ばあちゃんブルー

土日に実家へ様子見に行った妹からメールがきた
大きいおばあちゃんがうつ状態のようで
口には出さないらしいがお迎えを待っているモード満開とか
母が年寄りの世話は大変だと珍しくこぼしていたらしい
頻繁に電話や手紙で明るくご機嫌伺いしてやってとのこと

実は日曜に電話をしたら妹が帰ったすぐ後だったのだが
母は特に変わった様子はなく、このところ暖かで畑に出ているといっていた
耳の遠いおばあちゃんは電話に出なかったがよろしくと伝えた
私が一人になってもう10年もアパート暮らしをしているのを知らせないように
母も心配させまいと無理して元気を装っているのだろう

孫や子に小包を送るのが楽しみでコメや庭の柿や自分が育てた枝豆やソラマメなどせっせと荷造りして送ってくれたおばあちゃんは90歳、腰が痛くて日課の庭の草取りや好きな畑にも出にくくなった
例年だと今の季節にはダンボールいっぱいに庭の柿が届いた
私が赤ん坊のときから柿が大好物なのを知っているからだが、もぐことも難しくなりここ数年はこなくなっている
もう年だからが口癖になっているのだが、自分が居なくなると母一人になるので早く逝きたいとは言えない

気楽に一人暮らしを満喫している自分が申し訳ないような気がする
大晦日まで仕事があるようだが正月にでも帰ろうか
正月は航空運賃が一番高い設定になっているし、4日から仕事だしなあ
夏に帰ったばかりだし航空運賃も割高で気持ちが鈍る
[PR]

by isozineko | 2010-12-01 12:51 | こころもよう | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/15543194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]