田舎へ移住は大変そう

c0064389_20165543.jpg

c0064389_20165518.jpg
1枚目、一昨日植えた紅葉の新芽の盆栽風
2枚目、作業場から隣家への私道、ボケの真っ赤な花が咲き出しました。
今日は曇り空、午後から雨が降って寒くなりました。
週末、又、真冬に戻るらしい。山沿いは雪だって。
「彼岸すぎたのに、呆れたもんだ」と母も言っています。
畑に蒔いた野菜が芽は出たのに、ちっとも育たないそうです。
地温が低いのでしょうね。
明日から4月なのに、まだ桜(ソメイヨシノ)も蕾が開きません。
実家のは3月始めに咲いたけど、豊年桜という早咲き種だそうです。

さて、ブログ友の北海道のおかんさんと移住話で盛り上がりました。
移住の現実、石垣島でも結構大変そうでした。
人のつながりの薄い都市部ではともかく、田舎ではきっとどこでも大変でしょうね。
コメントを残しておきたくて、ここにコピペします。

1、おかんさんのコメント
50代の頃 田舎で暮らしたいと本気で考えました。
友人の旦那さんの実家が札幌に近いが本当のど田舎、いずれはそこに戻って跡を継ぐつもりでいた彼女が言うには
本気で行きたいのなら今のうちに行きなさい、年をとってからという考えはダメ。
人見知りのする人はその地域に溶け込むことはできないのでやめなさい。
その地域に若い力を献身するつもりでお手伝いをしなさい。

いろいろ教えてくれました。考えが簡単すぎる私たちには無理な話でした。
出来上がっている地域によそ者が入るのは大変です。
本当に行くつもりなら…、若いうちですね。
外面は良くても、打ち解けることのできない人見知りは無理かもしれません。

でもこういう風景を見ると田舎暮らしを本当にしたいと思うのですよ。

2. おかんさん : うちの十数軒の集落にも定年後に移住してきた方が4軒あります。
住人のいなくなった家屋敷を買って、趣味程度に畑をして居る方、田んぼを5反程も買って本格的に農業を始めた方、ご主人だけ来て奥さんはたまに来るだけの夫婦もあるようです。
4軒のうち2軒は集落の付き合いをしていて、他1軒は益がないと付き合いを抜け、残り1軒は挨拶もしないし顔もよく分からない夫婦だそうです。
田舎で農業だけして老人になった人達は、集落外の人と深い交流がないですから、よそ者に警戒心は有りますね〜
嫁姑の苦労は分かっても、空気を読むとかしなくて、胸にグサッと来る事を悪気なく言う人もいますから、裸の付き合いはしにくいでしょうね。
先日、ダンスサークルでお話しした札幌から移住のご婦人も、話しててちょっと涙ぐむ場面がありました。
お仲間と楽しそうにうちとけている様子だったのですけど、私と話してるうちに、フッと以前の暮らしを思い出したのでしょうね。
これが移住の現実なのですね。歳とってからの田舎暮らしは、夢物語ではないです。本当に大変でしょうね。

[PR]

# by isozineko | 2017-03-31 20:16 | Trackback | Comments(4)

あぜ道に菜の花 水仙

c0064389_13135355.jpg

c0064389_13135358.jpg

c0064389_13135334.jpg

c0064389_13135430.jpg



3/30 良い天気でした。
昼過ぎ、おばあちゃんの施設まで自転車で。
おばあちゃんは、まずまずのご機嫌でした。
「どれ、赤ん坊の写真見せてみな」だって。
アイホン覗いて、「可愛いの〜 (*^▽^*)」
持参した柏餅をほおばって、キョロキョロ
誰かが見てないか気になったみたい。

帰り道、老人会が畔に植えた水仙の花を撮ってきました。
この道を通って4年生まで分教場に通ったんです。もっと狭かったけど…
ツクシも見えますね。
1番下のは、学校帰りに道草して、靴を網がわりに小鮒を捕まえた小川
菖蒲の株がたくさんあって、シジミもいたのだけど、もう面影がないです。

[PR]

# by isozineko | 2017-03-31 13:13 | Trackback | Comments(2)

なんてキレイなの!

c0064389_17452575.jpg

c0064389_17452517.jpg

c0064389_17452568.jpg

c0064389_1745255.jpg

c0064389_17452518.jpg


夕方から自転車で買い物に出た。
帰り道、田んぼの真ん中で足が止まった。
美しき天然 もう言葉がない!

iPhoneから送信
[PR]

# by isozineko | 2017-03-29 17:45 | Trackback | Comments(2)

今日は土いじり

c0064389_23594163.jpg


6:15に目が覚めた。
少し開けた襖の向こうに、玄関のガラス戸から明るい光が入っているのが見える。
私の頭の上はサッシの雨戸がピッタリと閉じているので陽射しは分からないのだ。

戸袋の上で、雀が巣作りをしている。
時折コツコツと音がする。
手近で材料を調達するつもりか、戸袋の上の壁土をだいぶつついてしまった。
他には枯れ草や梅の木に着いたカッピカピの苔みたいなのを剥がして来るらしい。
雨戸を開けると、巣から落ちた材料が散らばっている。
薄くなった土壁の所に、先日は竹竿を立てかけて、先端にアルミホイルを細く切ったものをタコ足状にくっつけておいた。
わずかな空気の振動で、タコ足が揺らぎ、かすかな音がする。
雀は2、3日様子を見ていたらしいが、巣作りを諦めなかった。
さすがにタコ足が揺れる壁材を突き取るのは諦めたようだ。

7:30雨戸をすっかり開けたら、もう陽は軒の端まで上がっていた。
3日ぶりの晴天で日向は暖かいが、日中10度まで上がらなかった。
母は畑に出て行った。
手持ち無沙汰な私は、去年の鉢のまま10センチほどに伸びた小菊をいくつか、大きい鉢に植え替えた。
10日ほど前に挿し木したモッコウバラが、5本とも柔らかい葉芽を伸ばしている。
うまく発根したのなら持って帰りたいが…
庭のあちこちに芽を出した紅葉の4、5センチの幼木を集めて浅い鉢に植えた。
根元に苔を敷き詰めて、小さな雑木林風にしてみた。
どこへ行っても、暇潰しは土いじりだ。
[PR]

# by isozineko | 2017-03-28 23:59 | Trackback | Comments(2)

びっくり!春の雪

c0064389_1022466.jpg



明け方からけっこうな雨音
今日も雨か〜
雨戸を開けてびっくり!
雨と一緒に雪が降っていた
雪の粒は大きくなったり小さくなったりしながら、8時過ぎまで降った。
3月も末になって雪が降るって、そうないよ。
今日もこたつでTVだね〜(о´∀`о)
[PR]

# by isozineko | 2017-03-27 10:02 | Trackback | Comments(0)

戻り寒

c0064389_19155891.jpg

c0064389_1915587.jpg

c0064389_19155818.jpg


浦島草の後ろから陽が射しています。
これはもう撮らなくては!
山道を抜けるといろんな景色に出会います。
2枚目、山間部の集落
青い屋根の家のそばに白木蓮の大木が花盛り
ウチの白木蓮は今年は不作で花が7、8輪
夏場の水不足が祟ったらしいです。
3枚目、集落入り口の辻にお札が立っています
魔物封じの御呪いで、年に1度お寺から新しいのをもらって来て立てるのです。
集落の外れの東西南北の辻に1本ずつ
南はウチのお墓の下の辻に立っています。

今日は朝から音立てて雨
山間部は雪の予報もある冬に逆戻りの1日でした。
朝からこたつにストーブでTV三昧。
掘りこたつに座ったまま、きのう掘った里芋の皮を剥き、沖縄から持って来た指くらいの人参の皮をちまちまと剥きました。
「こん仕事だね〜」と母、根気のいる作業です。
こんな寒い日はやる事がないもの。
鶏肉とゴボウと椎茸も入れて、ストーブの上に鍋を置きました。
「それで煮えるかえ?」と母。普段はヤカンしかのせないのです。
大丈夫、いい匂いで美味しそうな煮物ができましたよ。
冷蔵庫に入れてあったかき餅も焼きました。

相撲!稀勢の里の執念は凄かったですね。
[PR]

# by isozineko | 2017-03-26 19:15 | Trackback | Comments(0)

姪の赤ん坊とおばあちゃん

c0064389_23504175.jpg

c0064389_23504187.jpg

c0064389_23504193.jpg

c0064389_23504194.jpg


昼前におばあちゃんの見舞いに行った。
外気温8度 風が冷たいけど陽差しが暖かい。

姪が送って来た赤ん坊の動画を見て大喜びのおばあちゃんを動画に撮って、姪に送った。
すぐに姪から、赤ん坊を抱いて手を振っている動画が返信された。
おばあちゃんは、アイホンの画面を覗き込んで、目を細めて「おめでとう」と手を振っていた。
ついぞ見たこともない晴れやかな喜びようだった。

姪は妹の次女で、彼女が生まれた時、おばあちゃんが手伝いに行った。
保育園に行き出すと風邪をひいた時や、妹が出張だのと事あるごとにおばあちゃんが泊りがけで行った。
自分の孫のように可愛がって面倒を見た姪の赤ん坊だもの、見に行きたいに決まっている。
車椅子では、もう叶わないだろう。

便利な道具ができたものだと思う。
こうして動画を残しておけば、何度でも繰り返し再生して見られる。
途中で止めたり、ボリュームを上げて聞いたり。
あんなに喜んでもらって、ちょっとおばあちゃん孝行ができた気がしている。
[PR]

# by isozineko | 2017-03-25 23:50 | Trackback | Comments(2)

春は水音から

c0064389_2217523.jpg

c0064389_2217569.jpg

c0064389_2217537.jpg


用水路に田起こしの水が上がっています。
裏の休耕田にも、チョロチョロと小さな流れができました。
小学生の頃から、陽光に温むぽってりした田んぼに注がれる水音が大好きだった私
チョロチョロとささやかな水音を聞くと、春が来たな〜と思ったのですね。
チムワサワサ〜して、ぬるい泥を弄るとドジョウやザリガニが顔を出したりしたのですよ。
今はめったに見えません。

今日はちょっと寒かったです。
午前中はストーブから離れられなかったのだけど、昼過ぎから文化会館に出掛けました。
ダンスサークルが13:30からやってるはずだったのです。
着いたら丁度、それらしい格好の女性が来たので、見学をお願いしたら快諾でした。
だいぶご高齢の男性4人、女性が5人
28年前からやっているサークルだそうです。
会長さんはお元気な93歳でした。
80くらいにしか見えません。
週に3日はダンス、後は畑を耕してますって。
札幌近郊から移住して3年という奥さんもいました。みなさんとてもフレンドリー。
年齢の割に高度な踊りで、見ている私はウズウズ。
最後の30分は一緒に混ぜてくれました。
久しぶりで楽しかったです。
まだこちらにいるなら、是非一緒にやりましょうとお誘い頂きました。
それもいいかなぁと思いましたが、残念!次回は4/7だそうです。帰る日だ〜
[PR]

# by isozineko | 2017-03-24 22:17 | Trackback | Comments(2)

庭の花たち

c0064389_23361383.jpg

c0064389_23361323.jpg

c0064389_23361328.jpg

c0064389_23361347.jpg

c0064389_23361320.jpg


来た頃は蕾だった木瓜の花がだいぶ開きました。
水仙も次々蕾を開いています。
4枚目の薄紫の花は何でしょうね。
間にツンツン飛び出している葉っぱは紫蘭です。
沖縄では2ヶ月くらい前から咲いていたと思いますが、こちらではまだ蕾も見えません。
今日はちょっと寒さが戻ってきて、時々薄日の差す1日でした。

昨日、ネギの種を買って来た母は、イソイソと畑へ出て行きました。
私は寒くて、こたつにかじりついていましたよ。
母に悪いなぁと思うけど、「コレはあたしの仕事で、オメェはあっちに別な仕事があっだっぺよ」と、母は楽しそうに言います。
「明日は、里芋を掘るから、手伝ってもらうべ〜」
「うまいもん作って食べさせて貰って、片ずけて貰ってるんだからの〜」って。
気にするなと言わんばかり。
決して小言や恨み言をいいません。
今年は90歳になるのですよ。
親って、幾つになってもありがたい存在です。

丁度お昼に宅配便が来て、大好きなカマボコが届きました。
早速昼食に頂きましたよ。
「やっぱり沖縄のカマボコはうんめーの〜」
って、パクパク食べていました。
心からミーハイユー♪( ´▽`)
[PR]

# by isozineko | 2017-03-23 23:36 | Trackback | Comments(2)

ミニ同窓会

c0064389_18142681.jpg

c0064389_18142643.jpg

c0064389_18142667.jpg

c0064389_18142627.jpg



昨日の雨は何処へやら、良い天気です。
高校の同窓生7人で高滝湖へ花見に
あいにく、花は一輪も咲いていなかったけど、美味しいお蕎麦を食べて、おしゃべりに花を咲かせた後、湖畔の神社を参拝
今年はまだ初詣してなかったんです
おみくじもひきました。中吉。
楽しい1日でした。
近くにいる仲間同志で時々集まったり、旅行もしているそうです。
いいなぁ
次は10月だそうです。
来れる?と聞かれました。
さぁ…まだ、なんとも言えないなぁ(^-^)
[PR]

# by isozineko | 2017-03-22 18:14 | Trackback | Comments(2)

今日は雨降り

c0064389_1885092.jpg

c0064389_1885058.jpg

c0064389_1885015.jpg

c0064389_1885028.jpg

c0064389_1885023.jpg

c0064389_1885164.jpg



朝から雨降り
音立てて降っています
最後の写真の裏の井戸端は、農家時代の名残りです。
美味しい湧き水の溜まる井戸だったけど、使わなくなって久しいです。
昔は釣瓶があって、ここで腿まである長靴を洗ったり、捕まえてきたドジョウを泥出しさせたり、大だらいで洗濯もしていました。
畑で採れたスイカやトマトを井戸に吊るして冷やした事もありましたね。
中央に芽吹いているのは、アジサイです。
この下から、裏の竹山に上る細道があります。
竹林の向こうは切り通しの崖になっていて、その下を県道が通っています。
小山の一番高い所に椎木の根っこがあって、崖に飛び出しています。
そこは私の秘密の場所でした。
根っこに腰掛けて、竹林のざわめきに包まれるのが好きでした。
木漏れ日を浴びながら、少女の頃の私が空想の翼を広げたものです。
この前、妹に話したら、「私もアレに座ってたよ」
あら!私だけの秘密の場所だったはずだったのに…
[PR]

# by isozineko | 2017-03-21 18:08 | Trackback | Comments(0)

春 田起こしが始まった

c0064389_2223665.jpg

c0064389_2223671.jpg


17日から用水路に水が上がっています。
水の欲しい田んぼには赤い旗が立っています。
耕運機ですき起こされた田んぼに水が入って、ほんの3、4日で耕地は景色が変わりました。
ここ数日の陽射しで畑の野菜もモリモリ育って来ました。
母がせっせと草取りに出て行きます。
今日は良く晴れて風が無い1日でした。
日中は、玄関の花鉢を出して陽に当てています。
干して、ほっかりと暖かく膨らんだ布団を取り込むと、軽くなっているのがわかります。

母が10時前には寝床へ行くので、私も10:30ごろには布団に潜り込む。
スタンドを点けて本をめくったり、ネットを見たり…
去年よりauが繋がるようになりました。
圏外になることは少なくて、嬉しいです。
昨夜は12時前にブログアップ終えてから、なぜか、なかなか眠れなくて…
誰もいない西の廊下の雨戸がガタンと鳴ったり…でも、不思議と怖い感じはないの。
縁の下にタヌキが入り込む事があるらしい。
天井をネズミが走ったりするらしいです。
『ひとり寝の子守唄』の世界だよね。
実家へ来てもう10日が過ぎました。



iPhoneから送信
[PR]

# by isozineko | 2017-03-20 22:23 | Trackback | Comments(2)

母の話〜野草三昧

c0064389_23584671.jpg

c0064389_23584658.jpg

c0064389_2358464.jpg

c0064389_23584663.jpg


今日も朝から上天気
会社勤め時代の夢を見て目覚めたら7:40
あらら…
急いで起きてサッシを開けたら、もう日が庇の上まであがっていた。
布団を干して台所へ行ったら、母が「うっかりしてご飯のスイッチを入れ忘れた。まだ炊けないよ」と笑う。
そんな事もあるさね〜

炬燵に向かい合って、いつものおしゃべりが始まる。
もう10回以上聞いた話を、初めての顔でフンフンと聞く。
顔も知らない親戚の誰それの話や、集落に移住している定年夫婦の話や、おばあちゃん夫婦との昔の確執や…娘ばかり産んだけど、今は本当に良かったと思うという事も…
話したことを忘れているのか、少しボケが来てるのかも?と思いながら、これも親孝行。

母は、今日はお墓の下の畔の掃除に行くと言った。
前に刈った草が枯れて山になっているのを、昨日、私も気になった。
一緒に行くつもりで話していたのに、洗い物を終えて気がついたら母の姿がない。
長靴を履いて、鎌を手に墓の下まで行ったら、母が既に集めた枯れ草を燃やしていた。

働き者の母は、天気がいいとスルッといなくなる。
畑で種まきしていたり、野菜の世話や草取り、水やり…気になったらじっとしていられない性分らしい。
私にもその性分が遺伝してたら良かったのだけど…残念だわ。

畔の雑草は、昼までかかってキレイになった。
そして、午後は畑の草取り
今日も摘んで来たのが、菜の花と芹
お浸しに胡麻和え、酢味噌和え
まるで青虫になったように、手を替え品を替え、毎日葉っぱばかり食べている。
母も、「こんなに菜の花を食べた年は無い」と言う。
「芹を食べたのだって何十年ぶり」だと。
野菜がふんだんにあったから、そんな雑草を食べる必要がなかったという事らしい。
でも、雑草だろうが美味いものは美味い。
昨日はツクシを煮浸しにした。
母も、「ヘェ〜 」と驚きながら、美味いと言って食べる。
子どもの頃にはちっとも美味しいと思えなかった野草の苦味が、なぜ今はこうも美味しいのか不思議。




iPhoneから送信
[PR]

# by isozineko | 2017-03-19 23:58 | Trackback | Comments(2)

今日はお彼岸

c0064389_1622411.jpg

c0064389_16224159.jpg

c0064389_16224161.jpg

c0064389_16224225.jpg

c0064389_16224283.jpg



昨日今日と良い天気です。
7:15雨戸を開けたらもう日が高くなっていて、光が溢れていました。
仏壇にいつものお茶とご飯を供えて、布団を干しました。
朝ごはんの後、玄関の花鉢を陽射しの中へ出してから、母とお墓掃除に行きました。
用水路に春田の水が上がっていて、田んぼはあちこちで田起こしの耕運機の音が聞こえていました。
ウチのお墓は山裾の小さな丘の上です。
今は車が交差できる程に広がった県道があって、舗装されていますが、私が子どもの頃は半分もない山裾の道でした。
集落に同窓生がいなくて、幼稚園から中学校まで1人で通ったのですが、お墓の下の切り通しは両側から木々が覆い被さるようでした。
当時は土葬だったので、いろいろ怖い噂もあって、怖かった。
ここを通る時は息を止めて駆け足でしたね。
切り通しの斜面には、スミレや山菊が咲く場所があって、アケビの蔓が伸びていました。
近所の1、2歳年上や年下の幼友達と、日曜日などターザンごっこなどして遊んだものです。

綺麗になった墓に、線香と花を供えました。
彼岸団子も作ったけど、お供えするとカラスが目ざとく見つけて荒らすそうです。
仏壇に供えて、最後は私らのお腹に入りました。
今日も、帰り道でツクシとフキノトウを取って来ました。
母の手作りの蕗味噌をお団子にのせたら、とても美味しかったです。
私は餡子よりこっちのがいいなぁ。
[PR]

# by isozineko | 2017-03-18 16:22 | Trackback | Comments(0)

友人とランチ

c0064389_15571388.jpg

c0064389_15571341.jpg



3/17 都会に嫁に行った 中学からの友人が、実家のお墓掃除がてら来て、いっしょにランチしました。
昨秋以来、半年ぶりです。
田舎にもステキなレストランができています。
良いことも悪い事も、なんでも喋り会える友人って、彼女だけかなぁ
2時間も喋り倒した後、近くの園芸店に行って春の花を物色
売れ残って半額になった鉢物を発見して、つい手が伸びました。
ひと抱えあるような真っ白いシネラリアの大鉢が400円、なぜにこんなに安い?
ローズピンクのヒヤシンス3本立ち250円!
咲ききって今が満開の見頃です。
あとは枯れるだけだから売り切ってしまおうってことでしょうね〜
白とピンクのシネラリア2鉢とヒヤシンスを買って来て玄関に置きました。
一気に明るくなったるんるんです。
園芸店に行ったことがないという彼女も、鉢植えの花苗を格安で見つけて喜んでいました。
帰って早速植え替えたそうで、庭が明るくなったと喜んでいました。
[PR]

# by isozineko | 2017-03-18 15:57 | Trackback | Comments(0)