リュウゼツラン開花

バンナの北口を降りたあたりにリュウゼツランが咲いていると情報を得た
リュウゼツラン、2昔前はそこいらじゅうの原野に自生していて
花の季節には太い柱がいくつも立って見事だったそうな
実際、粗末な小屋の柱材として使ったこともあるらしい
開発で原野がなくなり、リュウゼツランも野生では見かけなくなった
c0064389_1850513.jpg

ネットで調べると、花が咲くまで50~60年もかかるとか
80年に1度しか咲かない希少な花などと書いてあるものもある
まあ、寒い地方では珍しかろうが、亜熱帯、熱帯地方ではポピュラー
30年くらいで最初の花をつけるらしい
メキシコのテキーラはリュウゼツランから作る酒とか
で、その花はいったん咲くまでに成長すればその後は割とよく咲くらしい
c0064389_18511835.jpg

以前は市内のミヤヒラホテルの先の庭園にもたくさん植えてあった
アロエを巨大にしたようなアオノリュウゼツランで
その名の通り、竜の舌を思わせる大きなトゲトゲの肉厚の葉?がもりもりと茂っている様は壮観だったが
いつの間にかなくなってしまったのは残念
ここのリュウゼツランはまだ若いようだ
周囲はわずかだがゲットウやソテツなど在来の原野の植物が残っている
[PR]

# by isozineko | 2010-06-15 18:51 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

宮良川筏下り

宮良小学校PTA恒例の宮良川筏下りがあると聞いて朝から出かけた
8時半には宮良橋の下を通るはずと聞いていた
7時過ぎから来て待っているというおばあちゃんが2人
元校長先生が来て上流の赤下橋を出たのが7時過ぎといっていた
梅雨明けまじかの炎天下で2時間近く待つのは辛い
川は静かで橋の下に巣を作ってでもいるのか燕が何度も宙返り
c0064389_1385254.jpg

まだかなあと首を長くしてみていた
c0064389_1392734.jpg

筏はドラム缶と板製の手作りで6年生が3艘に分かれて18人
c0064389_131098.jpg

お父さんたちが先導してお母さんたちの筏も1艘
もろもろの都合があったようで、筏が橋の下を通ったのは10時
c0064389_13104241.jpg

橋の上で下級生が太鼓や横断幕で出迎えた
橋の下をすぎるとまもなくムニンヤの浜
c0064389_13111295.jpg

父兄がテントに飲み物など準備して待っている
幼稚園から1~5年生までが浜で迎えて出迎え式
毎年の行事で、来年は今の5年生に番が回ってくる
楽しそうだなあ
最後はお父さんたちが総出で重い筏を陸に揚げて分解
c0064389_13123978.jpg

以前、私も乗せてもらえる約束があったが部署が変わって実現しなかった
3.4年前ボランティア交流会で、宮良川をカヌー探検したからまあ悔いはない
でも、また乗ってみたくなったなあ
[PR]

# by isozineko | 2010-06-13 13:12 | 季節便り | Trackback | Comments(4)

ちょっとあんた!邪魔ばい

最近記憶がおかしい
雨の中夜のドライブしたのは木曜日だったっけ?
その前日の水曜にも確かガジュマルの下で雨宿りして、
車の屋根に当たる雨音がすごくてラジオの音が聞こえない
雨だれ石を穿つって言うけど、車の屋根も穴が開くかしらなんて…
昨日は金曜日でやっぱり雨
夕方雨が上がって夕日が覗いた
習い事に行く途中のマリーナ、雨上がりの夕空がきれい
c0064389_1971284.jpg

730で信号待ちしたら、後ろから2人乗りバイクが前をふさいだ
c0064389_1974974.jpg
交差点では追い越し禁止だって知らないの?
いやだなあ、それに、そこって横断歩道の上だよ
帰りにスーパーによって駐車場から出るとき
大通りから左折して入って来ようとする車があって私邪魔みたい
入れ替わろうと左折したら、後ろから直進してきたタクシーが
クラクションを長く引きずって怒鳴るような警告音
少し先の信号は赤で車はつまり気味 出してくれたっていいじゃない
タクシーのクセに、なんだってそんなに神経質にクラクション鳴らすのさ

気持ちがささくれ立って、意地でも譲ってやらんぞと思う
私ってけっこう血の気が多いんだよね、馬鹿にされると平静でいられない
鏡を見たらきっと今私、意地っ張りな顔してるね
優しい笑顔を向けられれば、こっちも優しく対応したくなるし
訳もなくにらまれれば、こっちだってフン!という気持ちになる
しばらくムカムカ胸糞が悪い なんて最悪な日だろう!
ウチの駐車場に入るとき、ラジオから長淵剛の古い唄が流れた
エンジンだけ止めて鍵を差したまま聞いているうちに心が和んだ
そうだよね、そんなにむかっ腹立てたってつまらんよね
[PR]

# by isozineko | 2010-06-12 19:07 | 日記 | Trackback | Comments(6)

河川全国一斉調査

6月6日、全国一斉の河川調査があった
日ごろお世話になっている先生の団体も調査に加わるので
いっしょに行こうと誘われて朝から参加
昨夜、ねなれないところで寝てしまったので、
暗いうちから目覚めてちょっと寝不足気味のお疲れモード
お弁当を作る元気もなくコンビニでシャケおにぎりを調達

調査は日本中で朝からやっていて、
データを集めれば全国の河川の汚れ具合が分かるのだそうな
私たちのグループには東京工業大学の学生さんが2人参加
半分以上は昨年も調査に加わった人らしい
通年で調査をしている人もいるそうだ
2班に分かれて我々は車3台で出発

まず、調査方法のレクチャー
容器はすべて共洗いと言って、くみ上げた水を3回替えて洗う
泡盛を飲んだコップでビールを飲むとビールの味が変わるのと同じ理屈だそうな
親子参加した小学生が「何で酒ね、コーラとジュースでもいいさ~」と笑わせた
和気藹々と調査の手順を説明して、実地に突入
ひも付きバケツでくみ上げた水を試薬の入った容器に入れて4,5分放置、
放置時間も気温によって決まりがあり、色を試験紙と見比べる
c0064389_19574542.jpg

下流は汚染度が高かったが、きれいに見えた上流でもけっこう汚染されていた
開発の土砂に雨が降った影響もあるが、多くは農業用の肥料や農薬が原因という
天気続きのときでも数値が高いそうで、しかも年々高くなるとか
10時ごろ下流の気温は29度、水温は27度、
調査中にスコールのような通り雨があったが
30分後の中流では気温水温とも25度台になっていてびっくり
於茂登のトンネル近くの川では苔むした岩がつるつるすべる
c0064389_19582515.jpg

思いがけない生物にもであった
コナカハグロトンボ
c0064389_19585680.jpg

クロイワオオケマイマイ
c0064389_19591944.jpg

帰りの田んぼでムラサキサギを発見
c0064389_19594669.jpg

近寄ったら逃げられたが後姿もバッチリ撮影できた、奥にはバンがいる
c0064389_200320.jpg

2時、白保の珊瑚村に集まって発表会
白保小学校は校長自ら生徒を率いて調査に参加していた
一斉調査は国交省が取りまとめてHPに発表するとか
私はウチの班の調査地区5点の調査報告書を担当した
スケッチの欄もあったので、まじめに全部描いた
今年の報告書はすばらしい 来年もぜひ参加してくださいと頼まれてしまった
いくつになっても褒められるのはうれしいなあ
[PR]

# by isozineko | 2010-06-07 20:00 | 日記 | Trackback | Comments(6)

ネムの花

トンネル付近にネムの花が咲いていると連絡をもらって撮ってきました
高い木の上のほうに固まってピンクの花
カラスアゲハが吸密に来ていました

c0064389_19393838.jpg

石垣島でネムの花が見られるなんて思わなかった
ギンネムはそこいらじゅうにあるけど花は小さくて地味な白っぽい緑
ネムノキは島でも珍しいようです
ここには2本あるらしいけど咲いていたのは1本だけでした
[PR]

# by isozineko | 2010-06-04 19:40 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

沖縄本島で家族集合

土曜日、格安のチケットが手に入って夕方の便で那覇に飛んだ
仕事の予定なしでの沖縄本島は去年の正月以来だ
那覇着が8時前、暗くなりかけたモノレールの窓からネオンサインがきれい
首里まで迎えに来てもらって娘の家に直行
10カ月になったミッキーが赤ちゃん顔からお兄ちゃんぽくなっていた
2,3歩くらい歩くらしいがまだハイハイが大得意
パパに抱っこされて怪訝そうな眼差しで見る
手を出さずに見ていると、そのうち寄ってきてちょっとだけ抱っこされた
骨がしっかりしてきて軽い感じ、ぽっちゃっとした不安定感がない

翌日曜の昼には子どもらがみんな集合した
6月が臨月の長男嫁は大きなお腹を突き出して涼しそうな顔で現れた
不安定な仕事でイラつき、あわや離婚の危機だった二男は嫁と小さな娘連れ
何とか納まって、少しは家の事もやるようになったらしい やれやれ
1人だけ独身の次女は、7月で仕事をやめて東京へ行くつもりでいる
娘たちといっしょに手作りの昼食は、土産の八重山そばと60個の餃子
小さい孫たちがおもちゃをいっぱい広げて遊ぶ様子を見ながら
私1人からこんなに広がった家族集団をしみじみと見た
c0064389_19404917.jpg

夕方、長女の家の前で婿と嫁と孫たちみんな集合の家族写真を撮った
c0064389_19412114.jpg

こんな機会がまたあるだろうか
さし当たっての心配も不幸もなく、今が1番幸せなときなのかもしれないと思う
首里まで長男夫婦に送ってもらって最終便で帰ってきた
[PR]

# by isozineko | 2010-06-01 19:41 | 日記 | Trackback | Comments(5)

パパイヤと紙漉き

知人の畑のパパイヤに花が咲いて隣の木は鈴なり
c0064389_12312156.jpg

c0064389_12313857.jpg

子どもの頭くらいの熟れたのを1個いただいてきました
沖縄ではパパイヤは青いうちに収穫して野菜代わりに使います
煮物や炒め物、チャンプルーが多いでしょうか
切り口から白い樹液が滴って、食感は大根に似ています

水墨画の仲間たちがアオガンピを伐採してきて紙漉きをしました
これはアオガンピの花、小さくて可憐です
c0064389_12335258.jpg

枝を払い、2時間くらい蒸して皮をはぎ、表皮を取り除いて1晩水に晒します
ごみを取り除きながら細かい繊維になるまでたたいてしぼり、
粘着剤を溶かした水槽に入れて漉き箱で漉きます
3年前にもやったのですが3日がかりの大変な作業です
昼休みと仕事を終わってすぐにかけて作業は暗くなるまで続きました
ばなな畑の夕暮れ
c0064389_12341746.jpg


社の周年事業が一段落して気が抜けたせいかここ数日体調がすっきりしませんでした。
暑くてとうとう扇風機を出してしまい、一晩中風に当たっているせいもあったでしょうか。
微熱っぽくて鼻がぐずつくし、風邪みたいでしたが、回復途中です。
連日、梅雨の中休みの上天気で紙漉きにはもってこいの日和したが、今日は曇り空
雨もちらついています。
野山や畑の緑が喜んでいるでしょう。
[PR]

# by isozineko | 2010-05-28 12:50 | 季節便り | Trackback | Comments(4)

出番前

今月初め、市民会館で子ども芸能大会がありました
子どもの日前で私たちは休日返上の忙しいさなか
演芸は見られませんでしたが
出番前のおさらいを目の前でやっていました
c0064389_1303636.jpg

この子らは1年生で初舞台だそうです
お雛様のようなぷっくりしたほっべがかわいい
そこはかとない色気なども感じてしまうのは
私がおばさんになったからでしょうか
c0064389_130979.jpg

[PR]

# by isozineko | 2010-05-26 13:00 | 出逢った人 | Trackback | Comments(3)

真夏日の昼間っから鳥見物

久しぶりの休日となった
外は梅雨の中休みの上天気気温はぐんぐん上がって真夏日
洗濯物を早々に済ませ、サークルの役員会におでかけ
いい感じのレストランで、サラダバーとミニケーキとコーヒー付きのランチが1000円
女性客と観光客がひっきりなしで、席の空く暇がない

帰り道、川が海に注ぐあたり、堤防のよこの小さな木の陰に車を止めて
窓を全開にしてバードウオッチング
冬に買ってまだほとんど使ってない双眼鏡を出してみる
口径が広いだけあって前のよりだいぶよろしい

潮は干潮に向かっているようで浅瀬が見る間に干上がってきた
最初にいたのは大きなアオサギ
c0064389_1944258.jpg

シラサギが来てアオサギの近くで小魚を狙い始めた
c0064389_19442349.jpg

くちばしではさんだ魚の銀色のうろこがピチピチ跳ねるのを見て
アオサギはシラサギの獲物を横取りしようと近寄ろうとするが白鷺はするりと飲み込んでしまう
c0064389_19445039.jpg

自分で捕ればいいのに、こいつはちょっとのろまらしい

干潟にはコチドリやカモメなどがやってきてチイチイとにぎやかになる
c0064389_19465298.jpg

穴から這い出した蟹の横を小さい鳥が横切るが、どちらも気にしていない風
c0064389_1947284.jpg

堤防の横を乳母車のお母さんが通ると鳥は其方を気にして見ている
木陰で2時間も動かない私のほうは、とんとお構いなし
c0064389_19511663.jpg

日陰が動き、暑さに耐えられなくなって私のほうが切り上げたが
たまにはこんな休日もいい
[PR]

# by isozineko | 2010-05-20 19:48 | 季節便り | Trackback | Comments(6)

タイサンボクとパキラの花

珍しい花を見た
タイサンボクとパキラの花

まずタイサンボクがなぜ珍しいか
モクレン科の高木で本土では割とポピュラー
上野の森にも大きな木に花がたくさん咲いていたけど
本来は北アメリカ原産なので、暑くて紫外線の強い沖縄では育ちにくい
だから植え多翌年に花は咲いても、最初の1,2年で発育が止まるらしい
ところがこの木は手入れもよく、西側の屋敷樹とそばの車庫に守られて西日が防げたのか
15年も育ち続けて花をたくさんつけている
c0064389_197399.jpg

乳白色の大きな花はすがすがしいし、すばらしくいい香りで好きな花のひとつ
なんとネットで調べたら、ゲランとかの香水にも使われているらしい
知人に紹介されて伺ったら、主は昔の隣人で古いおなじみさんだった
木下に立ったら甘い香りが降って来た
幸せ~

もうひとつは2階の屋根より高く育ったパキラの木に咲いた花
テーブル観葉樹として人気で、こんなに大きくなるとは知らなかった
挿し木で簡単に育つから、花が咲くなんて思わなかった…
でも、実生の小株が売られているってことは、当然花があって実になったのよね
なんと上向きに咲く大きな下がり花みたいで、すごくいい香り
c0064389_1911460.jpg

花は朝にはガクから離れるのだけれど
めしべが通っているし、上向きなので茶色くなってもなかなか落ちないものもある
下枝についていた花を1輪折ってきたら、朝にはほろほろとガクまでこぼれ落ちた
やっぱり下がり花と同じ一夜花だったのね
[PR]

# by isozineko | 2010-05-19 19:11 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

金星と三日月

16日夜、西の空に三日月と金星のランデブー
c0064389_18301310.jpg

c0064389_18303328.jpg


長い長い赤字事業がこの日でようやく終了
充実感はあったけどやっぱり最後は黒字で締めたかったなあ
難儀した3人でささやかな打ち上げ
泡盛のおいしかったこと

長い周年事業が終わって、またもとの仕事に戻るところだけど、
次の事業が始まっています。
当分走り続けなくてはいけなそうです。

来月は事業続きなのに那覇の長男宅で初産
手伝いに行かなくてはいけないけど、休めるかしら…
うまく事業の合間に生まれてくれると助かるのだけど
子どもはこちらの都合よく生まれては来ないですものね


そうそう、ちょっと耳寄り情報
雲や風を操れる人がいるという話
 少し後にでかけたいけど、ちょっとだけ雨やんでくれないかなあ
 とお願いすると不思議に雨がやむらしい
今すぐはだめだけど少し後なら聞いてくれるんだと…
同じ力のある人はけっこういるそうで、
怪しまれるからおおっぴらには言わないけどよく使わせてもらっていますと…
邪心のない子どもがやると、てき面なんだって
 へえ~今度孫にさせてみようかな

私の場合、花のアップ写真を撮ろうとすると、急に風が吹いて揺れる
まただよって言ったら、知人の花のカメラマン氏も同じことを言っていた
これって、もしや花からのメッセージ?
[PR]

# by isozineko | 2010-05-18 18:34 | ふぁんたじー | Trackback | Comments(2)

赤がわらの民家解体 その後

赤がわらの民家解体がこのところの連休で急ピッチで進んだらしい
正規の仕事ではなくて、個人的な作業なのかもしれない
屋根瓦はきれいにはずされて、昨日は屋根の下の棟木の解体
大人が5人で木槌でトントンやってはクレーンで吊ってトラックに載せていた
c0064389_2023762.jpg

でこぼこがあるがクギは使っていないようだ
屋根の下の赤土はきれいに乾いてふるい落とされ
その下のユツン竹がはずされると棟木はきれいに角が残っていた
東の棟木は上部が虫に食われてぼろぼろ穴が開いているようだった
そのあたりから水漏れしたのかもしれないと思った

大雨が降るとよく床下浸水する家で
台風の前後に消防車が来たのも見ている
もっとぼろぼろにシロアリに食われていると思ったので意外
丁寧にはずして、今日は跡形もなく柱まで解体されていた
どこかに移築して、新しい家として生き返るのだろう
[PR]

# by isozineko | 2010-05-12 20:23 | 昔語り | Trackback | Comments(2)

シロアリとヤエヤマホタルの季節到来

7日遅くなって帰宅したら近くの自動販売機の明かりにシロアリの大群が群れていた
隣の家の門灯にも羽蟻が飛び回っていてびっくり
写真に撮ったわずかの間に髪にも服にも羽蟻がくっついていた
梅雨入りのころはいつもシロアリの繁殖期でもあるらしい
山ではホタルがいっぱいだろうと思っていた
c0064389_14311788.jpg

きのう、やっと念願かなって蛍見物の連れができた
途中の道路には大きな茶色のいぼカエルがいく匹も居て車のライトに驚く
車体の下で跳ね上がるものだからゴンと鈍い音がする
外来のカエルで生態系を壊すと不評だが、朝には野鳥たちのえさになるらしい

薄暗くなりかけた7時半過ぎに現地に到着
少し広いところに車が1台、先客があった
数人の声が山道を上がっていくのが聞こえた
さて、ホタルは去年の場所より少し下ったあたりにたくさんいた
暗い木立の下の斜面一帯に、数百のホタルがイルミネーションのように点滅する
息を呑んで立ち止まると、近くでコノハズクの鳴き交わす声がする
時折ガザッと音を立てて朽ちた枝などが落ちる音が響いて ビクッ!

近くにはだれもいないと思ったのに、そばでピシッと小枝の折れる音
何?ドッキリして声を上げたら、先客がいて枯れ枝を踏んだらしい
闇に溶け込むモスグリーンのシャツを着てしゃがんでいたようだ
  脅かさないでよ、お化けかと思ったぞ…
「あら、ゴメンナサイ」と声をかけたらなんと5,6人の人影が動いた
みんな押し黙ってホタルを見ているから分からなかったのだ
ホタル観察ツアーのガイドさんが小さなライトをつけた

「昨日ここはシロアリがすごかったですよ、服の中にも入ってきて」と小声で話している
今日も少しいるようだ
シャツの襟元から忍び込んだ虫が、お腹の辺りまで這い降りてきた
今年もホタルの数はすごい
カメラを持っていたけど写し方を忘れてしまった
説明書を読み直して三脚持参で来ないとだめみたいだ
山を降りてしばらくしてから、赤い玉のピアスが片方ないのに気付いた
車の中にもないから、たぶん、ホタルの山に落としてきたのだろう
c0064389_14334328.jpg

写真は昨年のホタル、今年もこんな感じ
[PR]

# by isozineko | 2010-05-09 14:19 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

八重山は梅雨入りです

夕べはひどい雨で雷も鳴っていました
今日沖縄地方は梅雨入りしたそうです
湿度が98%もあるのではないかしら
いろんなものがシメ~としています

午前中の便で帰るという娘を飛行場に送り
午後からまたバンナの山に入りました
c0064389_19585222.jpg

夕べの雨でイジュがたくさん落ちています
アカショウビンの声が遠く近く鳴くけど姿はチラッとしか見えませんでした
時折パラパラと小雨
c0064389_19591287.jpg

避寒桜の下の谷へ向かう遊歩道は歩く人も少ないようで整備も不良
c0064389_19593211.jpg

大きな木が倒れて根っこがむき出しになって直立していました
c0064389_200955.jpg

木の肌には黄色いコケのような小さいきのこ?がいっぱい
c0064389_2002058.jpg

雨のせいか小川には小さな滝ができていました
c0064389_2004019.jpg

[PR]

# by isozineko | 2010-05-06 20:02 | 季節便り | Trackback | Comments(1)

昼休みにイジュを見に

天気がよくて、展覧会は今日も入場者は少なかったです。
でも、一生懸命売り子に徹したので売り上げはけっこう上がりました。
絵本の読み聞かせもしてみました。
話を聞くとやっぱり欲しくなると言ったお客さんも何人かいました。
当初あった50冊が完売。追加注文が届くのは来週になりそうです。
予約も3冊、プレゼント用に、リボンをかけてお届けすることになっています。

さて、テレビニュースでもやっていたイジュの花
昼休みに見に行ってきました。
c0064389_2113346.jpg

明日は天気も怪しそうだし、交代時間のお昼なら丁度いいかと思って。
天文台下の炭焼き小屋の先へ入ってみました
緑したたる林道はイジュの花の涼しげでちょっと甘い香りがいっぱいです
イジュが散った人気のない山道はシンとしてなにやら不気味
c0064389_20495160.jpg

車のエンジンをかけたまま写真を撮りました
天人花も咲いていました
花びらの上で、小さい白っぽい蜘蛛の子が蜂に襲われていました
c0064389_2050580.jpg

舗装道路が切れると草だらけの細い畦道に出ました
こんなところでわだちにはまっても助けを呼べないと思ってUターン
帰り道でアカショウビンが留まっているのに出会いました
さっき通ったときはいなかったよね
窓をみんな開け放していたので
車のカーテンの隙間からカメラを覗かせてパチリ
c0064389_20502633.jpg

アカショウビンはしばらく枝で首を傾げていましたが
やがて今通ってきた山道を赤い風になって飛び去りました
お弁当を食べてジャスト1時間ステキな息抜きタイムでした

次女が友達の結婚式があるというので昨日から帰ってきています
昨日は、ちょっと顔を見て、今日は帰りにもちょっと車に乗せて
明日には沖縄本島へ帰るそうです。
ホタルを見に行こうと誘ったら、友達と居酒屋に行く約束だそうな
明日は私も休みなのにタイミングの悪いこと。
[PR]

# by isozineko | 2010-05-05 20:57 | 季節便り | Trackback | Comments(3)