<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

うりずん到来

2,3日前から空気がよどんでいます。
バンナは低く雲が垂れ込めてまるで箱根の山の道みたい。
今年は梅雨が早いのかもしれません。
c0064389_19483653.jpg

今日は最終便が雲のセイで欠航になっているようです。
余談だけど、航空会社の機材調整などで最終便が欠航だとホテルを取ってくれるけど
天候が原因だと航空会社はあずかり知らぬことになるんです
台風の欠航だとそれなりの対応をするんですけど、1便だけだと自己責任
帰れる予定でお金もカードも持ってないと、野宿するしかないですね

今日は集金が広範囲だったので、バンナの遊歩道を抜けて東のほうへ出ました。
途中、ちょっと寄り道して例のバライチゴを見に行きましたらこの通り
c0064389_1952398.jpg

熟れたイチゴをつまんでみたらくにゅっとつぶれて、ほの甘くて美味しかった
スズメノウリの小さい実が鈴なりになっていました。
テッポウユリもアマリリスも終わりに近くなり、ゲットウの花が咲き出しました。
ダムの堤防で野生のグラジオラスが咲いていました。
昔は野山一面にテッポウユリやグラジオラスが咲いたそうですが
農地整理と開発で少なくなり、残ったものを自分の家の庭に移植する人がいて
今では野原ではめったに見られません。
繁殖力のすさまじいゲットウは、すぐに大株になるので家では嫌われるみたい。
花は中華の桃饅頭のような形で、小さいけれど房になって咲きます。
露を含んだ花は楚々とした可愛い乙女のようなのです。

どこかでアカショウビンの鳴き声がしていました。
まだ練習中のようで、独特のキョロロロロといういい声には遠かったです。
牧草地は露を含んで緑が燃えるようでした。
胸いっぱい美味しい空気を吸い込んで、リフレッシュ。
大好きな季節の到来です。
[PR]

by isozineko | 2011-04-30 19:53 | 季節便り | Trackback | Comments(4)

留守宅はみんな元気でサクララン3輪め開花

8日ばかり家を開けたので、水揚げを心配していた室内の鉢植えはどれも元気でした。
窓際のトマトには黄色い花が3つ、金柑には1,2ミリの青い実がたくさん付いていました。
白いガクアジサイ「墨田の花火」も満開になっていたし、ミニバラには黄色い花が1つ
DKの窓を占拠したサクラランには3つ目の花房が大きく開いていました。
よかった~
c0064389_18352954.jpg

向かいのオバサンに餌ビンを渡してお願いしておいた猫も元気。
一昨日は帰ってこないので心配していたら、夜になって開けておいた小窓からご帰還
昨日は仕事から帰ってからというもの、なにやら猫語でしゃべりながらまとわり付いて離れない
夜には毛づくろいをしながら私の指をなめてくれ、朝まで顔の近くにくっつくようにして寝ていました。
ごめんね、淋しかったよね。
[PR]

by isozineko | 2011-04-26 18:35 | 季節便り | Trackback | Comments(6)

孫3男誕生で子守りばあちゃん奮闘

子守りばあちゃんから無罪放免で、夕べの最終便で帰宅しました。
今日は朝から仕事です。

娘は退院前に熱が出て、感染症とのことで点滴をしていました。
熱が下がったら今度は赤ん坊が発熱、小さい足に抗生剤の点滴を3日したのだそうです。
退院を2日伸ばして帰ってきたのに、その晩から又発熱して再入院。
新生児室を出て、いったん帰宅したらもう新生児室には入れないのだそうです。
産科の一般病棟個室に母親付きでと入院してしまいました。
退院したばかりの母親も、赤ん坊の世話係で一緒に入院。
でも、産婦の母親はもう患者ではないので、ベッドは使えるものの食事は出ず、売店の弁当が頼り。
家では朝6時前に出勤する婿殿と2人の幼児。
ばあちゃんは、退院後の娘の手伝いに行ったはずが、しっかり家政婦役までおおせつかりました。
幼稚園生の長男孫を二男孫といっしょに送り迎え。弁当を作って着替えを入れて大忙し。
日中は洗濯しながら2歳前のヤンチャな二男の後追いに必死でした。
小さい子のすきそうな食事なんてもう20年以上作っていません。
酒のつまみなら得意なんですけどね。

入院は担当医師が慎重になったせいで5日間になり家政婦ばあちゃんは疲れ果てました。
木曜に退院して後は、待っていた子どもたちはお母さんにべったりなので、私は赤ん坊の御守りと炊飯係
赤ん坊は抱っこして揺らしてやると、腕の中でぽかんと口を開け寝るんです。
もう可愛くって…
c0064389_19382781.jpg

娘はお母さんが帰ったらどうやってこの子たちの面倒を見ようかと心配していましたが
近くにはじいちゃんばあちゃんもいらっしゃるし、大いに協力をお願いしなさいと言いました。
まあ、若いんだし、みんな通ってきた道、何とかなるでしょう。
そうやって母親は逞しくなるんだからね。
[PR]

by isozineko | 2011-04-25 19:39 | 日記 | Trackback | Comments(7)

孫誕生とサクララン

長女の3人目の子どもが11日に誕生、やっぱり男の子だった
3月中に生まれそう?いや、予定日ごろか?とさんざん気を持たせて
その予定日からも5日遅れての誕生だった
微弱陣痛や遊び陣痛で予定が定まらず、病院からもまだと帰されてその晩、
夜中に病院に行った娘は2回いきんだだけで生まれてしまったとか
一緒にがんばろうと励ましてくれた医師が、白衣の袖も通す間がなかったそうで 
たった40分のお産、体力も使わなかったとけろりとしている
とりあげた医師が「元気な女の子ですよ」と言ったのでエッと笑いかけたら言い間違いで男の子
できれば女の子も欲しい娘には一瞬の喜びだったそうだ
遅れた文巨大児かと思えば3000gに満たない小顔の赤ん坊で
泣き声も女の子みたいに可愛いのだとか
2番目は最初から野太い声で顔も男らしかった
娘に言ったら叱られそうだが…
無責任なばあばは、まさかオカマにならないだろうねなんてチラッと思ったりしたが
それならそれでいいかも?
なんにしてもまあ、安産でよかった

我が家では、1昨年の山歩きで拾ってきた小さなサクラランが育って室内で花が咲いた
毎朝、花弁の先端に水滴を膨らませている
外からの光を透かして水晶のようにいくつも光って、とてもきれい
c0064389_19535986.jpg

インターコンチネンタルホテルの外のデイゴが真っ赤に咲いていた
カラスが3羽花の中にくちばしを突っ込んで密をすすっているらしい
ヒメコバチにやられて瀕死のデイゴに薬を注入してあちこちで再生している
1本700円もする薬が2~5本も必要とかで、市民上げて寄付を募っての再生だった
せっかく開いたばかりのデイゴなのに赤い花びらがいくつも地面に落ちていた
c0064389_19543347.jpg

c0064389_19544763.jpg

[PR]

by isozineko | 2011-04-13 19:55 | 季節便り | Trackback | Comments(5)

桃林寺花祭り

4月8日今日はお釈迦様のお生まれになった日だそうです
桃林寺では花祭りのまっ最中
c0064389_19561880.jpg

c0064389_19272953.jpg

山門の前でお坊さんが、観光客にサービスしてポーズをしていました
c0064389_19243265.jpg


良い天気でした 暑くてたまらず車のクーラーを入れました
午後からずっと外回りでけっこう日に焼けたようです
5時ごろ干上がった川下の扇状地では大鷺がえさ探し
c0064389_19302051.jpg

港の船溜まりでは海の色がバスクリンの色みたいです
お勧めのコンパクトカメラがあって、借りてから撮り比べしてみました
c0064389_19323460.jpg
お試しのリコーCX5(上の写真も)いい感じだけど、ちょっと緑が強い感じです
同じ景色を違うカメラで撮ってみました。どちらもお任せのオートです
c0064389_1933276.jpg

こちらはいつものキャノンパワーショットSX100こちらは青がやや強いね
微妙に色が違うけど、本当の色はこの中間というところでしょうか
リコーのほうが軽くてコンパクトだけど、望遠になると手ブレして焦点が定まらない
その点、ちょっとかさばるけどキャノンのほうが握りやすくて、被写体が逃げないね
運転しながら、片手で持ってシャッターを押せるところが気に入っています
ほら、ね。
c0064389_2045767.jpg

[PR]

by isozineko | 2011-04-08 19:36 | 季節便り | Trackback | Comments(5)

麗しの4月

あっという間に4月、今年はほんとに日のたつのが早い気がする。
長男のところの0歳児も1日から保育園が始まったそうだ。
すべて始まりの季節。
4月と言うのは何かしら華やいだ響きがある。

 花はみなつぼみ開きて麗しききわみの…

集金途中に通った田んぼで、たくさんのタカアシシギが休んでいた。
渡りの途中でしばしの休息のとき
50羽あまりいたが、中でも色の薄いのは若鶏なんだそうな
なんだかホッとするなあ…
c0064389_13331464.jpg
c0064389_13334992.jpg

[PR]

by isozineko | 2011-04-02 13:33 | 季節便り | Trackback | Comments(4)