娘とソテツの花

娘が友達の結婚式に参列するために川崎から帰ってきました。
末っ子娘ももうじき25歳、クリスマスケーキじゃないけどいい歳です。
友達の中には子どもが2、3人いる子もいるんです。
お昼ごはんに付き合いなさいと呼び出して、期間限定の竹の子ご飯を食べに行きました

都会へ行って半年しかならないのに、もうすっかり都会っ子みたい!
カルキの多量に入った水で色白に磨きがかかった長い手足を惜しげもなく出して、
茶色い髪に黒いレースの上着を羽織って膝丈のパンツに生足
長いつけまつげをバタバタ、黒目を強調したカラーコンタクト
派手というのじゃないけどどう見てもオミズっぽい??
都会の娘はこんな風なんでしょうかね
友達が待っている、5,6人の髪をセットしないといけないという娘を団地まで送りました
美容師の免許はとったけど、ネイルのほうに行ってしまったので
せっかくの資格も友達の間でだけ役に立っているみたいです

さてさて、回り道して寄った空港進入路は今はソテツの花盛りです
これは雌花、小さなソテツシジミ蝶がくっついています
c0064389_12564194.jpg

c0064389_12571326.jpg

可愛いけど、これが厄介でどんどん増えて葉っぱをみんな食べてしまうんです
こちらは雄花、なるほどと思いますね
c0064389_12575866.jpg

c0064389_12582787.jpg

頭が二つあるのも三つあるのもあります
写真を撮っている間に霧雨が降って虹がかかりました
c0064389_125853100.jpg

[PR]

by isozineko | 2011-05-23 12:50 | 季節便り | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/16367124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2011-05-24 11:18
都会の夜の街を歩くと、派手な恰好をしてるのは場末のお水さんで、高級なお店では素人っぽい衣装や化粧をしています。
お嬢さんが派手になったのは、普通のOLでは許されないけど、自由な化粧が出来、むしろ派手さが好まれる業界だからですよね。
いつも思うのですが、客よりスタッフの方が美人ってのは罪だろうって。
25歳を云々しなくても良い時代になりましたよ。中には子供が居てって人も居るのは確かです。みっちゃんの25歳の時は6歳と4歳の子持ちでした。若くして祖母にもなり、孫の守をする時に若くて良かった〜な〜んて言ってましたが、子守りも体力勝負ですものね。
久しぶりの母娘対面。楽しみましたね。
Commented by kattyan62 at 2011-05-24 11:19
追伸 元気になりました。ご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。
神社に参ってくれた? 参ってないって? そらあかん。長引いた訳や。アッハハハ
Commented by isozineko at 2011-05-24 11:27 x
神社ににいにいの会報祈願ねぇ、
すんまへんなぁ 思いつきまへんやったわ
自力でなおさはったんやさけ立派なもんでんな