<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

大荒れの豊年祭

那覇から帰ってくるとき、空港構内のバスでごいっしょした老夫婦
毎年石垣島周辺離島に旅をされるそうで
今年は波照間島へ行くのだと楽しそうに話していた
南十字星を見たかったがシーズンオフだし、満月で星も見えないようだと言うので
 波照間は神様の島ですよ 
 満月の夜は明るくて月明かりにに照らされた白い砂の道もすばらしいです
 よい旅をしてくださいね と登場口で別れた

飛行機の中で隣り合わせた若夫婦は3年生の男の子と赤ん坊と
前の席にはおじいちゃんおばあちゃんもいて一家旅行らしい
何も下調べをしてこなかったというので
 よいときに来られましたね、今は豊年祭シーズンですよ
 ぜひ、見てくださいね と祭りの行われる集落の情報を教えた

それなのにあれからずっと雨
波照間への船は欠航になったのではないかしら
23日夜には風が強くて積乱雲からの強烈な下降気流、ダウンバーストがあったらしい
台風も来なくてすくすくと伸びた青キビが、風の通り道だけ帯状になぎ倒されていた
c0064389_19393195.jpg


豊年祭も雨で、見物客は散々
でも、濡れついでにおもいっきり楽しんじゃおうと思ったのかどうか
踊り手も旗頭も、雨なんかお構いなしの熱狂振り
旗頭は長いさおの先端に集落のシンボルを美しく飾りつける 重さが30キロとも50キロとも言う
腰に巻いた荒縄の上で男たちの手から手へと渡される
雨で濡れて手がすべるので、倒さないように周り中からロープを掛けて引く

c0064389_1940021.jpg

c0064389_19401850.jpg

c0064389_19403874.jpg

倒れてきても危なくないように、屋根の下で、壁に張り付くようにして写真を撮っていたのに
それなのに、頭の上に小学生の持つ旗頭が倒れて、丁度壁ぎりぎり、私の頭に降ってきた
松葉のような飾りがバサッと当たって、一瞬何事かと思った。
 ガ~ン!痛~! カメラのスイッチが切れていた
私の頭に当たったと気付かないのか、だれもごめんとも言わない
旗頭は何事もなくまたまっすぐに立てられ、手から手へ
子どもの旗頭でよかった!これが大人の旗頭だったら首が折れていたかも…
あれから夕方になると頭頂部が重くなるのだけれど、大丈夫、よ ね?
[PR]

by isozineko | 2010-07-27 19:40 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

エジプト展

沖縄本島に用事で出かけたので、ついでにエジプト展を見てきました
沖縄県立博物館の中にある美術館です
ここは2,3年前にできたばかりで1度も来たことがなかったのです
タイトルは「古代エジプト神秘のミイラ展」
沖縄はちゃんとした美術館は、少し遠い浦添市美術館くらいしかなくて
那覇市内のデパートや美術ホールでやる展覧会はさわりだけちょっとというのが多いので
実はあまり期待はしていなかったのですが、なんと大満足でした
こんな立派な美術館だなんて、知らなかった~

c0064389_1052574.jpgクーラーの効いた薄暗い館内は静かな神聖な空気が満ちていました
いろいろな装飾品や副葬品の数々の説明書きと音声ガイド
1番奥の部屋には美しい装飾とエジプト文字の書かれた3重の棺
アマ布で包まれ、胸に青いビーズの鎖と金や宝玉のスカラペを置かれたその中に
見えないけど本物の古代エジプトのミイラがあるんです
「この中でミイラが眠っています。起こさないでください」と注意書き
横には「中の様子はこのように」とレントゲンで撮った原寸大のミイラの骨格写真

『起こさないで』という言葉に強く惹きつけられました
 眠っている魂が、何かの拍子に起きることもあるのかしら?
遠いエジプトの何千年の時のかなたからやってきた
本物の遺体がここにあるのだという意識になったのです

今までは美術展の名画を見に行っても仏像展を見に行っても
入場料を払うだけであまりにお手軽に見る事ができてしまったがために、
本物なんだけど、本当の本物と感じにくかったというか
現地で、その空気の中で目にするのではない為に 、現実味がなかった
本物に向かい合っているのになにかよそ事のような
レプリカを見ているような感覚をずっと持っていたのです

今回のような感覚、昨年の東京の阿修羅展でもあったように思います
人の形をした立体的なものに魂を感じたのかもしれません
8月には父の初盆で東京へ行きます
ついでに国立新美術館で開催中のフランス美術館展を見てくるつもり
今までと違う気持ちでモネやドガに向き合えるかもしれません
[PR]

by isozineko | 2010-07-24 11:26 | 日記 | Trackback | Comments(6)

東の空にくっきり二重の虹

夕方、6時少し前 晴れているのに通り雨
c0064389_2063955.jpg

そして東の空にくっきり大きな虹ができた
c0064389_207960.jpg
c0064389_20184911.jpg


虹の根もとも右から左へくっきり
その虹の上にもうひとつの虹
色の並びが逆になっている

その後もしばらく小雨が降ったリやんだりしたので
虹はずっと30分あまりも出ていた
サザンゲートへ走ったら、一番高いところで車が4,5台止まっている
一眼レフ持ってくればよかった~とかみんな考えることは同じね
海の上の虹の足
c0064389_2085916.jpg
[PR]

by isozineko | 2010-07-21 20:09 | ふぁんたじー | Trackback | Comments(3)

案外小心者だったのね

先週、金曜日から3日間のトンボ玉教室展
初級コースの1年が終わった人が9人
2,3前からやっていた中級コース終了の人が5人
それに先生の作品

息子宅の出産手伝いで1週間那覇にいた間に
1年間で作った玉をあれこれ加工してとりあえず作品にした

c0064389_19454127.jpgc0064389_19385176.jpg

張り切って展示をしたけど、なんかね、やっぱり突貫工事っぽい
いっそあっさり お向かいの方みたいにこんな展示がよかったかも
c0064389_1939345.jpg


日曜日の朝、会場に着いたらすでに皆さん来ていて
 「デモやってよ」
いつもどおりやればいいと気軽に応じたけど
周りをぐるっと囲まれて、みんなの目が私の手元に集中
いつもは先生1人なのにさ…

玉を作るまではよかった
目が霞んでめがねの焦点が合わなくて、点を打つ場所に狙いが定まらない
加えてクーラーで冷えて細引きのガラスがすぐ固まる
思うように細かい作業ができない
緊張しているわけじゃないはずなのに 
手が震えること震えること ガクガク

先生が見かねて 「代わろうか?」
「大丈夫です」って 一応かっこはついたけど 
こんなはずじゃなかった
あ~ショック!私って案外小心者だったんだわ
[PR]

by isozineko | 2010-07-20 19:39 | 日記 | Trackback | Comments(3)

♪ドンナドンナ

整理したら出てきた未処理写真
c0064389_9512424.jpg

 これは1ヶ月前の桟橋通り
信号で止まったら目の前に豚さんが…
 思わず口ずさむ

   ♪ドナドナ ドーナ ドーナ
     子豚は行くよ~

まっすぐ行けば石垣港
本土へ行く船に積まれるのね
牛はせりが止まって大変らしいけど
豚は大丈夫みたい~と思った


さて、こちらは先週の木曜日
c0064389_953260.jpg

同じ石垣港のターミナルに接岸した台湾からの客船
小山のようにでっか~い!そばのビルがおもちゃに見えます
毎週木曜日は島は台湾の人であふれます

以前は大きな駐車場のある振興地帯のスーパーは
木曜にはバスが何台も止まって台湾の人がいっぱいでした
薬やコスメ、お菓子や日用品、ごま油の1斗缶とか、洋服なんかも売れていました
惣菜や半生菓子などレジを通る前に勝手に開けて食べる人もいたり…
お店はさぞ大変だったでしょう 今は少しマナーがよくなったみたい

島を見渡せるバンナの山頂展望台には船の来た日は台湾観光団が入れ替わりです
顔は似てるけどファッションが違うので遠くからでもすぐ分かる
ショッキングピンクとか明るいグリーンとか色の取り合わせが派手
う~ん それはちょっと…というのをオジさんもオバさんも無造作に着ている
国民性…なんでしょうか
[PR]

by isozineko | 2010-07-19 09:53 | 日記 | Trackback | Comments(2)

海の色

10、11日、仕事で小浜島へ
会社へ7時に集合で朝1番の船、まだ眠い
c0064389_20292665.jpg

帰りは3時を回っていた
いい天気で海は真っ青
波しぶきが白く長い尾を引く
船尾で彼が撮っているのは白いバラスだらけの無人島
c0064389_20282729.jpg

c0064389_20285984.jpg

海は深くなるほど青くなる
ここを通るたびに思う
  島ひき鬼が 今も背伸びしながら歩いているのではないだろうか…

竹富島が近くなると海の色はエメラルドグリーンに変わる
c0064389_20314968.jpg

船の反対側は深い青
c0064389_20322030.jpg

海の向こうのほうは今きっと雨が降っている
方言で言うとアモーレ(天暮れ)雨暮れかな?
アモーレ、イタリア語で言うと愛の言葉

c0064389_2034431.jpg

もうじき港に着く
c0064389_20334658.jpg

[PR]

by isozineko | 2010-07-12 20:35 | 季節便り | Trackback | Comments(8)

ハブ?

伊野田からの帰り、道路を蛇がくねくねと渡っていた ハブかな?
気温は35度近いアスファルトの舗装道路はちりちりに焼けているはず
通り過ぎてバックミラーを見たらカラスが蛇を吊り上げていた
蛇は動くし、重くて飛べず路面に落としてまたつつこうとしていた
蛇は首をもたげて威嚇の姿勢をとる

路肩に止めた車のバックミラーの中でカラスとハブの攻防
赤茶色の鳥がを羽ばたいたのが見えて振り向いたらアカショウビンだった
ハブのお腹は真ん中辺りが丸く太って何かを飲み込んだもよう
もしかして、巣立ち直前のアカショウビンの雛を襲ったのかも?
動きがのろくなってカラスに襲われて今度は暑いアスファルトでのたうっている?
カメラを取り出して戻ったら、カラスは驚いて木の上に飛びのいた
c0064389_2011466.jpg

蛇はくねくねと往路を渡りだした
カラスにつつかれたせいか首の辺りが赤くなっている
カメラを構えて近づいたらこっちに向かってくるようでたじろいだ
頭は三角じゃないけど、模様はハブみたいだよね
茶色っぽい丸い目の真ん中に縦筋が1本通って蛇の目は不気味だ
c0064389_2012858.jpg
道路の向こうの縁石には後ろ向きに座ったおばさんがいて
蛇とカラスの攻防にも関心がない様子 いやぁ肝が太い
[PR]

by isozineko | 2010-07-12 20:12 | びっくり! | Trackback | Comments(4)

青いバナナ

帰って早々から忙しい毎日
11日の日曜には実家の父の1周忌をするというが、土日の事業もあって週末は休めない
初盆には実家へ行くことにして1年忌はパス
自慢のマンゴーを届けてくれた農家のオジイが青バナナの1本分丸まるの大きな房をくれるという
実家へ送ってやろうと思い、8日の木曜に休日をとってもらいに伊野田まで車を飛ばした
バナナは一抱えもあってずしりと重い
島バナナだったら1房1万円は下らないだろうがこれは品種が違うらしい
買い求めたいと申し出たがプレゼントすると言って房ごと車に積み込んだ
自分のはもう1本分とってある、人に喜んでもらうのが楽しみで作っていると言って聞かない
そればかりか、もらい物という肥料袋いっぱいのパイナップルまで持って行けと車に押し込んだ
また何かで礼をする機会もあろうと好意に甘えることにした

ひとつずつ新聞でくるみ、途中で買い求めたニガウリといっしょにダンボール3つに詰め合わせた
実家の分は馴染みの友人と北海道の嫁の家へ、
只もので交際しては申し訳ないが好意のおすそ分けだ
郵便局へ持ち込んだら2日で届くという
11日の1年忌には父の祭壇を沖縄産のフルーツがにぎやかに飾ることだろう
私の島での人脈の成果でもあるのよね
行けないけど、これで勘弁してね

翌日昼前に母から電話で大きな箱が届いたという
配達した年輩のおじさんが一人で持ち上げるのが大変そうだったと
大きな青バナナの房はことのほか喜んでいた
昨日、妹から無事1年忌終了のメールが来た
姉ちゃんのくれた果物は仏壇から下げてみんなでお福分けをしてもらったと
友人からは、「ずっと探していた大きな青バナナ、見たとたんに泣いちゃった」
毎年いっしょに八重山に遊びに来た彼が亡くなって3年になる
青バナナには彼の思い出がきっとあるのだろう
もしそうなら、言ってくれれば探して送ってやったのにね…
言わないで、自分で探そうとしていたところに彼女の愛の深さと喪失感を思った
私もふれずに「慶んでもらって良かったよ」とだけ言った
[PR]

by isozineko | 2010-07-12 19:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

やっと車が帰ってきました

留守中に板金修理に出しておいた車は、約束の1週間がすぎても帰ってこない
日曜日には届いてるはずだったのにね
もう、ほんとに足がないのって困る
自転車もバイクも処分してしまったし、車がないとちょっとの買い物もいけない
連日35度だよ、ちょっと歩いたら汗が半端じゃない 死ぬよ
昼休みは暑いし、歩いて出かけるほど暇がないし
夜は暗いじゃない、買い物袋提げてとぼとぼ歩くなんていや

おかげで今日までスーパーにも行かず、あるもので適当に済ます毎日
出かける前に処分して、肉も野菜も牛乳もないし
なじみのお弁当屋さんだって近くない
向かいのオバサンの惣菜は脂っこいし味が濃いのよね
毎日料理して美味しいもの食べてた1週間前と何たる差!
ああ、ちゃんとしたご飯が食べたい!
さすがに夕べはそう思った

車はさっきようやく帰ってきた
見たら、まったく新車みたいにきれいになっていた
70代の職人が板金をやっていたので遅れたんだそうな
適当ができない人で納得するまで妥協しないんだって
 いやあ、文句言って悪かったな…
でも、屋根の上の小さいさびがふくらんだまま残ってた
台風の前に直さないと危ないって言ったの社長さんだよ
社長にお礼の電話を入れながら釘を刺した

2日くらいかかるよって言ってたけど
また持っていくからねってお願いした
見積もりにはこれも料金に入っていたよね
明日支払いに行くけど、見積もりどおりで大丈夫かな
すごくきれいになったし、ちょっと心配だわ
[PR]

by isozineko | 2010-07-07 20:34 | 日記 | Trackback | Comments(5)

姫ちゃんとご飯

帰ってきてからばたばたと忙しくて写真をアップしてる間がなかった
さて、姫ちゃんの写真アップしとこう
ベビーバスは台所のシンクにすっぽりはまるビニールプールみたいなやつ
担当はパパ
最初は泣いていたので、手が自由すぎて不安なのだからとガーゼを巻かせた
後はもう、ご覧の通りご機嫌でノビノビ、姫ちゃんはお風呂が好きみたい
c0064389_207396.jpg

いい湯だな!なんて遊んじゃって…お湯が冷めるよ!
c0064389_2073042.jpg

ご機嫌湯上り卵姫
c0064389_2094887.jpg


ばあちゃんの担当は料理と洗濯ね
あなたって料理できるの?なんて思っている人に
ほらね、習わなくたってやればできるのよ
なんたって働きながら子ども育てて、主婦30年もやったんだから
冷蔵庫にあるもので、思いつき料理なら任せなさい

石垣を出掛けに向かいの叔父さんがくれた大量の青パパイヤとトウガン
おっぱいの出がよくなるから毎日食べさせなさいって
チャンプルーにしたり、煮物にしたり味噌汁の実にもして毎日1個食べた
頂き物の大きなエビはバターとパパのウイスキーで蒸し焼きにしてとおしょうゆをたらり
ソースの残ったフライパンで、ゆでたインゲンをソテーにして付け合せ
c0064389_20105153.jpg

ママさんのおばさんが送ってくれたイクラで散らし寿司
錦糸玉子は息子が手伝って焼いてくれた  
c0064389_20111972.jpg

酢飯にはシークヮーサをたっぷりかけていい香り
用意した具を載せるとほら、美味しそうでしょ
c0064389_20113990.jpg

ママさんのママが送ってくれたホタテの乾燥貝柱は炊き込みご飯
きれいだし、美味しくて評判よかったんだから!

なんだかね、ご飯のたびに写真を採るのも気が引けたからいい加減でやめといたけど
これで私も料理ができると照明したでしょ
息子いわく、お母さん料理するの好きだったよね
  うれしいなあ思い出してくれた?
[PR]

by isozineko | 2010-07-07 20:20 | 孫たち | Trackback | Comments(2)