梅にメジロの巣 検査入院2日目

c0064389_1312573.jpg

c0064389_1312672.jpg

庭の台湾梅の木に拳くらいの巣があった。
昨日、花の水をやろうと木の近くに来たら鳥が飛び立った。
頭の近くに小さい巣があった。
今日はカーテンの隙間から覗いたら、上の枝にメジロが居た。
こっそりこっそり観察してみよう。


さて、昨日の検査入院の続きです。
前夜は予想通り、向かいのベッドのボケ老人の大きすぎる呟き声に悩まされた。
「昨日からずっと座ってるけど、どこに要るんだろう。あーどうしよう。誰か助けて下さい。」
田舎のボケ老人にしては言葉が丁寧だ。
「お手洗い行きたいけど、動けない。お願いします。お願いします。あーもう持たない。お願いします。」
という具合で、30分も喋り続ける。

ウチのおばあちゃんもこんな風に同室の患者さんに迷惑かけて居たんだろうなと思いながら、切なく聞く。
病棟は、看護師が夜間1人だそうで、あちこちからピンポンピンポンと甲高いナースコールの音が鳴り続ける。
8人部屋、同室のお年寄りたちもうるさくて眠れないようで、「静かにしてくれないかね〜」と、深いため息が聞こえる。
諦めて電気をつけて、読みかけの本を広げる。
夜中、3時を回ってナースコールの音が少なくなり、トロトロと浅い眠りにつく。
しばらく後に又、向かいのお年寄りの大きな呟きが始まる…
もう家に帰って眠りたい。
ぐっすり寝て、朝に来れば問題ないだろうに、何故検査の前の晩に入院なんかさせる?
寝たり起こされたりする内に5:30、窓の外が明るくなって来た。
6:00看護師が検温に来る。
「眠れましたか?」
いいえと首を振ったら、「緊張してますもんね」だって。
「イヤ! アッチもコッチモも賑やかで…ほとんど眠れなかった。頭が痛いわ〜」
精一杯の抗議だけど、通じたかしら?
血圧が175になっててビックリ!

8:40娘が来て、9時前に昨日確保した腕の針にリンゲル液が繋がった。
10時前に検査室に移動
鼻に酸素の管と麻酔ゼリーが入り、やがて意識がボンヤリしだした。
鼻から入ったカメラの管が上がったり下がったり…鼻が引っ張られるので顔を上げたり下げたりした意識はあるけど、検査の記憶は無い。
11時前に、「大丈夫ですか?」と移動式ベッドに乗せられて大部屋に戻った。
麻酔が半分溶けた感じでベッドに横になり、3時間は安静の指示
昨夜眠れなかった分、熟睡していたらしい。
1人でトイレにも行けそうだけど、ダメです!と車椅子に乗せられて看護師さん付きでトイレにも行った。

14時半に車椅子でレントゲン室へ行き、やっと昼食にありついた。昨夜の18時から20時間ぶりの食事だった。
検査結果は月曜に聞きに来る事になり、付き添いの娘を帰した。
着替えも済ませて退院の手続きをし、後は支払いをして帰るだけだったが、ベッドに届くはずの請求書が来ない。
医師のサインをもらわないと計算書が作れないとか。
午後5時まで待ったが医師の手が開かないそうで、結局月曜に払う事になってようやく帰宅。
長い長い2日間だった。
すっかり麻酔が切れたのか、昨夜から唾を飲み込んでも喉が痛い。
内視鏡で擦ったに違いないと思う。

[PR]

by isozineko | 2018-04-20 13:12 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://isozi.exblog.jp/tb/29445034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2018-04-20 13:51
大変な検査でしたね。昨今、肺関連の病気が多いようで、こちらの老人クラブでも肺関連で3名の方が、入退院してました。
検査結果が良好でありますよう。
Commented by fu-and-boro at 2018-04-20 16:26
大変でしたね、お疲れ様でした。
結果、良好でありますよに祈っています。

投稿読んでいておもわず吹き出してしまい…、申し訳ない。
あのおばあさんの叫び、つい先日聞いたばかりでした。
介護施設に勤めている方から同じことを聞いたばかりでした。
「誰か助けてください、動けません、トイレに行きたいです、我慢できません」
こう叫び続けているおばあちゃんがいるとのこと。
同じですね。痴呆症の方らしく誰か助けてくださいばかり言っているそうですよ。

寝なければならないのに寝ることが出来ない…、辛いですね、

のど、大丈夫ですか?
私はまだ後遺症らしき喉が弱い症状が残っています。
仕方ないのかもしれませんね。
看護師の友人が傷ついたかもね〜何て言われましたよ。
Commented by isozineko at 2018-04-21 16:30
taroさん 元気なつもりが、思わぬところで引っかかる事もあるようです。
かっちゃんの例もあるし、何事も早期発見で対処したいものだと思っています。
Commented by isozineko at 2018-04-21 16:33
おかんさん ほんとに笑えない笑い話です。
長文の上、内容がキツイだけに、軽口でクスッと笑えるような書き方をしているつもりなんです。
笑ってもらえれば、私も嬉しいです。