愛すべきなかまたち

ふるさとの虫たち
昔は小川沿いの木陰で優雅に飛んでいたハグロトンボ
c0064389_1011652.jpg

地域では愛情を込めてオハグロトンボと呼ぶ
裏の井戸の周囲が住処で2匹いるらしいが、確認できたのは1匹

草の上で蟷螂がおいでのポーズ
c0064389_10115983.jpg

脱皮に失敗して命尽きた蝉
c0064389_101376.jpg

土の中に何年もいても最後の羽化で日の目を見られないのは哀れ
無事脱皮できた仲間はすでに土に返ったころか

防空壕後の洞穴の入り口に網を張った蜘蛛
c0064389_101455.jpg

そして、そこら一帯を縄張りにしているトカゲ
c0064389_10142774.jpg

みんな愛すべきなかまたち
[PR]

by isozineko | 2010-08-30 10:17 | 季節便り | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/15035960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]