分教場の思い出

ブログ友の北海道のおかんさんのところで、ペチカの話しを見て
私も思い出したことがありました。
忘れないうちに書いておこう。

今から55、6年前の話しです。

私の実家は千葉県の中央部にある農村地帯です。
自然がいっぱいと言うかそれしかない所で…。
今も相変わらずの過疎地帯ですが。
当時はバスも自家用車もないころで、我が家から小学校までは4キロ
もっと遠い集落もありました。
6,7歳の足で通うのは大変なので小学校4年生まで村の分教場に通ったのです。
周囲は田んぼだらけで、平地を囲む低い山の裾に集落が点在していました。
分教場も山裾の高台にあって、木造の校舎は教室が3つと職員室と小遣い室
いつも白い割烹着を着ていた小遣いさんのおばさんと、
先生が2人だったように思います。3人だったかな?
校定は狭かったけど、ドッジボールができる程の広さで、
桜の木の下に砂場とブランコが二つ、それに鉄棒がありました。
周囲には桜が何本も植わっていて、春は花吹雪の下で遊びました。
春には蕗取り、秋には裏山できのこ狩り授業などもありました。
近くには由緒ある山寺があって、春と秋には山坂を切り通した沿道に市が立ちました。

私の集落には同級生がいなくて、朝は隣の兄ちゃん、姉ちゃんと通いましたが
帰りは下校時間が変わるので1人です。
田んぼの真ん中にはば2mくらいの浅い小川があって、橋の上にカバンを置いて、
裸足で川に入って、運動靴で小鮒を捕まえたり花を摘んだり毎日道草を食いました。
4歳下の妹はまだ赤ん坊で、母が背負い籠で田んぼに連れて行っていたし、
近所の兄ちゃんたちが帰ってくるまでは遊び相手がなかったし…
あの頃、自然相手の一人遊びが上手な子になったのでしょうね。

私の学年は15人で1クラス、下の学年は11人でその下の7,8人しかいない学年と複式でした。
教室の真ん中に、石炭で焚く大きなだるまストーブがありました。
当番が、毎朝、小使いのおばさんからバケツに石炭をもらってきて炊きます。
冬には金網で囲ったストーブの上にお弁当箱を並べて暖めました。
まだ給食がないころで、みんなアルマイトの弁当箱に弁当をいれて持参していました。
昼近くなると、ご飯に載せた海苔が湯気で湿って分解して、
教室中にいろんなおかずの匂いがぷんぷんしていましたっけ。
4年生のときに脱脂粉乳のミルクだけの給食が始まりました。

分教場に通うのは4年生までで、5年生からは自転車を買ってもらって本校に通いました。
自転車も大人用しかなくて、家の裏のゆるい勾配のある道で一人で練習
バランスを崩して下の用水路に落ちて、唇を怪我したこともありました。
腐りかけた木の杭の破片が口に刺さったんです。
女の子なのに、顔に怪我をするなんて!
大事に育ててきたのに!って、おばあちゃんに叱られました。

5年生はコッペパンとミルクの給食、6年のときに副食も付くようになったのに
中学校はまた弁当でがっかりしたものです。
50年以上も前のことなのに、懐かしい景色が生き生きと色鮮やかに蘇ります。

その後しばらくして1日2本のバスが通るようになって分教場は閉鎖、
地域の集会所になって、消防団やいろんな寄り合いに使われるようになりました。
お酒好きの祖父が集会で酔いつぶれてトラになり、近所の叔父さんが自転車で知らせてくれました。
母とリヤカーを引いて迎えに行ったことも何度かありました。
田んぼの真ん中の1本道は街灯もなくて、暗くて寒かった。
祖父は地域では珍しく旧制の中学校をでた人で、周囲から一目置かれていましたが、
大トラになって迷惑をかけている姿を見て、のん兵衛は嫌いだと思いました。

跡取り娘だった私が21で結婚して家を出ることになったとき、
病気で臥せっていた祖父が、「姉ちゃん、良かったのう」と言ってくれたのを思い出します。
農家に嫁の来てもないし、婿に来る人なんてなかなかいない頃でした。
好きな人に嫁にいかせてもらえる幸せを、許してくれた祖父でした。

集会所は手を入れて、今も桜の木もそのまま地域の集会場になっているそうです。
近くのお寺さんは徳川様ゆかりの寺だそうで、改修して立派になり、
波の伊八作の欄間が葛飾北斎の波間の富士の参考になったとかで有名になり
今では観光バスがやってくるそうです。
きのこ狩りをした山裾は広い駐車場になって、新に桜が植えられていました。

懐かしいことを思い出させてもらいました。おかんさんありがとう。
[PR]

by isozineko | 2014-03-03 12:38 | 昔語り | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/21764824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fu-and-boro at 2014-03-03 17:05
isozineko さん素晴らしい場所で育ったのですね、
そしてそこがまだある・・・うらやましい。
サクラの木も姿は変えたけど学校もそのまま残っているなんて・・・
田舎暮らしの私ですがもうふるさとは誰も住まないゴーストタウンになっています。
訪ねても何処が何処だか分からない。 
isozineko さんがとてもうらやましい、ふるさとはちゃんと待っていてくれるのですね。
ふるさとを走り回っている幼い isozineko さんがその辺にいるかもしれませんね(笑)
おじいちゃんの武勇伝、 私の父もお酒に弱い人でして
外では飲みませんでしたが同じような光景に合ったことがありますよ。
私も酒飲み大嫌いでした、でも私はお酒に強い方でしたよ(爆)
Commented by isozineko at 2014-03-03 18:29 x
おかんさん:ペチカの話しから分教場のだるまストーブを思い出し、忘れていた懐かしいことを次々と思い出しました。
ほんとにありがとうございます。
実家には、今は86歳の母と93歳の祖母(母の長姉です)の2人が暮らしています。
再来年、仕事をやめたら1年くらいふるさとに戻って母のそばで暮らしてもいいかなあと近頃思い始めました。
夏休みには孫達を連れて行って、鮒を釣ったり、蚊帳をつって眠ったり、田舎暮らしの指南役をするのも楽しそうだなあと思っています。母の元気なうちにですよね。
Commented by taro01234 at 2014-03-04 22:21 x
そうできればお母さん・おばあさんは、さぞ喜ばれることでしょうね。トンボ玉ビジネスは、ネット販売もできますし。
Commented by kattyan62 at 2014-03-06 21:01
良い原体験だったと外に出て思えますでしょ?
何年か前に小学校の同窓会をするにあたって今の学校と通学路を写真に収めて皆に見せてやったんです。様変わりしたり、無くなった野菜の仲買い市場跡のアルバムにしたら神奈川県から来てくれた子は涙ぐんでハグ。
僕は63年前に入学したけど、通学路はアスファルトだったし給食もありました。全校生徒数は定かではありませんが、同学年生は200人くらいで中学校になると45人クラスが13。給食は無かったけど市役所が目の前にあって食堂へ何度か食べに行きました。お弁当を持って団地内の公園でも。懐かしくなってきたなぁ〜 最後に家と小学校は1km圏内で遊べるとこて無し。中学校で4kmくらいだったと思います。道中も家ばかりで、帰りには反対方向へ行ってトマトなど失敬してましたよ。
Commented by isozineko at 2014-03-07 18:35 x
かっちゃん:子ども時代は誰にとっても懐かしい思い出ですよね。
田舎で育ったことを幸せだと思っています。
子どもらも上の2人は九州の田舎育ちですよ。
石垣の方がよっぽど都会でした。
Commented by isozineko at 2014-03-08 07:41 x
taroさん:母にも子どもらにもまだ話していないのですが、気持ち的には膨らんできています。
自分で思い切らないと何も始まらないですよね。