濃霧発生

17日、夜7時過ぎ暮色の濃い西の空がやけに明るかった。
家並みの上におわんをかぶせたような感じで光が明るく籠って見えた
陸上競技場のバックライトだろうが、やけに空に反射していると思った
その後8:30ごろ、所用で外に出ると空気が湿って空がもやっている
陸上競技場入口当たりからから北上するとどんどんもやが濃くなる
広範囲の野焼きの煙が流れてきているような感じ
煙ならそこを過ぎれば薄くなるが、もうあたり一面が真っ白になって50m先が霞んでいる
普段なら東のほうに大浜、磯辺、宮良の高台集落の明かりが点々と見えるのに
まったく見えずに白い煙の中に沈んでいる
霧ならフロントガラスに細かい水滴がついて曇るだろうと思うのだがクリアなまま
まさかどこぞの細菌兵器が流れて来たなんて事はあるまいが、すこし煙っぽい匂いもするような…
時折渦巻いて流れる半透明の白い帯に、不気味さを感じ出した
ケータイネットで検索して、石垣島地方気象台に電話をかけた
今、石垣島地方に濃霧注意報を出したところだという
事故を起こさないように注意して進行するようにとご丁寧な注意までいただいた
濃霧はその後もずっと続いたようだ
翌日の新聞に、霧に霞む町の写真が掲載された
湿度は98%だったそうで、街灯の明かりまでぼんやりと霞んで幻想的だった
石垣に来て30年、こんな濃霧に出会ったことはないのでびっくりだった
[PR]

by isozineko | 2013-04-19 12:27 | 季節便り | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/19866188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]