昔話ー39年前のイブのこと

39年前の1昨日クリスマスイブ、東京は大雨で嵐のような天気でした。
某会館で文金高島田の私は21歳。
雨降って地固まると、叔父が餞の言葉を言ってくれました。
地は固まらなかったけど、あの雨は慈雨だったのでしょう。
4人の子どもに恵まれ、今は孫も6人になりました。
Commented by kattyan62 at 2011-12-27 00:09

★isozinekoさん、39年前と云えば僕は26歳。娘が生まれていましたね。
クリスマスイブに式を、今がどうであろうと最高のイブだったことでしょうね。
写真を見たいですね、花嫁姿。
子どもが結婚して7人ですね。それに6人のお孫さん。
Commented by isozineko at 2011-12-27 19:39

当時はクリスマスの前の日と言うだけで、イブの意識はありませんでした。
式は現役の教師だった夫の両親が、冬休みになってすぐという意味での24日だったのです。
12月も24日と言うのに、台風並みの吹き降りで、玄関を出てすぐお気に入りの赤い唐笠が破れました。
凄い雨で、振袖を着る予定だった従姉妹や友人たちは急遽洋服に変更、
帰りは総武線が途中駅から先が浸水したとかで2,3日止まり、
道路もあちこち冠水してバスも出ず、お客さんは1泊してタクシーで回り道して帰ったそうです。
今思えば、大波乱の幕開けだったんですね。


あれから39年たち、私は還暦を迎えました。
長かったような、そうでもないような…
悔しかったことも、淋しかったことも、泣いたこともありました。
それに幸せだったこともたくさんね。

もう1度同じ人生をするかと聞かれれば、それもイイカモ…と思います。
でも、今度はもう少し上手に立ち回って、自分の居場所ぐらい確保しておくでしょうね。
c0064389_19354897.jpg

移転した消防署あとに灯されたクリスマスツリー
[PR]

by isozineko | 2011-12-27 19:51 | こころもよう | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/17251182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]