<   2012年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

次男の孫1歳

昨日29日は次男宅の男孫の誕生日。満1歳になった。
長男宅は女の子一人なので、我が名を継ぐ孫としては初めての男の子。
すくすく元気に育って欲しい。
この8日に本島で、子どもたち3家族が集まってバーベキューパーティーをした。
この男孫も小さい靴を履いて危なげな足取りで歩き回っていた。
少し前はベビーカーの中で寝ているだけだった気がするが、子どもの成長は早い。

孫達の1歳の誕生日に、なにか楽しい遊び道具をプレゼントしたいと思ってきた。
姉孫の誕生日前におもちゃデパートで背丈ほどのミニチュアハウスを見つけて以来、プレゼントはこれに決めた。
私も小さい頃、刈り入れ跡の田んぼで、積み上げた稲わらで壁や屋根を作ってもぐりこむのが大好きだった。
子供達も冷蔵庫などの入っていた大きな段ボール箱に、窓やドアを切り抜いて作った家がお気に入りだった。
小さな秘密の空間というのはワクワクするものだ。

姉孫に買ってやったハウスは、塩ビでコートした厚手のダンボールに、カラフルな窓や花やカーテンも描いてあり、おとぎのお城みたいだった。
取り外しのできる屋根が付いていて、邪魔なときはたたんでおける優れものだった。
長男宅の女孫には、カラフルなボール100個が付いたボールハウス。
ジョイントでつないだテントのような骨組みの上に、壁や屋根をプリントした布地を結び、巻き上げ式のドアが付いていた。
孫達は自分のお家だと言って、おもちゃや人形を運び込み、許可なしにはパパもママ入らせない。
すっかり小さな家主さんになっておままごとをしたり、大いに喜んでいた。

孫達が喜んで遊ぶので同じボールハウスをと思ったが、みんなの大好きな絵本「機関車やえもん」をかたどった機関車のハウスを見つけた。
カラーボールではなくて石炭に見立てた黒いボールが20個くらい付いている。
値段は同じ。迷って嫁に電話したら、やえもんがいいというのでこちらに決定した。
昨日まで長男宅に預かってもらい、誕生日当日の夕べ、届けてもらった。
仕事帰りのママが夕飯の準備で忙しいときに、姉弟仲良くこれで遊んで待っていられるといいなあ。


さて、その長男宅では家造りがいよいよ現実となって、昨日は土地の手付金を持参して契約を交わしたそうだ。
土地の高低差を均して基礎工事の準備をして、着工は年明け、完成は6月になるらしい。
3年先の同居に向けて、第1歩を踏み出したというところだ。

先日の盲腸手術以来、なんだか気力体力の回復の遅れを感じている。
日曜日の夜など所在無く1人で居ると、体の奥からなにやらモワモワとした言いようのないものが噴出してきそうで、ワ~ッと大声を上げたくなることがある。
自分の居場所が確保されれば、気持ちの持ち様も変わってくるだろう。
精神安定上もいいことだよ。きっと。
[PR]

by isozineko | 2012-10-30 12:16 | 孫たち | Trackback | Comments(2)

階段から転けた~

c0064389_18261788.jpg


昨日は古典民謡コンクールの合格者発表会があった。
裏方のお手伝いに行って帰り、薄暗い市民会館の裏階段を両手にゴミ袋持って降りる途中で足がもつれた。
あ、コケる!と頭で思った。
体が不安定になって重心が傾いた瞬間、足が勝手に階段を駆け下りた。
ダンスのおかげで反射神経が良くなってるみたいだなと、こけながら思った。
実際にこけたのは、多分下の3、4段くらいかな?
コンクリートの道路に両膝をずったのでスラックスの両膝が大きく擦り切れて、生身の膝頭を盛大に擦りむいたらしくてピリピリ痛い。
盛大な音がしたから、周囲にいた片付け中の男性群が大丈夫ですか?と寄ってきて恥ずかしいったら!
大丈夫です。と急いで立ち上がったよ。

痛いのは30分ほどで治まったけど、血が滲んで痛々しい膝頭は治るまで暫くかかりそう。
スラックスの1本ダメにしてしまった。

何であんなところで転けたんだろう。
一瞬意識が飛んだというか、瞬間足がもつれたというか、最近どうもおかしいよね。
脳動脈硬化が進んでないか見てもらわなくちゃいけないかも!

iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2012-10-28 18:26 | Trackback | Comments(5)

ギンギンギラギラ日が沈む

c0064389_1823442.jpg



23日の日没は18:10。
ビルの間に沈見そうな大きな赤い夕日を見つけて、急いでサザンゲートに走ったが、あっという間に沈んだ。
秋の日は釣瓶落としというがまさに。
24日は研修で那覇だったが、平日で息子たちと会う暇なし。
リュウボウのバーゲンを覗いたらお気に入りのこげ茶のピンヒールの編み上げブーツを見つけた。
私のジャストサイズ1足だけ!ラッキー!
もう一つラッキーがあったが、それはまたあとで(*^_^*)
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2012-10-25 18:02 | Trackback | Comments(4)

fdサークル25周年

c0064389_19123659.jpg



フォークダンスクラブの25周年誕生祭があった。
沖縄本島のいくつかのサークルが、ツアーを組んで交流に来たそうで、公民館フロアいっぱいに踊りの輪がひろがっていた。
思いがけない大勢の参加者にビックリ!みなさん頑張っているね。
私も5年前に社交ダンスサークルに鞍替えするまで15年程このサークルに在籍していたので、懐かしくて顔を出したのだ。
衣装もたくさん持っているが、5年もブランクがあると、さすがにこの派手な衣装をきて行く気にはならなかった。
曲の半分くらいは覚えていて、足がウズウズするが、病み上がりだし、今回は見るだけにした。
リタイアした元会員や、出戻り会員、新会員もいて、みんな思い思いの衣装を着て笑顔がいっぱいだった。
楽しそうでイイなあ。
沖縄本島から会創設者の懐かしい先生ご夫妻も来ていた。
最高齢の会員も健在で、髪をセットして揃いの衣装を美しく着こなして20歳は若く見える。
次々かかる曲を休みなく踊って、体も十分若いようだ。
何でも続けることに意義がある。
私も体力維持のためにもダンスを頑張らなくちゃね。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2012-10-21 19:12 | Trackback | Comments(4)

柱サボテンの花

c0064389_9325751.jpg



我が家にやってきて2年あまり、玄関のコンクリート天井に届きそうな勢いの柱サボテンに初めての開花。
前の台風で3つあった小さい蕾が落ちてしまいガッカリしたのだが、直ぐに次の蕾が出来た。
盲腸で入院した間に咲き終わったかと思っていたが、待っていてくれた。
たぶん一日花だけど、明日はもう1輪さくね。

今日は退院3日め、検診日。
昨日はお腹を抑えて歩いたけど、今朝はだいぶ調子がいい。
まだ黄色い浸出液が出る。
主治医が、来週も来ます?って、どっちでもいいような口ぶりで言うから、来ます。先生の顔をみると安心するから!すかさず答えた。
主治医がにっこり、そばのナースも笑っていた。
対面してよく見れば、髪も薄くて普通のいい感じの叔父さんだわね。
自分が痛い時に向けられる医師の笑顔って、神様みたいに思えるのかも?
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2012-10-18 09:32 | Trackback | Comments(3)

退院1日目から出勤

退院1日目、朝から出勤。
昨日まで1日の半分をベッドに寄りかかって過ごしたのが急に支えがなくなった。
大方デスクワークで、時折、集金依頼があると出かける。
途中で病院によって、おへその浸出液が黄色っぽくなっているのを処置してもらった。
主治医はいなくて若い医師が来てくれた。
傷口がふさがったので中の膿が出にくくなっているそうで、少し開けるって。
ふさがりかけた傷の真ん中を、ピンセットでちょっと空けて、ガーゼを詰め込んでから蓋をした。
考えただけでぞっとするが、なすがまま任せるしかないものね。
背中に思い切り力が入っちゃったけど、我慢できないほどの痛みでもなくて、5分足らずで終わった。
支払いは230円だった。

体力的には問題ないけど、おへその傷口が吊れて痛い。
ついかばっておなかを突き出すから腰に負担が大きい。
歩くのもさっさとは行かなくてまどろっこしい。
光がまぶしいので、目の奥が脹れた感じがして疲れる
お産で入院した後みたいな感覚というか…麻酔はしていて感覚はなかったけど、やはり手術には体力を使ったのだろう

手術は腰に半身麻酔を打って、その後軽い全身麻酔をするといっていた。
そのほうが術後の痛みが少ないそうで、おかげで痛み止めをしなくても眠れないほどの痛みはなかった。
主治医は50代後半?とても自然体で、飾り気なくて、いつもちょっと笑ったような目をしている。
他所でであったのならちょっとお誘いしたいような、実にいい感じのお医者さんなのだ
内地姓だし、単身赴任かな?

今日は退院2日目で、主治医の診察日だった
予約だったけどそれでも1時間待った
処置は傷口を見てガーゼを変えるだけで1分で終了
「明日もも来れますか」というので「はい、毎日でも来ます」と言ったら
「毎日来られても困るな…」って
大丈夫、タイプだからって迫ったりしないからさ。

何日も前から居座っている台風が動き出して、今日は風が強い。
朝晩がめっきり涼しくなった。
[PR]

by isozineko | 2012-10-17 13:17 | 日記 | Trackback | Comments(2)

退院もひと騒動

主治医は土曜から1週間の休みを取るそうで、手術に立ち会った若い医師に引き継いでおくと話していた。
なかなか男前の若い医師が、時折覗いて「大丈夫そうですね」
わき腹の痛みが一向に変わらないのが気になるが、朝晩の抗生剤点滴で微熱は出なくなった。

7日目の15日朝、巡回の医師に今日退院していいかと聞いたら、
「あ、退院しますか。いいですよ。」と拍子抜けするほどあっさり許可をくれた。
友人や娘息子に退院するよとメールを送り、荷物を整理した。
一向に計算書も来ないので、昼前にナースステーションに行って
「退院許可いただいたんですけど、何をどうすればいいんですか?
計算書ももらってないのですけど」と聞いたら、計算はこれからするという。

若いドクターは退院の話を通してなかったのかも?
「昼ごはんを食べてから退院にしましょうね。食事してお待ちくださいね。」だって。
そりゃあ美味しい給食なら喜んでそうするのだけど、まあ、仕方ないわね。

しばらくしたら、休暇中のはずの主治医がひょっこり現れて「台風で早く帰ってきちゃった!」
傷口の様子を見て、「きれいだね、熱もないし退院していいですよ」主治医からも退院の許可が出た。
抜糸はあらためて来るのかと聞いたら、「1週間たつから今やっちゃいましょうか。」
お腹を広げたまま道具をとりに行き、ペンチみたいなものでその場でどんどん抜きにかかった。うっ!と息を止めて我慢する。
お臍のホッチキスは2個と思っていたら4個だったみたい。
左のわき腹もホッチキスが2,3個入っていた。
へそ下10センチの傷は黒い糸で縫われていたのをシャワー時に確認してある。

先生はお臍の傷を見て、「赤くなってるね、ちょっと化膿しそうだな。」と両側からぐいぐい押す。
イタタ、アイタタと顔をしかめていたら、ガーゼにどす黒く沁みた血を見せた。
「黄色くなってないね、明後日見せにいらっしゃい」
傷の上にガーゼをあてて絆創膏で止めて、「中は化膿してないから…」
消毒をするのか聞いたけど、必要ないそうで、「そのままでもいいんだけど肌着が汚れるからガーゼを当てておいたほうがいいでしょ」
「膿が出たり熱が出たりしたらいらっしゃい」って、そんなアパウト?
明後日の診察の予約だけが入った。

入院時に乗ってきた車が駐車場の隅っこに止めたままだから、退院はそれでまた帰ればいい
特に大荷物でもないし1人で大丈夫と思っていたら、
さすがに洗面道具やいただいた飲み物やらでけっこうかさばって重くなっている
道向こうの駐車場まで車椅子を借りて荷物を載せようかと思っていたら
毎日コーヒーを入れて来てくれる友人が、荷物持ちにきたよと顔を出してくれた。
よく気のきく方でありがたいこと。
キーを渡したら、荷物をみんな積み込んで車は玄関近くの駐車場に移動してあった。
「鍵がかかっていなかったよ。よっぼど痛かったんだろうね」って、そうだったかな?
家まで来てくれるというのを丁重にご辞退した。だって、散らかり放題だし…

入院費用計算書が届いて、下の事務室で清算した後、精算済みのカードをナースステーションに出して退院となる。
緊急の虫垂炎手術と処置代薬代に7日の食事と寝巻きなどの入院経費で〆て53万円
社会保険の本人は30%負担なので支払う入院費は16万円弱
高額医療費の補助申請を出して認可されれば、自己負担は8万までで、それ以上かかった費用が帰ってくるというのでその手続きもした。
1週間ほどで認定書が届いたら、補助額分は自分で社会保険事務所に返却の申請をしないといけないらしい
払ったり取り返しに行ったり面倒しい。もっと、簡単な方法はないの?と聞いたら、
内金5万程度入れて支払い保留にしておいて、補助額が決まってから精算する方法もあるとか。
それでお願いしますということになって、奥の支払い相談室に連れて行かれた。

緊急入院だから入院申請書も提出していないし、手術後に用紙を渡されたが1週間、提出の催促もなかった。
用紙には保証人2人が必要とあったが、地元には身内はないので本島の長男を書いておいた
退院するときに入院依頼書を書くのもおかしな話だが、支払い保留のまま退院させて逃げられてもいけないということなのだろう。
救急も受け付ける県立病院だから、観光客もいるし患者は市民ばかりではない
診療費の未納が病院経営を圧迫していると以前新聞で読んだ。

無事支払いを済ませ、ナースステーションに精算済みカードを出した
「さて点滴の針はいつ取ってくれるの?」と言ったら,「あら、まだくっ付いてたんですね」と担当の若いナースが笑っていた
手首の鑑札もはずしてもらって、同室のおばあちゃん達に挨拶していよいよ退院
紹介状を書いてくれた胃腸科医院に寄って報告書を届け、帰りに会社に寄った
退院の挨拶をして明日から出社しますと言い、水不足の花鉢に水をたっぶりやってから帰ってきた。

玄関を開けると、ニャンコが歓喜して迎えてくれた
小窓が開いていたから出入りは自由だったろうが、えさの手配は出来なかったのだ
何を食べてすごしているのか気になっていたがどうしようもない。
入院中に見舞いに来てくれた友人の1人から、独り者が生き物を飼ったらダメよと叱られたが、一理ある。
えさをしまってある流しの下の扉が開け放されて、袋菓子なども散らばっていた。
えさ入れはゴキブリ避けで、缶に入っているから開けられなかったのだろう。
ニャンコからは心なしかゴミの匂いがする。
野良猫よろしくゴミも漁ったのかもしれないなあ…ごめんね。

5日の最終であわただしく那覇へ行ってから10日ぶりの帰宅
9日に帰ったもののすぐに病院だったし、10分で入院準備したなごりで、普段片付かない部屋が更にあちこちひっくり返っている。
いつ何があるか分からないし、これからは整頓を心がけねば…と心から思う
しかし、今日は傷が痛むし、力が入らない。元気になったらねって、いつのこと?

病院の広いシャワー室で浴びて来ればよかったなあと思いながらシャワーを浴びた
とりあえずは、ベッドに洗濯したシーツを広げてごろんと横になった
10:30を過ぎてもTVが消えないのが唯一うれしい。
あ!夜中の足音やボケ老人の縁雑や明るすぎる室内灯がないのもうれしいなあ…

一人で入院、ひとりで退院、看護も自分自身でする、これ1人者の覚悟の鉄則ね!
どうしようもないときは、誰かが助けてくれる。
日ごろちゃんと周囲と付き合いしておけばね。
お世話になった皆さん、心からありがとう。な~んていっても、誰もこのブログを知らないのだけれどね。
[PR]

by isozineko | 2012-10-16 18:25 | 日記 | Trackback | Comments(3)

入院は6日め

c0064389_18273576.jpg



今日のお昼ご飯です。いい加減飽きて来たけど、お腹は空く。
虫垂炎の手術跡は綺麗になってきたし、大小順調
4日目退院が出来なかったのは、脇腹の差し込みが一向に治まらないのと夕方の微熱。
サッサとCT撮って診断確定したらいいと思うけど、抗生剤点滴でお茶を濁してる?
昨日から雨模様で今日も曇り空、気温が下がって眠りやすくなった。
看護士はローテーションが組まれて毎日変わる。
特定患者にとらわれてストレスを溜めない効果とフロア全体の把握ができる効果を狙ってるかな。
向いのカーテンのおばあちゃんは2日前に個室から移動してきた。
動けないから細かいことですぐナースコールする。2、3回はにこやかな返事でやって来るナースも1時間に10回も呼ばれると返事にうんざり感が混じる。
ベッドを起こせ、箸を取ってくれ、うがいをするの歯を磨けのおしっこだのウンが出たの、薬はいつか、まだ風呂に入ってないの、TVカードを買ってこいの、お尻が痛いの、ベッドを倒せのもうイイの薬を飲ませのもっと倒せの…
聞いてるだけのこちらがイラつく程の要求の多さに、嫌な顔しないで飛んでくる。
しかも、記憶はバッチリらしく、8時と言った点滴が8時に始まらないと何度もコールするし、隣りのベッドの人の準備中でも、自分の主張を聞かせようとする。待ってね。と言われても待てずにまたコール。
よくやってるよね。
着替えを届けにきた家族にもそれをやるので、だんだんケンカじみた対応になる。
毎日こんなだったら、お嫁さんも大変だよ。

その隣の85歳のおばあちゃんは、ナースコールで呼ばれるたびに自分の番が遅くなるのを何も言わずに待っている。
夜中にトイレに行ったら、寝静まった部屋で黙々とお年寄りのシモの汚れを洗っているナースがいた。
辺りに漂う異臭。
隣のナースセンターに人影はない。翌朝聞いたら、夜勤は病棟に1人らしい。

以前、福祉関係の専門学校に進んだ次男が、2年目にお年寄りの介護実習になったとたん自分には無理だと通学放棄したことがあった。
もう少し頑張ってせめて資格だけでも取ってといったがそれきり退学してしまった。
こんな場面に出会ったのかもしれないなあと思った。
福祉保育へ進みたかった次男を、学費を盾に無理やり福祉一般に向けたのは父親だったのだが。
老人といえば毅然として立派だった祖父母しか知らなかった次男には、無理だったろう。
私にも出来ないねこんな大変な仕事。

病棟には若い可愛い看護士が多い。
みんなニコニコ明るくて、汚いこともいとわずにやってくれる。
本当に頭が下がる。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2012-10-14 18:27 | Trackback | Comments(4)

退院は月曜になるみたい

c0064389_11571936.jpg


4日目で退院予定だったけど、微熱と脇腹の痛みが残って見合わせた。
土日は事務が居ないから退院させないそうで、月曜日になるみたい。
傷の経過は順調で、起き上がるのも歩くのも多少楽になったが、時折、盲腸の脇の方にキューッと差し込みがある。
主治医も何だろう気になるなあと言うが、原因は思い当たらないらしい。
とりあえず抗生剤点滴を継続して、痛みがひどくなるようならまたCTを撮るんだって。
1度退院してまた入院になるのも嫌だから、いる間にちゃんと直してもらおう。
今日は点滴の針を変えるから入浴できるというので、普段着に着替えて売店が開く7:45を待ってシャンプーと石鹸と洗面器を買った。
かっちゃんおすすめの振りかけも。
今朝のご飯は100g、子供用お皿に盛り上げて猫マンマみたい。
大きいお椀に半分でいいのに、どうしても盛り上げたいんでしょうね。
オカズは切り干し大根とみそ汁、潰した梅干しが小さじ1杯弱。
今日はご飯も粒が立っていて、まずまずの味。味噌汁も辛くなかった。
料理担当が変わったかな?

気になっていた大も産んだし、プーも遠慮なく漂わせている。

隣のカーテンの魚の棘で怪我をしたお姉さんは今朝退院した。
ナースステーションに近い部屋のためか、夜からも入院患者が入るし、入れ替えも激しいし見舞客も次々で賑やか。
台風の風で車のドアに挟まって骨折したお婆さんが夕べ隣に入った。
朝に、向いのカーテンに敗血症で入ったお婆ちゃんと知り合いのようで、方言が賑やかに飛び交って今日は退屈しなそう。

狭い空間で姿勢も限られるから背中が痛くなって寝る時が1番辛いかも?
たまに入院して骨休めできたらいいなんて思っていたけど、やっぱり元気でやりたいことしてる方が断然イイね。

iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2012-10-12 11:57 | Trackback | Comments(1)

やっぱマズイ!

c0064389_13305591.jpg



病院って何もできなくて食べて寝るだけだから、食事の質って大事だと思う
今朝は冷凍サバの焼き物と、千切りキュウリと彩り野菜の酸っぱい和え物とご飯200gにみそ汁、牛乳180ccパック。
ご飯は古古米みたいで、ねちゃっとして美味しくないけど、おかずでごまかして半分食べた。
写真は昼ご飯。
もったいないからご飯は半分でいいと言ったので、150g。
固い豚肉にトマトと青野菜チーズ少しでピザ風の味付けだけどイマイチ
付け合わせのグリーンアスパラガスは皮がむけるほどの茹ですぎで味なし。
オカラの煮浸しと酸っぱいもずくと塩味の効きすぎたみそ汁と番茶。
半分しか食べられなかったが、私らの基礎代謝分には十分じゃない?
お腹がいっぱいになって腹の穴が広がって痛い。
いたたいたたと腹を抑えて横になるのも一苦労だよ。
起き上がるのは更に大変で、横向きに腹をかばいながら腕力に頼って上半身を起こす。腕力着きそう。

右脇腹が痛む。
押すとピンポイントで痛む場所がある。
看護師さんに言っても聴診器で聴いて、腸が動いてるし、傷口もきれいだというばかり。
朝の回診で主治医に直訴したら、抗生剤点滴で様子を見て、痛みが強くなるならCT撮りましょうだって。
腸管壁に炎症が広がっていたから、洗ったが取り残しはないはずだって。
白血球が15000に上がっていたそうで、炎症はだいぶ進んでいたみたいです。
大きく腫れた虫垂が手術までに破れるでしょうと言われてたけど、破れていたかはハッキリ教えてくれなかった。
炎症が残っていないなら良いのだけど、100パーセント確信はもてないってことか?
昼前にオナラが出て少し楽になったかな。
友人がコーヒーのお代わりを持って来てくれた。感謝感謝!
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2012-10-11 13:30 | Trackback | Comments(2)