シロアリとヤエヤマホタルの季節到来

7日遅くなって帰宅したら近くの自動販売機の明かりにシロアリの大群が群れていた
隣の家の門灯にも羽蟻が飛び回っていてびっくり
写真に撮ったわずかの間に髪にも服にも羽蟻がくっついていた
梅雨入りのころはいつもシロアリの繁殖期でもあるらしい
山ではホタルがいっぱいだろうと思っていた
c0064389_14311788.jpg

きのう、やっと念願かなって蛍見物の連れができた
途中の道路には大きな茶色のいぼカエルがいく匹も居て車のライトに驚く
車体の下で跳ね上がるものだからゴンと鈍い音がする
外来のカエルで生態系を壊すと不評だが、朝には野鳥たちのえさになるらしい

薄暗くなりかけた7時半過ぎに現地に到着
少し広いところに車が1台、先客があった
数人の声が山道を上がっていくのが聞こえた
さて、ホタルは去年の場所より少し下ったあたりにたくさんいた
暗い木立の下の斜面一帯に、数百のホタルがイルミネーションのように点滅する
息を呑んで立ち止まると、近くでコノハズクの鳴き交わす声がする
時折ガザッと音を立てて朽ちた枝などが落ちる音が響いて ビクッ!

近くにはだれもいないと思ったのに、そばでピシッと小枝の折れる音
何?ドッキリして声を上げたら、先客がいて枯れ枝を踏んだらしい
闇に溶け込むモスグリーンのシャツを着てしゃがんでいたようだ
  脅かさないでよ、お化けかと思ったぞ…
「あら、ゴメンナサイ」と声をかけたらなんと5,6人の人影が動いた
みんな押し黙ってホタルを見ているから分からなかったのだ
ホタル観察ツアーのガイドさんが小さなライトをつけた

「昨日ここはシロアリがすごかったですよ、服の中にも入ってきて」と小声で話している
今日も少しいるようだ
シャツの襟元から忍び込んだ虫が、お腹の辺りまで這い降りてきた
今年もホタルの数はすごい
カメラを持っていたけど写し方を忘れてしまった
説明書を読み直して三脚持参で来ないとだめみたいだ
山を降りてしばらくしてから、赤い玉のピアスが片方ないのに気付いた
車の中にもないから、たぶん、ホタルの山に落としてきたのだろう
c0064389_14334328.jpg

写真は昨年のホタル、今年もこんな感じ
[PR]

by isozineko | 2010-05-09 14:19 | 季節便り | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/14342118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2010-05-10 22:38
点々と見えるのがそれぞれの個体なん?  こちらでも見れるかと期待はしているのですが未だ調べてません。 夜の山に入ると水木しげるの世界でしょ?  相棒が居ないと不安になりますよね。
そうそう、ボーイスカウト時代、子供達に肝試しと称して夜の山や、お墓で追跡ゲームをしましたなぁ〜  
Commented by isozineko at 2010-05-11 18:18 x
30秒か1分くらい開けていたと思います。
つながった点々(10個くらい?)の1つずつが1匹の軌跡です。
すいーっぴかっ、ではなくて、チッカチッカチッカと続けざまにイルミネーションみたいに光ります。固体は5ミリ程度の小さなホタルです。