登別温泉からアイヌの村へ

c0064389_18434937.jpg

c0064389_18435060.jpg

c0064389_18435031.jpg

c0064389_18435043.jpg

c0064389_18435010.jpg

c0064389_18435074.jpg

c0064389_18435072.jpg

女性会議の日程が全て終わり、希望したエクスカーションは登別温泉とアイヌのポロトコタン見学コースです。14日の素晴らしいフィナーレの後直ぐに、会場からバスで登別温泉へ
同行は25人で、面識もない方々3人と同室でした。
すっかり意気投合して、温泉へ文字通りの裸の付き合いです。
今日は朝9:30集合で登別温泉から地獄谷へ

予定が詰まっていて、滞在20分だけでしたが、湯けむり立ち込める雄大な景色を堪能しました。
上天気で、紅葉がとても美しかった。

その後、白老のポロトコタンアイヌ民族博物館を見学
分科会もアイヌの人権を選択して、とても良い基調講演だったので楽しみにしていました。
ポロトコタンでアイヌの文化に触れ、ヌックリの鳴らし方を習いました。
ちゃんと音が出ましたよ〜

ランチは白老牛の焼肉を堪能
全ての予定が終わって、新千歳空港に着いたらアイヌの民族展をやっていました。
無料のワークショップでアイヌ刺繍を習い、コースターを作りました。
ここでアイヌのステキなおばあちゃんに会ったんです。
小田さんという方。
着ている衣装は全部自分の手刺繍だそうです。
とても細かい刺繍が一面に丁寧に施されていました。
小さな刺繍一つも大変なのに、随分時間がかかったでしょうね〜と聞いたら、
アイヌを知ってもらう活動に燃えていた時だったので、何でもなかったと仰いました。
女性会議の事、少しお話をしました。
知ってもらうことが嬉しいと、両手で包むように握手してくれました。
優しい笑顔に出会えて嬉しかったです。

「又いつかお会いできるとイイですね」と言ったら、
「又、会えますよ。私の願うことは不思議と叶う」
と抱きしめてくれました。
空港の搭乗口前の人混みの中、2人で抱き合って背中を撫であいました。
本当に叶いそうな気がしました。
不思議なご縁だと思い、涙が出そうでした。

なんてステキな巡り合わせでしょう!
アイヌにとても親近感を感じました。
もっと知りたいと思いました。
今回の旅は、研修も含めて素晴らしい出会いがたくさんありました。
本当に来て良かったです!

今晩は千歳市内のホテルに投宿、明日の午後の便で帰ります。

[PR]

# by isozineko | 2017-10-15 18:43 | Trackback | Comments(4)

千歳初日

c0064389_9243742.jpg

c0064389_9243853.jpg

c0064389_9243855.jpg

c0064389_9243818.jpg

c0064389_9243843.jpg

c0064389_9243832.jpg

c0064389_9243846.jpg

c0064389_924392.jpg

3:10新千歳空港着、空気が澄んで冷んやり
バス停でバス待つ間に、薄手のダウンコートを引っ張り出した。
午後4:30でもう薄暗くなり始めてる!
ホテルは最上階8階で眺めは抜群
5:30ホテルから歩いて15分のお寿司屋さんへ
今夜の客一人目だって!
38歳という店主とお喋りしながら、地酒一杯とイカの刺身と寿司5カン 締めて3800円
地の清酒はとろりと美味しかったけど、結構良い値段だよね〜!
7:30 お客さんが3組入ったので、もう良いかな〜と、そろそろ退席した。
ちょっと物足らない…
ホテル前のコンビニで小樽のワインとつまみを見つけて、買い込んだ。
今夜はひとり酒だね

フロントで鍵をもらって、女性専用の大浴場(あんがい小さい)に貸し切りで浸かってたら、若い方が入って来た。
何か聞いて来るが言葉が解らない。
蛇口の仕様に戸惑っているから、手まねで教えた。
ホエアフロム?
チャイニーズだって。
英語でぼちぼち話しかけてくれるけど、残念ながら半分も分からない。
やっぱり英語勉強しとかなくちゃいかんわ!

[PR]

# by isozineko | 2017-10-13 09:24 | Trackback | Comments(0)

千歳に着きました

c0064389_9244325.jpg

c0064389_9244384.jpg

c0064389_9244354.jpg

c0064389_9244317.jpg

c0064389_9244457.jpg

c0064389_9244446.jpg

c0064389_9244447.jpg

c0064389_9244414.jpg

c0064389_9244475.jpg

c0064389_9244578.jpg

c0064389_9244595.jpg

3:10新千歳到着 小雨で13度。
飛行機を出た途端にひんやりしています。
バス停でダウンコート出して着込みました。
途中の街路樹が、もう紅葉し始めています。
ホテルは最上階8階で眺めは抜群。

午後4:30でもう薄暗くなり始めました!
5:30ホテルから歩いて15分のお寿司屋さんに入ったら、今夜の客一人目だって!
沖縄には修学旅行で一度だけ行ったと言う38歳の店主と、お喋りしながら地酒一杯とイカの刺身と寿司5カン
7:30 お客さんが3組入ったので、もう良いかな〜と、そろそろ退席
まぁ美味しかったけど、3800円って、高くない?
ちょっと物足らない…
ホテル前のコンビニで小樽のワインとつまみを見つけて、買い込んだ。

鍵を借りて大浴場に行ったら、貸し切り!
やった!と思ったら40前後のお姉さんが入って来た。
中国語で何か聞かれたけど、???
蛇口の仕様に戸惑ってたようなので、手まねで教えてやった。
ホエアフロム?
チャイニーズ
片言英語で交流を試みたけど、ほとんど意味不明だった。
やっぱり英語の勉強もしとかんとね〜
ハブ ア ナイスデ〜ィ と手を振りあって笑顔で別れた。
後から日本人らしい3人が相次いで入って来たけど、皆さん目も合わせず、無言!
挨拶くらいしようよね〜
ボディランゲージも大事じゃない?
[PR]

# by isozineko | 2017-10-13 09:24 | Trackback | Comments(2)

新千歳到着

c0064389_06224441.jpg

c0064389_06245060.jpg

12日  シャツ一枚で家を出たのが朝8時、

羽田経由で新千歳に着いたのが午後3時10分

飛行機を出た途端にひんやり

慌ててダウンコート羽織りました。

午後4:30でもう薄暗くなり始めてる!

5:30ホテルから歩いて15分のお寿司屋さんで夕食

今夜の客一人目だって!

38歳の店主とお喋りしながら、地酒一杯とイカの刺身と寿司5カン 

締めて3800円高くない?

7:30  お客さんが3組入ったので、もう良いかな〜と、そろそろ退席

ちょっと物足らない…ので

ホテル前のコンビニで小樽のワインとつまみを見つけて、買い込みました。

さて、今日は苫小牧ですよ。
       …  …  …

なぜかブログが更新できず、今3回目の挑戦
せっかく記事書いたのに、みんな消えちゃう!
オ!写真抜いたらうまく行った。
編集で写真追加。
6:00もう明るい今朝の部屋からパチリ
遠くの山はどこかな〜?
c0064389_06284151.jpg


[PR]

# by isozineko | 2017-10-13 06:17 | びっくり! | Trackback | Comments(0)

吉沢久子さん

c0064389_10182341.jpg

c0064389_10182332.jpg


吉沢久子さんの 『 94歳。寄りかからず。前向きに おおらかに』
お姑さんを見送り、ご主人を見送った後の一人暮らし
子どもは持たなかったので、自分の身は自分で処して元気にしなやかに暮らしている94歳。
老年世代の生き方を生活者の目線で執筆している著書多数。
たまたま、リサイクルの書籍を並べたところから頂いてきた1冊がコレ。
庭の四季を楽しみ、人との交流を楽しみ、みずみずしい感性と元気な体力を保って、日々を丁寧に暮らしている。
『時間持ちの幸せ』を楽しんでいるという。

実家の母の暮らしを想った
栄養に気を配り、活字が好きで、畑仕事が好き
一介の農村婦人である母の暮らしの素敵さ
私にもまだ有り余る時間がある
暇すぎると言うなかれ
家の者にソッポを向かれていると塞ぐなかれ
自分の足で外に出て行ける幸せを思おう
手を伸ばせば、繋がってくれる人達を大切にしよう
…と、思った。
[PR]

# by isozineko | 2017-10-11 10:18 | Trackback | Comments(2)

のうれん市場姿現す

c0064389_1838513.jpg


のうれん市場のカバーが外れて全容が現れた。
9日の夕方に通った時には、看板に灯りが灯ってきれいに浮かび上がって見えた。
正面2階の階段の横に、石垣島の島そば一番地のネオンも灯っていた。
下の通りを歩いていて、すぐ目に飛び込んで来る。良い場所だわね。
まだ外廻りの工事をしていたから、オープンにはもうしばらく暇がかかりそう。
早くオープンしないかなぁ…楽しみ!
[PR]

# by isozineko | 2017-10-10 18:38 | Trackback | Comments(0)

那覇大綱引きの綱片付け

c0064389_8291458.jpg

c0064389_8291486.jpg

c0064389_8291554.jpg

c0064389_8291598.jpg

c0064389_8291531.jpg

c0064389_8291543.jpg

c0064389_829151.jpg

c0064389_8291593.jpg

c0064389_12213472.png
那覇祭りの真っ最中です。
昨日は58号線のタイムス前で、大綱引きでした。
綱引きは4時からで、例年、片側3車線の道路いっぱいのものすごい人出らしいです。
ご近所さんが見に行こうと誘ってくれたのが3:30、
出遅れて綱引き本番は見られなかったけど、圧巻の綱片付けは目の前でじっくり見られました。
車輪が10対もある大きなクレーン車が10台も出て、綱を持ち上げ、まるで大蛇が空中をのたうっているようでした。すごかった。
大型トレーラーの荷台に、クレーンが上手に大綱をとぐろを描くように積み込みました。
大男一人分くらいの貫棒がトラックで運ばれて片付け終了
剥がれた藁のカスが道路に花吹雪のように舞って、渦を巻いていましたが、その後、道路清掃車が何度も往復して、綺麗になりましたね。
すっかり片付いた街に、ゆがふ雨が降りました。


9日の琉球新報によると…
大綱引きには引き手観客合わせて27万人が参加、勝負は例年になく短い10分で終わり、今年は東の組が勝利だったそうです。


[PR]

# by isozineko | 2017-10-09 08:29 | Trackback | Comments(2)

十五夜と敬老お招き会

c0064389_8461496.jpg

c0064389_8461450.jpg



木曜日 大きなお月様が上がった。
月齢14、9日ほぼ満月
旧暦の十五日は、必ずしも十五夜にはならないそうで、今月も2日ズレている。
日中は30度を超える暑い日が続いているが、夕方からは涼しくなってくる。
空も秋の気配で、ツバメやトンボが飛び回るようになった。

木曜日は娘宅の末っ子の幼稚園で敬老お招き会
だいぶ前から、バアちゃんを誘うのだと楽しみにしてくれたそうです。
朝からいそいそと準備してでかけた。
婿さんのお父さんも来てくれて、一緒に遊ぶコーナーではこま回しを一生懸命教えていた。
お父さんは空中でコマを放り上げて、掌に受けると掌でコマが回る。
周りにいた園児や先生から大拍手で、お父さんは照れ臭そう。
お父さんは孫にも教えようとしていたが、糸を巻きつけるところからもう難しくて、上達には暇がかかるようだ。

昼は娘のおごりで、近くのラーメン屋さんへ
特製ワンタン麺と炙りチャーシュー丼
大きな丼のラーメンを孫と分けっこして美味しくいただいた。
[PR]

# by isozineko | 2017-10-08 08:46 | Trackback | Comments(0)

とぅばらーま大会

c0064389_8304724.jpg

c0064389_8304896.jpg


昨夜は旧暦の8月13日で、石垣島ではとぅばらーま大会の日だった。
写真は2年前の新栄公園の様子
35年前、移住して間も無くの石垣市役所前庭で、姑に連れられて聴いて以来、すっかり魅せられてしまったとぅばらーま大会
毎年楽しみにして来た。
今年は71回だそうだ。
石垣島まで聴きに行きたかったが、先日姉妹旅で行ったばかりで贅沢はできない。
FMいしがきが特番で中継するという。
夕方6:30インターネットラジオを呼び出した。
折しも東の窓に月が上がった。
カーテンを開け放し、床に寝転んで月の光を浴びながらラジオの音量を上げる。
映像は見えないが、環境はバッチリ!
そのまま10時前の終演まで、延々3時間余、とぅばらーま大会を楽しんだ。

司会の2人が馴染みの声で読み上げる歌詞を頼りに、目を閉じて歌声に酔う
しみじみと懐かしい情景が脳裏に浮かんだ。
自作の素晴らしい歌詞を歌う人もいた。
今年の出場者は皆上々の出来だった。
ゲストで、浦添から行った女性には宮良康正さんが返しを付けていた。
伸びやかな素晴らしい声!
せっかくですからと、与那国とぅばらーまを一声聞かせてくれた。
思い切り堪能した。
私の血の半分以上は八重山だなあとしみじみ思った。
そうだよね〜人生の半分以上を八重山で暮らしたのだもの。
[PR]

# by isozineko | 2017-10-03 08:30 | Trackback | Comments(2)

首里城 中秋の宴

c0064389_8174564.jpg

c0064389_8174620.jpg

c0064389_8174660.jpg

c0064389_8174641.jpg

c0064389_8174686.jpg

c0064389_8174622.jpg

c0064389_8174656.jpg

c0064389_8174661.jpg

c0064389_8174647.jpg

c0064389_8174789.jpg


先日、妹たちと行った首里城で中秋の宴のパンフレットを見つけた。
中秋の宴は、昔、首里王朝時代に中国の皇帝の使者である冊封使を歓待するために開かれた冊封七宴の一つで、旧暦の8月15日に中秋の名月の下で行われたという、歴史ある雅な催し
毎年、首里城公園の御庭特設舞台で、催されているというが、これまで全く知らなかった。
人間国宝による古典芸能や琉球舞踊や組踊の舞台が無料で鑑賞できる。
これは行かねば!
首里城は外装工事中で櫓が組まれていたが、先日のような幌は外されて、ライトアップされた朱塗りの本殿は美しかった。
6:30開演で9:00終演まで、琉球大学の古典芸能部の学生さんたちによる舞踊は本格的で美しく、組踊の「執心鐘入」は50分という長いものだったが、引き込まれて時間を忘れた。
組踊りは、沖縄版歌舞伎ミュージカルというようなもので、全て方言で歌われるのだが、舞台袖の大型スクリーンに、共通語と英語の字幕が映し出されて、方言をわからない人にも楽しめる趣向
会場いっぱいの人で、外人も多かった。

開場時間前に着いたが長蛇の列、出遅れて正面席が取れず、舞台上手の2列目に陣取った。
出演者を照らすライトが目に飛び込んで眩しかったが、本殿にかかる月も見えるという絶好の角度で、上々。
背中に涼しい風を感じながら、雅やかな美しい舞台を堪能した。
改めて、沖縄の文化はすごい!と思う。
[PR]

# by isozineko | 2017-10-01 08:17 | Trackback | Comments(0)

姉妹旅その後

c0064389_1151133.jpg

c0064389_1151148.jpg

c0064389_1151144.jpg


姉妹旅から5日
この間、妹達からLineで宮古島の旅の写真が届いたり、実家の様子が届いたりしました。
2人とも満足したようで良かったです。
私も普段の暮らしが戻って、サークルやモアイの飲み会やカラオケ会で忙しく、旅はずっと前のことだったような感じです。
相変わらず日中は30度越えで暑いけど、夕方から夜にかけては過ごしやすい気温になって来ました。
ツバメやトンボがたくさん飛び回って、空は秋の気配です。
庭のかや草が30センチほどにも伸びて、ひどい有り様です。
今日は久しぶりの休日、日が陰ったら草取りでもしようかしら?

iPhoneから送信
[PR]

# by isozineko | 2017-09-30 11:05 | Trackback | Comments(0)

姉妹旅最終日

c0064389_1834294.jpg

c0064389_1834259.jpg

c0064389_1834249.jpg

c0064389_1834267.jpg

c0064389_1834293.jpg

c0064389_1834264.jpg

c0064389_1834329.jpg

c0064389_1834346.jpg



姉妹旅4日目最終日
よく寝たが、昨日のダンスパーティの疲れがまだ覚めない。
11時前に家を出て、バスとモノレールを乗り継いで那覇空港へ
宮古島へ行っていた妹たちが、12時に那覇空港に着く。
今朝も2人で散歩を楽しんだらしい。
さすが妹たち、4歳と6歳若いだけに元気だ!
ホテルで教えてくれた宮古空港行きのバス停が、工事の為に使えないのを、散歩途中で会った旅行者に教えてもらったとか。
知らずに待って乗り遅れる所だった。
早起きは三文の得!

12時に2人を那覇空港で迎えて、今日は半日本島観光
3人でモノレール一日乗車券を買った。
県庁前駅で下車して、パレット9階で、シルバー料金の島料理バイキングのランチ。
1300円でおなかいっぱい食べて、ケーキとコーヒーとアイスクリーム迄…みんな食いしん坊(笑笑)
腹ごなしに国際通りをぶらぶら、妹たちはホタルガラスのネックレスをお揃いで購入
私は同じホタルのピアス付けてるからね〜
美栄橋からモノレールに乗って、首里城を見に行った。
スニーカーとサンダルの妹2人、私は足にピッタリくっ付く編み上げブーツ
首里駅から徒歩20分
石畳の長い参道はデコボコして、ダンス疲れの足に響く
ここはスニーカーが良かったみたいね〜
疲れて帰りは駅までタクシーに乗った。
妹たちは夕方6:15発の便で帰る。
空港の搭乗口で、楽しかったね〜
又姉妹旅しようね〜次はどこへ?と握手して見送った。
目一杯楽しんだ初の姉妹旅も、これで終わり。
一緒に買ったモノレールの一日乗車券で途中の駅まで帰って来た。
道路は帰宅ラッシュで大混雑
バス停で30分も立ちん坊。ばすを待つ間に、真っ赤な夕焼けが広がった。
車中ではむくんだ足をモミモミして、家には7時着。
汗だくで直ぐシャワーに飛び込んだ。

[PR]

# by isozineko | 2017-09-26 18:03 | Trackback | Comments(2)

姉妹旅3日目

c0064389_1731422.jpg

c0064389_1731514.jpg

c0064389_1731522.jpg

c0064389_1731517.jpg

c0064389_1731548.jpg

c0064389_1731525.jpg

c0064389_1731646.jpg

c0064389_1731714.jpg



日曜日 妹2人に挟まれて早朝に目覚めた。
外はまだ暗くて、星が見える。
出発の準備をして、6:40 3人で朝食
今日は先生の年に一度の発表会で、私のいるサークルもフォーメーションを発表する
姉妹旅の途中で抜けるのは残念だが、末妹もこの時期しか休めなかったのだ。
姉妹旅はちょっと分断
私は朝の便で那覇へ戻り、1時間で準備して、衣装を持ってダンスパーティ会場のホテルへ

妹2人は、朝食の後、ホテルで借りた自転車で漁協でセリを見て、農協市場を覗いた後で宮古島へ
宮古島は案内できなかったけど、島のオジ〜やオバ〜が、色々親切に面倒見てくれたそうで、目一杯楽しんだようです。
御嶽見て、浜で遊んで、ドイツ村も行って、
焼き肉も味わったって!
90のオバーにゲートボールも誘われたらしいです。
親切な人達に出会えて、良かったね〜
[PR]

# by isozineko | 2017-09-26 17:31 | Trackback | Comments(0)

姉妹旅2日目

c0064389_114710100.jpg

c0064389_11471034.jpg

c0064389_11471048.jpg

c0064389_11471098.jpg

c0064389_11471024.jpg

c0064389_11471115.jpg

c0064389_11471129.jpg

c0064389_11471158.jpg

c0064389_1147117.jpg



姉妹旅2日目
崎枝半島を回って御願崎へ
雄大な景色と海の色に感激
川平湾、琉球真珠、底地ビーチを巡り、みね屋でミンサー織見学
街に戻って、島そば1番地で遅い昼食はソーキそば、2時を回ってるのに客が切れず…
馴染みのオバさんが、アイスコーヒーをサービスしてくれた。
竜宮城鍾乳洞の650mを巡ってから、おもとトンネルを抜けて米原キャンプ場へ
是非とも足元で戯れる熱帯魚を見たいと、末妹のたっての希望でビーチサンダルを買って向かった。
日の傾いた白砂の浜で、1時間半魚と遊んで帰ったら6:30
レンタカー会社の事務所で、夕陽が沈んだ。
[PR]

# by isozineko | 2017-09-25 11:47 | Trackback | Comments(4)

姉妹旅1日目です

c0064389_8362382.jpg

c0064389_8362335.jpg

c0064389_8362348.jpg

c0064389_836235.jpg

c0064389_8362420.jpg

c0064389_8362480.jpg

c0064389_8362447.jpg

22日  姉妹旅初日  
妹たちは早朝に家を出て、羽田から那覇を乗り継いで石垣島には昼過ぎ着
私は8:00に家を出て、那覇空港9:30の便
石垣島空港着10:30  空港2階の待合所で居眠りしながら、3時間マッタリタイム

13:50  妹たちが到着
レンタカー事務所で空色の車を借りて、東回りで出発  
まず玉取崎展望台へ
手前でスコールに会い、車中でかまぼこおにぎりを食べながら待つことしばし
雨上がりの海と空が超キレイ  虹も出た。

空が晴れて来て、これなら海の色は期待できる
一路北上して、平久保灯台へ
晴れて、360度見渡せる素晴らしい珊瑚礁に3人で感激
途中であまり車に出会わなかったのに、観光客のレンタカーが次々やって来る

米原を抜けて、八重山椰子の自生地では、キノボリトカゲと遭遇
目の前で絞ってくれるサトウキビの搾り汁  1杯を3人で回し飲みしてご機嫌

山の上のミルミルで夕陽を待ちながら、島バナナと塩黒糖のジェラートに舌鼓
二重の虹も出ました。
夜は友達の店で、塩寿司や島らっきょう、ゴーヤチャンプルーなど郷土料理満喫!
いいガサミが入ったと出してくれ、お支払いは3人で1万円!
これ以上ない上出来な1日でしたよ。

[PR]

# by isozineko | 2017-09-25 08:36 | Trackback | Comments(0)