<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ばあちゃん

c0064389_10251459.jpg

28日から沖縄本島の長男宅で出張ばあちゃんをやってます。
小さな姫ちゃんは、すこぶるおりこうさで、飲んでは眠り、ご機嫌です。
2DKのアパートで、さしたる仕事もなく久しぶりにのんびりと主婦業。
昨日は姫ちゃんに親指を握られたままウトウト昼寝までしました。
姫ちゃんは1週間前より髪が濃くなって、顔も締まった感じです。
まだ目が霞んでいるようで白目は淡いブルーがかっています。
夜泣きもないし、息子夫婦の初めての子育ても順調な滑り出しです。
お風呂は仕事から帰って息子が入れています。
一週間しかいられないばあちゃんがあまり手を出しては、後が宜しくないと思って、産後のママさんを休ませるための手伝いに徹するつもりです。
でもね、息子夫婦と3人で夕食のテーブルを囲むのは楽しい。
やっぱり美味しいと言って食べてくれる人がいるのはご飯も作りかいがあります。
シャツにアイロンを当ててやるのも何年ぶりだろう。
[PR]

by isozineko | 2010-06-30 10:25 | Trackback | Comments(2)

姫ちゃん&崇元寺散歩

生まれたての孫を見に沖縄本島まで行ってきました
c0064389_20434160.jpg

ナースステーションのすぐ隣の部屋に赤ちゃんが3人寝かされていて
カーテンが開けてあります。面会はガラス越し。
ピンクのバスタオルに包まれてお姫様は夢の途中
c0064389_2041763.jpg

出産は2日がかりで、最後は吸引したのだそうです
ママはお疲れでした
5日たっても母乳が20CCしか出ていないそうで
おっぱいの時間は40-50分かかっていました
退院して、私の仕事が一段落した来週に産手伝いに来ることにしました
それまで息子よ 頑張って良きパパと夫を勤めなさいよ

帰りに崇元寺近くに用事で行きましたのでちょっと寄り道
c0064389_20431114.jpg

大きな石造りの西の山門をくぐると正面に息を呑むようなガジュマルの大木
木陰は空気がひんやりして木の間から漏れる光がチラチラまぶしいです
c0064389_20414435.jpg

c0064389_2042597.jpg


昔の寺は沖縄戦で焼けたのか残っているのはこの山門だけです
ガジュマルは成長が早い木ではあるけれど、どのくらいたっているのでしょうか
これだけ大きいと、妖怪キジムナーの1匹や2匹住んでいそうです
c0064389_20583057.jpg

c0064389_2058585.jpg

枝からぶら下がったひげの様なたくさんの気根が地面につくと
そこからまた根を伸ばして地表を這います
木は枝の先と同じ広さまで根っこが広がっているといいますね
ガジュマルは近くに木があると気根が絡んで絞め殺してしまうのだそうです
そばの人間と比べると相当大きいですが、本体の幹は半分もないのではないかしら
沖縄戦で住民が逃げ込んだ岩穴や洞窟も、こんなガジュマルがあっという間に隠し
今も人知れず眠ってたままの人がいるというのはうなずけますね
23日は沖縄の戦争が終わった日で、公休日の慰霊の日、各地d慰霊祭が行われました
[PR]

by isozineko | 2010-06-25 20:45 | びっくり! | Trackback | Comments(4)

月下美人の初花

今年も我が家の月下美人が咲きました
玄関戸の前に目の高さにぶら下がった初花2輪
18日、夕方7時過ぎにはだいぶ膨らんでいました
c0064389_1955042.jpg

サッカーを見ながら編み物をして夜中3時
そうだそうだと気が付いて降りたら、もう終わりかけていました
去年も一昨年も6月中旬に初花が咲いた記憶があります
一昨年は台風の雨風の中だったけど、今年はまだ台風の気配がありません

市内のあちらこちらでゴールデンシャワーもきれいです
私が育てたゴールデンシャワーも、とばっちりで切られてなければ、
こんなふうに咲いているかもしれません
c0064389_19126100.jpg

20年数年前、新居に植えたジャカランダは大きな木になったけど、
花を見ないうちに手放して、去年は根こそぎなくなっていました
邪魔になったのか、花も見ずに切ってしまったのでしょう
あれが咲いたら、珍しくて話題になったはずなのに惜しいこと

昔から、木の花に縁がありません
咲くころには引っ越さなくてはいけなくなったり、根無し草みたいです
自分の庭の木にハンモックを吊って、花を見ながらユラリが夢です
地面が欲しいけど、1から始めるのでは花を見るまで命があるかしら

さて、梅雨も明けて本格的夏の季節
リュウキュウクマゼミが、鳴き出しています
センダンが好きらしくて、まだ少ないけど1枝に4,5匹はいます
午前中はやかましい蝉も昼過ぎにはおとなしくなります
暑いせいか枝に止まって動かないので絶好の被写体です
c0064389_19125798.jpg
c0064389_19132696.jpg

カラスが2羽、昼ご飯にしようと狙っていました
急旋回で1匹が捉えられると蝉は大騒動で別の枝に移動しあいます
軽くするために体液を放出するのでしょうか
カメラを構えていた私にも蝉のおしっこが降り注ぎました
帽子をかぶっていて助かりました
[PR]

by isozineko | 2010-06-21 19:04 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

姫ちゃん

沖縄は今日梅雨明け宣言がありました
いよいよ本格的夏に突入です
今日もピーカンのギラギラ太陽が顔を出しました

さて、今日昼過ぎ、長男のところに初めての子どもが生まれました
3082グラムだそうで、母子とも元気
長男は朝から分娩室前でうろうろしていたらしいです
よかったよかった
これで私も4人の孫持ちです

c0064389_1963354.jpg


実家に電話したら、おばあちゃんが
  ひいじいさんの生まれ変わりだね
今日は 母の父、つまり私のおじいさんの命日だそうです
じいちゃんが亡くなったのはもう40年ぐらい前です
元気で物知りだったじいちゃんにあやかって
幸せな人生が待っていますように
[PR]

by isozineko | 2010-06-19 19:06 | 孫たち | Trackback | Comments(3)

リュウゼツラン開花

バンナの北口を降りたあたりにリュウゼツランが咲いていると情報を得た
リュウゼツラン、2昔前はそこいらじゅうの原野に自生していて
花の季節には太い柱がいくつも立って見事だったそうな
実際、粗末な小屋の柱材として使ったこともあるらしい
開発で原野がなくなり、リュウゼツランも野生では見かけなくなった
c0064389_1850513.jpg

ネットで調べると、花が咲くまで50~60年もかかるとか
80年に1度しか咲かない希少な花などと書いてあるものもある
まあ、寒い地方では珍しかろうが、亜熱帯、熱帯地方ではポピュラー
30年くらいで最初の花をつけるらしい
メキシコのテキーラはリュウゼツランから作る酒とか
で、その花はいったん咲くまでに成長すればその後は割とよく咲くらしい
c0064389_18511835.jpg

以前は市内のミヤヒラホテルの先の庭園にもたくさん植えてあった
アロエを巨大にしたようなアオノリュウゼツランで
その名の通り、竜の舌を思わせる大きなトゲトゲの肉厚の葉?がもりもりと茂っている様は壮観だったが
いつの間にかなくなってしまったのは残念
ここのリュウゼツランはまだ若いようだ
周囲はわずかだがゲットウやソテツなど在来の原野の植物が残っている
[PR]

by isozineko | 2010-06-15 18:51 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

宮良川筏下り

宮良小学校PTA恒例の宮良川筏下りがあると聞いて朝から出かけた
8時半には宮良橋の下を通るはずと聞いていた
7時過ぎから来て待っているというおばあちゃんが2人
元校長先生が来て上流の赤下橋を出たのが7時過ぎといっていた
梅雨明けまじかの炎天下で2時間近く待つのは辛い
川は静かで橋の下に巣を作ってでもいるのか燕が何度も宙返り
c0064389_1385254.jpg

まだかなあと首を長くしてみていた
c0064389_1392734.jpg

筏はドラム缶と板製の手作りで6年生が3艘に分かれて18人
c0064389_131098.jpg

お父さんたちが先導してお母さんたちの筏も1艘
もろもろの都合があったようで、筏が橋の下を通ったのは10時
c0064389_13104241.jpg

橋の上で下級生が太鼓や横断幕で出迎えた
橋の下をすぎるとまもなくムニンヤの浜
c0064389_13111295.jpg

父兄がテントに飲み物など準備して待っている
幼稚園から1~5年生までが浜で迎えて出迎え式
毎年の行事で、来年は今の5年生に番が回ってくる
楽しそうだなあ
最後はお父さんたちが総出で重い筏を陸に揚げて分解
c0064389_13123978.jpg

以前、私も乗せてもらえる約束があったが部署が変わって実現しなかった
3.4年前ボランティア交流会で、宮良川をカヌー探検したからまあ悔いはない
でも、また乗ってみたくなったなあ
[PR]

by isozineko | 2010-06-13 13:12 | 季節便り | Trackback | Comments(4)

ちょっとあんた!邪魔ばい

最近記憶がおかしい
雨の中夜のドライブしたのは木曜日だったっけ?
その前日の水曜にも確かガジュマルの下で雨宿りして、
車の屋根に当たる雨音がすごくてラジオの音が聞こえない
雨だれ石を穿つって言うけど、車の屋根も穴が開くかしらなんて…
昨日は金曜日でやっぱり雨
夕方雨が上がって夕日が覗いた
習い事に行く途中のマリーナ、雨上がりの夕空がきれい
c0064389_1971284.jpg

730で信号待ちしたら、後ろから2人乗りバイクが前をふさいだ
c0064389_1974974.jpg
交差点では追い越し禁止だって知らないの?
いやだなあ、それに、そこって横断歩道の上だよ
帰りにスーパーによって駐車場から出るとき
大通りから左折して入って来ようとする車があって私邪魔みたい
入れ替わろうと左折したら、後ろから直進してきたタクシーが
クラクションを長く引きずって怒鳴るような警告音
少し先の信号は赤で車はつまり気味 出してくれたっていいじゃない
タクシーのクセに、なんだってそんなに神経質にクラクション鳴らすのさ

気持ちがささくれ立って、意地でも譲ってやらんぞと思う
私ってけっこう血の気が多いんだよね、馬鹿にされると平静でいられない
鏡を見たらきっと今私、意地っ張りな顔してるね
優しい笑顔を向けられれば、こっちも優しく対応したくなるし
訳もなくにらまれれば、こっちだってフン!という気持ちになる
しばらくムカムカ胸糞が悪い なんて最悪な日だろう!
ウチの駐車場に入るとき、ラジオから長淵剛の古い唄が流れた
エンジンだけ止めて鍵を差したまま聞いているうちに心が和んだ
そうだよね、そんなにむかっ腹立てたってつまらんよね
[PR]

by isozineko | 2010-06-12 19:07 | 日記 | Trackback | Comments(6)

河川全国一斉調査

6月6日、全国一斉の河川調査があった
日ごろお世話になっている先生の団体も調査に加わるので
いっしょに行こうと誘われて朝から参加
昨夜、ねなれないところで寝てしまったので、
暗いうちから目覚めてちょっと寝不足気味のお疲れモード
お弁当を作る元気もなくコンビニでシャケおにぎりを調達

調査は日本中で朝からやっていて、
データを集めれば全国の河川の汚れ具合が分かるのだそうな
私たちのグループには東京工業大学の学生さんが2人参加
半分以上は昨年も調査に加わった人らしい
通年で調査をしている人もいるそうだ
2班に分かれて我々は車3台で出発

まず、調査方法のレクチャー
容器はすべて共洗いと言って、くみ上げた水を3回替えて洗う
泡盛を飲んだコップでビールを飲むとビールの味が変わるのと同じ理屈だそうな
親子参加した小学生が「何で酒ね、コーラとジュースでもいいさ~」と笑わせた
和気藹々と調査の手順を説明して、実地に突入
ひも付きバケツでくみ上げた水を試薬の入った容器に入れて4,5分放置、
放置時間も気温によって決まりがあり、色を試験紙と見比べる
c0064389_19574542.jpg

下流は汚染度が高かったが、きれいに見えた上流でもけっこう汚染されていた
開発の土砂に雨が降った影響もあるが、多くは農業用の肥料や農薬が原因という
天気続きのときでも数値が高いそうで、しかも年々高くなるとか
10時ごろ下流の気温は29度、水温は27度、
調査中にスコールのような通り雨があったが
30分後の中流では気温水温とも25度台になっていてびっくり
於茂登のトンネル近くの川では苔むした岩がつるつるすべる
c0064389_19582515.jpg

思いがけない生物にもであった
コナカハグロトンボ
c0064389_19585680.jpg

クロイワオオケマイマイ
c0064389_19591944.jpg

帰りの田んぼでムラサキサギを発見
c0064389_19594669.jpg

近寄ったら逃げられたが後姿もバッチリ撮影できた、奥にはバンがいる
c0064389_200320.jpg

2時、白保の珊瑚村に集まって発表会
白保小学校は校長自ら生徒を率いて調査に参加していた
一斉調査は国交省が取りまとめてHPに発表するとか
私はウチの班の調査地区5点の調査報告書を担当した
スケッチの欄もあったので、まじめに全部描いた
今年の報告書はすばらしい 来年もぜひ参加してくださいと頼まれてしまった
いくつになっても褒められるのはうれしいなあ
[PR]

by isozineko | 2010-06-07 20:00 | 日記 | Trackback | Comments(6)

ネムの花

トンネル付近にネムの花が咲いていると連絡をもらって撮ってきました
高い木の上のほうに固まってピンクの花
カラスアゲハが吸密に来ていました

c0064389_19393838.jpg

石垣島でネムの花が見られるなんて思わなかった
ギンネムはそこいらじゅうにあるけど花は小さくて地味な白っぽい緑
ネムノキは島でも珍しいようです
ここには2本あるらしいけど咲いていたのは1本だけでした
[PR]

by isozineko | 2010-06-04 19:40 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

沖縄本島で家族集合

土曜日、格安のチケットが手に入って夕方の便で那覇に飛んだ
仕事の予定なしでの沖縄本島は去年の正月以来だ
那覇着が8時前、暗くなりかけたモノレールの窓からネオンサインがきれい
首里まで迎えに来てもらって娘の家に直行
10カ月になったミッキーが赤ちゃん顔からお兄ちゃんぽくなっていた
2,3歩くらい歩くらしいがまだハイハイが大得意
パパに抱っこされて怪訝そうな眼差しで見る
手を出さずに見ていると、そのうち寄ってきてちょっとだけ抱っこされた
骨がしっかりしてきて軽い感じ、ぽっちゃっとした不安定感がない

翌日曜の昼には子どもらがみんな集合した
6月が臨月の長男嫁は大きなお腹を突き出して涼しそうな顔で現れた
不安定な仕事でイラつき、あわや離婚の危機だった二男は嫁と小さな娘連れ
何とか納まって、少しは家の事もやるようになったらしい やれやれ
1人だけ独身の次女は、7月で仕事をやめて東京へ行くつもりでいる
娘たちといっしょに手作りの昼食は、土産の八重山そばと60個の餃子
小さい孫たちがおもちゃをいっぱい広げて遊ぶ様子を見ながら
私1人からこんなに広がった家族集団をしみじみと見た
c0064389_19404917.jpg

夕方、長女の家の前で婿と嫁と孫たちみんな集合の家族写真を撮った
c0064389_19412114.jpg

こんな機会がまたあるだろうか
さし当たっての心配も不幸もなく、今が1番幸せなときなのかもしれないと思う
首里まで長男夫婦に送ってもらって最終便で帰ってきた
[PR]

by isozineko | 2010-06-01 19:41 | 日記 | Trackback | Comments(5)