うりずん到来

2,3日前から空気がよどんでいます。
バンナは低く雲が垂れ込めてまるで箱根の山の道みたい。
今年は梅雨が早いのかもしれません。
c0064389_19483653.jpg

今日は最終便が雲のセイで欠航になっているようです。
余談だけど、航空会社の機材調整などで最終便が欠航だとホテルを取ってくれるけど
天候が原因だと航空会社はあずかり知らぬことになるんです
台風の欠航だとそれなりの対応をするんですけど、1便だけだと自己責任
帰れる予定でお金もカードも持ってないと、野宿するしかないですね

今日は集金が広範囲だったので、バンナの遊歩道を抜けて東のほうへ出ました。
途中、ちょっと寄り道して例のバライチゴを見に行きましたらこの通り
c0064389_1952398.jpg

熟れたイチゴをつまんでみたらくにゅっとつぶれて、ほの甘くて美味しかった
スズメノウリの小さい実が鈴なりになっていました。
テッポウユリもアマリリスも終わりに近くなり、ゲットウの花が咲き出しました。
ダムの堤防で野生のグラジオラスが咲いていました。
昔は野山一面にテッポウユリやグラジオラスが咲いたそうですが
農地整理と開発で少なくなり、残ったものを自分の家の庭に移植する人がいて
今では野原ではめったに見られません。
繁殖力のすさまじいゲットウは、すぐに大株になるので家では嫌われるみたい。
花は中華の桃饅頭のような形で、小さいけれど房になって咲きます。
露を含んだ花は楚々とした可愛い乙女のようなのです。

どこかでアカショウビンの鳴き声がしていました。
まだ練習中のようで、独特のキョロロロロといういい声には遠かったです。
牧草地は露を含んで緑が燃えるようでした。
胸いっぱい美味しい空気を吸い込んで、リフレッシュ。
大好きな季節の到来です。
[PR]

by isozineko | 2011-04-30 19:53 | 季節便り | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/16262920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2011-05-01 18:59
お正月がついさっきだったのに、もうツユかな?って季節になってしまっていたんですね。
バライチゴを賞味して、鳥の声を楽しんでとは外回りの利点ですね。大阪では、外回りの人がパチンコ屋へ入っているのは、よく聞く話です。利き過ぎる冷房で涼んでいるんですって。
僕が聞いて判るのはホーホケキョくらいです。若鳥の練習中とかで下手なんです。口笛で教えてやったんですがね。
霧が迫ってくるのは、山との組み合わせが幽玄の世界だすな。
Commented by isozineko at 2011-05-02 11:07 x
にいにい、八重山地方は4月30日に梅雨入りしたそうです。
例年より9日早いとか、いつもはゴールデンウイーク明けなんです。
空気が湿っていて室内も飽和状態、蒸し暑いです。
植物にはいい環境でしょうが、衣類や新聞紙などもシメ~っとしています。
Commented by kattyan62 at 2011-05-02 17:06
沖縄や石垣島の家屋は、湿気でカビるのを防ぐ工夫がされているんですってね。開放的なんでしょうね。
新聞は兎も角としても、衣服の湿気は辛そう〜 
Commented by isozineko at 2011-05-03 16:01 x
昔の家は風通しのよい赤がわらで軒が低く、周囲は板戸で囲われていました。
朝にはガラガラと板戸を開け、日中はそのまま書きもせず出かける。
仏壇のある1番座は外から丸見えで、風も人目も通り放題。
お勝手や裏座は直接には見えない作りで、風通しはよかったようです。
人口も少ないし他所の集落とは離れているし、同じ地域はみな顔見知り、泥棒もいなかったのでしょうね。
今はコンクリート住宅が増えて台風には強くなったけど、機密性が高くて風は通らず、クーラーのお世話になりっぱなし。
人口が増えて集落はくっつき、移住者もたくさんになりました。
鍵を掛けなくては、うっかり外出もできません。