が那覇に行った年、私の誕生日にくれたのは
小さい青いトトロの布人形の付いたストラップ
あの時も私がトトロ大好きなこと知ってて選んでくれたんだった
汚れるたびに洗って、長いことケータイにつけていたけどいつの間にかなくなった
ふくろう(不苦労)のストラップ、大事にしなくてはね。
[PR]

# by isozineko | 2011-01-14 18:23 | 日記 | Trackback | Comments(7)