多良間8月踊り

多良間島で無形文化財の8月踊りが行われていた。
15日から延々3日間続く。一度見たいと思ってたけど機会がなかった。
16日の船会社のツアーを新聞に見つけて、丁度休みだったので思い立ったが吉日。すぐ予約。

朝8時に石垣港から出航。
海上には台風の雲が立ち、遠くでスコールがあるようで、何度も虹が見えた
台風が近づいていて、明日の船は出るかどうかわからないと言う
港を出て島を西回りで航行、リーフを出ると高波が立って船は大きく上下した
でも、縦ゆれが多くて、グラリとくる横揺れは思ったほどではない
新造船は広々してクーラーも効き快適で、スタッフが4,5人付いて船酔い人のケアも万全
島の北端を過ぎると航路を少し東に変え、予定を20分超過して2時間で到着。

多良間島の手前に小さな島が見えた。水納島で人口は一家族4人だけらしい。
後ろの席にいたオジサンが、自分の母親が生まれた島だと懐かしそうだった。
定期航路はないので、渡るにはすぐ近くの多良間島からチャーターで往復1人25000円もかかるとか
もちろん島の住人家族は自分の船で石垣島までも買い物に行くらしい
プライベートの島だが米は取れず、牧牛を生業としてお金持ちらしいと言う噂も聞こえた

多良間島は石垣島と宮古島の真ん中にある小さな島で、
無形文化財になっている8月踊りには毎年島外からたくさんの観光客が押し寄せる。
海は透明な群青色で素晴らしくきれい。
港から徒歩15分ほどで会場に到着。
国の助成を受けた立派な屋根付きの舞台を囲んで島民も大勢の観光客も一緒に素朴な島の芸能を観る。
演じるのは全て島民で見応えある踊りや素朴な狂言が繰り広げられた。
所作や、とり物、被り物なども八重山とはだいぶ違う
c0064389_15192579.jpg
c0064389_15193977.jpg

弁当付きで鑑賞、午後、狂言の意味の分からない長い台詞回しに飽きてきて中座
船の出る4時過ぎまで少し島の古墳群を見て廻った。
帰りは石垣島の東海岸沖を航行したので、行きと帰りで石垣島の周囲ぐるりを沖から見たことになる
追い風で、揺れは行きよりだいぶ少なかった。

この日は日差しが焼けるように暑くて、気温は高く、いくら水分をとってもトイレに行かないほど汗が出る1日だった
Tシャツの上に日よけの長袖の綿の上着、長ズボンに帽子と日除けの手っ甲といういでたち
歩き回って汗で湿ったTシャツが船のクーラーで冷える。自分でも汗臭いと感じるほどだった。
帰りの船では皆さん疲れて座席を3,4個も確保して横になって寝る人が多かった。
大方が寝ていたためか酔う人もなかったようだ。
疲れたが大いに満足、帰りのコンビニのベンチで冷たいアイスクリームをなめた。
楽しい日帰り船旅だった。
[PR]

by isozineko | 2010-09-18 07:57 | 季節便り | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/15141754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2010-09-18 15:08
つかの間の癒しタイム、楽しかったようですね。
二枚目のは子供なのかな?  
強い台風が来ているそうですね、被害の無い事を祈るしかありませんが、神社に行ってきます。
Commented by isozineko at 2010-09-18 16:11
にいにい、写真を横に編集して文章も少し整理、追記しました。
上の写真はお決まりの出し物であだ討ち狂言、主の身代わりに命を投げ出して仕えようとする若物が、母親と幼い兄弟に別れを告げる場面。
紺の着物は男性が扮する母親役で、両側の赤い着物の兄弟は小学生が演じていました。
台風は直撃コースのようです。今晩から明日にかけて石垣を襲うようです。風が強くなって雨も降り出しています。
台風の少ない年に、おそくに来る台風は大きいと言いますからね。
早朝、各家々から戸締りの金槌の音が聞こえました。
Commented by taro012345 at 2010-09-19 19:28 x
先ほど石垣島の停電、強風で外壁が剥がされたニュースを見ていました。 isozineko さんのところも、心細い思いをされていたのではありませんか。
Commented by isozineko at 2010-09-20 12:28 x
taroさん、ご心配ありがとうございます。
うちは風が1番強かった18日夜11時ごろに30分ほど停電でしたが、1キロと離れていないあたりではそ、れから延々翌日の午後まで停電したそうです。コンビにも暗い中、予備灯で店を開けたようですが、昨日、牛乳を買いに行ったら冷蔵庫の電源が切れていたので生ものは売れないと言われました。アイスクリームも溶けて袋がふにゃふにゃでした。
街路樹の幹が途中から折れたり、根っこの弱っていたヤシなどが倒れたり、信号機が壊れたりして復旧が大変なようです。
町中の民家では屋敷内も道路も落ち葉ひとつなくきれいに片付いていますが、ちょっと外れると爪あとがまざまざです。
購入予定の古い家も見てきましたがさしたる被害がなくてホッとしています。
Commented at 2010-09-20 14:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。