<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いたずら兄ちゃん

那覇へ行ってきました
ミッキーがつかまり立ちしていました
だいぶ大きくなっています
2ヶ月ぶりのばあちゃんを忘れたらしくて、不安そうな目でじーっと見ていました
抱っこなんてできそうもないので、離れて見ていたら慣れてきたようです
笑いかけてくれるようになりました

夏君がお兄ちゃんになっていてこちらもびっくり
4月から保育園に通っていて、午後からは別の預かり保育にお願いしているそうです
専業主婦の娘は下の子どもに手いっぱいで、遊びたい盛りの夏君につきあいきれないらしい
おんぶして上の子の手を引いて…なんてのは私の時代で終わりですね
2ヶ月会わないでいると子どもはうんと変わります
c0064389_2143274.jpg

車の中で兄ちゃんが弟にいたずらしていますが
弟のほうはまだ天使です
c0064389_2145214.jpg


夏君の初節句にうろこがピカピカ光るこいのぼりのセットを買ってやったんです
娘夫婦は立派な鯉だとお気に入りで、夜も昼もあげっぱなしだったらしいです
それで4年で擦り切れて、去年大きい2匹は処分して矢車と子どもの鯉が残っているそうです
4年で擦り切れるとは思ってもいませんでした
私はミッキーのを1匹買ってやればいいと思っていたので当てが外れてしまいました
娘夫婦は自分たちで買おうと思って見て回っていたらしいのですけど
私がミッキーの初節句にこいのぼりを買ってやると言ったので
セットでお母さんに買ってもらっちゃおう と思ったみたいです

前のは3メートルのセットで長くて傷んだから、1回り小さいのがいいって 
ウン十万の手染めゴイなんてのじゃなくてよかったです
地方によっては2,30万の安物の鯉なら要らない!というところがあるそうです
ご近所への見得もあって吹流しやら名前入りののぼりやらで100万もするのだとか
嫁の実家が負担するのが習いだそうで、それでは初節句は脅威でしょうね

下の娘も休みで、孫2人を連れていっしょにこいのぼりを探して店を回りました
デパートやらスーパーやら、行く先々で洋服に気を取られて鯉はそっちのけ
1日中、歩いて足が痛くなりました
母親といっしょだと気を許して、見たいものを見て回れるのでしょうね
鯉は夕方になってやっとメーカーに問い合わせて注文できました
今度は夜には取り込んで、長持ちさせなさいと言いました
[PR]

by isozineko | 2010-04-24 21:13 | 孫たち | Trackback | Comments(4)

うるずん到来

湿度の高い日が続いている。
クーラーをかけないと車の中も室内でもじっとり暑くてたまらない。
思い出したように小雨が来るし洗濯物がちっとも乾かない。
c0064389_19503695.jpg

野原では月桃(ゲットウ)の花が咲き出したし
民家の福木がいっせいに花開いて黄色い小花が道にびっしり落ちている
山ではもう、ホタルも出ているそうだ。
先日、会社にテッポウユリを一抱えも持ってきてくれた方がいて
大きいつぼに投げ入れて玄関先やら階段の踊り場やら
あちこちに活けた

夕方になるとむせ返るようなすごい香りが立つ
金曜日に2輪咲いているのをもらって帰った
車の中は百合の匂いが充満して苦しいくらいだった
蚊が寄ってくると嫌う人もいるが、
百合だって受粉しなければ種ができないから必死なんだなあ

日曜日にはラジオ局に絵本を読みに行った
ヘッドホンをつけてマイクに向かうと、廻りが見えなくなる
物語の1語1語をしっかり伝えられるようにと、そればかり思って読む
途中でBGM担当のお兄さんが乗り出すように絵を覗いているのに気付いた
読み終わったらスタジオのメンバーが拍手してくれて、びっくり
内輪で褒めあっているみたいで変だよ…と思いながらも、ちょっとうれしい

帰りがけにBGM担当のお兄さんが
 先週もだけど本の中に引き込まれますねぇ…とボソッと言った
それってすごい褒め言葉だよね
4人の子どもたちが育って、もう、何年も絵本を読む機会がなかった
私の朗読で絵本の世界を感じてくれたならとてもうれしい
もっとちゃんと朗読を勉強したいなあと思った
[PR]

by isozineko | 2010-04-19 19:52 | 季節便り | Trackback | Comments(3)

この1週間のこと

一週間は早い。
何も書かないで入ると何をしていたのか分からなくなってしまいそう。
アカショウビンはその後、ツガイでいるところを見かけたが
一昨日の昼に様子を見に行ったときには見えなかった
このところ蒸して、夜中の大雨が降ったり
風がやたら強かったりするので営巣には向かないのかも。

11日には声がかかってFM局で3回目の絵本を読んだ
4人のうち二人はレギュラーでもう1人は局のミキシングもやる番組担当さん
親しい皆さんといっしょにスタジオに入るのでぜんぜん上がらない
全体の時間配分は専門家がいるし、CMも合間にスイッチを入れてファジー
あとは自分の分だけ気にしていればよくて楽チン
純ローカル局だからこんなこともできるのかな

先週は気心が知れた仲間でいい感じに番組が収まった
月1回くらい時間を作ってねと頼まれて了解
昨日、彼女が来て今週もよろしくね、選本は任すからって
あら、2週続けて呼んで頂いて、いいのかな~
仕事は多忙、新しい事業が目の前で休みの今日も会議に出てきた
月1度の俳句会の最中だったけど仕方ないわね

もうひとつ明日から習い事をすることになった
先生は友人だけど、生徒はたくさんいる
彼女いわく、
会社は定年後まであなたの面倒を見ないよ
自分の収入に繋がることをやる時間を作らなくちゃ
もう、遅いくらいだよ、忙しいといってないで自分優先でやらないと…
確かにね。モノになるかならないか、とにかく気合入れましょ
c0064389_19231950.jpg

糸トンボさんを見習って楽しい時間も作らなくては。
[PR]

by isozineko | 2010-04-15 19:23 | 日記 | Trackback | Comments(7)

アカショウビンのつがいに出会う

昨日のこと、春霞がかかって空模様の怪しい昼下がり
仕事の約束が済んで遅い昼食、農道に車を止めてお弁当を食べた
野生のグァバの花がほのかな香りを放っている
c0064389_1353764.jpg

刈り取ったばかりの牧草地にはアマサギとコサギが舞い降りて
長い首を伸ばしたり縮めたり餌探しに余念が無い
車に積みっぱなしの望遠鏡で、つかの間のバードウオッチング
こんな昼休みは気持ちが晴れていい

帰りに通ったヤシ林で、赤い影がひらりと横切って車を止めた
アカショウビンだ 
c0064389_1335281.jpg

枯れ木のウロに取り付いては藪に隠れる 近くに巣があるらしい
エンジンを切ってしばらく見ていたら、道沿いの柵に出てきた
c0064389_134577.jpg

眉間に皺を寄せてなんだか怒っているような顔
車の窓は閉めたままで見ていたが、私を警戒しているらしい
そっとカメラを出してフロンとグラス越しにパチリ 目が合った
c0064389_1343910.jpg

1羽が藪に飛び去るともう1羽が柵に止まって偵察
c0064389_134593.jpg

よく見れば、顔つきも のどのあたりの色も違う
どちらがオスかメスか分からないがツガイのようだ
やたら忙しい日々に、ねぎらいのプレゼントをもらったようなひと時だった

c0064389_145391.jpg

これは8日の昼前の写真。先生をご案内して少し離れたところで観察。
ツガイが仲良く姿を見せてくれた
車は彼らにはただの物体だったようで気にする様子もない
30、40分ずっと姿を見せていて、先生は大満足
小枝にいた2羽は優しい顔だった気がする
[PR]

by isozineko | 2010-04-07 13:07 | 季節便り | Trackback | Comments(9)

赤がわら家のその後

取り壊しが進んでいたあの赤がわらの家は
表側のかわらがはずされています
屋根は土台になる木の上に細い竹を敷き詰めて
その上に水の漏らない赤土を載せ
赤がわらを載せてさらに漆喰で固めています
c0064389_20435445.jpg
c0064389_2044539.jpg

解体作業はとても手間がかかるようで、少しずつしか進んでいません
もう、かわらを焼く職人もいないのでとても貴重品です
この赤かわらは、どこかの新築の家に再利用されて
新しい赤がわら屋根に生まれ変わるのでしょう

昔は集落中が加勢して、山から竹を切り出して運んだそうです
この竹も於茂登の山の高いところにしか生えていません
雨が降ると、土も竹もぬれて工事ができません
屋根は天気のいい時期に大勢で一気に造ったのでしょう
今はもう、昔と同じ方法では作れないでしょうね
[PR]

by isozineko | 2010-04-05 20:44 | 昔語り | Trackback | Comments(0)

ピンクのガクアジサイ

園芸店でピンクのガクアジサイが1鉢残っていた
もう終わりに近い花が元気なくうなだれている
顔見知りのお兄さんに交渉して、半額の500円で買った
鉢底から水を吸わせたら、ちょっと復活
かわいい花を咲かせている
c0064389_19483596.jpg

紫陽花が出回る季節になるとつい買ってしまう
花の後、夏を越せても秋から先がもたない
毎年枯らしてしまうのだけれど、見ると今年こそはと手が出る
水のやりすぎで根ぐされしないかしらと気にしながら
毎日コップいっぱいの水を吸わせている

短大に入って、初めて一人暮らしをした18歳の5月
借りたのは踊り場を改装した2畳のアパート
エニシダの黄色い花がきれいだった大家さんの庭を出て
園芸店にあった白いガクアジサイの鉢を買った
紫陽花は私の暮らしの節々に咲いていた花
[PR]

by isozineko | 2010-04-03 19:49 | 日記 | Trackback | Comments(5)

大鷺かなあ

4月1日
去年、百合の大群落を見た田んぼの畦に行ってみた
ゲットウがちらほら咲き出している
ノボタンの薄紫の花が少し

目当てのテッポウユリは水路の斜面に咲いていたが
遠めにも去年よりだいぶ少ないのが分かる
折って行く人がいてどこかへ移植してしまったのか
人が植えたものだと思うとなんだか興味も失せて
遠目で見て終わりにした

周囲の田んぼは稲が育ち始めていて
畝の間に白い鷺の体が半分見えた
見つけたときはみんな首を長く伸ばして
頭の後ろに長く飾り羽をなびかせていたが直に見えなくなった
飾り羽を写真に撮りたいなあ…

c0064389_19302946.jpg
その近くに観光農園を工事している場所がある
前に来たときはムラサキサギが羽を休めていたところ
去年は通れた農道にロープが張られていた
小さいくぼ地に熱帯睡蓮がたくさん茂っていたのだけれど
跡形も無く埋め立てられて雑草が揺れていた
あの花はどうしたろうか

両側の藪にテッポウユリがたくさん咲いていたのだけれど
道路際のはもうほとんど残っていなくて
切り立ったがけの上のほうには上れないためか群落があった
開発で大好きな島の自然がどんどん変わっていく
縁者もいないこの地に私を繋ぎ止めているものはなんだろう
どこにも私のいる場所が無いような思いが少しずつ募っていく
[PR]

by isozineko | 2010-04-03 19:30 | 季節便り | Trackback | Comments(0)

今日の花

パッションフルーツの花
c0064389_2017429.jpg

こちらはカクチョウラン
c0064389_2017442.jpg

そしてイリオモテラン
c0064389_20192228.jpg

知人のすばらしい畑小屋に咲いています
毎日手入れに余念が無い
病気しても退院したらすぐ畑へご出勤というほどの熱心さ
好きでなければできない仕事です
いいなあ。私も定年後は畑でもやりたいといったら
トラクターがないとけっこう大変だよ、道具も金もかかるって
私には2坪の家庭菜園くらいが丁度いいのかも
[PR]

by isozineko | 2010-04-01 20:22 | 季節便り | Trackback | Comments(8)