生垣刈り

6/12 朝から曇りで時々晴れ間
昨日一昨日の雨で庭はしっとり潤って、土が柔らかい
今日は草取り日和だと、働き者の妹に追い立てられて朝から長靴軍手
高枝に取り残した梅が草の間にたくさん落ちていた。
熟した梅の甘酸っぱい匂いが立ち上る
かごに拾い集めて、傷のないのはジャム用に選り分け、残りは堆肥用のゴミ捨て場に積み上げた。

剪定バサミで紅葉の新芽を摘んでいたら、妹が生垣刈りから先にやって欲しいという。
納屋から脚立と植木バサミを担ぎ出して、槇塀の剪定にかかった。
脚立のてっぺんに立ち上がってチョキチョキ
水平に構えた植木ばさみは結構重くて、途中から剪定鋏にチェンジ
新芽の伸びた枝を下葉2列残してチョッキンチョッキン
昼前に西側を半分、昼食挟んで午後から残り半分 綺麗になった。
明日は東側の篠竹と道沿いの槇塀を刈るつもり
作業中に、アライグマの捕獲業者の兄さんが来て、最後に残した罠かごを外し、一箇所残していた出入り口を塞いで行った。
母グマと子グマ4匹でアライグマ大捕物が終了したそうだ。

この兄さんがなかなか面白い
アウトドア派の両親に鍛えられて、農業高校卒業後に1人で山中に1ヶ月放り出されたそうだ。
自分で小屋を作り、火を起こし、湧き水を汲んで野草を調理したり、蛇も食べたりしたらしい。
ホントかいな?と思うが、世界中回って見聞を広めて来たらしいし、とても物知り
動物が懐いて寄ってくるのだそうで、捕まえたアライグマもすり寄って来るし、蛇が膝にトグロを巻いて眠ってしまったりするのだとか。
小さい頃から、普通にこの世のモノならぬいろんなモノが見えるそうで、両親や祖父母から受け継いだらしい。
自分の子どもたちもその質を受け継いでしまっているらしいという。
この手の話は、信じる人と信じない人がいるが、私は前者だわ。
音楽活動もしているそうで、今度練習を見に来てとお誘いもいただいた。
仲間に、姉ちゃんが2人来ると言っておくという。
弟分ができたようで、妹と2人楽しみだね〜と笑った。


[PR]

by isozineko | 2018-06-12 22:29 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://isozi.exblog.jp/tb/29552138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2018-06-13 08:02
おもしろい親御さんですね。きっと親御さんも霊力を持っていたのでしょうか。
兄さんも仲間と音楽やっているところからすると、人間も好きなんでしょう。
新幹線の殺害や秋葉原事件等、どうも親の育て方が影響しているようですが、対照的です。
Commented by isozineko at 2018-06-14 16:26
この兄さん、妹と気が合ってアライグマの見回りに来るたびに玄関で1時間余りも立ち話
先日は私も加わって、見える話で盛り上がりました。