十三夜はとぅばらーま大会

9月12日は旧暦の8月15日にあたり中秋の名月だった
八重山では月の美しいのは十三夜だというが10日がその十三夜だった
ススキの穂の間に見える大きな月を撮りたくて、十三夜の10日に下見に行った
7時前には月が出るのに太陽はまだ沈みきらず空が明るい
すみれ色に暮れかかる頃には月はもうだいぶ上がっていた
草の穂のはるか上に光り出した十三夜のお月様
c0064389_18192423.jpg

石垣市ではこの十三夜の晩にトゥバラーマ大会がある
三線を弾きながら思いのたけを歌い上げる情歌で、美しい調べはまさに八重山を代表する歌だ
大会では予備審査を通った23人の歌者が登場して思いを込めて朗々と歌い上げる
節回しの妙を審査する歌唱の部と、市民から応募のあった新しい歌詞の審査がある
もう60年も前からあるそうで、今は石垣市が主催して1大イベントになっている
c0064389_1821141.jpg
        写真は数年前雨の日に市民会館に場所を移してやったときのものです

私のトゥバラーマとの出会いは、一家で石垣に帰って来た30年前にさかのぼる
その頃は市役所が会場で、正面玄関横の1段高いところに舞台をしつらえていた
音質のあまり良くないマイクで音量をいっぱいにあげた大会だったが、観客は耳を傾けた
私も姑に連れられて、駐車場の前のほうにゴザをしいた
姑が解説してくれたが、方言で歌われる歌詞はまるで意味が分からなかった
それでも月の下で聞くトゥバラーマのメロディーの美しさは心に深く沁みた
歌者の上手下手は審査員の講評を待つまでもなく観客の耳が確かに聞き分ける
上手な歌には歌い出しから指笛がいくつも鳴り、大きな拍手が起こった

その後もいろいろなところで生のトゥバラーマを聴く機会があったが
知人の畑で催された月見の宴で聞いたトゥバラーマは絶品だった
今年はFM石垣が中継をするというのでラジオで聞いていたが
やっぱり物足りなくて、途中から出かけていった
真栄里公園に会場が移って、広い公園は人であふれ、交通整理のパトカーも出ていた
23人が歌い終わる頃から大粒の雨が落ち出して帰ってきたので
今年のチャンピオンの歌は聴きそびれてしまったが、NHKのニュースになっていた
[PR]

by isozineko | 2011-09-13 18:21 | 季節便り | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/16848315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fu-and-boro at 2011-09-14 10:57
一度聞いてみたいですね、
isozineko さんにとっても色々思い出のある大会なのですね。
十五夜は残念ながら札幌は雨でした、  
でもほんの数分ですが ぼんやりとお月さまを見ることが出来たのですよ。
私は一抱えススキを取ってきて供えました。
ニャンズが狙うのですぐに玄関の高いところに写しましたが豪華でした。
12日の投稿でリンク貼らせていただきました、(事後承諾ですみません)
Commented by isozineko at 2011-09-14 14:02
どうぞ、かまいません。
トゥバラーマで検索すれば動画もあるはずですよ。
大会の雰囲気は伝わらないかもしれませんが、トゥバラーマを聞いていただくことはできるはず。
FM局が、大会の収録を後日番組にすると言っていました。
ネットで聞けると思うので、分かったらブログで書き込みしますね。
Commented by kattyan62 at 2011-09-15 08:29
トゥパラーマってインドの言葉のみたいですね。
先日、i phoneのアプリでラジオ放送を受信できるものを見付けて買ったのに、沖縄のはあるのに、石垣サンサンが無い。
あれば、色んなイベントの中継が聴けたのに。悔しいですよ
Commented by isozineko at 2011-09-15 12:39 x
そういわれてみればインドの言葉に響きが似ていますね。
76.1MHzですが、普通のFMラジオでは拾えないのでしょうね。