<   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

宮殿正門前の大通り

c0064389_1171511.jpg



前を行く傘の一団が私たちのメンバーです。
先頭のガイドさんが傘を持っています。
イギリスでは団体客がたくさんいましたが、先頭は巻いたままの折りたたみ傘の柄だけを伸ばして歩いていました。
初めて見たときはすごく奇異に見えましたが、慣れれば確かにいいアイデアです。
うちのガイドさんは、バスを降りるなり国旗模様の大きな傘を開きました。
ゴルフ場の傘みたいに大きいので、遠くからもどこにいるのか一目瞭然でした。
おかげですごい人出にもかかわらず、誰一人迷子になりませんでした。
実は、この次の日の夕食の帰りにコベントガーデンで私と若い団員3人が迷子になったのですが、その話はまた後に。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-09-26 01:17 | イギリス訪問記 | Trackback | Comments(6)

バッキンガム宮殿

c0064389_123299.jpg


もうじき衛兵交代式があるので、人がどんどん集まっています。
画面右側が正門になります。
黄緑の蛍光上着のお巡りさんが横断歩道を閉鎖すると、やがて音楽が聞こえてきて赤い制服の衛兵が整然と行進して来ます。
私らは宮殿の入り口に陣取って行進を見たので、正面玄関前でやる交代式は見ずに、人垣を掻き分け一目散にトイレへ直行
すごい人ですから、財布やパスポートをすられないようにシッカリ抱え込んで前の人に続きました。

宮殿の前は広い広い森が広がっていて、鳩やカラスやリスなんかが餌を漁っていました。
さすが宮殿前で綺麗に掃除されてゴミなんか落ちていません。
一抱え以上の鈴懸の木がずらっと並んで、柔らかいトゲトゲの出っ張った実がたくさんぶら下がっていました。
枝から鈴をぶら下げたみたいです。
そうか!だからすずかけの木なんだなあと納得。
途中、正面玄関に向かう騎馬兵の行進がやってきました。
先導の黒い馬の凛々しいこと!
こちらは広い公道なので、車も普通に通ります。
道路の両側に道路幅と同じくらいの歩道があって、歩行者は木や芝生で遊ぶ子供や鳥を見ながら呑気に散策ができるのです。
広大な宮殿の森の小道には、幼稚園児の遠足みたいな集団が幾つか集まっていました。
低い藪の陰には灰色がかったリスの尻尾がぴゅっと伸びていて、忙しなく動き回っていました。
地面に落ちた木の実を探しているのでしょうね。
こんなところで育ったら、妖精を信じることも容易でしょう。

iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-09-26 01:02 | イギリス訪問記 | Trackback | Comments(2)

ロンドンの街角

c0064389_16462020.jpg



大英博物館の近くの王室御用達商品を売る店へ行く後中です。
ロンドンの横道は狭くて交通量も多いし、2階建バスも通るので運転が大変そうです。
ロンドンのタクシードライバーは優秀で、結構難しい試験をちゃんと通った人しか仕事につけないのだそうです。
紳士的でぼったくりなどなし、言葉のわからない旅行客でも安心して乗れるのです。
そういえば、朝、郵便を出しに行った団員が帰り道迷子になって、タクシーで帰ってきていました。
中心部にも1区画ごとに緑いっぱいの公園があって、野生のリスなんかも歩いています。
年季の入ったベンチに2抱えもありそうな大木がたくさんの小さい公園です。
8時ごろには管理人が鍵を閉めていました。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-09-24 16:46 | イギリス訪問記 | Trackback | Comments(6)

コッツウォルズ地方の美しい村です

c0064389_1629688.jpg



イギリスの田舎コッツウォルズ地方の村です。イギリス一美しい村だそうでエイブリーだったかな。
石造りに蔦をからませた何百年もたっている家を使ったホテルもあって、泊まってみたかった。
天気に恵まれた旅でしたが、通り雨がよくあるので傘が手放せません。
雨上がりの濡れた道路に光が反射して、濃い緑のなかの渋い赤煉瓦の農家が何とも言えず美しい。
気温12、3度あったと思いますが、風が冷たくて気持ち良かった。
雨の中に1度だけどあられが混ざって、白い氷粒がポンポン跳ねました。
ここの古い家を使った素敵なレストランで昼食をとったのですが、ハーブのサラダが出てきました。
量もそう多くなくて、美味しかったです。
農園のある素敵な店で、ラベンダーのバージンオイルとバスソープ、ハンドクリームを買って来ました。
[PR]

by isozineko | 2013-09-24 16:29 | イギリス訪問記 | Trackback | Comments(2)

野菜がない!

c0064389_1683094.jpg



イギリスの食事は期待できないと聞いていました。
お湯で溶く味噌汁や醤油、マヨネーズの小瓶などを持って行きましたが出番なし。
写真はちょっと素敵なレストランの魚料理です。
21人並んで座って、魚の大きさや、付け合わせの量が同じじゃないのにビックリ。
ローストビーフなんかも、3枚の人も4枚の人もいるというアバウトさ
日本の料理の彩りの美しさや、100人でも均一な盛り合わせ加減は驚異的なのでしょうね。
昨年はフランス研修でしたが、肉の大きさはまちまちだったそうです。
しかも、料理は期待はずれで酷かったそうで、両方参加した先輩方は、イギリスの方がずっと美味しいと言っていました。
イギリス7日の滞在中、食事でまずいと思ったのはなかった気がします。
でも量が半端なく多くて、フィッシュアンドチップスの魚フライなんかわら草履くらい大きかった。
その後出てきたチップスは日本でいうフライドポテトです。
それも小さいボールに山盛り1杯ずつ。
極め付けのデザートはサーバーでボール型にしたのが3つも。
いくら食い意地が貼った私でもあの食事の後では無理だわ!
でも、野菜がない!
どこでもメイン料理の付け合わせはグリーンピースとジャガイモと水煮缶トマトかスライス人参。
ビタミンCが足りません。
ホテルの朝食でも緑色はありませんでした。
緑と花いっぱいの街なのに、野菜を作らないのでしょうか?
スープもなくて喉にパサつくし、レストランでも水が出てくるのは半分くらいでした。
自由行動の1日以外は3食がセットされた旅行でしたが、飲み物はミネラルウォーター含めてすべて別料金。
安いワインも美味しくてグラス1杯2ー3ポンド、350円から500円くらいですね。
よく飲みました。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-09-24 16:08 | イギリス訪問記 | Trackback | Comments(4)

間も無くロンドン

c0064389_15292488.jpg



9月14日那覇空港を出発、成田で1泊して15日朝ルフトハンザでドイツヒースロー空港へ
機内はANAより座席が狭い感じ。
体格のいいヨーロッパ系の男性客が多いけど、大きな体を折り畳んで窮屈そうです。
私ら21人は中央部に固まって席をとってあり、和気あいあいと出発です。
成田から北上、日本海から大陸に入りモンゴル上空を横断してドイツのフランクフルト空港で飛行機を乗り継いでイギリスヒースロー空港へ
成田から13時間くらいのフライトでした。
映画を3本とリラクゼーションミュージックなど聞きながら快適な飛行
機内食が2回、夕食にはドイツソーセージとポテト、パン。赤ワインのお代わりも自由で、ちょっぴりスコッチウイスキーも味見しちゃいました。美味!
ドイツからイギリスへは片側3列の中型機で2時間弱でした。
窓側席をもらったので着陸前にロンドンの街が見えました。
濃い緑の森に赤煉瓦の可愛い家並みがびっしり並んでいます。
空気が湿っていたのでしょうね、青空に四方八方に向かう飛行機雲が何本も!
入国審査でいろいろ聞かれて分からなかったらどうしようなんて心配も杞憂で、笑顔のハローとイエスだけで無事通過
陽気な運転手さんが差し伸べてくれる手につかまってバスに乗り込みます。
移動はずっと大型の観光バスでしたが、この後いつでも乗り降りには運転手さんが笑顔で手を差し伸べてくれるんです。
マダム扱いしてもらっているようで、すごく素敵な気分。
末尾を上げるサンキュ⤴も上手になりました。
[PR]

by isozineko | 2013-09-24 15:29 | イギリス訪問記 | Trackback | Comments(2)

帰ってきました

c0064389_21514659.jpg


今朝はロンドンを6:30出発で、成田経由で那覇まで帰ってきました。
ハードな旅でしたが、楽しかったです。
写真もたっくさん撮ったのでゆっくりUPしますね。
[PR]

by isozineko | 2013-09-22 21:51 | イギリス訪問記 | Trackback | Comments(2)

ルフトハンザゲートにて

c0064389_9343780.jpg



成田のホテルで1泊したあと、いよいよイギリスへ向け出発です。
今朝は灰色も雲から雨がボツボツ。
街路樹の銀杏並木が濃い緑です。
エアポートホテルからバスで空港まですぐ。
出国チェックも無事通ってゆっくりと待合い所でフライト待ち。
これからルフトハンザでフランクフルトへ、そこから乗り換えてロンドンまで13時間のフライトらしいです。
見渡したところ日本人が8割でしょうか。
ゲート前に列ができ始めました。

iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-09-15 09:34 | Trackback | Comments(4)

行ってきます

c0064389_6142089.jpg



出発の朝です。
目が覚めたら5:55
まだ暗かったけど、じきに明るくなってきました。
いよいよです。
ニャンコは向かいのおばさんにお願いしたし、
お花の水は大家さんがやってくれるそうです。
ありがたいことです。
では、元気で行ってきますね。
[PR]

by isozineko | 2013-09-14 06:14 | Trackback | Comments(2)

ただいま旅行 準備中

30期沖縄県の女性の翼に参加して、海外に研修に行くことになりました。
7月始めに推薦状をもらって応募、那覇へ面接試験に行き、
合格通知をもらってからは1週間置きに合計4回の研修に通いました。
仕事の休みは全部この事前研修に使ってきつかったけど、いよいよ本研修です。
14日石垣を立って、15日成田からイギリスに行きます。
22日までの8日間だけど、研修内容は盛りだくさん

あちらの気温は13度くらいらしい
日中がどれほど寒いのか、夜がどうなの分からないけど、とりあえず冬服
仕事から帰った後、汗だくで冬服を引っ張り出して、試着してから洗濯
きつくてボタンが締まらないといけないと想ったが、杞憂だった
代理店の兄ちゃんが、洗濯はできないと言うので9日分用意したらけっこうな量
経験者から,セントラルヒーティングで乾くから3日分
金のハンガーを持っていけとありがたいアドバイスも。
小分けの醤油や、お湯を指して飲める味噌汁などもボチボチ購入
何でも食べられると想うけど、まあ念のためね。

あちらでは、今は日が長くて夜9時過ぎまで明るいらしい
研修日程も夕方5時、6時には終わるようなので、食事後の街中散歩もできるかも
ケータイやカメラの充電用に3つ足のコンセントも買った
カメラは大きいのを持って行きたいけど、かさばるからどうしよう
アイホンのカメラで十分な気もするが、後の報告書を考えると画質がイマイチなのよね
もう何日もないのに、準備がなかなか進まない。


昨日、実家のおばあちゃんから明るい声で電話があった
家ができて引越しが済んだ事を聞いて、おめでとうの電話だった。
いつか見に来て欲しいこととと、イギリス行きが迫っていることなど話した。

  は~!おめぇは たいしたもんだの~
  誰んでも そげなことぁできねえよ~
  誰に 似たんかの~

おばあちゃんの誇らしげな、うれしそうな声が耳に心地よく残った。

私が頑張っているのはね 
かわいい孫が、沖縄で一人になって淋しく暮らしてるなんて想ったら、
おばあちゃんがかわいそうだからね
頑張っているね、楽しそうだね、幸せで良かったねと思われていたいもの
だから私は頑張っているんだよ 
本当はそう言いたいのだけど、笑って答えた。

  頑張っているでしょう?誰に似てるのかね~
[PR]

by isozineko | 2013-09-10 13:54 | こころもよう | Trackback | Comments(5)