<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

地震と津波とできごといろいろ

26日は那覇で研修会でした。
1日やすまなくてはならないので前夜は仕事の残りを済ますのに12時までかかってしまった
研修の準備で睡眠時間3時間、朝の便にやっとで間に合わせました
研修は早めに終わったので仲間とアバターを見におもろ町まで。
いやいや聞きしに優るリアル感 映像の美しいこと
夜の森の夜光虫やホタルのきらめき
浮かぶ森の木の根を伝う緊迫感
ジェットコースターなんて目じゃない滑空感
目の奥が疲労困憊するまで満喫しました
また行かなくっちゃ

映画館を出たら土砂降り
傘を差してモノレールの駅まで歩く間にぬれねずみになりました
娘一家が迎えに来て家に着いたのは9時を回っていました
7ヶ月になる二男が伝い歩きを始めたそうです
私を穴のあくほど見て泣きべそ 人見知りも始まっています
連日の深夜残業に3D映画で疲れはピーク
12時を回ってベッドに入ったらすぐ眠ってしまったようです

翌27日朝5時半ごろ大きな揺れで目覚めました 地震です
震源地は沖縄島近海でマグニチュード6.9、
沖縄は99年ぶりの震度5弱だったそうです
朝の便で帰ってきて荷物を置いてすぐ出社
28日の事業の準備があって休んでいられないのです
その27日、現地時間午前3時34分(日本時間午後3時34分)にチリ沖で
マグニチュード8.8の大きな地震があったとニュースが伝えていました
テレビをゆっくり見るまもなく走り回り書類を作成して帰宅はまた深夜

28日は目覚めたら出勤20分前でした
顔も洗わずに寝てしまい、7時間は寝たはずなのに
体中がギシギシ 相当くたびれています
化粧もそこそこに出勤したら津波情報が…
沖縄にも1メートルの津波が来るとかニュースがしきりです
朝から準備にでないといけないのに
事業を予定通りやるのかどうか問い合わせが殺到して動けません
市が避難勧告を出すかどうかで事業が延期になるかも知れません
開始直前に警報は出ないことになって事業は予定通り2時開始
短縮版で津波到着予定時刻には終了していました
やれやれ
結局津波は数センチ、第2波が午後7時22分に20センチだそうです

さて石垣は今日28日は市長選挙でした
考えてみれば選挙の投票日に市が避難勧告を出すはずがありませんでした
選挙のやり直しになったらとんでもないことですから
長期政権の現革新の市長と若い自民系計無所属新人の一騎打ちでした
開票から2時間、先ほど当確速報が出て新人が当選したそうです
人口5万人に満たない島で5000票の差は大きいです
覗き見たところでは、選挙事務所の活気が違っていました
昨日は小泉元首相のご子息が応援に入っていました
現職時代は来なかった元首相の若い後継者を見ようと730交差点は黒山の人だかり
時ならぬ交通渋滞が起きていました
赤信号で右折の先頭に止まってしまい、バツが悪いったら
小泉さんのおかげとは思いません
八重山病院の優秀なドクターから市長になって16年
市民の間にもういいかげん変えたい想いが強かったのですね
実業化出身の若い市長が石垣をどう変えていくのか楽しみです

さて私も今日はこれで帰ります
明日はあの世のお正月という「十六日祭」で休業日
現市長には最悪の日でしょうが、私はやっとゆっくり眠れそうです
[PR]

by isozineko | 2010-02-28 22:10 | 日記 | Trackback | Comments(6)

夕空晴れて

今朝バケツをひっくり返したような雨で目が覚めた。
   馬の小便のようなすごい雨と書いてバケツに変更
   いまどき使わない古い表現だよね
2階の玄関戸を開けると向こうの階段部屋は雨漏りがひどい
ごみを出したのに回収車が見逃したみたい
出社のころには小降りになった
夕方には久しぶりの茜空
ここ1週間曇って寒かったし、明日は天気になるかなあ
c0064389_20124012.jpg


昨日の夕方、名蔵のキビ畑
曇り空から差した薄日がキビの穂を白く輝かせていた
八重山の冬の代表的な景色はキビの穂とキビ刈かもね
c0064389_20152320.jpg
c0064389_20153677.jpg

[PR]

by isozineko | 2010-02-22 20:15 | 日記 | Trackback | Comments(4)

ハードな1週間 くたびれた~

超ハードな一週間がようやく終わった。
明日はやっと休みが取れるけど、
来週の予定だった仕事が1週繰り上がったので
確認作業が残っている
働き者のオジイに会いに行かなくては…
今週行けなかったトンボ玉教室も
明日にずらしてもらったし…
日記代わりのブログもこんなに間が空いては意味を成さないが
まあ仕方がない

珍しいものをいただいた
たんぽ柿の干し柿と茨城の干し芋
子どものころ冬場のおやつはいつも干し芋だった
母が蒸し芋をスライスしてむしろに並べて
作業場の屋根にあげて寒風に当てていた
里では乾燥芋と言ったのだけど中身は同じみたい
もうずいぶん長いこと口にしていない懐かしい味がする
c0064389_225498.jpg


1昨日、催し会場の裏方に弁当を届きに行ったついでに
私も港で海を見ながら弁当を食べた
海面すれすれにかもめが宙返りをしていたので
てんぷらの分厚い衣を投げてやったら
落ちたかけらをイソヒヨドリがつつきに来た
フロントグラス越しにパチリ
彼は(これはオスです)恥ずかしがって
私からは見えない車の下に餌を転がしてきて食べていた
c0064389_226626.jpg


今日は昼過ぎに弁当を買いに行ったスーパーで
好物の金柑を見つけた
今日も昼休みを取れなくて
2時すぎてから会社の休憩コーナーでお弁当を食べた
金柑は今晩のデザート
今晩って、まだ家に帰ってない
タイムカードを押してパソコンと20分のデート

美味しいものがあれば多少のことは許せる
そういえば夕べは反省会で美味しい潮寿司をいただいた
その前は直送のホタルイカと辛口の冷酒をいただいて
その後はお客さんを送って雨のドライブをしてきたし
飲酒運転はいたしません ご心配なく
なあんだ、けっこういい時間をすごしてるのかも
さあ、帰ろうっと
来週もハードだぞ!
[PR]

by isozineko | 2010-02-20 22:10 | 日記 | Trackback | Comments(6)

休日や昼休みに見つける仕事材料もあるもの

事業が重なって今日は超多忙
欠員補充で集金や企画の協力お願いに走り回っていたから
昼の会議には出ている暇もなく、筆記係は上役さんにお願いした
会社に帰ってから昼ごはん
会議用のお弁当をいただいたのだけど食べたのは1時半
それも職場の机で、もぐもぐやってたら来客
急いで飲み込んだけど、胃袋にはよろしくない
金曜日はやっぱり昼休みがなくなるね

何でもやみたいになってけっこう忙しいのだけれど、
そう思われてないところが辛い
まあ、となりの芝生は青いで
人の仕事は楽に見えるのが常だから仕方ないか!

昨日は木曜日で私の休日だった
午前中に用事でお会いした人から面白い情報をもらった
紹介していただいて、来週のネタにつながりそう
今日は集金に行った先の社長さんから興味深い話を聞いた
こちらは再来週のネタになるかも
休みも結局材料探しに出歩いてるようなものだ
主婦をしていたらとてもこんな暮らしはできないと思う
お一人様の特権だけど、それもまた楽しい
[PR]

by isozineko | 2010-02-12 19:25 | 日記 | Trackback | Comments(6)

ラジオとドライブ

7日の日曜日、午前中は地元のFMラジオ局の番組に呼んでいただいて
節分の絵本コーナーで大好きな絵本を読ませていただいた
半年振りのマイクでちょっと舞い上がったのかな
1時間番組を4人で交代、私は30分過ぎから後半の10分ちょっとを担当
淋しい鬼の話 最後の1ページを読んだあたりから
終わってスタジオを出るまでの15分くらいの記憶が途切れている
ちゃんとあいさつして、出たはずなのだけれど
魂がどこかに抜けていたみたいにぽかんと記憶がないの
ラジオを聞いていた人が言うには
ちゃんと読んでいたよ 良かったよって 一安心
でも おかしいよね記憶が戻らない

午後からドライブ
川が海に注ぐあたりで餌をあさる鳥を見ていたら
車がグラグラゆれる
風が強いのかと思ったけど、そうじゃなくて地震だった
久しぶりの震度3
ラジオニュースで50センチくらいの津波が来るというから
少し離れて見ていたけど来なかったみたい
お天気が良くて暑かった
バンナはリュウキュウアセビとソシンカがきれい

ソシンカ、別名ヨウテイボク(羊蹄木)葉っぱの形がヒズメみたいなの
c0064389_204173.jpg

c0064389_1956329.jpg

こちらは小さなすずらんが集まったようなアセビの花
c0064389_1957999.jpg


帰りころは雲が出てうろこ雲の中の太陽が十五夜の月夜みたいに見えた
c0064389_19584313.jpg

c0064389_2033583.jpg

[PR]

by isozineko | 2010-02-09 20:01 | 日記 | Trackback | Comments(2)

古い民家解体?

珍しい花を見せていただいた
クレロデンドロムなんたらいう長い名前で覚えにくい
日本名は冬の花火
クサギやクラリンドウも同じ属らしいが夏の花
これは冬の花なのだという
花火はこの花の咲き方からの命名と分かる
枝一面に咲きそろった様子は花火の競演
c0064389_19453782.jpg

さてこちらは通りがかりに見た古い民家の解体
今は昔の赤がわらが貴重で
古民家を解体するときに瓦や柱をはずして移築することもある
新築よりずっとお金と労力がいるけれどね
c0064389_19455514.jpg

ここにはお年寄りが住んでいたはずだけど…
柱だけになった古い家、思いがけなく小さくて
明るい春の日に照らされているところなんか、なぜか悲しい
今まであったものが無くなって空っぽになっても
思い出す人はほんの一握りで、それもすぐ忘れられる
魂の帰っていく場所なんて、どこにもなくなるのだろうね

 解かれたる古き民家や冬薔薇

 うらら日やラジオが歌う「難破船」
[PR]

by isozineko | 2010-02-06 19:46 | 季節便り | Trackback | Comments(7)

農作業必須アイテム蓑笠

さとうきびの刈入れや普段の畑の手入れに
昔は必須アイテムだったという蓑笠
c0064389_956084.jpg

クバの若葉を熱処理して乾かし編みこむのだそうです
編む糸は海岸に生えているアダンの気根を裂いた繊維
これは伝統凧の尺を取るのにも大事な素材です
蓑笠は夏の暑い太陽の下の作業に自前で作る日陰
首に巻いて日の差す方向へ廻しながら使うそうで
軽くてとても涼しい風が通るのだそうです
雨が降ったときにはもう少し厚くて長いものがあります
1度作ると5~6年も使えるそうです
首の後ろの骨が人間の1番大事な骨で
これを日に干したら病気の元なので守るためにも大事なのだそうです
畑に出るお年寄りの中にはがまだ使っている方がいます
c0064389_9504868.jpg

使い終わったら手入れして軒に下げておくのです
サワサワと蓑を揺らす風の音に
明日の天気を占ったりもしたのでしょう
なんて雅やかな自然と一体の暮らしでしょう
今は昔の物語になりつつあります
[PR]

by isozineko | 2010-02-03 19:24 | 昔語り | Trackback | Comments(5)

緋寒桜満開

1昨日は26度あったらしい
昨日の夜中に大雨が降って朝は蒸し蒸し
朝、玄関ドアが汗をかいていた
ガラスに貼ったポスターがしっとりしめしめ
このところ寒中とも思えない暑さが続いて桜が満開
日曜日の観音堂の緋寒桜
c0064389_13174858.jpg

c0064389_13182546.jpg

c0064389_13183993.jpg

ピンクがきれいだったがきっともっと咲いているはず
畑ではサトウキビの刈り入れが最盛期です
[PR]

by isozineko | 2010-02-02 13:18 | 季節便り | Trackback | Comments(5)