<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

平凡な幸せをかみ締めた日

今朝珍しく長男から電話がありました。
台風見舞いと、6月はいつ那覇に来るのかという問い合わせで、
中旬に娘が満1歳の誕生日を迎えるのでお祝いを一緒にしようという話でした。

息子夫婦は今月初旬に嫁の実家のある北海道石狩市に行っていたようです
結婚式から2年余り、嫁にははじめての里帰りは子供づれです
ご両親にははじめて見せる孫の顔だし、歩けるようになった可愛い盛り
きっと喜んでいただいたのでしょうね。
ちょっと早いけれど満1歳のお誕生祝いもあちらでして下さって
1升の餅を背負って歩くという風習もやっていただいたのだそうです

仕事のある長男は先に帰ってきたけれど、嫁と孫はそのあと1週間ゆっくりしてきたとか。
息子が言うには、1週間見ないうちに顔つきが変わって、しっかりした感じになったと
こんなに変わるものかとびっくりしたそうです
孫は普段はアパートで両親と3人暮らし、他所の大人とかかわる機会は少ないのでしょう
飛行機に何時間も乗って、初めて会うおじいちゃんやおばあちゃん、叔父さんやおばさん、
中学生の従兄姉に囲まれて10日あまり、小さいながら社会デビューしたわけですね

 1週間で顔つきが変わったのに気付くなんて
 貴方もちゃんとお父さんをしているんだねえ、
 たいしたもんだ!と笑いましたら、
 息子は 当然さ!と威張っていました

昔、お母さんが大嫌いだったと言った息子とこんな風に親子の会話ができること
私も子どもらの1人も、1度の病気も入院もせずに大きくなって健康でいられること
それぞれ家庭を持って、婿にも嫁にも孫にも恵まれたこと、ありがたいことだと思います
定年後も仕事があって人並みの暮らしができて、
1人暮らしをしていても付き合ってくれる友達がいて、やりたいことができて
これを幸せというんでしょうね
つつがなく暮らせることのあり難さを、今日はしみじみ幸せと思いました。

台風は今石垣島の南のあたりを北上しているようです
朝から暴風警報が出ていました
船は朝から飛行機も10時過ぎからストップしているようです
窓を打つ風の音、横殴りの雨が霧のカーテンのようになって吹き飛ばされるのが見えます
50mの先の建物は黒いシルエットになって霞んでいます
こんな日は心が静かに内側に向くものなのでしょうね
[PR]

by isozineko | 2011-05-28 12:29 | こころもよう | Trackback | Comments(6)

梅雨末期の雷雨とフクギ

23日夜にはすごい雷雨でした。
ウマのしとのような、バケツをひっくり返したようなそんな雨
濡れるのはイヤだけど車の中でシートを倒して雨の音を聞いていると、とても幸せな気分になります
稲光がフラッシュのように光ると一瞬、周囲の景色を浮かび上がりすぐに又暗くなる
雷と大雨は梅雨末期に特有の天気です

24日は午前中だけ雨でした
お昼前、先生のお宅に伺ったら、前日の県紙にに友人の論壇が載っていると見せてくれました
日に焼けたなつかしい笑顔が生き生き輝いていました
彼は私の山歩きの先生でしたが、定年で沖縄本島へ帰ってもう3年になるんです
相変わらず地質の調査研究に明け暮れているようです
気さくにお付き合いくださったけど、立派な方だったんですね

先生の家を出ると、雨上がりのフクギ並木は湿った風が吹いて
近所の子が三輪車で遊んでいました パチリと1枚
フクギと三輪車、なんてステキな取り合わせでしょう
c0064389_10372812.jpg


台風2号が発生しています
週末に八重山を直撃しそうな気配
農家では結実したばかりのマンゴーやゴーヤー、ビニールハウスの防風対策に戦々恐々と言うところ
まだ5月というのに2つ目の台風が来るなんてね
昔ながらの赤がわらの家は低い軒とフクギの防風林に守られています
c0064389_1038619.jpg

[PR]

by isozineko | 2011-05-25 12:35 | 季節便り | Trackback | Comments(4)

娘とソテツの花

娘が友達の結婚式に参列するために川崎から帰ってきました。
末っ子娘ももうじき25歳、クリスマスケーキじゃないけどいい歳です。
友達の中には子どもが2、3人いる子もいるんです。
お昼ごはんに付き合いなさいと呼び出して、期間限定の竹の子ご飯を食べに行きました

都会へ行って半年しかならないのに、もうすっかり都会っ子みたい!
カルキの多量に入った水で色白に磨きがかかった長い手足を惜しげもなく出して、
茶色い髪に黒いレースの上着を羽織って膝丈のパンツに生足
長いつけまつげをバタバタ、黒目を強調したカラーコンタクト
派手というのじゃないけどどう見てもオミズっぽい??
都会の娘はこんな風なんでしょうかね
友達が待っている、5,6人の髪をセットしないといけないという娘を団地まで送りました
美容師の免許はとったけど、ネイルのほうに行ってしまったので
せっかくの資格も友達の間でだけ役に立っているみたいです

さてさて、回り道して寄った空港進入路は今はソテツの花盛りです
これは雌花、小さなソテツシジミ蝶がくっついています
c0064389_12564194.jpg

c0064389_12571326.jpg

可愛いけど、これが厄介でどんどん増えて葉っぱをみんな食べてしまうんです
こちらは雄花、なるほどと思いますね
c0064389_12575866.jpg

c0064389_12582787.jpg

頭が二つあるのも三つあるのもあります
写真を撮っている間に霧雨が降って虹がかかりました
c0064389_125853100.jpg

[PR]

by isozineko | 2011-05-23 12:50 | 季節便り | Trackback | Comments(3)

娘と子どもたち

那覇での用事ついでに娘の3男を見てきた。
少し顔つきがしまってきたようだが、ぶつぶつがいっぱいできていた
相変わらずよく泣くし、よく飲んでいるみたいだ
先月1週間も一緒にいたから二男も泣かれずにすぐ抱っこされた
晩御飯の仕度を手伝いながらおしゃべり
婿殿があれ以来ずっと残業続きだそうで、帰宅はいつも10時過ぎとか
  土日はよく子どもの面倒を見てくれるのだけど平日は母子家庭よりひどい
と娘が言うのでなぜかと聞いたら、
  帰ってきて必ずご飯を食べるから準備しないといけないし…
平日朝の出勤は6時前と言う婿殿だけに、会話は夜ご飯のわずかな間だけ
一緒にノンアルコールのビールを飲みながら今日の出来事を話すとか
娘はわずかな夫婦の会話時を大事にしようと、上の2人を早々に寝かしつける
行動半径の広がった腕白二男に手を焼いて、今月から保育園に入れたそうだ
まだ慣れなくて午前中のわずか2,3時間だけだが、
  スーパーにも赤ん坊連れで安心して買い物に行ける
  もっと早くに、せめて臨月前にでも入れればよかった   と言っていた

私はまだ大変だったよ~お父さんはぜんぜん手伝わないし、
夜遅くから友達を何人も家に呼んで飲み会がしょっちゅうだし…
  そうだったよね、朝、起きたら○○オジーが寝ててびっくりしたよ~  と娘も相槌
あんなだったから私はあんたたち子どもら学校へ行かすの大変だったよ~と言えば
  朝ごはんは自分でパン焼いて食べたさ~ と不服顔の娘
それを思い出すと、今でも胸が痛む 申し訳なかったなあと思う
夜中の来客に次々つまみを作って出して、まるで居酒屋みたいだったもの
沖縄に来てすぐで友達も親戚もいなかったから、私はそれなりに楽しかったけど、
日中は小さい子達の世話で保育所はないし、夜はこれでは当然朝は起きられない
でもね、2日とあけずに夜っぴて宴会をする夫より、子どもを優先するべきだったのよね
私が仕事をするようになって、だんだんにそれは無くなったのだけど

娘にはそんな私の結婚生活が反面教師になっているらしい
息子たちにはどうなんだろうか
長男は嫁さんに優しいし子煩悩でよく面倒を見るらしい
二男はお父さんを見習ってか ややぐうたら亭主の気配を感じる
嫁さんがしっかり尻を叩いているらしいから、喧嘩しながらも何とかなっているようだ
子どもらの暮らし振りには極力口を挟まないことにしている
実際困ったとき意外はほとんど電話も来ないし、私もしないし…
用事で本島に行っても、専業主婦の娘の家には行くのだけど、
息子たちは共働きだし平日は忙しいだろうと思って時間の余裕のあるとき以外は連絡しないし、
お土産を持っていっても娘に言付けてくるくらいだからね
付かず離れずと言うより離れて離れてと言う感じ
気持ちだけつながっていればそれでいいかな?と勝手に思っているのだけれど…
[PR]

by isozineko | 2011-05-21 19:17 | 日記 | Trackback | Comments(2)

今朝のショッキングな夢と夢占い

けっこう夢を見るほうです。それも昔から総天然色のきれいな夢
時には生霊に襲われるような怖い夢で、目が覚めたらリアル感がすごくてどきどきすることも
たいていは忘れてしまうのだけれど、今朝の夢は強烈だった
起き抜けにメモしておいて、夢占いしてみました
それが又、なんとも…

  たかが夢なのだけど、何かの暗示のような気もします
  とりあえず、忘れないうちに記録しておこう

山村の谷を通る農道にかかった高い橋の上で、魚をおびき寄せようとして餌になる草を切って投げていました。
でも、谷が深くて草は途中の木の上に引っかかっていました。
橋の真ん中から川を覗いてみると、水は少なくて銀色の大きな鮒が2匹うろこを光らせて横倒しになっています。
そばに茶色の大きな鰻がくねっていました。
逃げないうちに捕まえようと思ったけど、持っていた網は短くて届きません。
柄につなぐ棒と縛る紐を捜していると、首を切断されたオレンジ色の蛇の頭がいました。
蛇の頭が動いていて、こちらに向かってくるので棒をバットにして叩きました。
蛇の頭は近くで遊んでいた小さい子供のそばをかすめて飛んで行ったので、その子の母親があわててかばっていました。
別な毒蛇が草むらから出てきて、こちらに向かって来たので、網で捕まえて首を切り落としました。
まだ動いているので、胴体を袋に入れ、気持ち悪いし怖いけど両手でしっかり押さえて家に入りました。
そこは立派な旧家で、障子の付いた黒い板戸のある部屋で、女の方が数人で椅子に座ってお茶を飲んでいました。
その横の畳の部屋を通ったので、畳に赤い蛇の血が点々と筋になって落ちました。
まだ動く蛇の胴体を縁側で必死でもみくちゃにしたら、首のないその蛇から水のような内臓がサーッとでて、それきりまっすぐだらんとして動かなくなりました。
蛇は乾燥させて薬にしようと、家の外壁の板に出ていた釘にぶら下げました。

  夢の中とはいえ逞しい私です。現実には蛇など触ることもできません。
  現実の車には拾った魚捕り用の網がのせてあります。
  実家ではなくなった祖父がマムシを捕らえて皮をはぎ家の横に陰干しにしていました。
  あぶって食べると勢が付くのだそうです。食べているのを見たことはありませんが…。
  さすがに夢、現実と非現実がごちゃ混ぜです。

さて、その夢を夢占いしてみると、

あなたの心の中には、消化されていないマイナスの要素が溜まっている状態です。
それらは、日常の生活の中で生み出される不満や愚痴、怒りや焦りといった心に負担をかけるもののようです。
また、疲れやストレスなどから引き起こされているのかもしれません。
吐き出そうとしても、うまく消化されずにいるのでしょう。
普段はあまり意識しなくても、潜在意識の中ではかなりの負担となっています。
無理をしていませんか?
頑張り過ぎということはありませんか?
あなたのマイナスの要因となるものは何でしょう?
普段の何気ない生活の中に何らかの原因があるはずです。
工夫して取り除けるものは排除してあげましょう。
休息や気分転換などを心がけ、心と体を休ませる何らかの対処が必要です。

  ふ~ん、そうか~とちょっと納得
  そのとき、もうひとつ思い出したことがあって1行つけ加えました。
  それは大鰻を見つけた後、「大きな声で近くにいた元夫を呼びました」という1行です。
  もう一度占ったら、まったく違う夢占いになりました。
  それはこうです。

この夢は、秘密、隠し事を示します。
誰にも知られたくない隠し事があるようです。
過去の苦い思いだったりコンプレックスだったり後ろめたい行いだったりと、隠しておきたい覗かれたくないものです。
それらはあなたの心の中で黒い影のようにずっと存在し、消し去りたくても消えずにいつまでも居座り続け、時々姿を現してはあなたを苦しめます。
それらが露見されるのを恐れる気持ちもあるでしょう。
あなたの心の奥にある潜在意識は、それらからの解放を望んでいます。
人には誰にも知られたくないことが少なからずあるものです。
自分だけ?と思わず、それらと向き合いましょう。
消せないものには正面から受け入れ、これから変えていけるものには対処して、心の中の黒い影を一つずつ消していきましょう。
あなたの気の持ち方、取り組み方で変えていけるはずです。

  相当ショッキングな夢なのに元夫を呼んだという1行でこんなに変わるのですね。
  どっちを信じればいいでしょうか。
  答えは私の潜在意識が知っているらしいです。
[PR]

by isozineko | 2011-05-14 12:31 | 日記 | Trackback | Comments(6)

花泥棒と蜘蛛の巣

台風1号は、北上して震災の被災地に大雨を降らせているようですが、
八重山地方には少しばかりの雨をもたらしただけでした。
梅雨の花フクギが道路にぽろぽろ散っています。
c0064389_13395556.jpg

ちょっとスパイシーな香りがするのですが、踏み潰されるし、
毎日のことでお掃除は大変そうですね。

シードー線の植栽に八重のクチナシが花盛りです。
先夜、道路に垂れ下っているところの枝を少しもらってきました
花泥棒と言うなかれ、つい先日も蕾をいっぱいつけていた植栽がバサッと刈り込まれたばかりです。
あんなに切って捨てるなら、道路についてしまった枝を切るのはお手伝いのようなもの。
勝手な理屈だなあとちょっと気が咎めるので、夜に車でこっそりと3輪ばかり…
で、家に持って帰った香りを楽しんだんですが、翌朝、ハンドルにくもの巣が。
c0064389_13404539.jpg

小さいのになんて一生懸命で可愛いんでしょうね。
でも、車の中ではいくら待っても蚊の1匹も懸からないでしょう。
植栽に戻してやりました。
 お釈迦さまご覧になっていますか
 今日の私はかんだたのようではありませんか?
 地獄に落ちたらどうぞ助けてくださいませ・…なんてチラッと思いながら…
 私の罪、それはもう数え切れないくらいあってね~  すみません
[PR]

by isozineko | 2011-05-13 13:44 | 季節便り | Trackback | Comments(3)

母の日バンナ散歩

昨日は母の日でした。
二男の嫁からカーネーションの鉢植えが届きました。
焼き菓子もセットになっていて、コーヒーを飲みながらいただきました。
やっぱりプレゼントをもらうのってうれしいですね。
夜中の12時を少し過ぎて川崎の末娘から電話がありました。
私も実家の母に電話。
先日写真と長い手紙を送ったからあまり話すこともなくて…
15年ぶりの喘息が出たと、少し苦しそうな息遣いをしていました。

さて、せっかくの日曜日、バンナにイジュを見に行ったのですがまだ花が少ないです。
遊歩道は苔むして朽ちた木が転がっていたりして、ほとんど人気がありません。
c0064389_18562813.jpg

高い木の上に絡まったサクラランが2輪咲いているのを見つけました。
c0064389_1845348.jpg

森の中を一人で歩いているのも怖い感じでしたが、花を見つけたら吹っ飛んでしまいました。
どこかでアカショウビンが鳴いていますが姿は見えません。
c0064389_18564780.jpg

遊歩道を降りていくと谷へ降ります
さすがに一人では怖いので、Uターン
c0064389_1846440.jpg

野原ではススキの上で体長1.5センチほどの小さいクサゼミが鳴いていました
c0064389_18473426.jpg

かわいい天人花も5部咲きというところ
c0064389_18481657.jpg

天人花はこちらの方言ではエンチュノミミと言うそうです。
エンチュは鼠のことです。花びらの形とうすい毛が鼠の耳に似ているでしょ?
c0064389_9402671.jpg


入梅から10日たつけど本格的な梅雨空はまだ何日もなくて
空気が淀んだような雲間から時折晴れ間がのぞきます
蒸し暑いので、クーラーのない室内ではつらいです
フィリピンの北部では台風1号が発生していました
今日は午後から風が強くなっていました。
11日早朝には接近するらしいです。
[PR]

by isozineko | 2011-05-09 18:54 | 季節便り | Trackback | Comments(10)

梅雨入りしました

4月29日、八重山は例年より9日も早く梅雨入りしたそうです
ダムの土手の草の間に咲いていたグラジオラス
c0064389_13514011.jpg


バライチゴの根本に絡み付いていたまだ青いスズメノウリ
c0064389_13522747.jpg


先日、福木の小さい花が歩道にこぼれ散っているのを見ました
フクギが咲けば梅雨に入ると思っていたけど
今年は、花より梅雨入りのほうが早かったのかもしれません
もうひとつの梅雨の花はイジュ
明日は天文台のふもとへイジュの白い花を探しに行こうと思います

日が落ちると山ではヤエヤマヒメホテルの乱舞が見られます
日没からわずか30分の光のショー 見に行かなくては
実は夕べ友達から蛍見物のお誘いをいただきました
行きたかったけど、別からもお誘いをいただいていたので先約を優先
でも、待っても連絡がないんです
電話してもすぐ留守電に変わってしまうし…時間はどんどん過ぎていく
もうホタルの時間はとうに過ぎてあきらめました
お誘いと思ったのは私の勘違いだったのでしょうね
[PR]

by isozineko | 2011-05-03 14:00 | 季節便り | Trackback | Comments(5)