友達

独居老人の独り言だなんてタイトルで、時として淋しい苦しい胸のうちをかいた方がいました
身につまされてね、私だってその気持ちよく分かる
多分、独居老人でなくたって似たようなこと思うはずだよ
連れ合いがいたって心の寂しさは埋められないことだってあるし
大家族の中で孤独を抱えてしまう人だっているだろうし…

普段は忙しい振りして自分を追い込んでいてもあるとき不意に訪れる無力感
暮らしはがんばれば何とかなる
それでも、心に開いた穴って、どうしようもなく孤独なんだよね
要はどうやってそこを抜け出すか
やっぱり自分を気遣ってくれる誰かがいるんだって思うことしかないよ
電話1本で気持ちが救われるって事あるもの

だいぶ前にブログでコメントやり取りしていた方がいてね
外国へもどんどん出張するような会社の社長さんだったみたい
仕事の合間の気分転換かな?短い分と写真で身の回りのいろんなこと紹介していた
そのうちブログどころじゃなくなったんでしょうね、閉じてしまった
閉じる前、困ったときにはこちらへといって個人メールを教えてくれた
1度も電話もメールもしたことがないし、本名も知らない
ものすごくうれしかった
どうしようもないときに力になってくれる人がいるって思うだけで踏ん張れる
でも、かけてみようと思ったことはないのお守りだから

あれからもう3年余りなるかな、お守りはお守りのまま 番号も忘れた
たぶん、お守りの効力も時効だよね、番号だって変わっているかも
遠くの親戚より近くの他人っていう。私だってきっと誰かの力になれる
地理的には遠くてもバーチャルの友達でも気持ちを支えあうことってできると思うんだ
私だってずいぶん支えられているもの
[PR]

by isozineko | 2011-08-01 13:13 | こころもよう | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/16672218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2011-08-04 10:05 x
誰しも、時に孤独感にさいなまれることがありますね。家族がいてもです。
忙しさをよそおって、そこから抜け出す人が大方でしょう。逃げなので、いつかまた繰り返します。
人によってはそうもいかないから、考え、考え鬱になるのかもしれません。
誰しもあることなのだから、正しい対応法があってよかろうと思うのですがね。

Commented by isozineko at 2011-08-05 17:09 x
taroさんにも孤独を感じるときがありますか。
家族がいてもというところがミソですね。
以前、他所に慰めを求めて、義姉から子どもも私たちもいるじゃないのといわれたことがありました。
もちろん、身内にまで見放されたら人生真っ暗でしょうが、心の隙間を埋めるのは身内じゃだめなんですよ。
だって家族にはあてにされて(必要にされて)当然、でも、他人様に必要とされなければ、社会的に生きている甲斐がないと思ってしまうんです。
他所の誰かに必要とされる喜びが満足なんですから。
いくつになっても子どもと一緒です。
私を見て、私を必要だ(好きだ)と言って…ってね。
Commented at 2011-08-06 12:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。