肩透かしの期待と締め出されたニャンコ

ホタルを見た翌日、昨日はホタルがすごかったよ と、先日ご一緒した人に報告した
誰と行ったのか真っ先に聞くから、俳句の仲間の○○さんと○さんと答えた
雨模様だったから、この前よりもっと多くて、2人とも感激していたよと報告した
また見に行こうと暗に匂わしたつもりだったが…
通じていなかったらしい

昨日、ホタルを見に行こうよ と誘ったら、もう見てきたという
え!と引きつりそうなのを抑えて、いつ?どこに?と聞いたら、私が報告したその晩その場所だって
私が蛍大好きで毎日でも行きたい人だって知ってるのに、どうして誘わなかったかな…
誰と?とたたみかけたいのをぐっとこらえて、にっこり
 そうなの?たくさん出た?と聞いてみた
その日も雨が降りそうで湿っていたから、やはりたくさん出たそうだ
別な蛍スポットを教わったからどんなか見に行きたいのだけれど
 降りそうな日が多く出るから、またにしましょう…なんて、こちらも肩透かし。 あらら…


最近、夜が忙しい
予定のない日は仕事帰りのジム通いに、週2回のダンスサークルと自主練習
合間にホタルを見に行ったり友人とお茶したり…
別サークルのダンス仲間と、月1のカラオケとおしゃべり交流会まで始まった
ますます家には寝に帰るだけのソトサマになっている
体力を考えればほどほどにしなきゃだけど、転居までもう3年をきったと思うともったいなくて…
それに、いつまでも1点集中で負担になってるみたいなのも感じたり…

留守中にニャンコのために小窓を開けておくのだけど、
先日、野良猫が我が物顔で出入りして、住処になりかけてるのを見つけた
減りが早いと思った餌も、大方はこいつが食べていたのかも?
見掛け倒しで弱っちくて、外に出たがらないニャンコを残して、日中も小窓を締める日が続いた
眠たがりの老猫だって、家の中に閉じ込められてばかりはいやらしい

2日前の晩の出掛けに、ニャンコが脱兎の如く足元をすり抜けて外に出た
そのまま外出したが、普段は帰る頃に玄関先で待ちかねているニャンコがいない
家に入れず、締め出されたと思ったかニャンコはそのまま帰ってこない
いつも、寝ている間におなかに乗って来て、重くて目が覚めると腰が痛いのだが
この2日は邪魔が入らなくて安眠が出来る
…とはいえ、いないと気にかかる

夕べは小窓を明けて寝たが、どこへ行ったものか朝まで帰らなかった
人の気持ちもニャンコの気持ちもなかなか難しい
雨が降らないからいいようなものだけど、どこで夜を過ごしているのやら…
にゃんこ や~い!
[PR]

by isozineko | 2013-05-03 12:53 | こころもよう | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/19997221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2013-05-06 08:57 x
蛍をとおして、いろんなことに及んできて、自分でも御しがたい心の動き、外からみていると面白くもあります。これも小説ネタになりそう。
いかがですか。
Commented by isozineko at 2013-05-06 10:11 x
ひと事なら面白いことも、自分ごとだと気がもめるのでして…
やきもちを焼いているなんて思われるのも癪なので、涼しい顔して実は内心穏やかならず…
やっぱり人事だと面白いでしょうね~。
ニャンコは3日目の夜に帰ってきて、何事もなげにご飯をねだりました。遅い時間まで私が帰らないと、諦めてどこかにねぐらを決めているようです。
この気ままさがニクイというかウラヤマシイというか…