うるずん間近

昨日一昨日とけっこう温かくていい天気だった
一昨日は25度くらいあったらしい、車の中は暑くてたまらずTシャツに着替えた
c0064389_1223363.jpg
夕方には真っ赤な夕日が見られた 空気が緩んでいる

夜も蒸し暑くて夜中の2時にやぶ蚊の羽音に起こされた
音のするところをたたいて4,5匹はつぶしたはずだ
春の蚊はぷにゅっと柔らかくて、つぶれると水っぽい感じ
電気をつけると目が覚めてしまうと思って暗闇で羽音に耳を澄ましていたので
かえって神経が冴えてしまった。
眠れず目を瞑っていて4時半まで確認したが、その後気が付いたら8時過ぎていてあわてた

昨日は午後から気温が下がり始めて、夜はまた寒くなった
昨日、遠くまでの集金があって、途中でバンナの西を通ったら聖紫花開花中の看板が出ていた
駐車場に車を置いて管理棟の下まで降りたらほんとにピンクの花盛り
c0064389_12155679.jpg聖紫花(せいしか)はツツジの仲間だが花の根本がツツジとは明らかに違う
今年の開花はだいぶ早いようだ

c0064389_12174532.jpg
c0064389_12181437.jpg

周囲には春の花がいっぱい咲き出していた
駐車場の草の間に小さいタンポポの花、ソシンカやツツジの鮮やかなローズピンク

c0064389_12184833.jpgマラリヤの特効薬として持ち込まれたというキニーネが、戦争マラリヤの慰霊碑のそばに1本だけ残っている
厳重に寒冷紗で囲われた中にたくさんの花が咲いていた


c0064389_12191696.jpg センダンの花房もつぼみが膨らんで1つ2つ開いた花がある


c0064389_12194846.jpg  農道ではヤブイチゴが白い花を開いていた


c0064389_12314964.jpgトベラの花は白くて地味だけど品がいい、いい香りがしてミツバチが忙しく飛び回っていた

c0064389_12323031.jpg
テッポウユリの花も見かけた 
うるずんの季節はそこまで来ている


デイゴヒメコバチにやられたデイゴは、学校などnpoが薬を注入したところは花が期待できそうというが
山野や個人の庭や畑のデイゴは大木でも処置されていないようだ
去年咲いていた木にも花芽は見えなかった
デイゴ1本あたり薬代が3000~5000円もかかるらしい
たくさん植えてある学校でも、処置できるのは1学校あたり3本までとか
しかも効果は半年とか1年とか、長くても3年という話だ 
せっかく退治した木に、隣の木から虫が移って又食害ということも十分ありうる
今日の新聞に竹富小中学校の卒業式にデイゴの花房を1本飾った写真があった
昔はどこの学校も卒業式には瓶いっぱいにデイゴを飾ったと言う
県花デイゴの再生には相当のお金と期間がかかりそうだ
[PR]

by isozineko | 2011-03-16 12:24 | 季節便り | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/16061383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2011-03-16 23:09
前も質問したかもしれないけどウルズンって何だった? 
キニーネの木、たった一本って増やせないの? 
Commented by isozineko at 2011-03-17 10:43 x
にいにい、たぶん、そう言うだろうなあと思いながら書いたけど前にも答えたよ。
うるずんは、空気が潤って暖かくなり花々の咲き乱れる季節のこと。
沖縄では「若夏」と言う季節があるけど、春先からその若夏に差し掛かるまでの季節を言います。
語源は諸説あるけど、私が好きなのは「潤い染む」からの変換。
キニーネの木は、10年位前かな、マラリヤの碑の近くに複数植えたらしいけど、育ったのはこの1本だけで、まだひ弱です。
1昨年、花が咲いたと新聞報道があったら、折り取る人がいて木が弱ったので、2mくらいの高さまで寒冷紗で囲ってしまいました。
黒い寒冷紗を透かしてしか見えないし、においをかぐこともできません。
写真はマクロで撮って色調整で、紗を飛ばしてあります。
Commented by kattyan62 at 2011-03-18 09:32
う〜〜ん、写真技術が凄いね。僕が十代の頃に写真屋に居たのに、道具が無いとできない技術です。来年のウルズンを書く時、また質問しそうだね。メモっとこ。
キニーネは薬効があるからと手折るんでしょうかね。珍しい花だから手折るのか、花好きに悪い人は居ないと言うけど困ったことだよね。
僕のブログでもマラリアの事を書いたことがあります。身体的に耐性を持った人の話だったのですが、南方へ出兵したマラリア体験者の経験談を話してくれたのは中学校の先生でした。食料不足で猿が食べてる葉を食べて強烈な便秘になって石鹸水を浣腸したんだとか、笑って聞いたのですが、当時は大変だと言う言葉しか言えません。また、今の東北地方の生存できた被災者の無いもの尽しの方々もいつか笑って話せる時が早くくると良いですね。
Commented by taro012345 at 2011-03-18 14:30 x
鳥や花にお詳しいですね。私も見習いたいけど、この年代ですから。もっと早く興味を持てればよかったけど、当時は関心もなかったし。
栴檀は双葉より芳し、とかいうセンダンですか。どんな香りなのか。
Commented by isozineko at 2011-03-22 18:20 x
キニーネは珍しいのでしょうね。この木からどうやって薬を作るのか知りません。昔はマラリヤを媒介するハマダラカが多くて、シャングルだった北部のの開墾に入った人や、戦争で山中に疎開させられた人たちが大勢マラリヤで亡くなっています。
マラリヤ蚊はもう撲滅されましたから、薬の必要もないです。
Commented by isozineko at 2011-03-22 18:25 x
taroさん:栴檀は双葉より芳しのセンダンはこれとは別の香木だと聞いたように思います。
薄紫の花が枝いっぱいに咲くと優しい甘い香りがしますが、まだ時期が早いようです。
草花の名は覚えにくいですね。昔から知っているものはスラスラ出てきますが、30代以降に覚えたものは忘れがち、今は覚える端から忘れます。