<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

サトウキビとお月さん

c0064389_23151610.jpg



1月28日午後8:00大きな月が出た
月齢16、3日まだ丸い
昨日は石垣島マラソンだったのに、寒くて雨降りだった
1日開けて今日はよく晴れた
昼休みに洗濯機を回しながらシャワーを浴びた
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-01-28 23:15 | Trackback | Comments(2)

あわや接近遭遇

1週間ぶりの休みで、昼ごろ近くのスーパーへ行った。
やっとご飯を食べたい気になって、シチューでも作ろうかと椎茸の棚に行きかけた時、目の前にあいつの横顔があった。
近くに住んでいるのに、この12年偶然に会ったことがない。
この前息子一家がきた時は家まで送ったからまあ、何年ぶりかで目にはしたんだけど、あれは偶然じゃないしね。

追記

もっと書こうとしたら間違えて送信ボタンを押してしまった。
まあ、いいか~と思ったけど、私ももやもやするので書いておく。

普段着に買い物籠を下げて一人で惣菜を買うような人じゃなかったよ。
そこいらのオジサンと変わらない後姿、彼女に愛想付かされたのかな?

すぐ前にいたけどあちらは横顔だったし、とっさに避けてしまったので気付かれなかったかも?
その後、急いでレジに向かったらあいつも二つ後ろのレジに並ぼうとしていた。
あちらからは私の後姿が見える状況。
せなかになんとなく意識が集中する気がしたが、
レジのお姉さんと明るく言葉を交わして気付かない振りして帰ってきた

娘に電話して、化粧して明るい服着ていたからよかったさ~
別れてやつれてるなんて思われたらしゃくだし…と言ったら、
気持ちはわかるけど可笑しい と笑われた
でも、わかる女の子でよかった。
男の子にはこの気持ち理解できないんだろうなあと思ったのさ。


iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-01-24 23:30 | こころもよう | Trackback | Comments(8)

腸炎やっちゃった

初めて腸炎というやつになった。
日曜に会社の大きな事業が一つ終わり、後片付けで遅くなり帰宅。
月曜日も集金業務がたまっていて忙しかった。
夕食にチキンのもも肉と白菜のコーンクリーム煮とパンを食べた後、気分が悪い。
吐きそうなのに吐けないまま横になったが、蒸し暑くて窓を開けたせいで藪蚊が耳のあたりを行ったり来たりする。
胸がつかえて苦しいまま、藪蚊に悩まされてほとんど眠れないで朝になった。
火曜日、トイレで胃袋の中身をみんな戻して胸焼けは収まったが、寝不足の頭痛と気持ちの悪い脱力感と背中の痛みで最悪。
出勤したものの体を起こしているのが辛くてかかりつけの医院へ行った。
37、7度の微熱、風邪による腸炎の診断だった。
忙しくて休みも取れなかった上役が、つい先日、腸炎になり下痢と嘔吐で倒れてリンゲルを打った。
私も疲れていたし、移ったかも?
リンゲルを落としながら1時間、医院のベッドで横になったらだいぶ楽になった。
午後から仕事に戻って外回りに出たが、ふらふらして怠い。
今日の割り当て分を終えてから会社で熱を測ったら38、2度、4:30すぎに早引けした。
勤続24年、体調不良で早引けなんて初めてかも?
病院で出された薬を飲んでひたすら眠った。
TVの音も蛍光灯の光も隣家の話し声も頭に刺さるようで、真っ暗なまま。
水曜日朝、熱は下がって気分はだいぶ持ち直したが、胃袋の不快感が残って水を飲んでも吐きそうな感じ。
火曜にやっと休日が取れた上役が出て来たので聞いたら、まだちゃんと食事ができず、お粥だって。
2日目で軽食が取れている私は、腸炎も軽めで済んだのかも?
隣の営業部でも、昨日は2人が病院でリンゲルをやったそうだ。
やはり腸炎でもう1人、インフルエンザで休んだ人も居るみたい。
年末からこっち忙しかったし、休みには趣味の会やら新年会やらで家を開けた。
還暦を過ぎたら体力が続かなくなるって本当だね。
若い頃みたいに無理はきかない。
休みにはせめて半日は体を休めなくちゃいけないと肝に命じた。
気力もなくて、ジムも大好きなダンスのお誘いも断って静養中。
栄養剤とサンドイッチくらいでまともに食べられないから、2日で1キロ減ってビックリしています。




iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-01-24 03:56 | Trackback | Comments(2)

ズグロミゾゴイ

c0064389_23563849.jpg



バンナにいたズグロミゾゴイ
森林組合の駐車場でミミズを漁っている様子
結構人なれしているので、近寄って写真を撮ろうとしたらにげられた
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-01-20 23:56 | Trackback | Comments(3)

熱帯スイレン花盛り

c0064389_0194698.jpg


バンナ公園の池というのかビオトープというのか?
熱帯スイレンがたくさん咲いていました。
水深が浅いので、タップミノーみたいな小さい魚がたくさんいて一斉に動くので、水面が騒がしい。
聖紫花はまだ蕾がかたい。
ズグロミゾゴイが芝生で餌探しているのを見ていたら、山からもう一羽が飛んできて、ギャーと鳴いて飛びかかるように牽制。
最初にいたズグロミゾゴイが追われてしまいました。
スゴイ!鳥の世界も弱肉強食なのね〜
[PR]

by isozineko | 2013-01-19 00:19 | Trackback | Comments(2)

今月のトンボ玉

c0064389_044349.jpg



ねじりレースを巻いたトンボ玉です。
上は元玉は黄色のクリア、中は半透明のマスカットグリーン。
先生は黄色は勧めなかったけど、私は黄色が気に入ったなあ。
レースがクッキリ出ていい感じです。
長いのが好きだけど、チョーカーにするなら丸い方が扱いやすそう。
下のブルーは12月の作品、ブルーから水色に3色のグラデーションを両側にいれて白いレースを1周させて見ました。
上に小さいピンクの小花を貼りました。
細めのラグビーボール形と青色が気に入っています。
両側に透明感のある水色の玉を2、3こ並べて夏向きのチョーカーにしたらいい感じになると思う。
[PR]

by isozineko | 2013-01-19 00:04 | Trackback | Comments(0)

八重山舞踊発表会

c0064389_0563876.jpg



友達からチケットをもらって、与那国久枝八重山舞踊研究所の発表会を見に行った。
雨で風も強くて寒いのに、市民会館は立ち見が出るほどの大盛況
門下生が多くて、1つの演目に20人もの踊り手が舞台に上がる
衣装の意匠もセンスが感じられ、舞台構成も面白い
でも、普段見慣れた八重山舞踊とはだいぶ違う感じがした
伝統の祭祀に奉納芸能として継続されてきた八重山舞踊から少し離れて、舞台用の演出を重視しているのかなあ
華やかで面白かったけど、古典芸能としてはどうなんだろう
評価が分かれるところなのかも?
幼児から高校生まで子供たちがたくさん出演していた
師匠のお孫さんなのか2歳くらいの幼児も2、3人いて、可愛い所作で舞台の注目を一身に浴びていた
子どもが興味を持って習っているのは踊り手の裾野が広がるからいいことだね
6時から始まって終わったのが9時前、だんだん飽きてきて座っているのが苦痛になってしまった
休みなしで3時間はやっぱりキツイ。
[PR]

by isozineko | 2013-01-14 00:56 | Trackback | Comments(0)

小さい貝殻に寄せて

c0064389_10424851.jpg


これ、先日の海で拾った小さなアワビの貝殻、たぶんね。
綺麗な形で表はゴツイけど裏はピカピカ光っています。
いいことがありそうだから大事にしようっと!

あのね、いつも何と無く気にかかる人がいるとするでしょ?
どんな時も嫌な顔を見せない人
遠くから姿を見つけたり、ふいに目があった時とか、優しい空気が返ってくる人
私の存在を認めてもらってるなって思う
何も言われなくても、それだけで嬉しいし、幸せな気持ちになるよ

ある日、すれ違いに交わした何気無い言葉の反応が引っかかる
変に気を回したらいけないと思うけど、すこしよそ行きの空気をまとっているような感じ…
急いでいたのよねと思うけど、こんな感覚は初めての気がする

喧嘩も言い争いも1度だってしたことがないけど
こんな風に人は背中を向けて行くのかな?って、胸の中にちょっと淋しい種が芽を出す。
小さな芽が育たないうちに、見えないところに行った方がいいのかな?って。
これって、疎まれたくない気持ちの裏返し

そんな時、あなたの存在が心の安定になっていると言う人がいて
愛とか恋とかを抜きにしても、単純に嬉しい気がする。
ありがとうとしか言えないけど、思いは私と同じなのかもね…
自分の存在に意味があるって思えることは、自分の心の自信にもなる。

手の中で光っている小さい貝殻一つ
心にとって大事なものって、とてもあやふやで、貝みたいに握っていられない。
ある時は見失ったかしらと思ったり、またある時は虹のように鮮やかに現れる。
そんな風に一喜一憂しながら、人は幸せの背中を追いかけて行くのかな?

夕べ、暗闇の中で静かな雨音を聞いた。
濡れた道路が、雲の反射で淡く光るのを見た。
静かに目を閉じて、ただ、そこにいるということが嬉しい。
こんなささやかな幸せが、心を満たしてくれるんだよ。
[PR]

by isozineko | 2013-01-12 01:07 | こころもよう | Trackback | Comments(2)

ねじりレース玉覚書

ねじりレース
半透明と透明の緑と黄色、半透明の水色を2センチずつ切る。
半透明をシャフトに付け、周囲に他の3本を貼り付ける。
熱してつぶし、つなぎ目が少し開いているくらいで、ソーダの細引きを塗りつける。
*ソーダは定位置に置きシャフトのほうを動かすこと。
よく暖めて根本をシャフトに付けたら先端も集める。先端を集めて捨て、冷ます。
尖った先端から中央を暖めてポンテを付け、2,3ミリ引き出したら左右を持ち替える。
暖めながらねじり、レースを引く
2,3センチ引いたら逆回し、4,5㌢引いたら逆回しして、長さをランダムにしておくこと。
*一定間隔だと玉の同じ場所で逆回しが重なる。中央が太くなっても面白い。

半透明か、レースの1色で玉を作り、口を少しすぼめる。
*玉と同色のレースが強調される
端からレースを巻くが、先端は2周目で隠し、レースの間隔を少し空ける。最後は添わせる。
全体を暖めてレースを寄せ集める。
ほぼ溶けたら火から出して20秒ほど冷まし、シャフトをグリップさせる。
外を暖めて玉を整形する。
長くしたいときは途中で少し口をすぼめた後、また中央を暖めて伸ばす
[PR]

by isozineko | 2013-01-11 12:23 | とんぼ玉 | Trackback | Comments(0)

草の花?

c0064389_23274365.jpg


ヤラブの並木の根元に繁茂した雑草に白い穂花が咲いた
風にそよいで中々の風情だ
わざわざ車を降りて写真を撮る物好きは私くらいなものかと思う
別の種類かもしれないが、子どものころ、出始めの白い穂を食べた
鞘の中で膨らんでいる柔らかい穂を、『つばな』と呼んでいた
幼馴染たちの野良遊びで特に美味しかった記憶はないが、見ると懐かしい

正月からずっと天気が悪い
曇り空から時々霧雨が降りてくる
面白くもない変わり映えもしない日々
正月気分はとうに消えた…と言うより最初からない

一昨日は小寒だったそうだが、蒸して暖かい日々だった
今日は少し冷えたので、いつもTV棚の上で眠っているニャンコが降りて来て
お腹の上から胸の上まで上がって来て、いい気持ちそうに寝ている
追ってもいつの間にか乗っていて、重くて目覚めてしまい閉口する
末娘が高校生時代に拾った猫だから、もう10年くらいになるだろうか?
甘えん坊のくせに気まぐれで、勝手気儘。
こいつみたいに生きられたらいいかも?




iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-01-09 23:27 | 日記 | Trackback | Comments(2)