孫誕生とサクララン

長女の3人目の子どもが11日に誕生、やっぱり男の子だった
3月中に生まれそう?いや、予定日ごろか?とさんざん気を持たせて
その予定日からも5日遅れての誕生だった
微弱陣痛や遊び陣痛で予定が定まらず、病院からもまだと帰されてその晩、
夜中に病院に行った娘は2回いきんだだけで生まれてしまったとか
一緒にがんばろうと励ましてくれた医師が、白衣の袖も通す間がなかったそうで 
たった40分のお産、体力も使わなかったとけろりとしている
とりあげた医師が「元気な女の子ですよ」と言ったのでエッと笑いかけたら言い間違いで男の子
できれば女の子も欲しい娘には一瞬の喜びだったそうだ
遅れた文巨大児かと思えば3000gに満たない小顔の赤ん坊で
泣き声も女の子みたいに可愛いのだとか
2番目は最初から野太い声で顔も男らしかった
娘に言ったら叱られそうだが…
無責任なばあばは、まさかオカマにならないだろうねなんてチラッと思ったりしたが
それならそれでいいかも?
なんにしてもまあ、安産でよかった

我が家では、1昨年の山歩きで拾ってきた小さなサクラランが育って室内で花が咲いた
毎朝、花弁の先端に水滴を膨らませている
外からの光を透かして水晶のようにいくつも光って、とてもきれい
c0064389_19535986.jpg

インターコンチネンタルホテルの外のデイゴが真っ赤に咲いていた
カラスが3羽花の中にくちばしを突っ込んで密をすすっているらしい
ヒメコバチにやられて瀕死のデイゴに薬を注入してあちこちで再生している
1本700円もする薬が2~5本も必要とかで、市民上げて寄付を募っての再生だった
せっかく開いたばかりのデイゴなのに赤い花びらがいくつも地面に落ちていた
c0064389_19543347.jpg

c0064389_19544763.jpg

[PR]

by isozineko | 2011-04-13 19:55 | 季節便り | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/16185849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taro012345 at 2011-04-14 13:43 x
ご安産、なによりでした。小さく産んでといいますから、親子の無事を願う名言です。私は五体満足なら、男でも女でもよかろうと思ったものです。
Commented by kattyan62 at 2011-04-15 11:59
無事の出産おめでとう。日本の将来を担う子供こそが国の宝。
小さく産んで大きく育つのが楽しみですね。英才教育を? 
サクラランって初めて見たけど可愛い花びらで、isozinekoさんに似合う花ですね。そんなイメージを持ってます。
Commented by fu-and-boro at 2011-04-17 08:39
おめでとうございます。
すごい安産、何よりでした。
・・・そうです!小さく生んで大きく育てる・・・ですよ。
元気な子のなると思いますよ、 おばあちゃん おめでとう!

サクラランを山から拾ってきた・・・・・
なんて羨ましい事でしょう、  山に自生しているのですね、
こちらでは鉢植えで店頭に並んでいるか(高価です)植物園の温室へ・・・です。
そちらに行った時は絶対に枝を入手しよう(笑)
滅びいく植物もあるのですね、
デイゴ・・・、げんきに育ってくれるといいですね。
Commented by isozineko at 2011-04-26 18:01 x
taroさん、にいにいありがとうございます。
赤ん坊は2週間でずいぶんしっかりした顔になりました。
お母さんも、びっくりするほど浮腫んでいたのが、2度目の入院付き添いで忙しかったようでむくみも取れ元気でした。
Commented by isozineko at 2011-04-26 18:08 x
おかんさん、安産でよかったと思ったのに何かの感染症で母子とも発熱。
娘はともかく、赤ん坊の細い足の血管に4日もリンゲルの針を刺したままで可愛そうでした。
サクラランは、まったくの原種で、ぶ厚い葉の付いたつるがけっこう谷の岩に張り付いていたりしますよ。
花の頃には山に入らないので、どの程度咲くのか知りませんでした。