あ~あ!

台風が行ってしまったら、早速オスプレイが飛んできた
あれだけ反対運動が盛り上がって、県知事が何度も要請に出向いているのに
なんの効果もなくて、アメリカが予定したそのまんまの強行配備

アメリカとの飛行ルートや訓練時間の協定だってないに等しい
「出来る限り」「支障のない範囲で」って、何?
裁量はみんなアメリカ任せってことで、理由が付けばなんだって許すってことだよね

こんなことを繰り返しされたら、何やったって無駄な気がしてくる
大事の前の小事?
国の利益のために我慢するだけしろってことか!
そこに住んでる人のことなんてかまっていられないってことか!

いつまでたっても敗戦国日本!情けないったら!!
[PR]

by isozineko | 2012-10-02 13:21 | こころもよう | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/18517403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2012-10-02 15:37
政治家は選挙に次いで外交が最大関心事なんでしょう。数ヶ月もすると騒ぎは治まり、事故が起こって再燃するだろうと確信しているんですね。コンピューター制御でないと飛べないステルスって飛行機もあります。彼らには現場の現実感がありません。机上の空論にツバしているのです。日本人が中国のデモのようなことができたらと思う時がありますね。
Commented by isozineko at 2012-10-03 11:47 x
中国のデモを見ていると、脅威に感じますね。
自分や家族の生活とか考えてしまうと、なかなか捨て身にはなれないです。
例えば、私ら年配者が孫子のために命を捨てる覚悟で結束して訴えをすれば…なんて覚悟はないかなあ、いざとなればじじばばも命が惜しい。
Commented by taro012345 at 2012-10-04 21:10 x
広いアメリカでさえ、危険で飛ばすのが困難なのに、住宅密集地に飛ばしているこの先、何が起きるか政治家もアメリカ軍もわかっているはずです。
原爆投下した日本蔑視の思想すら感じます。
Commented by isozineko at 2012-10-05 10:04 x
taroさん:次々飛来したオスプレイですが、昨日は2機が飛行訓練の下見で2時間の飛行をしたそうです。
昨日のニュースを見てびっくりでしたが、普天間上空のヘリモード変換時の危険ばかり考えていましたが、ヘリは沖縄にたくさんある基地間を移動するものでした。
飛行機と違って低空ですから、被害は普天間基地周辺だけではなかった。
沖縄本島各地の上空を数機が相当な爆音をたてて飛び回るので、沖縄各地で騒音被害をこうむることになるのですね。