ハタケノウマオイ?

c0064389_046962.jpg



シンチョと覚えていたこの虫、ネットで確認したら、ハタケノウマオイのオスみたいです。
シッチョシッチョと忙しく鳴くと書いてあるので、その鳴き声からシンチョと呼ばれたのでしょう。
花の蜜や葉も食べるし、小さいバッタやアブラムシなんかも食べる雑食性だって。
どうりで私のバラも食べたのね。
クツワムシやキリギリスの仲間ですね。
驚いたことに、ネットで1匹1100円で売られていました。今在庫なしだって!
ここにいるさ〜

以下覚書

シンチョは実家で昔からそう呼んでいました。
お盆に家の中に入って来て、家族1人ずつの服や頭に留まるので、ご先祖さまがやって来たと言っていました。
網戸もあるのに、なぜか1週間ほど前から家の中にいて、ご先祖さまが私の所に来た気がしていました。
丁度その頃に次男の子どもが生まれたし、お祝いに来たのかな?なんて思って…
日曜に台所の壁に居るのを見つけて外へ出してやったんですよ。
それなのに、玄関横の薔薇の蕾を食べちゃったんです。
恩知らずめ!


iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2015-05-27 00:46 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://isozi.exblog.jp/tb/24168725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2015-05-27 10:23
ウマオイ、北海道でも少ないですがいました。なんでウマオイなのか、子供のころから?でした。
お盆とウマオイのお話、心にしみるいい話ですね。かって日本の暮らしは、こうだったのですね。
Commented by fu-and-boro at 2015-05-28 06:56
すぐには分からなかった。
顔がわかっても・・・???でしたよ、葉っぱと同じなのですもの。
カマキリが生息しない北海道、 このシンチョはいるのかな?
見たことの無いハタケノウマオイです。でもキリギリスと同じような姿なのですよね。
写真で見ると凄みが感じられます。虫には驚かない私ですが
逃げたくなるかも(笑)
バラの蕾が無残ですね。  憎きハタケノウマオイ・・・、
でも捕まえて外にポイするのがやっとでしょうね。
Commented by isozineko at 2015-05-28 22:57 x
taroさん:昔話みたいですが、今でもお盆になると家の中に入って来ます。
一昨年、父の初盆に帰った時も、みんなで夕食のテーブルを囲んでいる時に入ってきて、私の頭にも留まったんです。
お勝手に入ってくるのはお盆時期だけです。
不思議でしょ?
Commented by isozineko at 2015-05-28 23:08 x
おかんさん:ウマオイが沖縄にいると思っていませんでした。でも夏になると7、8センチありそうな茶色のクツワムシがガチャガチャと大きな声で鳴いていましたから、ウマオイがいても不思議はなかったんですね。
でも薔薇の蕾が好きなんて知りませんでした。
実家ではご先祖さまの化身ということになっているので、退治するわけにはいきませんよね。
北海道にカマキリが居ないって初耳でした。
どこにもいると思ってたので意外〜‼︎!
Commented by あああ at 2018-01-08 20:42 x
今更ですが、クダマキモドキだと思います。
Commented by isozineko at 2018-01-08 23:22
あああさん ありがとうございます。
クダマキモドキって、初めて知りました。
クツワムシの仲間みたいですね。
ネットで調べたら、似たようなのがたくさん出ていました。