ばあちゃんが大もてだって

日曜日、暇をもてあましていた昼下がり、息子から電話があった
先日、今月の研修日程が金曜に決まったので
土日の休みをとって行きたいが都合はどうかと、娘と息子にメールをしておいた
息子から、自分のところに連泊でもいいよとうれしい返事だった

5月のこどもの日に行った折り、娘の家にあったおもちゃのボールハウスを
息子の1歳半の娘がとても気に入ったようだった
娘の子供達にはこいのぼりを買ってやっていたが、息子の娘には何もしていなかった
空港まで送ってもらった別れ際に、同じものを買ってやってとお金を渡した
帰りに早速トイランドで購入したそうで、大のお気に入りになっているという

息子は律儀にも、ばあちゃんがくれたんだよと言い聞かせているとかで
小さい孫娘はばあちゃんと一緒に写った写真をみては、「ばあちゃん」と親しんでいるらしい
ばあちゃんの株は上がりっぱなしだよと息子は笑う ~ ヨイショが過ぎるよね
電話口に出た孫は「こんにちわ」と言ったきり、もじもじ恥ずかしそうにしているらしい
ばあちゃんは目じりが下がりっぱなしで、今度は何をして遊ぼうかと考える

c0064389_13253769.jpg

家は設計士と相談しながら詰めている段階で、65坪の土地に24,5坪の平屋になるらしい
2階があるといいなあと思っていたが、相談できる距離でもないし予算の都合もあろう
余計な口出しは無用だと思って全部任せることにしている
庭を広めに開けるというから、好きな花をあれこれ植えられるなあ…と楽しみ
年内には形になるだろうか
[PR]

by isozineko | 2012-06-04 12:58 | 孫たち | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/18057106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2012-06-05 09:32 x
ボールハウスって、ダンボールの家?だろうと、かってに想像しています。小さな子は、こんなのが好きですね。
ほんとの家も着々と進んでいるようで、お得意のガーデニングでばあちゃんの出番もありそうです。大きな決断が順調に進んでいますね。
Commented by isozineko at 2012-06-05 10:40 x
taroさん:ボールハウスはカラフルなソフトボールが100個も入った組み立て式の小さな家です。縦横高さとも120センチくらい。
エンビのパイプをジョイントでつないで枠組みして、ドアや窓をプリントした布をジョイントに結び付けてあります。
2年前、次男の娘の1歳の誕生日プレゼントに買った家は強化ダンボールの硬い素材でした。
とても喜んでくれたので、長男の孫にもと思っていました。
娘のところでこのボールハウスを見て、私が一目ぼれしたんです。
Commented by kattyan62 at 2012-06-05 22:48
いや〜何よりですなぁ〜 孫さんが「ばあちゃん」を優しい人と認識してくれたらしめたもん。甘やかすのが婆ちゃんの仕事みたいなもんやさかい。此処の孫らも親から叱られると祖父母の部屋へ逃げ込むそうで、逃げ道があるのがよろしいなぁ〜
祖父母は庭の一部に部屋を造り暮らしています。庭の手入れと洗濯が祖父母の役目だとか。楽はさせてもらえそうにないかもね。
Commented by isozineko at 2012-06-06 10:09 x
子育て経験が長いばあちゃんは、若いママよりいろんな遊びを知っています。
孫のたどたどしい歌にもすぐ反応して歌えるし、小さい子の思考パターンも想像できます。
保育園の先生並みに親しんでもらえてるのかもしれません。
kattyan流に言えばたまに見るパンダでしょう。
Commented by にいにい at 2012-06-06 14:11 x
珍しくて面白いもん。そうかもね。今は欲しがる物も小遣いで何とかなるけど、中学〜高校生ともなると数万円もするようになりまっせ。親は「高いもんはおばあちゃんに頼め」と言うそうです。ハハハ、脛が痛みますでしょうなぁ〜
Commented by isozineko at 2012-06-06 16:02 x
娘息子からちょっと用立ててと無心されることがあります。
できるのは仕事をしている間だけだよ。早く自立しないと、年金生活になったら年間収入は5,60万しかないんだからねと釘を刺しています。
孫の誕生日プレゼントは本と宣言しているし、脛をかじるのもあと2,3年でしょう。
家が出来たら私に残るのは葬式代くらいのものです。
散々かじられたし、次は私がかじる番でしょうね。