ボランティア月間 行事満載

c0064389_1223379.jpg

c0064389_1223440.jpg

c0064389_1223435.jpg

c0064389_1223423.jpg

c0064389_1223499.jpg

c0064389_1223521.jpg

c0064389_1223515.jpg

c0064389_1223582.jpg



先週に続いて忙しい週末でした。
8/3 市内の幼稚園で親子クッキング
5歳児は包丁を使っている子は少ないです。
お母さんが管理しながら、猫の手で野菜を刻みました。
長ネギのみじん切りで、目がショボショボになったり、みんなでハンバーグをこねたり丸めたり楽しく料理しました。
自分たちが作ったら一層美味しいようで、みんなよく食べていましたよ。

土曜日は午前中は次男宅の孫の発表会
2歳と5歳がお世話になっています。
小さい子は衣装着て立っているだけで可愛いのに、ちょっと踊って見せる場面もあって成長を感じました。
5歳児はキレキレダンスで一番上手でした。
さすが血は争えない!笑笑

昼からはボランティア祭り
講演会も良かったし、食改コーナーの試食会と、献立栄養チェックも大好評でした。
5時間の立ちん坊で疲れたけど、楽しかったです。

講演会で聞いた、ボランティアが義務になってしまってはいけない。
しない人をダメな人と見るのも間違っている。
ボランティアをやらないという選択もあるのだと言う言葉が印象的でした。

以下メモより

ボランティアは奉仕という使われ方をしてきたが、本来は個人の意思、自由、権利により、相互実現的自立を促すものである。
支える、支えられるという一方的な関係ではない。
95年以降、自然災害の復興でボランティアの期待は大きくなった。
行政の諸々の場面でも、ボランティアの力は大きい。
行政は、無償のボランティアを経費節減のコマの一つとして使いがちだが、都合よく利用されてはならない。
ボランティアは義務ではない、する側も、受ける側も、断る権利がある。
自分が何のためにボランティアをするのか、ぶれない気持ちが大事
地域共生の為のボランティアは、様々な人がいて状況も思いも違うのだから、本来時間がかかるもの
みんなが合意できるよう、プロセスを大事にして、より良い地域を作るための協働の気持ちを育てることが大切。
[PR]

by isozineko | 2017-08-06 12:23 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/26869771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2017-08-06 15:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by isozineko at 2017-08-08 06:29
嬉しいコメントでした。
ありがとうございます(^-^)