今日の石垣島~センダンが咲きだした

夕方4時過ぎから外出。
昨日はあまりに集金が多くてあせりまくって飛ばしたが、今日はちょっと余裕
営業車が空かなくて出発がだいぶ遅れたが、助手席にはカメラも

1の橋の下は大きく潮が引いて川床がすっかり露出していた
車の窓から横目で鷺の姿はないかと見たが、目に付かなかった
収穫の済んだキビ畑をトラクターがすき起こしていた
ひっくり返された土が陽光を反射して銀ねず色に光ってきれいだ
c0064389_19264547.jpg

畝の間をアマサギが10羽ほど群れて虫を漁っていた
頭部から首にかけての色が婚姻色の黄色っぽいベージュになっている
尼さんの頭巾をかぶったように見えるからアマサギというんだったかな?

バンナ公演の西の入り口ではセンダンの花が薄紫の雲のように咲き出していた
c0064389_19275485.jpg

名蔵の取引先に請求書を置いてから、於茂登林道に廻ってみた
日中は曇ってはいたが20度くらいはあったようだ。
夕方になって風が少し冷たいと思ったが、山の霊気かも?

落ち始めた太陽が木立の幹を斜めの縞模様に染めて、所々明るい
林道はホタルの時期には早いせいか通る人も少ないようだ
ヒカゲヘゴの林はシンとして何かこの世ならぬものが出てきそうな気配
c0064389_19342129.jpg

木立が密集したあたりは、乾いた落ち葉が道いっぱいに積もっていて轍の跡もない
ゆっくり走るとタイヤの下でカラカラミシミシと乾いた葉のつぶれる音がする
やっぱり、一人で来るところじゃないかも…心持急いで通る

陽だまりにバライチゴの白い花が咲き残って、小さい青い実が膨らんでいた
クチナシが濃緑の葉の上に一重の風車のような白い花を点々と開いている
c0064389_19413878.jpg

もう濃い黄色のクチナシ色に変色した花もいくつかある
コンロンカがちらほら咲きだして、季節はうるずんに向かっているようだ

林が切れたところから下の道に下りてダム沿いを戻ってきたら
不意に黒塗りの乗用車が現われて細い林道を譲り合う。
c0064389_19303645.jpg

すれ違いざまに運転席の男性が「ご苦労様です」と笑顔で声をかけてきた
にっこりと目礼して通り過ぎると、後ろにもう1台白い軽自動車。
石垣市の車だったが、視察だろうか。

バンナを東に廻り石垣ダムの横を抜けると、湖面には鴨がたくさん浮かんでいた
ここにもセンダンがあるが、まだ蕾のほうが多くて香りも感じない
c0064389_19315431.jpg

バラビドーの畑ではタバコの苗が育ち始めていた
その向こうに於茂登連山が連なって、春霞がかかったような空の水色が美しい
c0064389_19323933.jpg

1時間に満たない林道ドライブだったが
疲れ果てていた体を山の気が少し癒してくれたような気がする
[PR]

by isozineko | 2012-03-13 19:35 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/17656671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2012-03-17 19:27
窓からマイナスイオンの空気を取り込んで胸いっぱいに吸い込んだら寿命が延びそうな気がするんでしょうね。 此処では杉が殆どですから、自転車で里山を走る楽しみも少ないです。しかし、大阪のコンクリートとアスファルトよりは人間らしいと思って楽しんでいるんですよ。センダンって漢方薬になった?
Commented by isozineko at 2012-03-19 10:17 x
「栴檀は双葉より芳(かんば)し」のことわざで知られるが、これはセンダンではなくビャクダン(白檀)を指す。センダン(栴檀)は、センダン科センダン属の落葉高木。と辞書にありました。1㌢ほどの青臭い緑色の実が鈴なりに付きます。
漢方薬になるかどうかは知りませんが、満開の花の下はすがすがしい甘い香りがします。