野菜がない!

c0064389_1683094.jpg



イギリスの食事は期待できないと聞いていました。
お湯で溶く味噌汁や醤油、マヨネーズの小瓶などを持って行きましたが出番なし。
写真はちょっと素敵なレストランの魚料理です。
21人並んで座って、魚の大きさや、付け合わせの量が同じじゃないのにビックリ。
ローストビーフなんかも、3枚の人も4枚の人もいるというアバウトさ
日本の料理の彩りの美しさや、100人でも均一な盛り合わせ加減は驚異的なのでしょうね。
昨年はフランス研修でしたが、肉の大きさはまちまちだったそうです。
しかも、料理は期待はずれで酷かったそうで、両方参加した先輩方は、イギリスの方がずっと美味しいと言っていました。
イギリス7日の滞在中、食事でまずいと思ったのはなかった気がします。
でも量が半端なく多くて、フィッシュアンドチップスの魚フライなんかわら草履くらい大きかった。
その後出てきたチップスは日本でいうフライドポテトです。
それも小さいボールに山盛り1杯ずつ。
極め付けのデザートはサーバーでボール型にしたのが3つも。
いくら食い意地が貼った私でもあの食事の後では無理だわ!
でも、野菜がない!
どこでもメイン料理の付け合わせはグリーンピースとジャガイモと水煮缶トマトかスライス人参。
ビタミンCが足りません。
ホテルの朝食でも緑色はありませんでした。
緑と花いっぱいの街なのに、野菜を作らないのでしょうか?
スープもなくて喉にパサつくし、レストランでも水が出てくるのは半分くらいでした。
自由行動の1日以外は3食がセットされた旅行でしたが、飲み物はミネラルウォーター含めてすべて別料金。
安いワインも美味しくてグラス1杯2ー3ポンド、350円から500円くらいですね。
よく飲みました。
iPhoneから送信
[PR]

by isozineko | 2013-09-24 16:08 | イギリス訪問記 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/20767458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by にいにい at 2013-09-25 10:13 x
その調子だと体重計に乗るのが怖かったんでは?
アイルランド、イギリスの主食はジャガ芋だった時代に凶作で人口が半分になり、アメリカへも大量移民が出たそうで、移民した人たちがニューヨークを作ったとか。
団体だからの安心感もあったやろね。
Commented by isozineko at 2013-09-25 11:56
はい、団体のバス移動で日本人ガイド付。至れり尽くせりでした。
自由行動は最後の半日だけでした。
5,6人で地下鉄に乗って、コベントガーデンのマーケットにも行ったんですよ。
すごい人出で、皆さんとはぐれて1人行動になっちゃったんだけど、すごく楽しかった。
Commented by taro012345 at 2013-09-25 22:43
新鮮な野菜がないなんて、信じられな~い。
そういえば、うちの息子がケンブリッジで紅茶を頼んだら、ティバッグの紅茶が出てきてガッカリしたと言ってました。
Commented by isozineko at 2013-09-26 18:42
taroさん:普通の家庭がどんなものを食べているのか分かりません。
イギリスで暮らす沖縄県人会の方から、スーパーに行くとグリーンピースと人参トマトくらいで新鮮な野菜が少ないのに、ジャガイモは14,5種類も置いてあると聞きました。
歩いた裏町のお店でも果物を積んであるのは見ましたが、野菜は目に付かなかったです。