ねじりレース玉覚書

ねじりレース
半透明と透明の緑と黄色、半透明の水色を2センチずつ切る。
半透明をシャフトに付け、周囲に他の3本を貼り付ける。
熱してつぶし、つなぎ目が少し開いているくらいで、ソーダの細引きを塗りつける。
*ソーダは定位置に置きシャフトのほうを動かすこと。
よく暖めて根本をシャフトに付けたら先端も集める。先端を集めて捨て、冷ます。
尖った先端から中央を暖めてポンテを付け、2,3ミリ引き出したら左右を持ち替える。
暖めながらねじり、レースを引く
2,3センチ引いたら逆回し、4,5㌢引いたら逆回しして、長さをランダムにしておくこと。
*一定間隔だと玉の同じ場所で逆回しが重なる。中央が太くなっても面白い。

半透明か、レースの1色で玉を作り、口を少しすぼめる。
*玉と同色のレースが強調される
端からレースを巻くが、先端は2周目で隠し、レースの間隔を少し空ける。最後は添わせる。
全体を暖めてレースを寄せ集める。
ほぼ溶けたら火から出して20秒ほど冷まし、シャフトをグリップさせる。
外を暖めて玉を整形する。
長くしたいときは途中で少し口をすぼめた後、また中央を暖めて伸ばす
[PR]

by isozineko | 2013-01-11 12:23 | とんぼ玉 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/19120215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]