<   2013年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

赤ん坊を生んだ夢

赤ん坊を生んだ夢を見た。
こんな夢、後にも先にも初めてだった。
夢の中では、最近太ってきたと思ったのはおなかに赤ん坊がいたからだったのかと思った。
還暦を過ぎて現実では絶対にありえない設定なのだが
さすがに夢で、産みの痛みもなくいつの間にか生まれて胸に抱いていた。
色黒でシワだらけの赤ん坊だった
布に包んで車の後部座席に乗せたのを忘れて買い物に行った。
赤ん坊を産んですぐに、赤ん坊がいるのも忘れて買い物なんて…夢って突拍子もない。
誰かが世話をしてくれた。
帰ってから気が付いて、おなかがすいているんだなあと思った。
抱き上げて胸を開けたら、赤ん坊が吸い付いてきておっぱいを飲んだ。

1週間もなるのに、赤ん坊を抱いた記憶を鮮明に覚えている
夢占いをやってみたら結果はこうだった。

 この夢は、心の奥に潜む欲求や望み、目標を意味します。
 日常に満たされない思いや不満があることを表します。

あなたの求めるものは、「もっともっと」という強い感情のようです。
何かを求める思いが強ければ強いほど、それだけ満たされないことへの不満や苛立ちが積
もり、心のバランスを著しく乱す恐れがあります。
しかし、求めるばかりで努力不足ということはありませんか?
あなたが全力で取り組んでいるなら、求め過ぎではありませんか?
「あれもこれも」とあらゆることに満足を求めていませんか?
そしてそれは、あなたにとって本当に必要なものですか?

あなたの欲求を満たす近道は、自分が何を一番に望むかと問いただすことです。
まずは、その一番の欲求だけを見つめ、他の思いがあるなら後回しにするなり一旦捨てる
なり、気持ちの整理と選択をしましょう。
自分に足りないものを見極め、もう一度適切な手段や手順を踏むことです。
そうして導き出されたことを、目標に向かってがむしゃらに実行することです。
あなたの求める思いが強いほど、それは逆に高い向上心や意欲があるしるし!
心を満たし、欲しいものを手に入れる絶好のチャンスともいえます。

  「あなたにとって本当に必要なものですか?」の1文にドッキリ!
  現実の中では、私が強く求めているものって思い当たらない。
  潜在意識が求めているものって、何なのかしら。
[PR]

by isozineko | 2013-10-30 12:32 | びっくり! | Trackback | Comments(4)

大忙しの日曜

最近ひたすら忙しいのだが、日曜日は特に忙しかった。
いつもの絵本朗読の後、島の詩人の詩に奥さんが曲をつけて
ピアノ1台の伴奏でプロの声楽家3人が入れ替わりで歌うというコンサート
舞台裏から司会が1曲ずつ詩の意味の解説を語った

島で声楽なんてそう聞けるものではない
客は詩人と同年代かそれ以上の熟年男女で、女性が8割がたを占める
会場のホテルはいっぱいで、知人も多かった
プロの声楽家と言っても、有名人ではない
経験が少ないのか、音程が微妙に外れる気がする
1時間半ほどでコンサートは終わった
素晴らしかったね^と声をかけてくれた知人が数人いたのだか
私にはどこが素晴らしかったのか よく分からなかった

夕方から、こちらも知り合いの島の作曲家兼歌手の歌謡コンサート
本職は写真やさんだが、作曲も手がけ、ラジオの番組も持っていてファンも多いらしい
歌謡生活25周年の節目を祝う会で、40曲も披露すると言っていた
ダンス教室の仲間が、バックダンスでワルツとルンバを踊ることになっていた
知り合いも自作の詞を歌うというから写真も撮らねば…
大人の学芸会と揶揄する人もいて、さほど期待していなかったが花束を準備して出かけた

こちらはとても楽しかった
入れ替わり立ち代りドレスやスーツの歌い手が出てきて目が釘付け
元歌手や売出し中の人もいて、プロ顔まけの歌唱力と華やかな衣装と化粧で魅せてくれ 
趣向を凝らした舞台構成も楽しいし、大道具から司会の台本まで主人公が手がけたのだとか
いやはや御見それしました
花束もひっきりなしで、私も最後の曲の合間にやっと舞台袖から渡せた

帰りにお祝いを言いに残ったら、花束のおこぼれをいただいてしまった
ゆりとバラとカーネーションを束ねた大きな花束
家に飾ってはもったいないので、会社のロビーに活けておいた
これどこから?とか誰か聞きそうなものだが、一人も気に留める人がない
もらって当たり前、あって当たり前の社風ってことか
イギリス9日の間に、水をやる人もなく枯れてしまった鉢物もいくつかある
今時、愛社精神なんてたわごとなのかもね


10月31日 追記

今朝、ロビーの花が乱れていると思ったら、1番大きいピンクのゆり1本がなかった
7時前に帰る時はあったのだから、持ち去ったのがお客さんとは思えない
あ~あ!これだもんなあ…
植栽のヤエヤマハギを切って穴を埋めたが、なんだかガックリきて…
月末で大忙しの31日なのに、朝から気力が削がれるよ
[PR]

by isozineko | 2013-10-29 17:47 | 日記 | Trackback | Comments(3)

3歳児の折り鶴処女作

c0064389_16565127.jpg



息子が送ってきた写真にびっくり!
7月に3歳になった孫の処女作折り鶴、
パパの手元を見ながら折ったのだろうけど、
ちゃんと形になっているではないか
折り紙大好きの孫で普段から紙とお友だちだけに、手つきもなかなか
まずは、簡単な帆掛け船からと思っていたけど、処女作が折り鶴とはね!
さて、ばあちゃんは何を教えようか
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-10-29 10:16 | Trackback | Comments(4)

イギリス通信員の記事


c0064389_11301265.jpg


イギリスの最終日に在英県人会との懇親会があって、琉球新報の在英通信員の森田さんも同席して取材していた。
いつ記事が出るのだろうと思っていたが、21日に掲載されていると教えてくださる方がいて写真に撮った。
森田さんと有志5、6人で最後の夜をホテルの下のパブで乾杯した。
すごく素敵な女性で、ボーイッシュで無駄のない体型に似合うサバサバした性格のハンサムウーマン。
声もちょっとかすれた低音で、頭の良さが伝わってくる目の輝き、紙巻きタバコをくるくるっと巻く仕草もとてもカッコ良くて見惚れてしまった。
私の周りには居なかったタイプの女性だなあ。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-10-24 12:30 | イギリス訪問記 | Trackback | Comments(4)

平久保崎の鐘馗水仙

c0064389_17454620.jpg



花の絨毯とは言い難い状況ながら、今年も咲いていた。
3、4年前、先生たちを連れてきたのは8月ごろだった気がするけど、鐘馗水仙の花って今頃だっけ?
台風27号の風のせいか、ひどく荒れていた。
鉄作にしがみついてカメラを構えたが、立っていられない。
流石に北のはずれの岬だわ〜

イギリスから帰って1ヶ月、まるで音沙汰のなかった石垣市からの助成金がやっと出るらしい。
報告書と領収書を添えて、今日その手続きをしてきた。
お金がかかるんだから、出すなら行く前に欲しいところだけど…
20日以内に報告をしないといけない決まりだから、日付は10日にして欲しいって。
帰島挨拶は月初めに行ったのだから、もっと早くに知らせて欲しいよなあ。
[PR]

by isozineko | 2013-10-23 17:45 | Trackback | Comments(3)

平久保台風のうねり

c0064389_1732396.jpg

お昼前に平久保の集金があって出かけた。
オモトトンネルを抜けて片道45キロ、結構な距離。
毎月1回販売店の集金に同行したコースだった。
もう14、5年になるかしら?
鳥凧の名人だった方の家の前を通った。
ご病気で亡くなられたと聞いたが、こんな寂しい場所に奥さまは一人で暮らしているのかしら?
仕事をやめてから、お金がなくて食事のおかずに前の海で魚を釣ったと、
笑っていたご主人の茶目っ気たっぷりの顔が、今も目に浮かぶ。
西回りで行ったら思いがけず遠かった。
これなら東回りで玉取崎を通った方が4、5キロ近かったかも?

用が済んで、久宇良の海を覗いたら、台風のうねりが大きくて風がごうごう唸っていた。
ヤシの実一個拾った。
ついでに平久保灯台の崖の黄色い彼岸花、鍾馗水仙を見に行った。
観光客の車が駐車場を占拠して並んでいた。
風がものすごくて立っていられない。
草が生き物のように波打っていた。
あの崖の向こうに半分隠れた白い月を見たのは、ずいぶん昔になった。
石垣にきて30年余、忘れ難いたくさんの思い出ができたなあ。
感傷に浸る間もなく、風に追われて斜面の黄色い花の絨毯を写真に納めて早々に退散。
[PR]

by isozineko | 2013-10-23 17:03 | Trackback | Comments(2)

夕べは家族会

c0064389_17432022.jpg


夕べはみんなで長男宅に集まって家族会でした。
長男が大きいホットプレートを買ってきて、得意の腕をふるってお好み焼きを作ってくれました。
山芋をすりおろして長男得意の隠し味も入った豚玉でした。
家でこんなに美味しく作れるのね〜と長女もビックリ、レシピを教わっていました。
3家族、大人が私をいれて6人、子どもも8歳から1歳まで6人。
おもちゃの取り合いから泣いたり怒ったり、大騒動でしたが、隣は広い駐車場だし気遣い無用です。
娘が新築の家が煙りくさくなるのを気遣っていましたが、長男夫婦はあんまり気にする様子もなくて、いいよそのうち臭くなるのに!って。
床にも早速おもちゃの車の跡が付いてたし…。
子どもが苦手と言っていた嫁さんも嫌な顔しないで笑っていたし、単身赴任中の次男家族も来て、パパにスカイプで参加させたり、川崎の次女には長女が電話して雰囲気だけ参加していました。
兄弟姉妹家族みんな仲良くできて良かったです。
かっちゃんがいつか言っていましたね、子供達にとって私がふるさとだって。
こういうことなんだなあって思いました。しあわせなことですね。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-10-14 17:43 | Trackback | Comments(8)

帰って来ました

c0064389_16244174.jpg



翼の広報部も集まりも無事済ませて、石垣に帰って来ました。
おばあちゃん子の孫ともしばしの別れ
今回は、休みが重なったおかげで、移動を長男にすっかりお世話になりました。
広報部皆さんにも優しい息子さんねって褒められました。
ワガママ勝手さえしなければ、同居も仲良くやっていけそうな気がします。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-10-14 16:24 | Trackback | Comments(2)

孫の運動会

c0064389_104189.jpg



保育園の運動会は0歳から6歳まで。
こんなちいさくては何もできないと思いきや、1歳児もはいはい競争やお尻振りダンスなど、それなりの演技をしていてびっくり!
保育士のそばから片時も離れない子や、好き勝手に入り回る子
時間観念も大人の都合もまるでない子等を上手にリードして、結構楽しめるプログラム
1番つまらなかったのは、長々天気の話と自慢話をする園長挨拶でした
孫は3歳、かけっこもダンスも去年よりずっと上手になっていました。

iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-10-14 10:04 | Trackback | Comments(2)

雨あがりの新石垣空港

c0064389_18215730.jpg



孫の運動会と翼の会の広報のミーティングで操作してまし那覇行きです。
15:06近くのバス停から空港行きに乗って16:30発の便
空港途中でどしゃ降りの通り雨
滑走路に空が映ってきれいです。
ラッキーです。

那覇空港は学生さんがいっぱい。こんな混雑初めてかも?
預けた荷物んp受け取りに暇がかかって、
モノレーに乗ったのは18:00、今回は那覇が遠い気がします。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-10-11 18:21 | Trackback | Comments(2)