寒い1日 与那原屋のそば

c0064389_1722244.jpg

c0064389_1722272.jpg

c0064389_1722279.jpg

c0064389_1722267.jpg


時折小雨ちらつく寒い1日
そば食べに行こうとお誘いがあって、与那原町までドライブ
娘宅のある西原からほんの5分のところに、有名なそば屋与那原屋がある。
5、60人入れる広い店内にいつもお客さんがいっぱいで、おばさんたちが元気に働いている。
麺は丸麺と縮れ麺、味も豚骨出汁のこってりと昆布だしのあっさりの2種が選べて、量もたっぷりで割と安い。
注文したのは、縮れ麺であっさり味のソーキそば。お茶と紅生姜はセルフサービス。
水を持って来たおばさんが引っ込んで、3分ほどでそばが出て来た。とっても速い。
今回3度目の店、最初はロース肉そばを注文したら、とても美味しかった。
前回は1日に10食限定の海鮮そばを頼んだら、スープがだいぶ煮詰まった感じで塩辛かった。
今日はソーキそば、美味しいけど、ちょっと塩加減が濃い。
スープを何度も注ぎたすのでしょうから、いつでも同じ味というのは難しいでしょうね。
テーブルには紅生姜と七味の小瓶
沖縄そばにはピパージと思っている私には、ちょっと物足らない。
家の角のピパージが、又赤い実を付けた。
蒸して干してミルでひけば、自家製のピパージになる。次は持参しようかしら?
ピパージの株の下はおなじみの白スミレ。
駐車場も白スミレがいっぱい育って、もう珍しくもなんともない。

[PR]

by isozineko | 2018-02-04 17:02 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://isozi.exblog.jp/tb/29234297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fu-and-boro at 2018-02-04 20:03
ソーキそば…、本格的なのを食べて見たいです。
沖縄の食べ物は色々あって目移りしますね。
何度か行った沖縄、ゴーヤチャンプル専門に食べ歩いたことあります。
色々な作り方で味も色々。たかがゴーヤチャンプルですがされど…でしたよ。
Commented by isozineko at 2018-02-04 21:46
ソーキはスペアリブのことだそうです。
ぶつ切りして下ゆでしたあと、圧力鍋で甘辛くとろとろに煮て、沖縄そばに載っています。
とっても美味しいですよ。
ゴーヤチャンプルーはおふくろの味ですから、家庭によって入れるものが違って、味が変わりますよ。
私のは自分流です。