カテゴリ:びっくり!( 39 )

雨の中のスプリンクラー

台風のが駆け足で行った後、新聞に載った写真にびっくり
乗用車がフェンスを乗り越えて下の木に逆さに引っかかっている写真でした
あんな風が強かったのかな?と思ったら
なんでも一部地域に竜巻が発生していたそうです
台風の中で竜巻なんて、考えるだに恐ろしい

潮風にあまり見舞われなかったのと、大雨のおかげで塩害は少なそうです
車に付いた塩粒のベタベタがだいぶ少なかった
それでも傷だらけの愛車にさびが着いてはと思ってワックス洗車をしてもらった
ぴかぴかきれいだけどへこみは目立つ

さて、月末月初は超忙しい
今日も集金リストをたくさん抱えて東奔西走
雨が降っているのに、サトウキビ畑のスプリンクラーが盛大に水を撒くのを、
車を止めた叔父さんが眺めていた
セットした水栓を止めに来たのかな
c0064389_1835237.jpg


霧雨の降るこんな日には餌を求めて動き出した鳥が交通事故にあう
農道では轢死したシロハラクイナをカラスが道路わきに引っ張り込もうとしていた
生きるためにカラスだって必死だ
牧場で大きな闘牛の背中にカラスが1羽留まっていたが写真を撮ろうと車を回したら逃げられた
白鷺と水牛は珍しくはないが、カラスと闘牛はちょっとないかも…
惜しかったなあ…
c0064389_1841136.jpg

[PR]

by isozineko | 2011-06-01 18:41 | びっくり! | Trackback | Comments(3)

大地震で番狂わせ

たまった休みをもらって一人旅の予定だったのが大地震で狂った
準備のために木曜日の休日をあけていたが仕事が立て込んで午後出勤
翌日の金曜日は代わりに午後から休んで旅支度のはずだった
家に帰ったところへ、川崎の娘から大きな地震があって怖いと電話の第1報が入った
外に出ていて状況がわからないと言うので、テレビをつけて驚いた
震度7の地震でマグニチュード7.8、津波も最初は4mとか報じていた
娘には急いで帰って外に出ないようにと電話して、私はTVに釘付け
7mから10mに再修正された津波が、町を飲み込んで行く恐ろしい映像を、リアルタイムで見た
まるで映画の場面のようで、とても現実のこととも思えない
すぐに千葉や東京の家族や友人の安否を確認、みな無事とのことで一安心したが余震も大きい
その後は電話が殺到したようでケータイも電話も通じなくなった

TVを横目で見ながら、最後の旅行準備で、トランクの中身を点検していたが
地震は遠く離れた三陸のことで、まさか自分に影響があるとは考えが至らなかった
夜になって旅行社の担当氏から電話で「東京に出てきていますか?」
まだ沖縄だと言うと安心したようで、成田が不安定なので催行が中止になったと言う
え~!状況が状況だから仕方ないと思うけど、突然の中止連絡に唖然!
醤油やマヨネーズなど調味料の液体ボトルも小さいものを買い揃えた
乗り換えやバスの長時間移動に備えてSDカードで持ち歩ける小型の音楽機器も購入
カメラやビデオ充電のためのプラグと変圧器、充電用電池と充電器も買い揃えた
昨夜も3時まで起きて荷造りも完了、もう後は出発するばかりなのよ!
国内がこんなときに暢気に海外旅行なんて神経を疑われるとは思うけど…
準備にかかった出費と労力、私の寝不足は?心で叫ぶ
旅費は帰すというが、それでも、出発地まで自前で買ったホテルパックは捨てるしかない
いっそ、実家に地震見舞いに行ってくるかとも思ったけど、交通機関が混乱している
しょうがない 全部あきらめることにして、休みも返上して出勤

実は会社の事業も集金も忙しい
いつも忙しいのだから、多少でも休めそうなときを狙った 
会社のことに目を瞑って、えいっと思い切らなくちゃ休みなんか取れない…
それなのに、直前に来て目論見が外れた
4,5年前にもニュージーランドの知人を訪ねるはずが前日に現地のストが起きて行けなかった
あの時は土曜日で代理店にも連絡が付かず、旅費も帰ってこなかった
身元引受人に指定した那覇の娘に旅行中止を連絡してその話をしたら、またかと笑われた
人生土壇場で何が起きるか分からない
これだもの、何だって実際につかむまでは安心できないと思っても仕方ないでしょ
旅に限らず、家も男も幸せも、確実に手に入れるまでは私のものと言えないのよね。
最後でひっくり返る事だって十分ありうる。
分かっていたはずなのにがっくり、がっかり、気が抜けて荷を解く気にもならない

それにしても地震のその後のすさまじい展開、原発崩壊の危機まで。
各社のヘリがよりショッキングな場面を求めて飛び回り、騒音と燃料を浪費している
電力が不足、必要な情報がないといいながら、どのチャンネルも同じような番組ばかり
この際、視聴率争いは止めて、テレビ局各社で必要な情報を分担して報道できないものか
[PR]

by isozineko | 2011-03-14 10:43 | びっくり! | Trackback | Comments(5)

ロッテ石垣キャンプイン優勝パレード

30日夕方、千葉ロッテマリンズの一行が石垣入りした。
市役所前の大通りを優勝凱旋パレードするというので、
スタート地点の730交差点角はものすごい人
歓迎セレモニーの行われた時間帯は、やがて暗くなるという6時前
にもかかわらず沿道は2万人の市民で埋め尽くされた
主力選手や石垣出身の大嶺兄弟がオープンカーで手を振る
さんさんラジオが2階から中継して、窓からは紙ふぶきが舞う
名刺4枚分くらいの大きさの紙がひらひらひらひら
歩行者天国となった通りに雪のように降り積もった
すごい熱気だった
c0064389_19344719.jpg

c0064389_19371615.jpg

2月1日からキャンプが始まる。
[PR]

by isozineko | 2011-02-02 19:37 | びっくり! | Trackback | Comments(5)

豪華客船のあかり

25日の夜遅く、高台から帰ってくるとき
遠くに見える石垣港に大きな電飾の家の形が浮き出ていました
新しいビルが建った様子はないし、あんまり大きいので見に行きました
港にあったのは大きな豪華客船
c0064389_10163268.jpg

船中に明かりを灯して、甲板やマストの上までキラキラしてまるでクリスマスのようです
でも、人影はまるでなくて静かなんです
クルーズ船が寄港することはあっても、こんなに明かりがにぎやかなのは珍しいです
いつも閉まっているゲートが開いていたから、近くで写真を撮らせてもらおうと思ったけど
雨は降るし、守衛さんが居たので止めました
しばらくの間、マッチ売りの少女のような気分で眺めました
それから、サザンゲートの橋を渡って 
ぐるっと回った対岸の工事中の資材置き場から写したのがこれ
c0064389_10124985.jpg

周囲のホテルの明かりが波に反射してきれいです
街灯も人気もない資材置き場で一人、しばらく見てから帰りました
翌朝のニュースで理由がわかりました
あの時間サッカーAFCアジアカップの、日韓戦が行われていたんですね
どおりで人気がないわけです。お客はTVの前だったんでしょう。
今夜オーストラリアと決勝戦だそうです
BS入れてないから見られませんが…

=追記=
豪華客船は外国船と思ったら日本丸だそうです
外国戦で夜中までアジアカップ観戦?と思っていたけど納得です
お客は日本人が多いらしいし、さぞフィーバーしたことでしょう
[PR]

by isozineko | 2011-01-29 10:13 | びっくり! | Trackback | Comments(9)

ニャンコのみやげ…モグラ

18日暗くなって帰宅して、2階の電気をつけてびっくり!
スリッパの右と左の真ん中になんか落ちてる
色も形もネズミに似てるけど、鼻が長いし目がうんと小さい
ごわっとした毛が鼻からも尻尾からもつんつん飛び出している
もしやこれはモグラ?

体の大きさはうちのニャンコがたまに捕まえてくるネズミと同じ10㌢くらい
怪我はなさそうだけど、気絶しているのかな?
つついたらころんと転がったところをみると、絶命して間もなくらしい
モグラなんて、まじまじ見たの初めてだよ
こんな顔してたんだね、耳もつぶれた形してるね
絵本のモグラは可愛いけど、本物はちょっとグロいね

つい10日か半月前は廊下にネズミが落ちていた
よく捕ってきたね、おりこうねと褒めたが、今日はニャンコの姿がない
お土産だけ置いてどこかにおでかけらしい
何処から捕まえてきたんだろうね
ニャンコを褒めてやろうと思ったけどいないから
記念写真だけ撮ってゴミ袋へポイした

遅くなって窓から帰ってきたニャンコは
ご飯を食べると足元にすりすり
ねえ、なめてくれるのは嬉しいけどさ~
その口でさっきモグラを噛んだんでしょ

この下にあるのはモグラの写真 嫌いな人は 飛ばして

  :

  :

  :

  :

  :


c0064389_18424422.jpg

[PR]

by isozineko | 2010-12-20 18:42 | びっくり! | Trackback | Comments(6)

平野海岸で海loveフェスタ・海流ごみ拾い

14日、第2回の海loveloveフェスタがありました
開催地は石垣島の最北端の平野海岸です
海に関係する業者や海岸清掃のボランティアが中心になって
海岸に打ち寄せられた漂着ごみをみんなで拾ってきれいにしようと言うお祭です
集めたごみで海岸アートをつくるそうです
その後は牛汁の振る舞いとライヴステージがあります
昨年が1回目で、市内の海岸清掃でした
本土出身者の参加が多くて、会場の埋め立て地の公園でしたが相当盛り上がりました

今年は町から車で1時間かかる島の最北端です
朝8時に市内から直通のバスが出て、10時開始ということでした
私は所用を済ませてから車で11時過ぎについたのですが
道路際のサトウキビ畑を大駐車場にしてたくさんの車とガードマンまでがいました
海岸はもうきれいになっていて、大人子ども年齢もさまざまなボランティアが集まっていました
砂浜にはすごい量のゴミ袋が詰まれて大きなニコニコマークができていました
主催者発表では502人が参加して894個ものごみを拾ったそうです
ペットボトルや発泡スチロール製の大きな浮き玉や諸々、中国や韓国文字が目立ったそうです
ハンググライダーに乗ったカメラマンがアートを囲んだ群衆を空からなめるように撮影
みんな両手を高く上げてピースサインを送りました
その後は道路際までの100mあまりを2列に並んでバケツリレー方式でごみを送ります
c0064389_13222032.jpg

c0064389_13231458.jpg

さすがに大勢の力はすごいです
30分ほどで大量のゴミ袋はきれいさっぱりなくなりました
朝は海岸中に漂着ごみで足の踏み場もないくらいだったそうですが
きれいな砂浜が広がり、子どもたちが砂を掘り返して小さい貝を拾っていました
そのあとマイ箸とマイどんぶりで振る舞いの牛そばをいただき
午後4時過ぎまでライブで盛り上がりました
c0064389_13233899.jpg

主催者は、昨年は本土出身者が多かったのに今年は島の人が参加してくれた
遠くの平野での開催で参加者が少ないと思っていたらこんなにたくさん来てくれてと、感激したそうです
スタッフも多くて、青いそろいのTシャツで見事なチームワークを披露していましたが
顔ぶれは島在住の本土出身の若者が半分以上だったのではないかしら
みんな海を愛している人たち、すばらしい海loveフェスタでした
[PR]

by isozineko | 2010-11-17 13:23 | びっくり! | Trackback | Comments(4)

ハブ?

伊野田からの帰り、道路を蛇がくねくねと渡っていた ハブかな?
気温は35度近いアスファルトの舗装道路はちりちりに焼けているはず
通り過ぎてバックミラーを見たらカラスが蛇を吊り上げていた
蛇は動くし、重くて飛べず路面に落としてまたつつこうとしていた
蛇は首をもたげて威嚇の姿勢をとる

路肩に止めた車のバックミラーの中でカラスとハブの攻防
赤茶色の鳥がを羽ばたいたのが見えて振り向いたらアカショウビンだった
ハブのお腹は真ん中辺りが丸く太って何かを飲み込んだもよう
もしかして、巣立ち直前のアカショウビンの雛を襲ったのかも?
動きがのろくなってカラスに襲われて今度は暑いアスファルトでのたうっている?
カメラを取り出して戻ったら、カラスは驚いて木の上に飛びのいた
c0064389_2011466.jpg

蛇はくねくねと往路を渡りだした
カラスにつつかれたせいか首の辺りが赤くなっている
カメラを構えて近づいたらこっちに向かってくるようでたじろいだ
頭は三角じゃないけど、模様はハブみたいだよね
茶色っぽい丸い目の真ん中に縦筋が1本通って蛇の目は不気味だ
c0064389_2012858.jpg
道路の向こうの縁石には後ろ向きに座ったおばさんがいて
蛇とカラスの攻防にも関心がない様子 いやぁ肝が太い
[PR]

by isozineko | 2010-07-12 20:12 | びっくり! | Trackback | Comments(4)

姫ちゃん&崇元寺散歩

生まれたての孫を見に沖縄本島まで行ってきました
c0064389_20434160.jpg

ナースステーションのすぐ隣の部屋に赤ちゃんが3人寝かされていて
カーテンが開けてあります。面会はガラス越し。
ピンクのバスタオルに包まれてお姫様は夢の途中
c0064389_2041763.jpg

出産は2日がかりで、最後は吸引したのだそうです
ママはお疲れでした
5日たっても母乳が20CCしか出ていないそうで
おっぱいの時間は40-50分かかっていました
退院して、私の仕事が一段落した来週に産手伝いに来ることにしました
それまで息子よ 頑張って良きパパと夫を勤めなさいよ

帰りに崇元寺近くに用事で行きましたのでちょっと寄り道
c0064389_20431114.jpg

大きな石造りの西の山門をくぐると正面に息を呑むようなガジュマルの大木
木陰は空気がひんやりして木の間から漏れる光がチラチラまぶしいです
c0064389_20414435.jpg

c0064389_2042597.jpg


昔の寺は沖縄戦で焼けたのか残っているのはこの山門だけです
ガジュマルは成長が早い木ではあるけれど、どのくらいたっているのでしょうか
これだけ大きいと、妖怪キジムナーの1匹や2匹住んでいそうです
c0064389_20583057.jpg

c0064389_2058585.jpg

枝からぶら下がったひげの様なたくさんの気根が地面につくと
そこからまた根を伸ばして地表を這います
木は枝の先と同じ広さまで根っこが広がっているといいますね
ガジュマルは近くに木があると気根が絡んで絞め殺してしまうのだそうです
そばの人間と比べると相当大きいですが、本体の幹は半分もないのではないかしら
沖縄戦で住民が逃げ込んだ岩穴や洞窟も、こんなガジュマルがあっという間に隠し
今も人知れず眠ってたままの人がいるというのはうなずけますね
23日は沖縄の戦争が終わった日で、公休日の慰霊の日、各地d慰霊祭が行われました
[PR]

by isozineko | 2010-06-25 20:45 | びっくり! | Trackback | Comments(4)

15日の日食

15日、夕日が沈む寸前午後6時15分ごろの日食です
日食グラスを借りてレンズにかぶせてみました
片手にカメラ、片手にグラスですから
ちょっとならずブレましたね
でもまあ、ちゃんと見ましたって証拠の写真です
c0064389_2103734.jpg

c0064389_210524.jpg

[PR]

by isozineko | 2010-01-16 21:01 | びっくり! | Trackback | Comments(0)