赤がわらの民家解体 その後

赤がわらの民家解体がこのところの連休で急ピッチで進んだらしい
正規の仕事ではなくて、個人的な作業なのかもしれない
屋根瓦はきれいにはずされて、昨日は屋根の下の棟木の解体
大人が5人で木槌でトントンやってはクレーンで吊ってトラックに載せていた
c0064389_2023762.jpg

でこぼこがあるがクギは使っていないようだ
屋根の下の赤土はきれいに乾いてふるい落とされ
その下のユツン竹がはずされると棟木はきれいに角が残っていた
東の棟木は上部が虫に食われてぼろぼろ穴が開いているようだった
そのあたりから水漏れしたのかもしれないと思った

大雨が降るとよく床下浸水する家で
台風の前後に消防車が来たのも見ている
もっとぼろぼろにシロアリに食われていると思ったので意外
丁寧にはずして、今日は跡形もなく柱まで解体されていた
どこかに移築して、新しい家として生き返るのだろう
[PR]

# by isozineko | 2010-05-12 20:23 | 昔語り | Trackback | Comments(2)

シロアリとヤエヤマホタルの季節到来

7日遅くなって帰宅したら近くの自動販売機の明かりにシロアリの大群が群れていた
隣の家の門灯にも羽蟻が飛び回っていてびっくり
写真に撮ったわずかの間に髪にも服にも羽蟻がくっついていた
梅雨入りのころはいつもシロアリの繁殖期でもあるらしい
山ではホタルがいっぱいだろうと思っていた
c0064389_14311788.jpg

きのう、やっと念願かなって蛍見物の連れができた
途中の道路には大きな茶色のいぼカエルがいく匹も居て車のライトに驚く
車体の下で跳ね上がるものだからゴンと鈍い音がする
外来のカエルで生態系を壊すと不評だが、朝には野鳥たちのえさになるらしい

薄暗くなりかけた7時半過ぎに現地に到着
少し広いところに車が1台、先客があった
数人の声が山道を上がっていくのが聞こえた
さて、ホタルは去年の場所より少し下ったあたりにたくさんいた
暗い木立の下の斜面一帯に、数百のホタルがイルミネーションのように点滅する
息を呑んで立ち止まると、近くでコノハズクの鳴き交わす声がする
時折ガザッと音を立てて朽ちた枝などが落ちる音が響いて ビクッ!

近くにはだれもいないと思ったのに、そばでピシッと小枝の折れる音
何?ドッキリして声を上げたら、先客がいて枯れ枝を踏んだらしい
闇に溶け込むモスグリーンのシャツを着てしゃがんでいたようだ
  脅かさないでよ、お化けかと思ったぞ…
「あら、ゴメンナサイ」と声をかけたらなんと5,6人の人影が動いた
みんな押し黙ってホタルを見ているから分からなかったのだ
ホタル観察ツアーのガイドさんが小さなライトをつけた

「昨日ここはシロアリがすごかったですよ、服の中にも入ってきて」と小声で話している
今日も少しいるようだ
シャツの襟元から忍び込んだ虫が、お腹の辺りまで這い降りてきた
今年もホタルの数はすごい
カメラを持っていたけど写し方を忘れてしまった
説明書を読み直して三脚持参で来ないとだめみたいだ
山を降りてしばらくしてから、赤い玉のピアスが片方ないのに気付いた
車の中にもないから、たぶん、ホタルの山に落としてきたのだろう
c0064389_14334328.jpg

写真は昨年のホタル、今年もこんな感じ
[PR]

# by isozineko | 2010-05-09 14:19 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

八重山は梅雨入りです

夕べはひどい雨で雷も鳴っていました
今日沖縄地方は梅雨入りしたそうです
湿度が98%もあるのではないかしら
いろんなものがシメ~としています

午前中の便で帰るという娘を飛行場に送り
午後からまたバンナの山に入りました
c0064389_19585222.jpg

夕べの雨でイジュがたくさん落ちています
アカショウビンの声が遠く近く鳴くけど姿はチラッとしか見えませんでした
時折パラパラと小雨
c0064389_19591287.jpg

避寒桜の下の谷へ向かう遊歩道は歩く人も少ないようで整備も不良
c0064389_19593211.jpg

大きな木が倒れて根っこがむき出しになって直立していました
c0064389_200955.jpg

木の肌には黄色いコケのような小さいきのこ?がいっぱい
c0064389_2002058.jpg

雨のせいか小川には小さな滝ができていました
c0064389_2004019.jpg

[PR]

# by isozineko | 2010-05-06 20:02 | 季節便り | Trackback | Comments(1)

昼休みにイジュを見に

天気がよくて、展覧会は今日も入場者は少なかったです。
でも、一生懸命売り子に徹したので売り上げはけっこう上がりました。
絵本の読み聞かせもしてみました。
話を聞くとやっぱり欲しくなると言ったお客さんも何人かいました。
当初あった50冊が完売。追加注文が届くのは来週になりそうです。
予約も3冊、プレゼント用に、リボンをかけてお届けすることになっています。

さて、テレビニュースでもやっていたイジュの花
昼休みに見に行ってきました。
c0064389_2113346.jpg

明日は天気も怪しそうだし、交代時間のお昼なら丁度いいかと思って。
天文台下の炭焼き小屋の先へ入ってみました
緑したたる林道はイジュの花の涼しげでちょっと甘い香りがいっぱいです
イジュが散った人気のない山道はシンとしてなにやら不気味
c0064389_20495160.jpg

車のエンジンをかけたまま写真を撮りました
天人花も咲いていました
花びらの上で、小さい白っぽい蜘蛛の子が蜂に襲われていました
c0064389_2050580.jpg

舗装道路が切れると草だらけの細い畦道に出ました
こんなところでわだちにはまっても助けを呼べないと思ってUターン
帰り道でアカショウビンが留まっているのに出会いました
さっき通ったときはいなかったよね
窓をみんな開け放していたので
車のカーテンの隙間からカメラを覗かせてパチリ
c0064389_20502633.jpg

アカショウビンはしばらく枝で首を傾げていましたが
やがて今通ってきた山道を赤い風になって飛び去りました
お弁当を食べてジャスト1時間ステキな息抜きタイムでした

次女が友達の結婚式があるというので昨日から帰ってきています
昨日は、ちょっと顔を見て、今日は帰りにもちょっと車に乗せて
明日には沖縄本島へ帰るそうです。
ホタルを見に行こうと誘ったら、友達と居酒屋に行く約束だそうな
明日は私も休みなのにタイミングの悪いこと。
[PR]

# by isozineko | 2010-05-05 20:57 | 季節便り | Trackback | Comments(3)

天気のいい日には展示会は暇です

展示会、今日はフル体勢だったのにお客が少なかった。
天気がよくて連休だし、子供づれで海のキャンプとか
バンナ公園の遊具であそびにとか行ったんだろう
明日はこどもの日
天気がいいと、明日も望み薄かも…
あまり人が少なくて暇をもてあますのも疲れる

朝、展示会場前の広場には鳩の毛がそこら中ふわふわ散乱していた
猫かカラスか何かに襲われたらしく、本体は見当たらないい
途中所用で出かけたら
道路で子猫が交通事故にあって絶命しているのを見てしまった
どうも幸先がよろしくなかった

早目に締めて帰って来たが会社は定休日で人がいない
珍しく明るいうちに体が空いたから、ホタルでも見に行こうかと思ったら
いつもの仲間は休日で旅行だったり、他の予定があったりで連れがいない
あんな淋しい山の中、さすがに一人では気が引ける
イジュの花が咲いているらしいが、時間が取れなくて見に行ってない
6日は休めそうだから見てきたいなあ 
雨が降らないといいけど…
[PR]

# by isozineko | 2010-05-04 19:12 | 日記 | Trackback | Comments(4)

忙しすぎて何がなにやら

社の周年企画の山場を迎えた
展覧会と講演会をダブルでセット
講演の2日前、演者を迎えて打ち合わせ、
来賓の確認と手配したアルバイトの確認
備品の調達と花の注文、マスコミ各社へ取材の依頼、弁当の注文
展覧会場のセットが終わったら夜中から司会のシナリオつくり

当日は朝、展覧会のテープカットをして、終わるとすぐ講演会のセット
午後には講演会とサイン会、夜には交流会

翌日午後には演者を見送った後
展覧会場の受付兼ショップの販売員
売り上げのチェックと納金をして、翌日のお釣り銭準備
赤字承知の講演会と展覧会だから経費は絞らねば。
自分でできるところは自分でしてアルバイトは最小限に使う
毎日昼食なんてゆっくり食べる暇がとれないうちに夕方になる

今日で展覧会は4日目、雨だったが客足は伸びた
午前中にFMラジオで宣伝をかねて絵本を読ませてもらったが
効果があったのならうれしい
今日はアルバイトが1人が都合が悪くてラジオの後からずっとショップにいた
ショップでは黙って立っているだけでは物は動かない
積極的に売り込む姿勢は見せず
お客さんの目線に沿うように商品を説明し講演会の模様も伝える
共感を持ってもらえるとお買い上げに繋がる

対面販売は疲れるけど楽しくて充実感はある
明日も1日ショップの販売員に出向かなくては…
ゴールデンウイークも会社の休みも私には関係ない
立ちんぼの足をマッサージして、今日は早めに眠ろうかな。
[PR]

# by isozineko | 2010-05-02 20:03 | 日記 | Trackback | Comments(3)

いたずら兄ちゃん

那覇へ行ってきました
ミッキーがつかまり立ちしていました
だいぶ大きくなっています
2ヶ月ぶりのばあちゃんを忘れたらしくて、不安そうな目でじーっと見ていました
抱っこなんてできそうもないので、離れて見ていたら慣れてきたようです
笑いかけてくれるようになりました

夏君がお兄ちゃんになっていてこちらもびっくり
4月から保育園に通っていて、午後からは別の預かり保育にお願いしているそうです
専業主婦の娘は下の子どもに手いっぱいで、遊びたい盛りの夏君につきあいきれないらしい
おんぶして上の子の手を引いて…なんてのは私の時代で終わりですね
2ヶ月会わないでいると子どもはうんと変わります
c0064389_2143274.jpg

車の中で兄ちゃんが弟にいたずらしていますが
弟のほうはまだ天使です
c0064389_2145214.jpg


夏君の初節句にうろこがピカピカ光るこいのぼりのセットを買ってやったんです
娘夫婦は立派な鯉だとお気に入りで、夜も昼もあげっぱなしだったらしいです
それで4年で擦り切れて、去年大きい2匹は処分して矢車と子どもの鯉が残っているそうです
4年で擦り切れるとは思ってもいませんでした
私はミッキーのを1匹買ってやればいいと思っていたので当てが外れてしまいました
娘夫婦は自分たちで買おうと思って見て回っていたらしいのですけど
私がミッキーの初節句にこいのぼりを買ってやると言ったので
セットでお母さんに買ってもらっちゃおう と思ったみたいです

前のは3メートルのセットで長くて傷んだから、1回り小さいのがいいって 
ウン十万の手染めゴイなんてのじゃなくてよかったです
地方によっては2,30万の安物の鯉なら要らない!というところがあるそうです
ご近所への見得もあって吹流しやら名前入りののぼりやらで100万もするのだとか
嫁の実家が負担するのが習いだそうで、それでは初節句は脅威でしょうね

下の娘も休みで、孫2人を連れていっしょにこいのぼりを探して店を回りました
デパートやらスーパーやら、行く先々で洋服に気を取られて鯉はそっちのけ
1日中、歩いて足が痛くなりました
母親といっしょだと気を許して、見たいものを見て回れるのでしょうね
鯉は夕方になってやっとメーカーに問い合わせて注文できました
今度は夜には取り込んで、長持ちさせなさいと言いました
[PR]

# by isozineko | 2010-04-24 21:13 | 孫たち | Trackback | Comments(4)

うるずん到来

湿度の高い日が続いている。
クーラーをかけないと車の中も室内でもじっとり暑くてたまらない。
思い出したように小雨が来るし洗濯物がちっとも乾かない。
c0064389_19503695.jpg

野原では月桃(ゲットウ)の花が咲き出したし
民家の福木がいっせいに花開いて黄色い小花が道にびっしり落ちている
山ではもう、ホタルも出ているそうだ。
先日、会社にテッポウユリを一抱えも持ってきてくれた方がいて
大きいつぼに投げ入れて玄関先やら階段の踊り場やら
あちこちに活けた

夕方になるとむせ返るようなすごい香りが立つ
金曜日に2輪咲いているのをもらって帰った
車の中は百合の匂いが充満して苦しいくらいだった
蚊が寄ってくると嫌う人もいるが、
百合だって受粉しなければ種ができないから必死なんだなあ

日曜日にはラジオ局に絵本を読みに行った
ヘッドホンをつけてマイクに向かうと、廻りが見えなくなる
物語の1語1語をしっかり伝えられるようにと、そればかり思って読む
途中でBGM担当のお兄さんが乗り出すように絵を覗いているのに気付いた
読み終わったらスタジオのメンバーが拍手してくれて、びっくり
内輪で褒めあっているみたいで変だよ…と思いながらも、ちょっとうれしい

帰りがけにBGM担当のお兄さんが
 先週もだけど本の中に引き込まれますねぇ…とボソッと言った
それってすごい褒め言葉だよね
4人の子どもたちが育って、もう、何年も絵本を読む機会がなかった
私の朗読で絵本の世界を感じてくれたならとてもうれしい
もっとちゃんと朗読を勉強したいなあと思った
[PR]

# by isozineko | 2010-04-19 19:52 | 季節便り | Trackback | Comments(3)

この1週間のこと

一週間は早い。
何も書かないで入ると何をしていたのか分からなくなってしまいそう。
アカショウビンはその後、ツガイでいるところを見かけたが
一昨日の昼に様子を見に行ったときには見えなかった
このところ蒸して、夜中の大雨が降ったり
風がやたら強かったりするので営巣には向かないのかも。

11日には声がかかってFM局で3回目の絵本を読んだ
4人のうち二人はレギュラーでもう1人は局のミキシングもやる番組担当さん
親しい皆さんといっしょにスタジオに入るのでぜんぜん上がらない
全体の時間配分は専門家がいるし、CMも合間にスイッチを入れてファジー
あとは自分の分だけ気にしていればよくて楽チン
純ローカル局だからこんなこともできるのかな

先週は気心が知れた仲間でいい感じに番組が収まった
月1回くらい時間を作ってねと頼まれて了解
昨日、彼女が来て今週もよろしくね、選本は任すからって
あら、2週続けて呼んで頂いて、いいのかな~
仕事は多忙、新しい事業が目の前で休みの今日も会議に出てきた
月1度の俳句会の最中だったけど仕方ないわね

もうひとつ明日から習い事をすることになった
先生は友人だけど、生徒はたくさんいる
彼女いわく、
会社は定年後まであなたの面倒を見ないよ
自分の収入に繋がることをやる時間を作らなくちゃ
もう、遅いくらいだよ、忙しいといってないで自分優先でやらないと…
確かにね。モノになるかならないか、とにかく気合入れましょ
c0064389_19231950.jpg

糸トンボさんを見習って楽しい時間も作らなくては。
[PR]

# by isozineko | 2010-04-15 19:23 | 日記 | Trackback | Comments(7)

アカショウビンのつがいに出会う

昨日のこと、春霞がかかって空模様の怪しい昼下がり
仕事の約束が済んで遅い昼食、農道に車を止めてお弁当を食べた
野生のグァバの花がほのかな香りを放っている
c0064389_1353764.jpg

刈り取ったばかりの牧草地にはアマサギとコサギが舞い降りて
長い首を伸ばしたり縮めたり餌探しに余念が無い
車に積みっぱなしの望遠鏡で、つかの間のバードウオッチング
こんな昼休みは気持ちが晴れていい

帰りに通ったヤシ林で、赤い影がひらりと横切って車を止めた
アカショウビンだ 
c0064389_1335281.jpg

枯れ木のウロに取り付いては藪に隠れる 近くに巣があるらしい
エンジンを切ってしばらく見ていたら、道沿いの柵に出てきた
c0064389_134577.jpg

眉間に皺を寄せてなんだか怒っているような顔
車の窓は閉めたままで見ていたが、私を警戒しているらしい
そっとカメラを出してフロンとグラス越しにパチリ 目が合った
c0064389_1343910.jpg

1羽が藪に飛び去るともう1羽が柵に止まって偵察
c0064389_134593.jpg

よく見れば、顔つきも のどのあたりの色も違う
どちらがオスかメスか分からないがツガイのようだ
やたら忙しい日々に、ねぎらいのプレゼントをもらったようなひと時だった

c0064389_145391.jpg

これは8日の昼前の写真。先生をご案内して少し離れたところで観察。
ツガイが仲良く姿を見せてくれた
車は彼らにはただの物体だったようで気にする様子もない
30、40分ずっと姿を見せていて、先生は大満足
小枝にいた2羽は優しい顔だった気がする
[PR]

# by isozineko | 2010-04-07 13:07 | 季節便り | Trackback | Comments(9)

赤がわら家のその後

取り壊しが進んでいたあの赤がわらの家は
表側のかわらがはずされています
屋根は土台になる木の上に細い竹を敷き詰めて
その上に水の漏らない赤土を載せ
赤がわらを載せてさらに漆喰で固めています
c0064389_20435445.jpg
c0064389_2044539.jpg

解体作業はとても手間がかかるようで、少しずつしか進んでいません
もう、かわらを焼く職人もいないのでとても貴重品です
この赤かわらは、どこかの新築の家に再利用されて
新しい赤がわら屋根に生まれ変わるのでしょう

昔は集落中が加勢して、山から竹を切り出して運んだそうです
この竹も於茂登の山の高いところにしか生えていません
雨が降ると、土も竹もぬれて工事ができません
屋根は天気のいい時期に大勢で一気に造ったのでしょう
今はもう、昔と同じ方法では作れないでしょうね
[PR]

# by isozineko | 2010-04-05 20:44 | 昔語り | Trackback | Comments(0)

ピンクのガクアジサイ

園芸店でピンクのガクアジサイが1鉢残っていた
もう終わりに近い花が元気なくうなだれている
顔見知りのお兄さんに交渉して、半額の500円で買った
鉢底から水を吸わせたら、ちょっと復活
かわいい花を咲かせている
c0064389_19483596.jpg

紫陽花が出回る季節になるとつい買ってしまう
花の後、夏を越せても秋から先がもたない
毎年枯らしてしまうのだけれど、見ると今年こそはと手が出る
水のやりすぎで根ぐされしないかしらと気にしながら
毎日コップいっぱいの水を吸わせている

短大に入って、初めて一人暮らしをした18歳の5月
借りたのは踊り場を改装した2畳のアパート
エニシダの黄色い花がきれいだった大家さんの庭を出て
園芸店にあった白いガクアジサイの鉢を買った
紫陽花は私の暮らしの節々に咲いていた花
[PR]

# by isozineko | 2010-04-03 19:49 | 日記 | Trackback | Comments(5)

大鷺かなあ

4月1日
去年、百合の大群落を見た田んぼの畦に行ってみた
ゲットウがちらほら咲き出している
ノボタンの薄紫の花が少し

目当てのテッポウユリは水路の斜面に咲いていたが
遠めにも去年よりだいぶ少ないのが分かる
折って行く人がいてどこかへ移植してしまったのか
人が植えたものだと思うとなんだか興味も失せて
遠目で見て終わりにした

周囲の田んぼは稲が育ち始めていて
畝の間に白い鷺の体が半分見えた
見つけたときはみんな首を長く伸ばして
頭の後ろに長く飾り羽をなびかせていたが直に見えなくなった
飾り羽を写真に撮りたいなあ…

c0064389_19302946.jpg
その近くに観光農園を工事している場所がある
前に来たときはムラサキサギが羽を休めていたところ
去年は通れた農道にロープが張られていた
小さいくぼ地に熱帯睡蓮がたくさん茂っていたのだけれど
跡形も無く埋め立てられて雑草が揺れていた
あの花はどうしたろうか

両側の藪にテッポウユリがたくさん咲いていたのだけれど
道路際のはもうほとんど残っていなくて
切り立ったがけの上のほうには上れないためか群落があった
開発で大好きな島の自然がどんどん変わっていく
縁者もいないこの地に私を繋ぎ止めているものはなんだろう
どこにも私のいる場所が無いような思いが少しずつ募っていく
[PR]

# by isozineko | 2010-04-03 19:30 | 季節便り | Trackback | Comments(0)

今日の花

パッションフルーツの花
c0064389_2017429.jpg

こちらはカクチョウラン
c0064389_2017442.jpg

そしてイリオモテラン
c0064389_20192228.jpg

知人のすばらしい畑小屋に咲いています
毎日手入れに余念が無い
病気しても退院したらすぐ畑へご出勤というほどの熱心さ
好きでなければできない仕事です
いいなあ。私も定年後は畑でもやりたいといったら
トラクターがないとけっこう大変だよ、道具も金もかかるって
私には2坪の家庭菜園くらいが丁度いいのかも
[PR]

# by isozineko | 2010-04-01 20:22 | 季節便り | Trackback | Comments(8)

万勢岳、森の散歩

久しぶりの日曜休日、友人を誘って万勢岳へ
目的はバライチゴの収穫
バラビドーから嵩田林道へ入るつもりが
友人が万勢岳に多いよというので行き先変更
ガタガタ道で、大きなわだちを車でドキドキしながらまたぐ

向こうに先日行ったバンナの森が見える
c0064389_13162029.jpg

途中から小雨がちらつく
肝心のバライチゴはなかなか見つからなくて
完熟を4,5個食べた程度だった

c0064389_13191486.jpg

これはクロヨナの花かな?
クチナシはもう終わりに近い
遊歩道の中は、林床を手入れして間もないと見えてシダがまだ小さい
シンとして時折鳥の声が聞こえる
うっそうとした藪の先にリュウキュウキンバト発見
距離もあるし、薄暗い藪の林床では撮影は無理だわ
緑の羽根の彼は悠々と藪に消えた

大きなシークヮーサの木を発見
1,2ミリの実が枝先にいっぱいついている
實ころ採りに来ようねと言い合ったけど
そのころには刈り込まれた藪も背丈ほどにもなるだろうね

農道に出たところで刈り倒された牧草地の電線に鷹のお尻を発見
c0064389_13222573.jpg

バッタか何か獲物を一生懸命に狙っている
口笛を吹いたらギロリとこっちを見た
今日、詳しい人に聞いたらサシバの幼鳥だという
まだいたんだね、よく撮れたねと褒められてうれしくなった
c0064389_13153349.jpg

[PR]

# by isozineko | 2010-03-29 13:22 | 季節便り | Trackback | Comments(2)