地表を覆う木の根っこ

c0064389_18182034.jpg



市民図書館の裏にあるこの木、そんなに大きい木ではないけど、地表を覆う根っこが素敵です。
私の好きなスポットで、商工会に行く時、いつもこの木のそばに車を留めています。
午前中にはちょっと日陰になるので、暑い時期は嬉しいです。
これは朝のうちの写真。
盛り上がった根っこの影が落ちて、立体感が出ているでしょー。

iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2014-12-13 18:18 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/23204065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2014-12-13 20:58
すごい根で圧倒されます。
木の根は、枝の長さと同じといわれてますが、この木は根の方がかなり長いのでしょうね。
Commented by fu-and-boro at 2014-12-15 08:07
西表島のサキシマスオウノキを見てきました。
この木とは違う種類の木でしょうがすごいですね。
本当に圧倒されます。植物の神秘、ただただ感心するばかり。
この木は全て根はこのように出るものなのですか?
Commented by isozineko at 2014-12-15 21:23 x
taroさん:根っこを横に張る木と縦に深く張る木とありますが、これは前者でしょうね。
台風に強いのは直根の方らしいです。沖縄の台風は風力が半端じゃないですから、横に貼っていても引き剥がされちゃうのでしょうね。
Commented by isozineko at 2014-12-15 21:28 x
おかんさん:先島蘇芳の木は板根が盛り上がって壁みたいですよね。
この木はスオウノキではないと思うのですが、名前は分かりません。
盛り上がった土手に植えられているんです。
すべての木がこういう根っこがになるわけではないですが、ガジュマルなど、こんな風に根っこを張る木は結構あるみたいですよ。