カテゴリ:凧あれこれ( 7 )

生涯学習フェスティバルに凧の会の皆さん

c0064389_1319545.jpg


c0064389_17574898.jpg

恒例の生涯学習フェスティバルがありました。
いろいろなサークルで活動している人たちの年1回の発表の場です。
凧の会の皆さんも朝から頑張っています。
凧つくり体験コーナーは例年大賑わい
お父さんやお母さんに手伝ってもらって作った凧を早速飛ばしに行く子たち

c0064389_17583195.jpg


金城会長さんが小鳥笛のセットを何組か持ってきて組み立てさせていました。
吹き口をあわせて差込んでボンドで接着するだけに加工してあって
さすがに手が細かいです
お父さんの方が夢中、試し吹きをするお父さんの口元を見つめる男の子の目が真剣でした。

習字や手芸の作品の展示もいろいろあって、私も俳句の会に出品中です。
折り紙のお雛さまの講習や、水引や組みひも手芸の体験コナーなど盛りだくさん
舞台の部では、詩吟やオカリナのサークルの発表や、
フラダンスにフォークダンス、老人会の社交ダンスなどこちらも盛りだくさんでした。
[PR]

by isozineko | 2014-02-09 13:19 | 凧あれこれ | Trackback | Comments(2)

ロッテマリンズキャンプで凧揚げに挑戦

c0064389_16492762.jpg



石垣島でキャンプ中の千葉ロッテマリンズは今日はオフ日だそうな
昼前に陸上競技場で八重山の伝統凧揚げに挑戦と聞いて出かけた。
関係者以外入場禁止の札がささやかに通せんぼしていて、見知った管理人が立っていたが、笑顔でスルー
マスコミの取材陣が大勢取り囲んだ中にロッテの選手の面々がいたが、誰が誰やら全然興味ないから知らない
選手の顔も写ったけど、私が興味があるのは凧の方だから、肖像権とか何とかいわないで欲しい。

さて、ロッテの最初のキャンプインに作った蓮凧をリメイクしたという大きな蓮凧が強風にはためいて上がっていた。
ロープみたいな凧糸を両方から引っ張ってアーチを作っているが、凧の力が強くて大の大人が引っ張られて大変。手元は相当の摩擦熱だと思う。
今回はルーキーの為に6角形の大凧を作ったそうで、みんなにサインさせて空高く羽ばたかそうという趣向だった。
取材陣に取り囲まれてルーキーの皆さんがサインした後、いざ凧揚げに挑戦!
勢い良く上がったが、横風を受けて安定せず、きりもみ状態になって落ちてくるのを会員が辛うじて止めてまた引っ張る。
前途多難が予想されるが、ゲンをかついで、ルーキー凧を落とすわけにいかないからね。
凧の会の皆さんご苦労様です。
中心になった元校長先生は、この凧揚げ交流が決まってから寝る間を惜しんで準備に明け暮れたそうだ。
1日30時間くらい欲しいと言っていたとか。
こんな難儀を選手のみなさんは知らないのでしょうね。

c0064389_18392670.jpg
c0064389_18422335.jpg

c0064389_18431128.jpg

[PR]

by isozineko | 2014-02-05 16:49 | 凧あれこれ | Trackback | Comments(6)

橋の上で応援の凧を上げる人

石垣島マラソンは午後から雨が上がった。
宮良橋の上で応援の凧を上げるというので、1時過ぎに写真を撮りに行った。
橋の上は海に向かう風が強くて、力作の凧を何枚も壊したという
真ん中に穴が二つ開いたロケットみたいな凧はレジャーシート利用でした
雨の日用にビニールで作ったり、応援メッセージを考えたり楽しそうです
朝から一人であげていたらしい
好きとは言え、ご苦労なことです。
昼過ぎから上げた連凧には、ゴールを目指す君は美しいの文字が踊っていた
でも、この連凧は風が強すぎて文字が読み取りにくかったかも
それでも、皆さん見上げて写真を撮ったり、一緒に写真に納まったりしていた

苦しい追い上げの34キロ地点、
みんな凧を見上げて、ちょっと笑顔になって走って行きました。

c0064389_13184436.jpg
c0064389_1319513.jpg

c0064389_13244193.jpg

c0064389_13275830.jpg

[PR]

by isozineko | 2014-01-27 18:37 | 凧あれこれ | Trackback | Comments(4)

変わり凧

c0064389_10445665.jpg



凧のドクターが持っていたこの凧、正月のお供えの飾りと敷き紙利用だそうな
糸の真ん中に細い竹を通して、それに金の輪っかに結びつけた凧糸がついている。
手元を操作すると、金の輪っかが竹を滑って上下する。
つまり、結び目の位置が変わるわけで、その度凧の上下がひっくり返る。
凧の起き上がりこぼしかやじろべえと言ったところか?
上手いこと考えるものだ。既存の凧にとらわれていては絶対に思い付かないアイデア。
仕事をリタイアして暇になり、毎日凧のことばかり考えているという。
気力体力センスも十分ある方が、いろいろ事情はあるかもしれないがこんな風に趣味に没頭するだけというのは、いかにも勿体無い気がするが…
[PR]

by isozineko | 2014-01-15 10:44 | 凧あれこれ | Trackback | Comments(2)

上がって行くシャクシメー

c0064389_17463187.jpg

c0064389_17463165.jpg

今回の凧揚げ大会でも1番人気だったのが
オオゴマダラを模した伝統凧シャクシメーです
上の方に上がっている赤と黒のツートンカラーの凧の糸にのっけて、風圧で上げます
シャクシメーにはお菓子の箱がぶら下がっています
上の凧の結び目に当って、ストッパーが外れるとお菓子の箱の底板が開く仕掛けです
お菓子がばら撒かれるのを、下では2,30人の子どもらが待ち構えています
凧は羽を閉じてスーッと凧糸を滑り降りてきます
またストッパーをかけて何度でもシャクシメーが上がります
製作者は黒いTシャツの叔父さん

空からお菓子が落ちてくる遊びなんて、他所にはないでしょう
昔は仕掛けに、小さく切った紙びらを引っ掛けて落とす遊びだったそうです
何年か前の凧揚げ大会から始まって、今では子供たちの目玉行事になりました
最初にお菓子を仕込むことを考えた人は誰でしょう
グッドアイデアですよね!盛大な拍手を送りたいです
[PR]

by isozineko | 2014-01-12 17:46 | 凧あれこれ | Trackback | Comments(4)

凧揚げ大会

c0064389_1444395.jpg



車の中にいると汗ばむようないい陽気です。
風もあって、凧揚げ日和
いつものFM絵本のあとサザンゲート向こうの埋め立て広場へ出かけました。
たくさんの親子連れが集まっていて、大にぎわい。
伝統凧を中心に創作凧や店で売っている洋凧も上がっています。
毎年12月に凧愛好会の皆さんが講師になって凧つくり教室があるので、
そこで作った凧を持ち寄ったり、
お正月休みに竹を削って作り、子どもの名前を凧絵にデザインしたり、
皆さん創意工夫がすごいです

お父さんが作って夫婦子ども揃って楽しんで凧揚げしたり…いいですよね
私も6,7年前に男孫が生まれたとき、八角の凧を教えてもらってプレゼントにしました
やっぱり伝統の凧が美しいですし、ぜひ残したい文化だと思います

オオゴマダラ蝶を模したシャクシメーが、お菓子の入った箱をぶら下げてピンと張ったタコ糸をスルスル上っていきました。
やがて結び目にぶつかるとちょうつがいが外れてお菓子の箱が空きます。
空からバラバラと落ちてくるお菓子。
落下地点に子どもたちが先を争って群がります。
写真はシャクシメーが羽をたたんだところです
画面中央左に、羽を畳んだ蝶が見えますか?
その下に落ちて行くお菓子のかたまりが小さく見えますね。

主催者が子どもらをグループ分けして何度も何度も挑戦させていました。
シャクシメーの写真は次回に載せましょうね。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2014-01-12 14:04 | 凧あれこれ | Trackback | Comments(2)

凧上げ

c0064389_17163032.jpg


おばあちゃんっこの3歳の孫は、寝るのもお風呂もおばあちゃんと一緒。
朝早くから起き出して、文句も言わずに2時間近いお散歩も付いてきます。
公園の長い滑り台も元気に走り回って、元気です。
空き地に咲いたスミレを掘って持ち帰り庭の隅に植えました。
娘一家が昨日は凧揚げに行ったというので、今日は長男が買ってきたスーパーカイトを持って港に凧揚げに行きました。
 実は、前日にお節を包んであった不織布の風呂敷で凧を作ってみたのです。
 竹ひごがなかったのでビニールのストローをつなげてみたのだけど、曲がってうまく行かなかった。

嫁は生まれて始めての凧揚げだそうです。
長男も子ども時代に凧作り教室に連れて行った以来で、結構楽しそうでした。
3歳の孫も食いついてきたのですが、風が強くてカイトが勢いよく走るので、摩擦で手が熱くなります。指が切れたら大変!
お腹に巻いてから持たせました。
お正月も今日で終わり、明日から仕事が始まります。
いい正月でした。

iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2014-01-03 17:16 | 凧あれこれ | Trackback | Comments(4)