琉球歴史散歩 名護国頭

c0064389_033561.jpg

c0064389_033586.jpg

c0064389_033588.jpg

c0064389_11472636.jpg

c0064389_033547.jpg

c0064389_033592.jpg

c0064389_033615.jpg


もうすぐ実家行きです。
暑い中、バタバタと出発の準備をしています。
今日は小休憩日
名護から国頭、辺戸岬まで回って来ました。
小さな表示を辿って行った先に、思いがけない物語があったり、軟水の清水が流れていたり…
良いですね。
車にケータイを置き忘れて写真を撮れなかったけど、大石林山もとても良かったです。
その昔、アマミキヨが降り立った場所で、斎場御嶽と同じくらい歴史のある場所だそうです。
ゴツゴツした岩の間に赤いロープで囲った小道が幾通りかあって、頂上の見晴らし場からは、辺戸岬が遠くに見えました。
岩の間に幾つもサクラランの蔓が下がって、花が咲いていました。
本島最北端の辺戸岬は高い断崖の上、白いアザミが咲き競っていました。
国頭は、那覇より3度くらい気温が低いそうです。
赤土にパイナップル畑が広がり、イジュの花が盛りでした。
八重山の川原集落からオモトトンネル辺りの景色に似ています。懐かしい!

[PR]

by isozineko | 2018-05-30 00:03 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://isozi.exblog.jp/tb/29523911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]