グラジオラスが咲いた

c0064389_7283454.jpg

c0064389_7283597.jpg

c0064389_7283537.jpg


石垣島から持ってきた野生のグラジオラスが咲いた。
テッポウユリは、蕾がだいぶ膨らんできた。
石垣ダムの辺りでは、グラジオラスがたくさん咲いているだろうか。
この頃には、オモトの林道ではセンダンの花が紫の雲のように咲き競う。
マーニの花がスパイシーな香りを放ち、蛍が山肌をイルミネーションのように輝かす季節だ。
梅雨入り前の、石垣島が一番美しい大好きな季節。今年は見に行けないなぁ。

昨日、幸地大地の裾で山クチナシが咲いているのを見た。
本島に来て初めて見る山クチナシだった。
オモトトンネルの手前のダムの入り口に大きな山クチナシがあって、短歌の先生を連れて行ったことがある。
宮良川の源流だという沢があって、清らかな流れが岩肌を濡らしていた。
その薮の中に野生のヤマボウシも咲いていた。
私の心深く染み込んだ八重山の自然が、こちらで見かける花と一緒に浮かび上がってくる。
幸せなことだと思う。

写真2枚目は、マダガスカルジャスミンの実
もう1年くらいぶら下がっている。
3枚はシードー線の植栽に咲いていたホソバクチナシ。
蕾がたくさんついている。

今日は食生活改善推進員の総会
10時集合で一品携帯となっている。
先日の婦人連合会の懇親会で好評だったポテトサラダを持って行くつもり。
頂き物の新ジャガもあるし、さして手間もいらないし。
こちらでも好評なら、今後も恒例の一品にしたいと思う。




iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2017-04-28 07:28 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/26619291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]