<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

梅雨真っ最中

今日も雨、梅雨とはいえよく降る
洗濯機が壊れたようで、手洗いの手絞り
うっかり厚地ものを洗っちゃったら、水が切れるまで家の中には入れられない…

カンナの花がきれいです

c0064389_19225097.jpg

[PR]

by isozineko | 2012-05-28 19:23 | 季節便り | Trackback | Comments(5)

は~あんたよ!

3ヶ月やってみようと言うので始めたダンスの個人レッスンが3ヶ月目になった
一緒に受けるはずだったパートナーが、時間が会わずに1回でリタイア
時間がちょっと早いのと、90分ノンストップのハードさに体力が付いていかないみたい
実は、私も年輩の相棒に合わせて休み休みの練習では物足らないと思っていた
誰に遠慮もない個人レッスンができで、私としては大いに満足

先週、レッスンの後で、ホールへ練習に行く約束をしていた
終わり間際に別の友人が来て、コーヒーなどさし入れてくれた
先週那覇へ行って出られなかったサークルレッスンの話などして、思わぬ時間が過ぎた
約束に少し遅れそうだとケータイをコールしたが相手は出ない

連絡できないまま約束に10分遅れた
「大変お待たせしました。ごめーん」と顔を出せば、いつもと態度が違って相棒はお冠
ものも言いたくなさそうなのを、なだめつつ、ボツボツ聞き出したら
約束より早く空いたので、時間を早めないかと思って電話をしたそうだ
レッスン途中にケータイが鳴っていたが取れなかった、あれがそうだな
相棒はそのまま家を出て、約束より30分も早くに着いて待っていたらしい

私も遅れると伝えたかったけど、電話しても相棒は出なかった
それに、早くついた30分は私のせいじゃないでしょう
そう思うけど、言えば余計にへそを曲げられそう
お互いに黙って前を向いたまま、なんだか険悪な空気が流れる

相棒は言う「もう3ヶ月になるし、個人レッスンは今週で終わりにできないか」
亭主でもあるまいに、藪から棒に何を言うかとびっくりして、私は言葉が出ない
前には、私が上手になるとパートナーの自分が上手に躍らせているように見えるって喜んでたくせに…
私だけ進んで、自分が付いて行けなくなるとパートナーの意味がないって言う
自分達の練習も出来ないのに、個人レッスンに2時間も3時間も…って

それに、人の噂を聞いて先生にも不信感を持ってるみたい
先生は若いころには相当なワルでヤンチャだったらしくて、そんなことも知ってるから…
島にいると3,40年も前のことを、まだそんなふうに言われちゃうんだね
それで、私がいいように丸め込まれて、パートナーから離れて行くんじゃないかと心配した?
いっぱい練習したのでご機嫌が直ったけど、はあ~、男の人って難しい。
痴話げんかでもあるまいに、たかがダンスのパートナーを何でそうまで縛りたい?
[PR]

by isozineko | 2012-05-28 18:54 | 男って&女って | Trackback | Comments(2)

買い物依存症?

22日研修会で那覇へ
研修終了後、いつもの友人とパレットを物色
靴とバッグのフェアの初日で、お互い顔を見合わせて
 これは行ったら危ないね
バーゲンや何とかフェアについ釣られる私、しかも靴とバッグ
気に入ったものが安いからと、いつ使うかわからないものに手が伸びる
安いものから高いものまでたくさん持っているのに…

もしや人恋しさの胸の穴を埋める無意識の買い物依存症ではないかと
最近やっと、自覚して手を引っ込められるようになった
今回も、本日限りの40~70%off
いい感じのバッグを2つ確保したら、友人がまたか!と目で規制する
しばらく持って廻ったあとワゴンに戻した
よく見れば値段どおりのまがい物みたいだし…これで気が済んだ

手に入れた高級バッグは普段にはもったいなくて大事にしまいすぎて古くなる
もう、いつまで仕事するかわからないし、スーパーに行く程度ならバッグは要らない
そう思って、最近はちょっとしたおでかけにも使うことにしたら効果的面
よしよし、これで、無駄な目移りから自分を規制できそうだ

でもね、痛まないバッグと違って、靴にはまだその手が効かない
歩きやすい気に入った靴ばかり履くとどうしても痛んでくるので、目移りしがち
さすがに昔みたいにデザイン優先の安いビニール靴には目が行かなくなったが
今回も羊皮でエアクッションの軽い靴を見つけて買ってきてしまった
家に帰って出してみれば、似た様なデザインの未使用の靴がある

娘にはイメルダ○子なんて言われちゃってるのに自覚が足りない
今だけ今日だけあなただけの殺し文句に弱いのは、貧乏くじばかり引いてたなごり
もちろん家計に影響するほどの買い物をするわけじゃないけど
買い物依存症からの脱却は、理性と衝動が折り合わないとなかなか難しいね
案外、誰かがあなただけって手を差し出してくれたら治るのかも?
でもね、自分が家庭人間じゃないことわかってるからね、無駄な夢は見ないんだ!
[PR]

by isozineko | 2012-05-25 12:17 | 日記 | Trackback | Comments(9)

エキストラにも行っちゃった

土曜日、連絡係のお兄さんから明日もよろしくと電話
日曜に500人のエキストラを募集したが150人ほどしか集まっていないと言う
各小学校で授業参観とPTA総会がセットされているし、催し物も多いようだ
朝6:30からのエキストラに行けそうな年代は今日は暇がないだろう
私もFM絵本があるから11時後にしか空かないと言ったら、それでもよいと言うのでOKした
天気は大はずれで、曇り空から時折スコールのような雨が襲う
11:20雨止みにサザンゲートの先の集合所に行ったら、スタッフ数人がいるばかり
隣のテント席で子役とママたち集団がお弁当を食べていた
大雨で濡れて午前中は解散になり、13:00に再度集合になったそうだ

13:00前からまた大粒の雨が落ちだして、行こうかどうしようかと思っていたら
朝から行っていた友人から、テントの中で待機していると電話があった
2:00ごろ再開。早朝から待ちぼうけの上、濡れて帰った人たちの半分は来なかった
その後は暑いほどの陽射し、日よけも給水も自前
広い公園の原っぱに機材を持ち込んで、大勢がうろうろするから監督の指示も大変
シーンごとにリハーサルをやって修正して本番、撮り直し、カット!確認OKの繰り返し
同じシーンを主役にカメラを向けたりエキストラが入ったり、後方からひろったり

小雨が降ったり飛行機が横切ったり太陽が照りすぎたりの状況待ちが何度も
4時前にはかんかん照りで暑い何の
立ちっぱなしで足底は疲れるし、暑くてくらくらするしで大変な半日となった
5時には市民会館で撮影の予定が遅れて、公園の終了が7時半、すっかり日が落ちた
市民会館に移動してお弁当をもらい、機材をセットし終わって撮影開始は8:30過ぎ
地元説明会の乱闘騒ぎを撮り終わったときはもう夜の10:30を廻っていた
徹夜だったという若い監督さんはテンションが落ちずに元気だったが
早朝6:30集合で撮影慣れしていない地元エキストラは、陽の中立ちんぼうでぐったり

報酬はスポンサー提供の韓国麺1袋、ほんとにボランティアなのね
朝から実質15時間の参加者には試写会のチケッ1枚が提供された
でも、映画作り参加というめったにない経験が出来たし、
TVでしか見られない俳優さんを直に見て、同じ場面に出演したと言う自己満足
部活帰りに参加した女子高生達は、『田中圭と同じ空気を吸っている』と言って興奮していた
田中圭の大ファンというウチの娘にはすごくうらやましがられたし
疲れ果てたけど、まあ、楽しかったな。
後は、11月封切の映画でチラッと映るかもしれない自分を探して盛り上がるかな?
[PR]

by isozineko | 2012-05-21 12:49 | 日記 | Trackback | Comments(4)

今日こそは撮影できる?

撮影延期となった翌日の金曜日の朝7:30ホテルへ着く
相棒の孫役の小学生もお母さん同伴で到着
今日は11:00には終わる見込みと聞いたので、最悪1時には出社する予定だった
2日目の正直、天気もまずまず、無事撮影が終わる事を祈るばかり
歯車の1つに組み込まれた以上、いまさら都合が悪いとはとはいえない

撮影班はもう別の場所に行ったよう、同行した担当氏は待てども来ない
ホテルは朝食時間で、ロビー横のレストランへ行く宿泊客が次々通る
渋い個性派俳優の夏八木勲さんと目が合って思わず挨拶してしまった
チョコレートのCMにも出ている佐々木希さんはちょっと寝ぼけ眼が可愛い
昨日帰りの車でお話ししたお笑いのドラッグドラゴンの鈴木さんには挨拶した
束の間、目の保養をさせていただいたが、その後11:30過ぎまでロビー待ちに待った

昼前になってやっとロケバスで出発、1時出社は無理だろうな
撮影現場は人通りの少ない半島の小道、主役の田中圭さん運転の車に絡む
セリフがないはずだったのに、急遽服の下にマイクを貼り付けられた
アングルを変えてシーンごとに撮るようで何度か細切れで同じシーンを撮った
日盛りの暑い中、スタッフの女性が日よけのパラソルを挿し掛けてくれる
女優さんになったみたいな気分だけど、申し訳ないから日陰へ駆け込んだ
本片では1分弱のシーンのはずだけど、ほんとに撮影って大変なのね
撮り終わって配給のロケ弁を食べると2:00を廻っていた。やれやれ
日曜日撮影のエキストラが大幅不足しているとかで、是非と頼まれたがどうしようか
[PR]

by isozineko | 2012-05-19 12:28 | びっくり! | Trackback | Comments(1)

撮影はひたすら待って待って

石垣島で今、映画「サンゴレンジャー」の撮影が始まっている
戦隊ものじゃなくて、サンゴ=珊瑚、環境問題がテーマみたい
ここ数年で何度か、石垣や離島周辺での映画やドラマの撮影があったようで
エキストラ経験のある友人の紹介で、思いがけなくチョイ役をやることになった

先月写真を送ってOKが出て、監督さんにお会いした
自前で沖縄らしい衣装を何点か準備するように言われていたが
役どころは孫と海に散歩に行くおばあちゃん
沖縄らしいって???
夏場の仕事着ならかりゆしウェアか、Tシャツに日よけの綿ジャケット
海に行くなら厚手の綿パーカーにズボン、日よけ手袋、日よけ帽、
その上サングラスかけてタオルで覆面…とどう見ても絵にならない
本土出身の監督さんの考える沖縄らしさと現実の違いに悩んだ

衣装合わせの日に地味目の絣がらや紺地の小花など一抱えも持っていった
5時半の予定だったが、子どもらの衣装合わせで待たされて、7時半を廻って番になった
これがいいと選ばれたのは、白っぽい地に水色の模様の入ったかりゆしウエアに
ウエストゴムの薄茶色の膝下パンツ
まあ、沖縄らしく爽やかには見えるけど、海へいくカッコウじゃないけど…

撮影予定日は木曜の午後からと聞いていたので仕事を休みにしておいた
場所の連絡がないと思ったら、予定日の前夜遅くに「明日の朝6:45集合」だと!
あらま、午前中の計画が全部ふっ飛んでしまったよ

当日、2時間待ってやっとロケバスが出発、早朝集合の意味ないし…
平日なのに子役の子供達はママ付きで朝から出番待ちしていた
子どもらの本番撮影が終わって、私らの簡単なリハーサルの後撮影現場へ移動
いろんなシーンを何度も取り直しするらしい
土砂降りで撮影が出来なかったり、今撮らないといけないシーンがあるとかで順次後回しになる
わずか1分のシーンのためにバスの中でひたすら待って、待って
結局、今日中に録らないといけないシーンが優先と言うので午後2時からひたすら待って…
夜遅くに「明日の朝7:30集合」だと!あらま明日ですか!
[PR]

by isozineko | 2012-05-19 12:24 | びっくり! | Trackback | Comments(4)

沖縄が本土復帰40年

5月15日、沖縄が本土に復帰して満40年だと言う
40年前、アメリカの統治下から日本に復帰した
基地継続使用や核兵器残留など政治的な裏取引がある中
何も知らない県民は提灯行列をして本土復帰を祝ったそうだ
本土の大学に進んだ学生は、パスポート持参で2日がかりで帰省したという
そんなことはつゆほども知らず、沖縄生まれのほりの深い2枚目青年と東京で出会い
復帰の年に結婚したのだったが、あれからもう40年!感慨深い

結婚届を出すために初めて訪れた石垣島は豊年祭の季節だった
空港はただっぴろいコンクリート原に小さな空港ビル
塀もなかったような気がするが、簡単な柵で囲った中に低い木立があって
迎えの家族は、暑いビルディングの待合所を避けて風の通る木下で待っていた
島の繁華街は思いがけず賑やかで、港近くの埋立地には社交外街が連なっていた
本屋の棚にあった「おやけあかはち」という島の英雄の物語本を手に取ったら
1ドルの値札が付いていた。それを360円で買った
あの本は、その後、羽田から帰りの電車かモノレールの網棚に置き忘れ、
すぐに気付いて戻ったときにはもう誰かが持ち去った後だった

電話は交換手に申し込んでから1,2時間待ちでやっと繋がる状況
TVはNHKだけでそれも1日遅れで届いた録画を流す状況だった
東京に戻ってからも舅姑には月1回の定期便の手紙を書いて近況を報告した
気難しい舅が、嫁から手紙が来たと、親戚に持っていって見せたりしていたと聞いた
我が家の歴史をつづった手紙の束は姑が大事に箱に入れて取ってあった
姑が亡くなったあと、義姉に返して欲しいと頼んだが、それきりになったかった

次に訪れたのは5年後の海洋博の年だったかな
実家の両親と祖母が一緒で、まだ赤ん坊だった長男を背中に負ぶっていた
海はまだ青くて浜はどこも目に痛いほど真っ白で、西の岬には野生の山羊が群れていた
あれから島の1周道路が出来、NHKのテレビがリアルタイムで見られるようになった

あっという間の40年、沖縄にもいろいろあったが
復帰の年に結婚した私たち家族にもいろいろあった
40年先には私は101歳、もし生きていたらどんな沖縄を見るのだろうね
[PR]

by isozineko | 2012-05-16 18:36 | 日記 | Trackback | Comments(2)

迷子の亀とグルメな雀

c0064389_18574930.jpg

1昨日、会社の窓の下で手のひら大の山ガメがもそもそ
通り雨の後で草むらから出てきて、コンクリート壁にさえぎられた?
萩の植栽の下に移動してパンをやったらすぐに食べ始めた
お腹がすいて餌探しに出ていたのかな

c0064389_18581668.jpg

昨日午後、田んぼの中の精米店に請求書を届けに行った
途中の田んぼでは1期米が黄金色に実って刈入れを待つばかり
雀が5,6羽、稲穂にぶら下がって上手にもみ殻をむいて米粒を食べていた
あらまあ、刈り入れ前においしいとこを食べられては大変だわ


休み明けから仕事にサークルに忙しくて、あっという間の1週間だった。
もう五月も半ばになる。ほんとに光陰矢のごとし。
実家の母たちにと買い込んだパイナップルや青バナナを今日やっと送った
明日の母の日に間に合わないかも…

先日の連休で長男嫁から母の日のプレゼントをもらった
折りたたみ式の団扇型扇子に小さいにおい袋と和手ぬぐい
おしゃれな扇子は、手軽にバッグに入れて持ち歩けるのがいい
手ぬぐいは長くたたんで、スカーフ代わりに首元に巻いて日よけと汗取りに活用中
金額の多寡ではない、私をよく知った気配りがうれしい
[PR]

by isozineko | 2012-05-12 19:00 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

連休は那覇で~3日目 長女宅にて

早朝、2階のベッドで目覚めたら1年生になった長男孫が隣にいた
まどろんで次に目覚めたら7時、階下で子どもら3人がもう遊んでいた
早起きのパパがお目付け役でいたがママはまだ寝ている
1歳1ヶ月のチビさんに振り回されていつも寝不足だから、
休日のママには朝寝坊が許されるらしい
休日の朝ごはんはいつもお向かいのじいちゃん宅で食べるそうだ

婿殿が私に気を使ってか、今日はおうちで朝ごはんを食べようと言い出す
夕べもバーベキューパーティーの片づけで遅かった娘は起きる気配がない
お腹がすいたという孫達に、寝ているママ、親の私はどうにも肩身が狭いと言うか…
 朝ごはんぐらい準備してあげたら?後で寝ればいいでしょと、つい、起こしてしまった
いつも実家に行くのに、何で今日はウチで食べるわけ!と娘はすねる
婿殿が私に気遣ったことは、理解してないみたいね

結局、婿殿は向かいのじいちゃんちへ子どもらを引き連れて朝ごはんに行き
その後おきだした娘と2人でゆっくり朝ごはんを食べた
婿殿の実家のジジババにも孫と朝ごはんを食べる時間は楽しみなんだろう
娘の気遣いと婿殿の私への気遣いがすれ違って、一触即発になりかけた朝だった
夜遅くまでのパーティーの翌朝に私がいたタイミングが、そもそも悪かったね

昼、夕べのバーベキューの材料がいっぱい残ってしまったので、
みんなで食べて片付けてもらっちゃおうと長女の発案で長男たちを呼んだ
次男は都合で遠慮すると言うので2家族と私
昼真っから庭でバーベキュー、それも2日続きの!
婿殿は疲れてないかと心配したのだが、いそいそとテントを広げ、火をおこす
いい婿さんではないか それに、みんなで遊ぶのが好きなんだろうね

夕べ別れたばかりの長男達がやってきて、仲間になった
朝からばあちゃんを探し回っていたと言う小さい孫も、従兄弟たちと転げまわって遊んだ
やっぱりばあちゃんより、同年代の従兄弟がいいよね
みんなで肉を焼き、野菜を焼き、おにぎりをほおばって楽しいときをすごした
最後には、ばあちゃん差し入れのスイカ割り大会までやった
お向かいの実家の皆さんに匂いだけ嗅がしてお招きしないのが申し訳ない気がした

夕方の便で石垣に戻ると留守番の猫が擦り寄ってきた
2泊3日の本島旅行だったが、1週間もいたような中身の濃い連休だった
大人になって散らばった家族が、連れ合いや子どもが増えてまた大きな家族になったような日々
こんな楽しいときが用意されているなんて、あの頃には想像もしなかったなあ
いつまでもお互いを思いやって、いい家族を大切にして欲しいと思う
[PR]

by isozineko | 2012-05-10 20:30 | 日記 | Trackback | Comments(5)

連休は那覇で ~2日め 1歳孫の策略

長男宅に泊まって2日目、
昼は長男のゆでたそばに夕べのかき揚げを載せた天ぷらそば
料理好きの長男がそばつゆも出汁から手作りした
夕べ作ったマチのあら煮と、嫁が炊いたトウガンと鶏肉の煮物もおいしい
 お母さんはいつもこんなに作るの?というから
 一人で食べるときは1品かせいぜい2品だよと答える

さっき、長男が嫁に、「おかあさんは料理好きだから、いろいろ食べさせたくて作っちゃうんだよ」と
やさしげに説明しているのを背中で聞いて、心地よい幸せ感に包まれた
誰かのためにおいしいものをと料理する気持ちを、そのまま受け取ってもらえる幸せ
こんな幸せって何年ぶりだろう

午後から小さい孫を連れて北谷の海に行くことになった
さすがに連休で道路は込むし、こどもの日の催しがあるようでビーチ周辺は駐車場も満杯
アメリカの基地が近いせいか軍属ナンバーが多い
公園の前の人口ビーチにはパラソルが立って外人家族もいっぱいだった
はしゃぎまわる子どもを、大声で追いかける白人ママ
言葉こそ英語だが、、家族の様子はおんなじだなあ

孫を小さいセパレーツの水着に着替えさせて水際で砂遊び
本格的な海遊びははじめてという孫はおおはしゃぎ
波打ち際に座り込んで、シャベルですくった砂で山を作る作業を飽きもせずに続ける
パパがガードして、ママとババは写真を撮るのに大忙し
孫は体が冷えて、時おりぶるっと震えるまで思う存分楽しんだ

家に帰ったら、孫はばあちゃんと風呂に入ると言ったらしい
頭を洗っているから待ってねと言ったのに、振り向いたらもう後ろに立っていた
パパと入ろうねと言われたので、ウンチだとうそまでついてオムツをはずさせ、
トイレには行かず、上着まで脱いでちゃっかり風呂場に入ってきたらしい
1歳9ヶ月というのになんと言う策士だろう パパもママも笑うしかない
めったに会わないばあちゃんなのに、一緒に風呂にまで入ると言う孫に愛しさが募った

夕飯も済ませて、夜遅くに長女の家に送ってもらうことになっていた
この2日ですっかりばあちゃん大好きになった孫が眠っている間に送って行くつもり
車に乗せると直にうとうとし始め、ことりと眠りに落ちた
いっぱい遊んだし、疲れていたんだろうね

長女宅では夕方から会社のサークル仲間がバーベキューパーティーをしていた
例年こどもの日には皆さんが家族連れで集まるのだと言う
家の中は見知らぬ子供達がいっぱいだし、庭では大人たちが大勢で後片付けを始めたところだった
挨拶もそこそこに2階に上がると、1歳になったばかりの3男坊が眠っていた
夜、ホスト役で疲れた婿殿が眠った後、長女のグチの聞き役に廻る 
まあ、夫婦にはいろんなことがあるわよね 長女も吐き出してすっきりした様子
[PR]

by isozineko | 2012-05-10 19:39 | 日記 | Trackback | Comments(2)