検査入院1日目

c0064389_18544160.jpg



今日15時に検査入院しました。
2月初めに受けた特定健診のレントゲンで肺の結節陰影が指摘されて、2月末再検査、経過観察で3月と4月にCT検査を受けました。
両方の肺に点々と写る結節陰影が、3ヶ月目に入っても消えないそうで、原因究明の為、肺の内視鏡検査をする事になりました。
たまたま検査のキャンセルが出て、急きょ19日に肺の内視鏡検査が決まりました。
ずっと自覚症状はなにもありません。
検査は鼻から小さい内視鏡を入れて、肺の組織をつまみ取ったり、少量の水を入れて肺内の菌などを溶かしてから吸い上げて、検査をするのだそうです。
麻酔を入れながらカメラを進めるそうで、検査は眠っているうちに終わるらしい。
検査の同意書は息子に書いてもらい、検査中の立会いがいるそうで、娘にお願いしました。
今、晩御飯を食べ終わったところです。
薄味で白飯も美味しかったです。
明日はリンゲル液で栄養を摂るのだそうです。
呼吸器科8人の大部屋で、同室は90歳前後のお年寄りばかりで要望も多いけど、看護師さんは優しくて丁寧に対応しています。
廊下でピンポンピンポンとひっきりなしに鳴るのは何でしょう。
呼吸が止まりかけた重症患者がいるのかと思ったけど、止まったり鳴り続けたり…頭が痛くなりそう
夜中もこうだと眠れないかもしれません。
ナースコールの呼び鈴かしらね?

[PR]

by isozineko | 2018-04-18 18:54 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://isozi.exblog.jp/tb/29441694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fu-and-boro at 2018-04-18 19:35
大変でしたね。本格的な検査は明日なのですね。しっかりと寝て体力つけなくちゃ。
もう まな板の鯉で先生にお任せしましょう。、無事に終えることを願っています。
Commented by isozineko at 2018-04-18 20:10
病院は5年前の盲腸以来です。
頭より体が正直で、血圧がいつになく上がっています。
頭では平気なつもりでも、体は緊張してるのでしょうね。
粛々と準備が進められ、点滴の入れ口を確保して、針が刺さったまま食事にトイレ…
自分で決めたまな板の鯉ですものね〜