脳に異常なし

昨日、脳外科クリニックに行きました。
皆さんに、念のため病院へ行けと言われるので、背中を押されたのです。
脳のMRIを撮りました。
出血や腫れなどの異常なし、血管のコブもついでに診てもらったけど、脳梗塞など急に心配な状態も無しとのことで安心しました。
夕方、ダンスサークルも行きました。
尾てい骨上がまだ痛いけど、問題なく足も動きましたので、腰も大丈夫みたいです。
良かった!
今日は婦人会の新聞作りに行きました。
担当は私一人、誰も出てきてなかったので、仕事がはかどりましたよ。
でも、パソコンが使いこなせなくて、レイアウトがうまくいきません。
しばらく婦人会室に通わなくては…

# by isozineko | 2019-03-21 19:28 | Trackback | Comments(0)

コザセンター街裏にて

あれから毎日、大丈夫か?病院に行ったか?と電話がきます。
よほど痛そうに見えたのでしょう。
痛みは引いて来ましたし、アザの一つもできていないのが不思議ですが、なんとか無事でいます。

きょうは、コザまで行きました。
コザ幼稚園の向かいにセンター公園という古い墓地が集まった高台がありました。
40年余り前に、夫の姉宅を訪ねたことがありました。
山の中腹をぐるりと整備した森林公園に連れて行ってくれたのですが、あれがどこなのかずっと分かりませんでした。
もしかしたらここだったかも?
湿った窪地におおきなヤシが5.6本立っていて、古い門中墓が二つ木立に隠れるようにあって、コンクリートの階段が山の上に続いていました。
その下は自然洞窟で、昔の墓所のようです。
墓地公園みたいで、すぐ近くはコザのセンター街でした。
最近、古い墓地跡に縁があるようですね。
c0064389_20040284.jpg

# by isozineko | 2019-03-19 19:38 | Trackback | Comments(0)

打撲その後

昨日打った腰と柵のポールに打ち付けた後頭部が気になって、夕べはぬるいお風呂に浸かってから、湿布も貼って横になった。

今朝はだいぶ良いみたい。
クラっとするほど頭を打ったのにコブも出来ないから、内出血を気にしてたけど今のところ吐き気もないし、大丈夫みたいです。
誘った友人が気遣って、治療費出すから病院へ行けと…
私の不注意だから気にしないでと言ったけど、そんなふうに気遣ってくれるのはありがたいと思いました。
1,2日は様子みて、痛みが続くなら検査してもらうことにするわ。
若いつもりでも老化は避けられないのだから、今後は無鉄砲な近道は慎むことにします。

c0064389_19311936.jpg
閉めてある柵を乗り越えて、ここを見に行ったんです。

# by isozineko | 2019-03-18 19:10 | Trackback | Comments(2)

一週間は早足

あっ!という間に一週間
とりあえず元気です。
婦人会活動、ボランティア活動、着付け教室、昨日はダンスパーティー
今日はやっとパレットの手作り展示会を見てきましたよ。
ユビハブ作りにも参加しました。
石垣島の友人の娘さんが、ユビハブに座ってて、久しぶりの再会
おもろまち辺りに住んでいるらしいです。
従兄弟の歯科医院の受付にいるとか。
帰宅してからfacebookの友達申請しました。
午後、波之上の護岸さんぼに誘われて、トシガイモなく飛び降りたとき、コンクリートにお尻から着地。一瞬クラっとしました。
平気なふりしてたけど、座れなくてちょっとならず痛いです。
c0064389_18305002.jpg

c0064389_18332646.jpg

c0064389_18362338.jpg

c0064389_18371346.jpg

c0064389_23060925.jpg

# by isozineko | 2019-03-17 18:10 | Trackback | Comments(2)

週末から覚え書き

土曜日、何も予定がないし遊んでくれる人もいなかったので、1日部屋ごもり
リビングが賑やかだったのでコーヒーを淹れにでるのも遠慮して、撮り溜めたビデオを見て過ごしました。
映画2本観ましたよ。

日曜日は昼から沖縄市のミライセンターまで、ダンスパーティーに行きました。
まだ高速はこわいのでサークルの仲間に拾ってもらいました。
知り合いもたくさんいたし、次々お誘いがあって楽しく踊りました。

今日月曜日は着付け教室
やがて1年、みなさんだいぶ上達しましたよ。
足袋をはくところから着付け終わりまで30分、着物で車を運転して那覇まで往復しました。
せっかく大枚はたいた着物も帯もタンスの肥やしではもったいない
伊勢木綿の縦縞の着物に塩沢紬の帯、コーディネートを誉めてもらいました。
皆さん4月に初級試験を受けて、中級に進むことになっています。
中級は、浴衣や留め袖も練習するそうです。
留め袖、着る機会はないだろうなぁと思いながらも、仲間のよしみで一緒に進級しようかと考えています。

玄関の植栽で、2年めの冬あじさいが咲きました。
c0064389_20300256.jpg


# by isozineko | 2019-03-11 20:05 | Trackback | Comments(2)

健康習慣と朝ごはん

8日、沖縄ネットワークの健康講話を聞いて来ました。
健康には体内周期がとても関わっているそうですよ。
12時前に眠ること、7時間の睡眠と、朝の光を感じて自然に目覚めること、栄養価の高い朝ごはんを食べることで体内時計が整う。
豆1魚1野菜4のバランスの良い食事
野菜と肉を先に食べて、白米やパンは後から食べる。
夜は脂肪になるので、夕飯は7時ころ軽めにして、夜食は取らない
これが、一番健康でいられる元だそうですよ
糖尿があっても、おやつじかんには少量の菓子を食べてもよい。
夕方から夜にかけては塩分の体内摂取量が少なくなるので、多少濃いめの味にしても影響が少ない。
管理しすぎると楽しみがなくなって、良い食習慣が長続きしないからだそうです。
加えて、体を動かすこと、人と交流して楽しく過ごすことが健康に長生きの秘訣だそうですよ。
消費税が上がる事より透析患者を減らす方が重要で、透析には1人月50万の費用がかかる。
透析費用のほとんどは国民の健康保険料で賄われているから、大人からアカンボウまでが、年間2万円の負担をしていることになるそうです。

子どもにも良い健康習慣と朝ごはんが大切で、学力にも大きな影響があるそうですよ。
学校で朝給食を出せば、日本人の学力はぐんと良くなるそうです。
アメリカではもうやっているんですって。
子どもにも働き盛りにも高齢者にも、私にも朝ごはんが大事!
しっかり食べさせなくてはね。




# by isozineko | 2019-03-09 06:54 | Trackback | Comments(2)

護佐丸を訪ねて

この頃、雨の降る日が多くて、1日カラッと晴れる日がなかった。
日曜日月曜日は珍しく雨の落ちない日でした。
遊び仲間から、暇ならカラオケかボウリングに行こうと誘われたけど、こんな良い天気に室内なんてもったいない。
ドライブに行きました。
以前行ったとき休館だった護佐丸記念館に行ってみようと思ったのだけど、友人は中城城址公園に向かっていました。
世界遺産の中城城址公園の駐車場が見えて初めて勘違いされたことに気付いたけど、ここは護佐丸が造った城と言われているんですよね?
見学料金が出るし、去年見てるし、だいぶ歩くのでパスしました。

友人が、この近くに昔、父親に連れて来られた大きな墓があったはずで、先祖に縁の有る所だと言うので、周囲をドライブ
急な斜面に階段と手すりを整備した、護佐丸の墓と表示した場所がありました。
上がってみたら、福木の大木に囲まれた大きな墓でした。
これだ!60年ぶりに思い出した!と大喜びでした。
裏に毛国某の記事があってルーツは中国みたいです。
昔は横の道から入ったと言うので獣道みたいな脇道を上がったら、崩れかけた昔の登り口が残っていましたよ。
樹木が繁った斜面の岩場は、自然洞穴がいくつかあって昔の風葬跡でした。
穴は石積で塞がれて、白い香呂が置かれていました。
普通の人はこんな所に入ったりしませんね。
ぐるりと回ると大きな門中墓が2つ並んでいて、裏側は整備された展望台になっていました。
ユタらしい2人が、お供え包みを提げて上がって来ました。
展望台からは眺めがよくて、中城湾が一望できました。
この一帯は中城台地公園なんですね。
整備されているのに寂れた感じで変だなと思いながら、広い坂道を降りて行くと、入り口は鉄棒と鎖で車止めになっていました。
家電ゴミは捨てるなと看板がかかっていました。
人目のない場所で管理も出来なくて、大きな家電ゴミを捨てに来る人が多くて閉めてしまったようです。

湾側を中城に降りて、目的地の護佐丸会館についたのが4時半
親切な学芸員にいろいろ説明してもらって見学しました。
護佐丸が実在したかどうかはまだ未確認なんだそうですよ。
記述が最初に出て来るのは、亡くなったと言われてから200年後の文書なのだそうです。
謎に満ちたルーツですね。
c0064389_12455653.jpg

c0064389_12474152.jpg

# by isozineko | 2019-03-06 11:40 | Trackback | Comments(2)

市民大学10周年

日曜日、市民大学10周年式典がありました。
そうそうたるメンバーで知り合いもたくさんいましたよ。
本島に来て3年4か月、こんな皆さんの中に違和感なく同席している自分に感慨無量でした。
市民大学は、夜の7時半開講で週1回年間30単位くらいの講座があったようです。
最初は教室もあちこち借りて始まり、第一期には66人が4学部に別れて講義を受けたそうですが、昨年の9期は1学部11人で2年後の卒業時には4人でした。
昨年の10期は20人で始まり、1学部1年に変更して、卒業時は16人。
だんだん受講生が減っています。
1500万とかの公費を投入して、市民リーダー養成企画だと鳴り物入りで始まった講座でした。
受講生は50単位余りを受講して卒論も書いたけれど、それを生かす道が準備されているわけではなく、自分で探さないといけません。
もっと上手に活用する方法はないのかしらね。もったいないです。

月曜日午前中は着付け教室
月に1.2回の講習て、こちらもやがて1年です。
20分で着付けして、車を運転して那覇の教室まで行けるようになりました。
着物で外出するのも少しずつ慣れてきました。
帰ったら、玄関に野菜の山。
息子に見つかるとうるさいので、早速洗ったり、2日がかりで湯がいたりして冷凍冷蔵しました。
しばらく野菜に困らないですね。
c0064389_20024077.jpg




# by isozineko | 2019-03-05 19:21 | Trackback | Comments(0)

多忙な日々に一区切り 難題も

忙しい一週間の最後の金曜日は、夕方まで予定なし
朝寝坊してのんびりTV三昧
夕方から、1時間だけダンス教室のお手伝いに行った。
土曜日の今朝は、10時から婦人会の代議員会
その後、役員の皆さんとランチして、1時から福祉大会
年度締めくくりの表彰式でした。
あちこちのボランティア団体に関わってるから、受賞も2団体にまたがっていました。
知り合いもたくさんいたので、カメラ係もたくさん頼まれました。
帰ってから、ラインで繋がっている方達に写真を送りました。
そのうち私も、受賞者席に座れるかもね。

夕べ、妹と久しぶりにライン電話で話しました。
なんだか声に力がないと思ったら、ストレスから何もやる気にならず、 こころ科に通っているそうです。
妹は、家族を置いて丸2年の実家暮らし
祖母の葬儀やら、組合内の法事やら、田舎で周囲との付き合いも大変だったのに、母は年取って耳が遠い上、認知症が出始めた。
デイサービスにも行き始めたが、我が道を行くタイプの母との2人の暮らしは、何かと我慢を強いられるようだ。
何も意欲がわかない。
祖母の一周忌の準備もしないといけないが、昔ながらのしきたりを通したい集落内の世話役と、調整に渡り合う気力がないという。
できれば、しばらく代わって貰えないかと…。
実家を継いでくれた妹に甘えて、のんきにボランティア三昧している内に、妹は心を病むほどに追い詰められていた。
3月で年度の区切りが来るし、4月の総会が済めば1.2か月は田舎に行けるかな…と思いながら、しっくりいかない息子一家の事、面倒を見てもらえない植栽の事など頭に浮かんで、気が重くなる。
勝手な姉だ。でも、なんとかしなくてはね…

# by isozineko | 2019-03-02 20:43 | Trackback | Comments(6)

幼稚園で雛寿司つくり

昨日は幼稚園のひな祭りランチ作りに、食改の先輩達とボランティア参加しました。
打ち合わせに行けなかったのだけど、去年、別の幼稚園で作ったメニューと同じで、良かったです。
180ccの牛乳パックを型にしてビニール袋を入れた中に、金糸卵、ご飯、人参甘煮、ご飯と順に押して、ひっくり返すと四角い押し寿司ができます。
花形に押した甘酢大根といんげんの細切りを飾って出来上がり。
下ごしらえはボランティアとお手伝いの保護者が朝から頑張って、型押しは子どもたちにやってもらいます。
私も子ども達のテーブルを回りながら、一緒に作りました。
かわいい押し寿司が出来上がりました。
食改メンバーが作ったアーサ汁とサラダと唐揚げ、ゼリーを盛り付けてステキなランチが出来上がりました。
子どもたちみんな、自分で作ったのは美味しい と、よく食べてくれました。
かわいい押し寿司は、崩すのがもったいないと最後まで取っておく子もたくさんいましたよ。
エプロンの胸にひらがなで名前を付けてたので、子ども達が 
⚪⚪さん、ありがとう!美味しいょ~
と、名前を呼んでくれました。嬉しかった。

写真のはし袋も会員の手作りです。可愛いでしょ。
毎年、包み紙や千代紙を集めて200枚余りを手作りしてくれる方がいます。
c0064389_10350562.jpg

# by isozineko | 2019-03-01 10:10 | Trackback | Comments(2)

渋滞の那覇まで初の車

今日は料理講習のお手伝いに駆り出されて、朝から那覇まで車で行きました。
330バイパスは朝夕は通勤の車で大渋滞するのです。
9時の集合で明治橋まで、日中なら30分かからないのに、8:00前後の渋滞をみこして7:40に家を出ました。
西原の合流はスムーズだったけど、牧港からの合流辺りからノロノロ
那覇市内に入ると隙間も無い数珠繋ぎでした。
毎日これにはまっている通勤族は本当に大変でしょう。
1時間かかったけど、無事到着しました。
やっと渋滞の那覇市内にも、車で行けるようになったなぁ!
料理講習は肢体不自由者の社会復帰のための自立支援事業でした。
7人にスタッフとボランティアが8人付いて、4テーブル15人でした。
私のテーブルは片手が不自由な中年男性2人の3人だけ
洗ったり炒めたり混ぜたり、調味料を計ったりと不自由な手で頑張ってもらいました。
お話ししながら、美味しくできましたよ。
一緒に食事して、お片付けまでして2時頃までかかりました。
5時間。駐車場料金1000円だけ支給、50円足が出ました。
次も宜しくと感謝されたのがご褒美かな?楽しカッターです。
明日は、幼稚園のひな祭り給食のお手伝いに行きます。
最近、食改善ボランティアが忙しいです。
c0064389_22292564.jpg

# by isozineko | 2019-02-27 21:54 | Trackback | Comments(0)

愛楽園と三浦大知のダンジュカリユシ

三浦大知が、天皇在位30周年の式典で、両陛下が作ったダンジュカリユシを歌ったともっぱらの話題
そういえば、土曜日の研修で愛楽園に行ったとき、説明をしてくれるはずだった係りのかたが、三浦大知が歌うので取材に来ているとかでだいぶ待たされた。

昨日、何度も放送されたというTVニュースを見損ねて、今日になってネットで見た。
三浦大知の透き通る声で、ダンジュカリユシに似たメロディが歌われ、両陛下がじっと耳を傾けているのが印象的だった。

何十年か前に両陛下が愛楽園を訪れた折り、見送りに並んだ元患者達の一人が自然発生的にダンジュカリユシの歌を歌いだし、皆が続けて歌って大合唱になったそうだ。
歌い終わると、じっと聴いていた陛下からもう一度歌って欲しいとリクエストがされて、再び皆がダンジュカリユシを歌ったそうだ。
ダンジュカリユシは、船で帰る人に旅の安全を祈る沖縄の古い民謡だ。

両陛下はいたく感激されて、その歌声を深く心に留められた。
何十年かたった退位前の式典に当たり、それまで心にかかっていた想いを歌にされたのだろうと思う。

ハンセン病の罹患者はいわれない差別と偏見で、一生を療養所に隔離されて生きるしかなかった。
日本政府が強制的に隔離政策をとったからで、政府への恨み辛みは強かったはずだ。
昭和天皇はその頂点に位置する存在だったから、恨みの感情が向けられても仕方ないと思うのだが、彼らは誰に促されるでもなく、慰問の旅を終えて帰る天皇夫妻にダンジュカリユシを歌ったという。

世の中から打ち捨てられて生きる元患者たちを、平成の新天皇が慰問に来てくれたという事が、彼らの心を暖めたのだろうか。
患者たちの歌声を長い年月忘れずにいて歌を作り、在位最後の式典で沖縄出身の三浦大知に歌わせたという両陛下の想いと、それを平均年齢84歳の元患者達がどんな気持ちで聞いただろうかと思って、私も胸がいっぱいになった。




# by isozineko | 2019-02-26 22:42 | Trackback | Comments(3)

知らない事だらけの研修会

今日は女性団体の研修会
名護のまだ先、古宇利島の隣にあるライ病の隔離施設愛楽園と、創価学会の研修施設を見学しました。

青い海に浮かぶ美しい島の3000坪の敷地に、赤瓦の新しい施設があった。
ハンセン病は遺伝性の病気ではなく、ゆるい伝染病だそうです。
体力のある人は菌が付いても感染しないけど、生活環境や栄養状態が悪いと感染して徐々に発症、副作用として、骨や皮膚が溶けたり曲がったりするそうです。

昔の沖縄はハンセン病が発症する条件が揃っていた。
発症が緩やかなので、いつ感染したかわからず、一旦発症すると薬の副作用で急激に外見の変化が現れる。
見た目から恐ろしい遺伝性伝染病と思われてしまった。
村八分にされて、海辺のほったて小屋なんかに隔離されて酷い生活になり、益々病気が進む。
戦争が追い討ちをかけた。
仕事にも就けず、収入はないからもの乞いして生きるしかない。

敗戦で外国人が入って来たとき、そんな人達が巷にいると国の恥だと言われて隔離政策がとられ、強制的に隔離された。
一生を人目に付かない収容所での暮らしを強いられたんだって。
その収容所も酷い所で、人として扱ってもらえなかった。
遺伝性じゃないと解ってからも、薬を処方するのは療養所だけだったの。

治ってもなんらかの後遺症があるから、偏見で結婚もできず、遺伝性でもないのに子どもを持つことも禁止されたんだって。。
療養所で運良く産まれた子どもも、死産として処理されたんだって。
酷い話しだよね。
今、愛楽園には1400人の元患者がいて、平均年齢は84歳。
年間10人以上が高齢で、亡くなる。
キレイに整備された施設だけど、悲しい歴史を引きずって生きてる人が、まだ1400人いるんだね。
その家族もさらにたくさん。
隔離施設の人も、戦争でたくさん亡くなったけど、糸満の平和記念公園の平和の礎に記号された人は10人もないんだって。
あれは遺族の申告で記号されるのだけど、家族はハンセン病を隠したいからね。政府も県も見て見ぬふり。

日本にはもう60年間にもハンセン病は出てないけど、世界中では今も10万人以上のハンセン病患者がいるんだって。
東南アジアにはまだ劣悪な環境で暮らしてる人がたくさんいるから、ハンセン病にかかる人がいるんだって。
過去の病気じゃないんだね。

創価学会の研修施設は返還された基地跡に造られたけど、核爆弾発射台がそのまま残ってたの。
最高強度のコンクリートの建物だったから、普通の解体工事ができなかったのね。
だからバレたんだけど~
占領下の沖縄に、広島に落とされた原爆の10倍の威力のある核爆弾が8基も設置されてたわけ。中国向きに。
戦争になれば、中国が参戦するから、先制攻撃のために中国向き核爆弾が設置されたって。
8基は中国の主要都市に照準をあわせてあった。
コンクリートの建物はそのまま発射台で、照準に合わせた傾斜がついてるの。
今は展示施設になって、爆弾のレプリカが置かれてる。
この施設は日本人より中国人がよく知ってて、中国人見学者が多いんだって。

あと15分でボタンが押されるところまで緊迫した事があった。
押せば2時間で中国大陸に到達する。
もし押してたら、即、察知されて報復爆弾が雨のように飛んで来るから、基地の米軍にも逃げ場がない。必死の覚悟だよね。
広島の10倍が8基だからね、沖縄は島ごと破壊されて無くなったでしょう。
恐ろしくて、毛が立つ!
もっと怖いのは、そんな施設があることを沖縄の人には何も知らされてなかったってこと。
占領下にある沖縄人に知らせる義務はない。
でも、日本政府は知ってたのかしら?

際どい所で沖縄は生き残り、世界核戦争は回避された。
ショックだった!
日本が手出しできない基地の中、今はそんなモノはないといえるのかしら?

# by isozineko | 2019-02-23 20:09 | Trackback | Comments(2)

野草オオタニワタリ

昨日、サークルの後で公民館に来年度の使用許可書をもらいに行きました。
これまで通りに来年3月まで利用できることになりました。
でも、1月のパーティー以来、新人が来なくなりました。
やはり、チケットの強制的販売依頼が負担大だったのでしょうね。
一度きりだから協力してと言われても、次もあるだろうと思ってしまうよね。
見学が昨日は2人いました。
最初から最後まで一緒に習ってくれて、良い感じだったから来週も来てくれそうです。
会員になってくれると、いいなぁ

出たついでに浦添城跡まで足を伸ばしました。
久しぶりでした。
琉球コスミレがあちこちで咲いていました。
藪の中にオオタニワタリの新芽が伸びて、可愛いゼンマイがたくさん出ていました。
バターでソテーすると美味なのよね。
知ってる人もいるようで、折り跡もいくつか有りましたよ。
私も、ポキッっと折って取ってきました。
今日のお昼にベーコンと炒めていただきましたよ。
春の味です。
c0064389_14560195.jpg

# by isozineko | 2019-02-22 14:32 | Trackback | Comments(0)

スーパームーンは見えず終い

せっかくのスーパームーン、昨日今日と雨で見られませんでした。
4.5日前、まだ若い月だけど大きいな~と思ったのが最後だったかな?
夜になると雨、日中もモワーッとした空気で5月の陽気だったらしいです。
アマリリスも、紫のハマユウもあっと言う間に咲き終わりました。
今年はヒカンザクラも花が少なかったようです。

月曜の着物展で、ハンカチの染め体験させていただきました!
色を置いた上におがくずを撒いて下から温めると、おがくずが色を吸ってムラができるのです。
ピンクの上に黄色をぼかして、おがくずを渦状に撒いてみました。
思いの他キレイ。
この技法を使った着物がとてもステキだったけど、高価すぎて手がだせませんでした。
ハンカチだけでよしとしました。
c0064389_22525914.jpg

# by isozineko | 2019-02-20 22:42 | Trackback | Comments(4)