平野海岸で海loveフェスタ・海流ごみ拾い

14日、第2回の海loveloveフェスタがありました
開催地は石垣島の最北端の平野海岸です
海に関係する業者や海岸清掃のボランティアが中心になって
海岸に打ち寄せられた漂着ごみをみんなで拾ってきれいにしようと言うお祭です
集めたごみで海岸アートをつくるそうです
その後は牛汁の振る舞いとライヴステージがあります
昨年が1回目で、市内の海岸清掃でした
本土出身者の参加が多くて、会場の埋め立て地の公園でしたが相当盛り上がりました

今年は町から車で1時間かかる島の最北端です
朝8時に市内から直通のバスが出て、10時開始ということでした
私は所用を済ませてから車で11時過ぎについたのですが
道路際のサトウキビ畑を大駐車場にしてたくさんの車とガードマンまでがいました
海岸はもうきれいになっていて、大人子ども年齢もさまざまなボランティアが集まっていました
砂浜にはすごい量のゴミ袋が詰まれて大きなニコニコマークができていました
主催者発表では502人が参加して894個ものごみを拾ったそうです
ペットボトルや発泡スチロール製の大きな浮き玉や諸々、中国や韓国文字が目立ったそうです
ハンググライダーに乗ったカメラマンがアートを囲んだ群衆を空からなめるように撮影
みんな両手を高く上げてピースサインを送りました
その後は道路際までの100mあまりを2列に並んでバケツリレー方式でごみを送ります
c0064389_13222032.jpg

c0064389_13231458.jpg

さすがに大勢の力はすごいです
30分ほどで大量のゴミ袋はきれいさっぱりなくなりました
朝は海岸中に漂着ごみで足の踏み場もないくらいだったそうですが
きれいな砂浜が広がり、子どもたちが砂を掘り返して小さい貝を拾っていました
そのあとマイ箸とマイどんぶりで振る舞いの牛そばをいただき
午後4時過ぎまでライブで盛り上がりました
c0064389_13233899.jpg

主催者は、昨年は本土出身者が多かったのに今年は島の人が参加してくれた
遠くの平野での開催で参加者が少ないと思っていたらこんなにたくさん来てくれてと、感激したそうです
スタッフも多くて、青いそろいのTシャツで見事なチームワークを披露していましたが
顔ぶれは島在住の本土出身の若者が半分以上だったのではないかしら
みんな海を愛している人たち、すばらしい海loveフェスタでした
[PR]

by isozineko | 2010-11-17 13:23 | びっくり! | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/15469652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2010-11-17 16:13
島を去ってこそ見えてくる良さに、汚れた浜を許せなくなった気持ちよ〜判ります。それにしても盛大な清掃活動がイベントでなく日常的になればと思うのはよそ者の戯言ですね。
牛そば? そばって和蕎麦? 
Commented by mi-bar at 2010-11-18 22:01
素敵なイベントですね
綺麗になる前と後を見比べれた参加者は更に海と島が好きになるのでしょうか
Commented by isozineko at 2010-11-19 13:45 x
にいにい、これほど大掛かりでなくてもあちこちに海岸清掃ボランティアがいますよ。
西表島のマングローブの奥まで外国製の漂着ごみが詰まって生態系に影響を与えているそうです。処理の費用も大変だけど、政府の補助は期待薄です。
今回のイベントでは他所から来た若者が海を大事にしてくれているんですよ。
島にだけいると、青い海青い砂は当たり前すぎて分からないのかも。
子どもたちが小さいころ、九十九里の海へ海水浴に連れて行ったら
汚いって言ったのを思い出します。
砂鉄のまじった黒い砂が大波で巻かれて水着の中は砂だらけだったものね。
サンゴの白砂とさんご礁に囲まれて波の静かな沖縄の内海と荒波の太平洋では違って当たり前だけどね。

牛そばは牛汁に小麦麺の沖縄そばを入れたもの、コメ味噌味で牛の骨付きバラ肉と青パパイヤがあめ色に煮込まれて入っていました。
山羊の汁だと山羊そばになります。
Commented by isozineko at 2010-11-19 13:54 x
mi-barさん、こんにちわ。
ステキなイベントでしょう?
皆さん生き生き楽しそうに掃除ボランティアに参加していました。
わざわざ他県から参加しに来てくださった方も、観光の途中で参加した方もいました。
集まったごみの量を見て、皆さんとても驚いていました。
1度かかわると、やはり海の汚れが気になるみたいです。
午前中の掃除だけ参加して、さっさと帰った島の人もいました。
きっと、午後の予定があったのでしょう。