覚書 反省しきり

年末22日に沖縄本島に行ったとき、子どもらに来たよと電話した
みんな暮れの追い込み仕事で忙しいようで留守電になる
次男は留守電にもならないので、嫁の留守電に伝言を残した。
翌日の天皇誕生日に都合がついて、長男次男家族とランチをした
長男がボーナスをもらったからお母さんの分は自分が出すと言ってくれたのを
私ももらったし、あんたより多いはずよと要らんことを言ってみんなの分を払った

クリスマスプレゼントのつもりだったけど、後で思えば、
せっかくあんなふうに言ってくれたのに、
ありがとう。それじゃ、ご馳走になろうねと喜んでいれば長男も気持ちが良かったものを
親風吹かして出鼻をくじくようなことを言ってしまった
それで、誕生日にメールも来ないなんて、親としては了見が狭い
私がそういう風に仕向けてしまったんだよね

そういえば、次男に誘いの電話をした後のこと
次男がボソッと、
 嫁が「お母さんは冷たい。自分に電話をくれない。」と言ってたから、電話してやってね。
私としては嫁を嫌っているわけではないし、むしろ逆
嫁は二人ともいい娘だし可愛い。よく嫁にきてくれたと思っている
でも、嫁にしてみれば、あまり姑に干渉されたくないだろうと思うので、つい、遠慮が出る

電話も、変に気を回さないように言葉を選ばなくてはと思うと、直にはしにくいと言うか…
つい息子にかけることになる。
口のきつい長女のところなんか、敷居が高い気がして、婿の携帯にかけたことは1度もない
7年もなるのに番号を知ったのもごく最近という始末

こちらが思うほど、嫁も婿も気にしていないのかもしれないけど、
私の姑が外面は良かったけどけっこう厳しい人で、何気ない言葉に気が重くなった
それで、嫁たちもそうだろうな~と、つい思ってしまうのよね。

触らぬ神になんとやらで、無難な選をいけば、余計な電話をかけないこと
それで電話もなくて淋しい。
年取ったら子どもらに見放されるかも?と思うなんて、親の勝手
これはやはり自分で蒔いた種だよね?

人の身になって考えると言うのはなかなかに難しい。
今年は大殺界だと思っているのと、(気にしないで置こうと思うけど気になる)
よそさんから妙なメールをもらっちゃったせいもあって、
バイオリズムが低迷気味かもね

さて、
ヘタな考え休むに似たり、小人閑居して不善を成す
あほな事考えてないで、土曜日だし、ぱっと踊りにでも行ってこよ!
[PR]

by isozineko | 2012-01-07 19:14 | 日記 | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/17290421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2012-01-07 23:06
なんと、率直な。どれもこれもそのまま私であります!
嫁、姑の関係もお互い気遣いつつ疎になりがちなのがほとんどではないでしょうか。なかには相手の懐に入る作戦の嫁さんもいまして、産後のお世話をしてもらいに姑の
家に押しかけた人も知っています。外国の嫁姑はどうなんでしょうね。
Commented by kattyan62 at 2012-01-08 20:45
僕が息子からメールを受けたのは昨年です。婿とは一度もメール&電話をし合っていません。二人とも会えば話をしますが、親子と云うより男同士の会話になり、仕事のことが多いです。娘とは何でも話し合うのにね。その昔、嫁に宣言したことがあります。実父と違って過去がないから、お互いに誤解をしないことが重要だから、あれっ?と思ったら何でも聞いてくれたらいいと。嫌なことは拒否したらいいとも。それが人格を云々することはないとも。みっちゃんは、やはり遠慮があったのでしょう、訪ねることもしませんでしたね。お嫁さんと根本的なことを宣言されたらいかがでしょうね。 食事をしながらがいいと考えているんですよ。
Commented by isozineko at 2012-01-09 09:57 x
taroさんもですか。
相手の懐に入る作戦というのはいいかもしれませんね。
みんなあなたに任すから、いいようにやってね。だとプレッシャーでしょうか?
「おきなわのうわさ話」というサイトがあります。
ここには身の回りのさまざまな問題がジャンル分けされて投稿、意見が飛び交っていまして、嫁姑問題は主に嫁の側からの投稿が多いです。
普段にパソコンを使う環境がある点で30-40台が多いのかもしれませんが、嫁の立場の本音トークにドッキリすることが多いです。
Commented by isozineko at 2012-01-09 10:51 x
にいにい、それぞれの家庭を作っていくのはあなた達夫婦だから、二人でよく話し合って決めなさい。困ったことがあれば、何でも気兼ねなく言ってねと嫁たちには話しています。
将来同居することになれば、それなりの話は必要でしょうね。
次男は家庭人としては暢気すぎなので、苦労人の嫁に一任しています。
高校時代から付き合いのあった子なので、気安い面はあります。嫁の親御さんの近くに住んでいるので婿にやったような状況ながら、先様ははあっさりしたもので私とはほとんど交流なし。
長男のほうは家庭環境について問題はないと思っています。遠方から嫁に来ているので、わが身に照らしても親御さんの心配はよく分かりますね。
Commented at 2012-01-10 18:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。