ヤエヤマシタン開花

4,5日前からヤエヤマシタンの花が咲いています。
先々代の社長が駐車場の真ん中にある芝生の真ん中に細い木を植えたのが
10年あまり前でしょうか。
平久保にある天然記念物の大木の孫木だそうで、育てた方からいただいたのだそうです。
c0064389_18481816.jpg
c0064389_1849215.jpg

植えたのは、梅雨も終わった暑い日で、固い芝生に穴を掘って細い竹をつっかいぼうにしていました。
こんな暑いさなかに移植したって枯れるだろうと思いましたが、
社長は、記念物の木だから面倒を見てやってねと言われました。
正直なところ、植えるだけ植えた後は他人任せかい!と思いました。
水道の蛇口から離れているし、仕事の合間にバケツで水を運ぶのは大変です。
周囲からは、また花なんかいじってサボっている くらいにしか見られてないのを知ってましたし…
まじめに水をかけたのは最初のうちだけでした。

それがなんと生き延びて大きくなり、今年初めての花が咲いています。
レッドデータブックに載っている希少種で、ヤエヤマシタンの花を見たのも初めてでした。
木の下に立つと、風に乗って甘い香りがふわっと降りて来ます
目ざとい花蜂が飛び回っています。
花びら1枚は1㌢もない位で、菜の花の花びらに似ています。
上向きの房状に咲くマメ科の花みたいです。
風が吹くと花びらがひらひらと舞い降りてきます。
芝生に小さな花びらが挟まるように散り敷いています。
自然の木は逞しいですね。

自然の木と言えば、うちの窓の中の鉢植えのサクラランが今花を7つもつけています。
山歩きの好きな友人とバンナに始めて入ったとき、滝のそばで拾った小さいツルから育ったのです。
これも5,6年にはなるでしょうか。
年中開けっ放しの2階の窓辺で風も通るし、日のあたり加減も丁度いいのでしょうね。
夜になるとスパイシーな甘い香りが漂います。
[PR]

by isozineko | 2013-03-29 18:49 | 季節便り | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/19754504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2013-03-30 12:57
そんな希少な木を育てて、初めての花を咲かせた、なんてうれしいじゃありませんか。isozineko さんに、お礼を言いたかったのかもね。
私も、公園に希少だと言われている「からたちの木」でも植えてみようか。
Commented by Isozineko at 2013-04-01 11:33 x
まじめに育てなかったんですけど、初花が咲いたのはうれしいです。けっこう太くなってきたし、もう大丈夫でしょう。
ネット検索したら島内に33箇所100本以上があるらしいです。
島の北部の平久保と言うところにふたかかえもある天然記念物の大木があって、その木から落ちた種が育ったのを採って来て植えているところが多いみたいです。
ちゃんと育っているかどうかは不明ですが。
からたちの木って、島倉千代子のからたち日記を思い出します。
古い人間ですね~。
Commented by kattyan62 at 2013-04-01 17:22
稀少とか絶滅危惧種と言われると懸命に護ろうとするもんで、社長も勝手な人ですね。
Commented by isozineko at 2013-04-02 12:38 x
かっちゃん:勝手な人というわけでなくて、花鉢のせわをするのは私だけだったから、ついでにやってというつもりだったのでしょう。新社屋が出来た後だから、記念に植えたのかもしれません。
室内からは見えない場所なので分かりませんが、もしかしたら社長も水をかけたかもしれませんね。花は好きな方だったし…