カテゴリ:日記( 153 )

映画「夢」の美しさ

c0064389_12283889.jpg

c0064389_12283874.jpg

c0064389_12283976.jpg

c0064389_12283933.jpg


1枚めの花は、近くの公園の緋寒桜

このところBSの映画にはまっている。
録画しておいた「夢」
笠智衆やいかりや長介など、とうに亡くなった名優が出ているから、そうとう古い日本映画ですね。
『こんな夢を見た』と異なる短いお話を10編ほどつないでいる。
部分的には見たように思うが、通しで観ると感慨深い。

行ってはいけないと禁じられた天気雨の森で、狐の嫁入り行列を見てしまう少年

桃源郷に遊ぶ平安の貴族の舞、見惚れて気づけば切り倒された切り株の並ぶ堤、美しい幼女のぽっくり下駄の音に駆け寄れば、1本の幼木に桃の花が咲いている。

ゴッホの絵の中に迷い込んで、マーティン スコセッシ監督が演じるゴッホに出逢う画学生

真っ暗なトンネルを抜けて、全滅した部下の軍隊に出会う隊長は、ただ一人の生き残り
「お前達は死んだのだ、回れ右!」トンネルに消えて行く軍靴の響き

放射能に色を付ける技術が進んだ為に、赤や緑の空気に追い詰められて逃げ場をなくし、海に飛び込むしか術のない人たち
『私達は生きたけど、この子たちは?」と叫ぶ母親

放射能に侵されて異形の花が咲く野原で、元は人だったという一本角の鬼に出会う青年
死ぬこともならず、3本4本と生えて来る角の痛みにのたうちまわる鬼達の地獄

写真は最後の物語
自然と共に暮らす素朴な美しい村に迷い込んだ青年が、水車を治す102歳の老人笠智衆に出会う。
楽隊や踊り手に囲まれ、村中に送られる賑やかな葬列。
『死は怖いものではなく、よく生きて来てご苦労さんと祝われる祭りなのだ』と老人は云う。
赤い胴着に着替えた老人は、『亡くなったのはワシの初恋の人で、ワシを振ってよその男に嫁に行った』ハッハッハッと笑う。
花と鈴を手に、葬列の先頭に立って晴れやかな笑顔で踊る老人。
清らかな水の中にうねる水草の緑が、本当に美しい。
余韻のようにエンドロールが重なる。

懐かしくて怖くて美しい映画だった。

日本映画の美しさは、自分の中に経験値としてある原風景の記憶を呼び覚ます。
それを知っている人がいる間に、残すべきものがある間に、残す事を始めないといけない。
間に合わなくなる時は、もうそこ迄来ていると言われている気がする。

[PR]

by isozineko | 2017-02-17 12:28 | 日記 | Trackback | Comments(2)

暮らしの折り合い

ふうちゃんの慣らし保育が始まってます。
最初は2時間程度で、ずっと泣き通し
帰ってからもヒックヒックと泣きベソで、ママの心が折れそうでした。
どうしてもダメなら私が家で保育するから大丈夫よ、と言いました。
サークルが…って言うから、あれは暇つぶしなんだから、1年くらい休んだってイイんだしって。

少しずつ時間を延ばして、昨日は朝から夕方5時まで、ほぼ1日預かってもらったそうです。
食事や水は飲むそうで、昼寝はちょっとだけできるらしい。
でも、お迎えでママの顔を見ると泣くのですって。
帰ってしばらくすると落ち着いて私に抱っこされるのだけど、昨日は全然ダメでした。

今週末からママの仕事が始まるようです。
姉孫を幼稚園の延長保育から迎えて買い物して帰ると6:30、7:00の夕食に間に合わせるの大忙しです。
昨日みたいにふうちゃんに手がかかっていると大変。
せめて夕食の下準備をしておこうと思うけど、冷蔵庫がカラに近いので、ご飯を炊くくらいしかできません。
私のお昼も、ありもので簡単に済ましてるので、栄養バランスも考えなくちゃ。
何かしておこうと思うけど、何してイイか…と何度か提案したけど、伝わって無いのかなぁ
お母さん、お腹が空いたらなんでも好きなもの作って食べててイイですよって言われちゃって。
気を使ってくれてるのだろうけど、3食1人で作って食べてたら家族じゃないみたいよ。
台所が別なら気にしないけど、食器も冷蔵庫も一緒なのに、嫁の台所で時間ずらして自分だけの夕食作るって抵抗あるよ。
それに、生活費出してて、更に自分が料理する食材も買ったら2重出費で私の経済パンクだわ。
住民税に健康保険税、介護保険税に医療保険って払ったら年金なんてほとんど残らない。
所得税がないだけで、働いてた時と支出は同じだよ。
年金だけでは暮らせないと思って同居したけど、暮らしの折り合いのつけ方って難しい。
嫁の職場復帰っていう新局面だし、休日にでも息子交えて話し合いしなくてはいけないね。


そんな内輪の話をブログで?と思われる方もあるかもしれません。
気分を害したらごめんなさいね。
でも、私にとってブログは日記です。
誰彼に相談できない事でも、書いて考えがまとまる事もあるし、胸に溜まるモヤモヤを吐き出して少し憂さが晴れることもあるし、他人の目になって読んでみれば気がつく事もあるものです。
5年後10年後にも読み返せるし、心の軌跡が残っているのってきっと役に立つと思っています。
あんな事思っていたんだね〜取り越し苦労なのに!って思える人生でありたいと思います。





[PR]

by isozineko | 2016-11-16 07:09 | 日記 | Trackback | Comments(2)

眠れないついでに 備忘録

沖縄に戻った2日後、3週間ぶりのスポーツクリニックに行った。
膝の調子はまずまずで、17ccの水を抜いてヒアルロン酸注射をした。
今後は、クリニックに併設のトレーニングジムで弱った脚の筋トレをすることになった。
機器に慣れるまでトレーナーが付いてくれる。
18日には最新機械で、筋肉量の測定と体内バランスのチェックをした。
筋肉量は、体幹と腕は105%脚は95%で全体としては平均値、水分量など組織項目は全て平均値を上回っていて、栄養的にも問題なし。
体力的には上々の結果だが、やはり脚の筋肉が多少弱っている。
これから週2程度のトレーニングと、週1のリハビリで脚力の回復を図りながら、ダイエット効果も狙いたいところ。

さて、23時に電気を消して目を瞑ったが、一向に眠れない。
室温30、4℃、湿度71% 窓を開けて扇風機を回しているが、蒸し暑い。
もう10月も半ば過ぎというのに、堪らない。
昨夜21:00過ぎから23:00過ぎまで、ヘリがだいぶ飛んだ。
今2:30も飛行機の音、こんな夜中に何があるのやら…

追記…
明け方4時過ぎに雨が降った。
隣の駐車場に人の声、奥の施設の深夜勤の交代時間か?
車のライトでカーテンが明るくなって消えた。
大通りをパトカーの走る音、夜も賑やかだ。
雨で室温が多少下がって、5時前に眠りに落ちたらしい。
孫が廊下を走る音で目覚めたら、公民館の広報マイクが大きな声で「元気に学校へ行きましょう」と放送していた。
毎朝7:30小学生のボランティアが朝の放送をしている。
やたら生あくびが出るが、日差しカンカンでもう眠れない。
今夜はサークルの日、午後に昼寝できると良いけど。


[PR]

by isozineko | 2016-10-19 02:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ふうちゃん & 夢の話

c0064389_11195138.jpg

ふうちゃんは今日もごきげんです。
ママがおもちゃを見せながら、寝返りの練習をしていました。
寝返りが始まると片腕が下敷きになったり、頭を持ち上げるのが苦しくなったりしてジタバタしますよね。
ママは目が離せなくて忙しくなるのは分かっていても、コロンと上手に転がる所を見てみたいらしい。

〜〜 〜〜 〜〜 〜〜

今朝方、夢を見て寝坊しました。
実家から出発して電車に乗っています。
友人とアメリカに行くことになっています。

しばらくして、2人隣にずいぶん前に亡くなった伯母が若い頃の姿で座っているのに気付きました。
伯母さん、見送りに来てくれるのかしら?
昨日、伯母さんの息子が母親がいなくなったと探していたなあと思い出して、お話しようと席を移って横に座りました。

もうじき東京という辺りで、先に着いた友人から電話
忘れ物は無いでしょうね、パスポートも持ってる?と言われて、
アレ!旅行というのにいつもの肩掛けバッグだけ
チケットもパスポートも持っていません
焦ってバッグをかき回す!という所で目が覚めました。


アメリカに行こうとする夢は2、3年に1度くらいみるのです。
電車の乗り換えを間違えたり、空港のエスカレーターで迷子になったり、砂浜の向こうに国際線の乗り場があったり…いつも何かアクシデントがあって間に合わないのです。
今回はパスポートもチケットも家に置いて来ちゃった。
取りに戻る時間も無いし、今回も行けません。

たいていの夢は、朝になったら忘れてしまうのに、なぜか鮮明に覚えている夢がある。
夢って、おかしいですね〜

[PR]

by isozineko | 2016-03-01 11:18 | 日記 | Trackback | Comments(4)

2週続けての那覇行き

3/21-23と3/28-30、2週続けての那覇行きは初めてでした。
3/28金曜の仕事を終わってから飛行機に乗っての那覇行きは、
行こうか行くまいか実は直前まで迷った挙句に決めたんです。
3月末で卒業旅行の学生さんや家族連れで、飛行機も、いつものビジネスホテルもいっぱいでした。
泊まるにしても息子は年度末で毎晩遅くまで仕事をしているらしい。
やっと週末の金曜日なのに、夜中に親の都合で迷惑を掛けられません。
でも、この日で退職する友人と、離島から月1回の研修に出てくるだけの友人、
彼女らとごいっしょする機会はもうないかもしれません。

いざとなったら彼女らの部屋の床に泊めてもらおうと思って、寝袋で持参していました。
でも…まあ、なんとかなるものです。

翌29日は友人達とデパートめぐりをした後、昼過ぎに娘の一家と会いました。
次男が4月に幼稚園に入るお祝いに、何かプレゼントすると言ってあったので一緒に買い物に行きました。
ヤンチャな男の子3人の母親になってすっかり逞しい娘と、
休日も子どもらに付き合って公園に遊びに行く優しい婿さんも一緒でした。
次男のお祝いだけのはずが、2年生の長男孫の成績が良かったのと、末っ子の誕生日が近いのとで結局3人分の服を買う羽目になりました。
さすがに、実の娘は遠慮がないです。
昼前から友人達とデパートを歩き廻って、また2時間も歩いたので足も痛くなっていました。

夕方娘らと別れてから、息子には連絡せずそのまま7:30発の便で石垣に帰るつもりでした。
早く家に帰ってゆっくり眠りたかった。
それが、夜の9時前まで待たされた挙句に欠航になって放り出されたわけです。

結局息子一家に空港まで迎えに来てもらって、家に着いたのが夜も10:30でした。
6:30から空後待機で、その後は機内待機でしたから食事もしていません。
息子がありあわせの材料でご飯を作ってくれて、やっと落ち着きました。

寝袋を持っている私に、息子が、野宿でもする気だったかとあきれていました。
嫁が自分の家なんだから、時間を気にせずに帰ってきてくださいと言ってくれました。
2週続けて姑が泊まりに来るなんて、うれしいはずがないと思うのに、優しい嫁です。
せめて休日は夫婦でのんびりさせてあげたいと思って、孫の相手を買って出ています。
おばあちゃん大好きの可愛い孫です。
一緒にと眠ると言って布団を運んでくる孫と、暖かい布団に並んで眠りにつきました。

翌朝は日曜日、興奮して早起きの孫に着替えをさせて、お約束の散歩です。
雨上がりで公園の遊具も濡れていて遊べません。
思い立って、1年生になったら行くはずの学校まで行って見ました。
大通り横の歩道を通るのですが、信号のない交差点もあるし、陸橋も。
アパートの駐車場から出てくる車もあるし、けっこう危ない通りです。
せっせと歩いたけど、孫の足で30分近くかかりました。
通学路に慣れるまでは、毎日送迎しなくてはいけませんね。
やっぱり孫が幼稚園に入るさ来年には、私がここに引っ越して来なくては。

日曜の学校は、陸上部の練習の子供がいて、みんな立ち止まって挨拶してくれました。
始めは恥ずかしそうだった孫も、自分から大きな声で挨拶を仕掛けていました。
一緒になって走ったり、併設の幼稚園の兎に草をやったり楽しそうでした。
幼稚園も隣にあるし、学童も併設されていました。
運動場も広々しているし、校舎の裏には大きな木がたくさんありました。
花壇には花もいっぱいだし、いい学校だなあ…と、ちょっと安心しています。
[PR]

by isozineko | 2014-03-31 20:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)

公演終了!

c0064389_13155291.jpg



はだかの王様の公演がみんな終わった。
19日の一般公演に続いて20日の学校招待公演も無事終了!
19日は表のパンフレット販売から離れられず、チラッと舞台を見ることもできなかったが、19日は下手の前の方の席をとって頂いて、小学生らと観劇。
さすが子どもらの素直な反応を見ながら、一緒に大きな声で歌も歌って楽しんだ。
何度かお会いしている進行役の役者さんがすぐ目の前
目があったように思ったら、送り出しの時隅っこに立っていたら、「居らっしゃるの見えましたよ」とにこやかに握手して下さった。
王様役も王妃様役も声をかけてくださって、「又、来年お待ちしています」「是非、またお会いしましょう」と固い握手。担当冥利に尽きるなあ。

iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2014-02-21 13:15 | 日記 | Trackback | Comments(4)

劇団四季公演中

c0064389_19255495.jpg



あいにくの雨になりました。
昨日は24度まで上がったのに、今日は冷えて夕方には15度くらいになったらしい。
劇団四季ミュージカル公演『はだかの王様』開場1時間前から並んだお客様も傘をさして寒そうです。
でも、最後のリハーサルをやっていて、入場していただけませんでした。
監督さんにお願いして開場を早めてもらって、20分前にロビーまで入っていただけてホッとしました。
劇団四季公演は今年で9年目、1000人の会場がほぼ満席です。
これまで全席完売だったのが、今年は20席近く残った模様です。残念!
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2014-02-19 19:25 | 日記 | Trackback | Comments(4)

羽生結弦金メダル

c0064389_2223343.jpg



19歳、いい笑顔です。
毎晩オリンピック報道から目が離せなくて寝不足です。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2014-02-16 02:22 | 日記 | Trackback | Comments(4)

ため息ついてしまう

この頃、いろんなことが空しく感じられて仕方ない…
感情のリズムってあるから、周期的にハイになったりウツっぽくなったりは誰でもするのだろうけどね。
職場にいて、やることがいっぱいあって忙しいときはいいのだけど、他の人は忙しそうなのに自分はすごく暇なことが重なると、私って要らない人?って疑問がもくもく湧いてくる。
何でもやるから言ってね~と言ってみるのだけど、忙しいさなかに私に分ける仕事を選んでもらうのも手間みたいだし…
他の部の人に、暇そうでいいねと思われるのもつらい。

2年前、定年後の嘱託の仕事を廻された所に、仕事も人間関係もいやでいやで毎日ため息ついては辞めたいと言っている人がいた。
誰も積極的に来たいと言わないこの部で、彼は孤軍奮闘しているのに評価されないばかりか、要領が悪くて本来は他がやるべき外部の仕事まで押しつけられていた。断ればいいのに、なぜか断らない。
客にありがとうといってもらえる余地を残したかったのかもしれない。
顧客情報を熟知している彼が辞めれば、即仕事が滞る。
役職があるわけでもないし、安月給でいいように使われてやって当たり前、感謝もされない立場だから後任だってすぐ見つからないだろう。

何も分からないまま私にお鉢が廻ってきたらとてもやっていけないと思って、自分のためにも一生懸命慰留して補助をしてきた。
上司が退職して、協力的な新人役員が来たおかげもあって、夏休みも2,3日の連休も取れるようになった。
気が付けば、いつの頃からか彼は辞めたいと言わなくなっていた。
毎日聞こえない振りをしてきた独り言もため息も、だいぶ少なくなった気がする。

その彼が一人で黙々と仕事をする傍らで、私は暇をもてあましている。
分担してできるような作業ではないので、私は私の分担を割り振られるまで待つしかない。
電話番をしているとか来客に備えて待機とか、暇なりの大義名分があれば暇なのは気楽なのだけど、営業部ではないし、電話もめったに鳴らず来客もなし、急ぎの仕事もたまにしかない。
忙しそうな人の間で、自分ばかりやることもなく暇なのはくたびれる。
ごそごそ机の周りを片付けるのも、忙しい人にはうっとおしいだろうし、暇なのに机の周りも片付かないと思われるのも気が重いし…いっそみんな出かけていたら気が楽なんだけど。
ああ、こんなでいいのだろうか?私。
[PR]

by isozineko | 2013-11-20 11:45 | 日記 | Trackback | Comments(5)

大忙しの日曜

最近ひたすら忙しいのだが、日曜日は特に忙しかった。
いつもの絵本朗読の後、島の詩人の詩に奥さんが曲をつけて
ピアノ1台の伴奏でプロの声楽家3人が入れ替わりで歌うというコンサート
舞台裏から司会が1曲ずつ詩の意味の解説を語った

島で声楽なんてそう聞けるものではない
客は詩人と同年代かそれ以上の熟年男女で、女性が8割がたを占める
会場のホテルはいっぱいで、知人も多かった
プロの声楽家と言っても、有名人ではない
経験が少ないのか、音程が微妙に外れる気がする
1時間半ほどでコンサートは終わった
素晴らしかったね^と声をかけてくれた知人が数人いたのだか
私にはどこが素晴らしかったのか よく分からなかった

夕方から、こちらも知り合いの島の作曲家兼歌手の歌謡コンサート
本職は写真やさんだが、作曲も手がけ、ラジオの番組も持っていてファンも多いらしい
歌謡生活25周年の節目を祝う会で、40曲も披露すると言っていた
ダンス教室の仲間が、バックダンスでワルツとルンバを踊ることになっていた
知り合いも自作の詞を歌うというから写真も撮らねば…
大人の学芸会と揶揄する人もいて、さほど期待していなかったが花束を準備して出かけた

こちらはとても楽しかった
入れ替わり立ち代りドレスやスーツの歌い手が出てきて目が釘付け
元歌手や売出し中の人もいて、プロ顔まけの歌唱力と華やかな衣装と化粧で魅せてくれ 
趣向を凝らした舞台構成も楽しいし、大道具から司会の台本まで主人公が手がけたのだとか
いやはや御見それしました
花束もひっきりなしで、私も最後の曲の合間にやっと舞台袖から渡せた

帰りにお祝いを言いに残ったら、花束のおこぼれをいただいてしまった
ゆりとバラとカーネーションを束ねた大きな花束
家に飾ってはもったいないので、会社のロビーに活けておいた
これどこから?とか誰か聞きそうなものだが、一人も気に留める人がない
もらって当たり前、あって当たり前の社風ってことか
イギリス9日の間に、水をやる人もなく枯れてしまった鉢物もいくつかある
今時、愛社精神なんてたわごとなのかもね


10月31日 追記

今朝、ロビーの花が乱れていると思ったら、1番大きいピンクのゆり1本がなかった
7時前に帰る時はあったのだから、持ち去ったのがお客さんとは思えない
あ~あ!これだもんなあ…
植栽のヤエヤマハギを切って穴を埋めたが、なんだかガックリきて…
月末で大忙しの31日なのに、朝から気力が削がれるよ
[PR]

by isozineko | 2013-10-29 17:47 | 日記 | Trackback | Comments(3)